mswedding113さんのアイコン画像

mswedding113

結婚式のテーマは
ラグジュアリーだけどアットホーム。

ラフな感じでゲストの方に肩の力を抜いて楽しんで貰えるようにしました。あまりこだわりすぎず、カッコつけすぎず、いつも通りの等身大な2人で結婚式を挙げることを意識しました。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2019-05-11
パレスホテル東京
150人以下

一面の窓ガラスからみえる緑あふれる景色、
降り注ぐ光、温もりある白木に包まれた柔らかくあたたかいチャペルで挙式ができて幸せでした。
父親と一緒に歩くバージンロードが長いところもお気に入りのポイントでした。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2019-05-11
パレスホテル東京
150人以下

チャペル同様、高砂の後ろが一面窓ガラスになっているので、とても景色がよく、ホテル婚なのに自然に包まれた開放感のあるところに、一目惚れしました。
入場後、会場後方で一礼するのですが、一礼のタイミングでカーテンオープンしていただく演出で、
会場がとても盛り上がりました。

コンセプトやこだわったこと

ゲストの方にはお食事やゲスト同士の時間をゆっくり楽しんでいただきたかったので余興などはせず、
演出は最小限にしました。
また、ふたりとも同じ高校の出身で、部活も一緒だったので、ゲストの中にも共通の知人が多く同窓会のような雰囲気でした。
そんな中で、私たち自身もゲストとの時間を大切にしたいと考えていたので、お色直し後はフォトラウンドでテーブルを回り、ゲストの方とのおしゃべりを楽しみました。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

ブランド
Vera Wang

Fernanda
30着以上試着しましたが、1着目に試着したFernandaが忘れられず、私の運命の1着となりました。
このFernandaのパキッとした白がお気に入りです。
また、パレスホテルの光がたくさん入るチャペルと葵西の会場に合うドレスと考えた時にFernandaのチュールのボリューム感や透け感が、ぴったりだと思いました。
デザインとしては、シンプルだけどスタイリッシュで、フワッフワなのに、クールでカッコいい!
女の子の憧れが全て詰まったドレスだと思います。
実はちょっぴり欲張ってスペシャルトレーンでオーダーしました。
Fernandaをスペシャルトレーンでオーダーした方は
、今までにいらっしゃらなかったみたいで、日本に1着しかない特別なドレスになりました♡

SECOND DRESS
和装 2着目

スタイル
白無垢

トリートドレッシング 白無垢
2着目に白無垢と言うお色直しは珍しく、お色直しにならないのではないかと悩みましたが、白という色は花嫁だけが着られる色だし!と思い、思い切って白無垢にしました。
上から下まで本当に色のない、白のみの白無垢を選びました。
刺繍の模様や、生地の色、光沢など、一目惚れでした。
せっかくのお色直しなので、小物はゴールドを選び差し色にしました。
それに合わせてヘッドピースにもゴールドを取り入れ、ネイルにもゴールドのストーンを入れるなど、
統一感を意識しました。

SHOES
シューズ

ドレスの裾を切りたくなかったので、12cmヒールのBENIRのシンプルなサテンのホワイトのシューズを着用しました。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

大人婚なので、可愛くなりすぎず、シンプルだけど凛とした、強くなりすぎないイメージにしました。
ナチュラルで、作り込みすぎないヘアメイクをリクエストしました。

ACCESSORIES
アクセサリー

友人からsomething borrowedで刺繍の綺麗なverawangのleda veilを借りたので、
挙式ではFernandaにこのベールを合わせ、余計な装飾なしでシンプルな一粒パールのイヤリングのみ着用しました。
披露宴ではガラッと雰囲気を変え、パーティー感を出したかったので、JULIEBRIDALさんでお借りしたJENNIFER BEHRの大ぶりのイヤリングを着用しました。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

ドレスに合わせてJULIEBRIDALさんでお借りした、
Odette Headpiece COUTURE by Julie というヘッドピースを着用しました。
白無垢にはトリートドレッシングさんでお借りした、
ゴールドのヘッドピースを生花と合わせて、
アレンジして着用しました。

NAILS
ネイル

手が綺麗に見えるカラーということで、ネイルサロンで相談しながら、淡くパープルがかったホワイトを選びました。
透明感が出るようグラデーションにしてもらい、
ブライダルネイルらしく左の薬指、右は中指と小指にストーンを乗せていただきました。
1着目のドレス、2着目の白無垢に合わせたゴールドの小物、両方に合うように、ストーンはクリスタルのストーンと、ゴールドのストーンをミックスで乗せてもらいました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

装花のテーマは、モネのガーデンにしました。
作り込まれすぎず、自然にお花が咲いているようなイメージでお願いしました。
お花の種類は特定せず、優しいお色味で、ブルー、
パープル、ピンクをベースにお願いしました。
統一感を出すため、暖色系である赤、オレンジ、イエローはなしでお願いしました。

FLOWERS
装花のポイント

葵西の会場は窓が大きく外の景色が見えるので、
景色も合わせて統一感が出るように、あくまでも作りすぎないということにこだわりました。
葵西の会場は絨毯がとても綺麗な水色なので、モネの池にぴったりで、当日は葵西の会場全体がモネのガーデンのようで、嬉しくなりました。

FLORIST
フローリスト

MUKUの高川早紀さん

FOOD
お料理のこだわり

パレスホテルはお料理が美味しいという点も、このホテルを選んだポイントの1つでした。
パレスホテルのシグニチャーメニューである、舌平目のボンヌファムと、ローストビーフを楽しんでいただけるコースを選びました。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

シンプルにイチゴのケーキを選びました。
新郎がイチゴが大好きなので、イチゴたっぷりのケーキで良かったです。

2人の共通点であるバスケットボールを持った新郎新婦のケーキトッパーを飾りました。

WEDDING FAVORS
引出物

遠方から来てくださった親戚、親族には、ギフトカタログを送りました。また、縁起物として柳家本店の卵かけ醤油と鰹そぼろセットも送りました。

その他友人ゲストへは、友人のグループごとに好きなものや使ってもらえそうなものを考えて、細かく分けて送りました。
パレスホテルのアイテムフェアで実際に目で見て、触って、テネリータのオーガニックコットンタオルセットや、ヒポポタマスのタオルセット、スガハラのボウルセットなどを選びました。
また、引き菓子として全員にスイーツ&デリのサブレと焼き菓子の詰め合わせを送りました。

PETITE GIFTS
プチギフト

本当はプチギフトは佐藤錦のさくらんぼをお渡ししたいと考えていました。
(新郎が佐藤→フルーツが大好き →せっかくプチギフトであげるなら普段自分では買わないようなもの→高級フルーツ!→ちょうどシーズンである佐藤錦!)

しかし、ホテル側から生ものOKをいただくことができず、断念しました。
そのため潔くプチギフトはなしにしました。

何もお渡しせずにお見送りだなんて…と不安でしたが、当日のお見送りではゲストの方々とゆっくりお話ししたり写真を撮ったりすることが出来たので、これはこれでよかったかなと思います。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

ティファニー

WEDDING RING
結婚指輪

ティファニー

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

たくさんのゲストの方々に祝福されて、この日を迎えられたという事が一番感動しました。
日本各地、また海外から駆けつけてくださったゲストもいて、本当にたくさんの方に愛されているなと実感できた1日でした。

二人らしさとは

自然体である事です。
結婚式というと、一生に一度だからとつい頑張ってしまったり、特別なことをしたり、カッコつけたくなる部分がたくさんあると思います。
実際に私も、一生に一度の特別な日だからと、準備期間にはあれもやりたい、これもやりたいと欲張ったり
力が入ってしまった部分もありました。
ですが、いつも通りの自然体の2人を見てもらうのが一番いいんじゃないかな、と新郎がそれを一番大切にしたいと話してくれたので、
当日はいつも通りのふたりのまま、ゲストと近い距離で楽しむことができたのではないかと思います。

嬉しかった参加者の反応

ありのままのふたりの良さが溢れてて良かった。
リッチでナチュラルな雰囲気がとても素敵だった。
結婚式といえば結婚への憧れとか親の感謝を感じることが多いけど、友達への感謝とか大事さをすごく感じて、素敵な友達がたくさんいるって幸せなことなんだと思った。
というコメントがとても嬉しかったです。
結婚式で大事にしたいと思っていた部分が伝わったんだなと感じました。
他には、ご飯がとても美味しかったというお言葉をたくさんいただきました。
ゲストの方に美味しいお食事を食べていただくことは、私たちが直接できるゲストの方へのおもてなしだと考えていたので、パレスホテルさんで挙式を挙げて本当に良かったと思ったことのひとつです。
他にもお花がとても可愛かった、ドレスやアクセサリーがとても素敵だった、など様々な事にお褒めの言葉をいただけて素直に嬉しかったです。
こんなにずーっとニコニコしている花嫁見たことないと言われ、挙式当日がどれだけ幸せだったかという事を改めて感じました。
本当に全てゲストの方々のおかげだなと思いました。

私にとって結婚とは

今までそれぞれが頑張ってきた事を、これからはふたりで力を合わせて頑張っていくんだなと、より強い絆で結ばれたような気がしています。
付き合って10年以上、同棲して5年と付き合いが長いので、何か大きく変わったかと聞かれるとはっきりとはわかりませんが、相手の家族や友人など、大事にしたい人が増えたことが一番変わったことかなと思います。

後悔していること

結婚式をしようと決めた時に考えていた予算を、はるかに超えてしまったことです。
結婚式を終えて、当日はとても素敵な1日になったので満足していますし、振り返って変更したいと思う点もありませんが、もう少し会場を成約する前に情報を集めてから会場見学に行けば良かったと思っています。
成約交渉の段階であれば、場合によっては受けられる特典があったり、ご相談次第で出来ることもあるのかな、という印象を受けました。
もうひとつはカメラマンです。
カメラマンはお一人しか依頼しませんでした。当日は広い会場内を走り回ってくださって、素敵なお写真をたくさん残してくださいました。
ですがお一人では限界があります。笑
予算が許すのであれば、2人体制でお願いしたかったなと思いました。

やりたかったけれど諦めたこと

装花に関係する部分で諦めたことがいくつかありました。
披露宴の高砂をソファーにしたかったのですが、コストがかなり上がってしまうため、断念して普通の高砂にしました。
また、会場内のシンボルツリー、挙式後のテラスでのフラワーシャワーも諦めました。

節約のための工夫

私たちは同世代のゲストが多く、今までの結婚式の常識にとらわれなくてもいいのではないかと考え、
常識にとらわれずに自由な結婚式を挙げるという事にチャレンジしました。

お食事を思いっきり楽しんでいただきたかったので、縁起物やプチギフトに使う予算をお食事やドリンクなどに回しました。
ペーパーアイテムも節約し、席次表は準備せず、
事前にテーブルナンバーを個別にお伝えしておいたので、当日は席次ボードを入口に置く事で対応しました。
また、プロフィールムービーを充実させたのでプロフィールブックは作らず、テーブルにはメニューと席札のみご用意しました。
その他、新郎側は招待状は送らず、webでゲストの方への連絡や出席などの管理をしていました。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

理想の結婚式を挙げるためには、理想の結婚式像を持つことが大切だと思います。
私はなかなか理想の結婚式像が定まらず、軸がなかったので、その都度色々悩みました。
理想の結婚式がイメージできたらあとは情報収集です。知っていればこんなことが出来たのに!とあとから後悔しないような、そんな素敵な結婚式が挙げられるように応援しています♡
みんなが初めてなのが結婚式だと思います。
わからないこともたくさんあると思います。
1人で頑張らずに、一緒に頑張るプレ花嫁友達や、相談できる卒花嫁さんを見つけて楽しいプレ花嫁準備が出来るといいですね♡

どんなに大変でも、何度彼と喧嘩をしても、結婚式が終わったら絶対にやってよかったと心から思えるはずです!!

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
【2021年】冬の華やかウェディング
テーマカラー『ホワイト』レポ特集
洗練された気品 大人ウェディング集

エリアから探す

スタイルから探す

LINEウェディングニュース相談カウンター
担当アドバイザーが結婚準備をサポート
何も決まっていない方でも大歓迎
無料相談受け付け中♪
ウェディングニュース相談カウンター
マイレポイメージ

あなたもマイレポを作りませんか?

ウェディングニュースのマイレポで、
あなたの大切な結婚式の記録を残しましょう♡
あなたの経験が次の花嫁の力になります。

保存するには登録が必要です