卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
オリエンタルホテル神戸・旧居留地
70人未満

会場の半分がテラスに面した窓なので、自然光が沢山入ってとってもステキです。木が多く使われていて温もりを感じるし、斜めにカットされた天井とそこに飾られたシャンデリアはとってもおしゃれ。

当日はハープとフルートの演奏が入ると、この空間が凛として、でも柔らかくて、優しい厳かさに包まれます。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
オリエンタルホテル神戸・旧居留地
70人未満

テラスに面したお部屋なので、沢山光が入ってとっても明るい雰囲気です。お天気が良ければテラスも使えるので、ちょっとしたガーデンウェディング気分にもなれます。天井が高くてすっきりとしていて、シャンデリアが華やか過ぎないので、程よくアットホーム感もあり、洗練されているのに落ち着く空間です。

オープンキッチン併設なので、出来立てのお料理がゲストに届くし、調理の様子も見えて楽しかったり。チャペルと同じ階なので、ゲストの方の移動が少なく、その点も喜んでいただけました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

伝統的でありながら、ちょっと見たことない面白さがある。そしてゲストに大好きな気持ちを随所で伝える!そんな結婚式を目指しました。

挙式は人前式で行い、完全オリジナルの誓いの言葉を述べました。ウェディングキスだけでは私たちにはロマンチック過ぎたので、その後笑顔でウェディングハグ。ゲストの方からはキスからハグの空気感のギャップにキュンときたーと誉めていただきました。

披露宴冒頭ではゲスト紹介の時間を設け、ゲスト1人1人へ短編のラブレターのような紹介文を読んでいただきました。皆さま照れ笑いで応えてくれ、とってもほっこりした時間でした。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

verawangのMartheです。
首元と袖が少しクラシカルな印象を与えるところや、上半身全体のレースの模様が流れるように展開されていて、どこまでも次の模様を目で追ってしまうところ、スカート部分のチュールが幾重にも重なっているのに光が透けるところ、すべてがお気に入りポイントです。

ブランド
Vera Wang
ショップ
THE TREAT DRESSING
ドレス 2着目

まず目を引く色にグッときて、一目惚れでした。
よく見ると薄いピンクや濃いピンク、赤や紫のチュールが重なり合って、複雑に色を表現していて、見れば見るほど好きになりました。

全体的にピンクな印象ですが、胸元からウエストにかけて紫のチュールがアクセントになっているところや、スカート部分が滑らかなAラインではなく、アシンメトリーに段差があるところ、その段差が断面のようになって、チュールが重なって揺れる様子が見えるところ、すべてお気に入りポイントです。個性的で、奇抜過ぎず、絶妙に好みでストライクでした。

ブランド
Monique Lhuillier
ショップ
THE TREAT DRESSING
シューズ

Manolo Blahnikの真っ白のレースのハンギシ。
大好きな姉が『憧れの靴を結婚式で履きたいやろ』とプレゼントしてくれたものです。繊細なレースは美しいだけでなく柔らかいのでとても履き心地が良く、挙式から二次会まで履いていても疲れ知らずでした。キラキラ輝くビジューはどのドレスからチラ見えしてもとっても可愛かったです。

ヘアメイクのポイント

ウェディングドレスの時はクラシカルな印象で、カラードレスはもう少しカジュアルダウンした感じでお願いしました。挙式では入退場で後ろ姿に注目が集まるので、アクセントを後ろに。披露宴前半は主賓挨拶やケーキ入刀等、前から見られているのでアクセントを前に。とドレスショップの担当さんが助言をくれました。

メイクは透明感と華やかさを出したいです、とお願いしました。

アクセサリー

ウェディングドレスの時は、Joie de treatの艶めきが少しピンクがかって見えるようなパールのピアスを着用しました。ドレスが首元までレースの個性が際立つデザインなので、顔周りはスッキリ見せたくて小ぶりのピアスにしました。少し動きを出したくて、片耳だけ小粒のダイヤのついたチャームをつけたのがこだわりです。

カラードレスの時は、トリートでレンタルした小枝のイヤリングを着用。小物合わせの際に一目惚れしたものでした。

ヘッドアクセサリー

挙式ではベールの下からでも存在感が出るように、キラキラのボンネを着用しました。披露宴では、挙式と雰囲気を変えたくてティアラを着用。大きすぎると会場の雰囲気と合わないかなと思い、小ぶりなものを探しました。

カラードレスではゴールドワイヤーにパールのついたアクセサリーを2種類組み合わせてつけて頂きました。

ネイル

立体的なお花やクリスタルピクシーで特別な日を演出しつつ、ピンクベージュで派手過ぎない様にまとめました。立体感やキラキラ感が伝わりやすいよう、トップコートを塗らずに仕上げてもらいました。

メインで使った花や装花のテイスト

ティーカラーやピンクベージュのバラとパンパスグラスをメインで使用しました。バラは『カップ咲き』や『ボタンアイ』という咲き方に限定して、丸くてコロンとしたシルエットを意識してもらいました。

パンパスは元気すぎる動きになるのが苦手だったので、細かく使用してふわふわの質感だけを活かしたいとお願いし、高砂には差し色としてリンゴも入れてもらいました。

ゲストテーブルのテーマはお庭の一角を切り取って来た感じ、高砂はそのお庭の見えるティールームでした。

装花のポイント

高砂で高さや質感、色の違う花瓶を沢山使用してもらったことです。花瓶の組み合わせはフローリストさんと何通りも試してみて、バラバラな中にも統一感が出るようにして頂きました。

フローリスト

プランツコレクションの林さんです。

お料理のこだわり

食べるの大好き夫婦なので、元々お食事に重点を置いて式場選びをしていました。私も旦那さんも神戸が大好きなので、神戸にちなんだお料理でゲストに大満足頂けると思えるグレードにしました。

ゲストがテーブルマナーに迷わないようお箸で食べられる和食テイストでありながら、お魚料理は中華街をイメージした海老料理だったり、フォアグラのお寿司が出たり、ゲストの皆様も楽しくて美味しかったと大変喜んでくれました。

ウェディングケーキ

こだわりポイントは、ドーナツのケーキトッパー。
ちょっとみんなが見たことないケーキにしたい!と思い、作って頂きました。ちゃんと衣装を着て、新婦にはまつ毛もつけてもらったのがポイントです。

このドーナツくんが映えるケーキを探していて、3段ケーキでピンクのお花が私の好みにもピッタリたっだので、このケーキにしました。

引出物

カタログギフト、バームクーヘン、昆布にしました。全体的に伝統的な縁起物も意識しつつ、貰って嬉しい贈り物として選びました。バームクーヘンは少し変わったものにしたいなと思い、イカリヤベイカの米粉のバームクーヘン、昆布はご飯にかけて簡単に美味しく食べられるよう、中西昆布のとろろ昆布とふりかけ昆布を詰め合わせました。

プチギフト

金平糖です。
母が縁起もいいし可愛いから金平糖にしようよ!と言ったので。見た目も味もステキ!と思えるものを探しました。

婚約指輪

ティファニーのハーモニーです。

結婚指輪

ティファニーのハーモニーでお揃いにしました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

全ての場面が感動の連続でしたが、2次会で旦那さんがサプライズでバラの花束とプレゼントをくれたことには本当に感動しました。旦那さんは寝る間もないほど仕事が忙しかったので、いつの間に考えたの?準備いつしたの?と思うと絶句して固まってしまいました。

お花もちゃんと私の好みドストライクで。口下手なのに初めてお手紙を書いて、皆の前で読んでくれて。一生の思い出です。

二人らしさとは

飾らないこと。なんでも話すこと。
毎日夜には「今日どうだった?」と話し始め、一通りその日の出来事を話すのがいつからか日課になっています。毎日話していても新しい登場人物がいたりして、自分の知らないものを沢山見聞きしてくるお互いにより興味が湧いて、一緒にいることがより楽しくなる、そんなサイクルが私たちらしさかなと思います。

嬉しかった参加者の反応

何もかもにこだわったのが伝わって来た、と言って貰ったこと。おもてなしがすごい結婚式だった、と言って貰ったこと。日頃伝えきれない感謝の気持ちを、沢山工夫した結婚式で伝えたい!と思っていたので本当に嬉しかったです。

友人や親戚からは、旦那さんの振る舞いを見ていて「この人なら安心って思ったわ」と言われたことにはすごくほっこりした気持ちになりました。

私にとって結婚とは

いつも2人で楽しいことを探していて、上手くいってもいかなくても、いつもワハハと笑って過ごせることです。自分が楽しくて笑ったとき、それを見てよかったねと彼が笑って、それが嬉しくて笑ってしまう、そんな時間がとっても幸せです。

後悔していること

ファーストバイトを可愛くできなかったこと!!
食べる姿を大勢にみられていると思うと急にアップアップしてしまって、パクッ!ペロリ!と終わらせてしまいました。これはこれで私らしいなと思うので、ある意味いい思い出です。

やりたかったけれど諦めたこと

デザードビュッフェです。
ご時世的に難しく、断念しました。すごくすごくやりたかったけど、ゲストの皆さまから「めっちゃお腹いっぱいなったわー」と言って貰えたので、みんなのお腹が満たされたのならいいやーと思い、心残りにはなっていません。

節約のための工夫

オープニングムービー、プロフィールムービーを自作しました。動画は金額も大きいので節約になったし、写真提出の締め切りも、掲載枚数制限もないので式直前の写真も沢山掲載できてむしろよかったです。姉が大幅に手伝ってくれたので私たちにとって思い出の大作になりました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

自分の想いやこだわりが形になった当日は本当にワクワクの連続です!沢山悩んで、プランナーさんにアドバイスをもらって、準備期間をワクワク増幅期間としていっぱい楽しんでください!!