卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
4
ザ・リッツ・カールトン京都
100人以下

白と緑で真ん中の十字架が浮かびあがりとても神秘的な空間。それほど広くはないのですが、ゲストとの距離も近く一体感があります。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ザ・リッツ・カールトン京都
100人以下

ホテルの入り口から、至る所に京都リッツならではの七宝柄があしらわれており京都の気品が溢れています。披露宴会場も重厚感があって上品な空間。
ライトを使った演出でさらにラグジュアリーな雰囲気を作ることができます!

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

統一感を意識して、会場づくりやプロフィールブック、ムービー等を作りました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ドレス:ルイーザ

まず着たときのトキメキと自分に合った雰囲気や形であったこと。 お気に入りポイントは腰の部分にビジューが沢山散りばめられているところと、たっぷりのチュールのふわふわ感です。

ブランド
Vera Wang
和装 2着目

成人式の振袖を引振袖に仕立て直して着用しました。
絞りもあって主は赤ですが白や黒があることで子供っぽくならず、ぱっと華やかなところです。

引振袖にするにあたり、会場の装花が白をメインにしていたので小物や帯揚げも白で統一しました。

スタイル
引き振袖
シューズ

ジミーチュウ
シルバーゴールドのキラキラのものです。

ヘアメイクのポイント

ヘアはかっちりすぎずふわふわになりすぎないように仕上げてもらいました。
メイクは基本は普段と変わらないように、眉毛、睫毛、口紅はいつもより濃い目にしてもらいました。

アクセサリー

【挙式】一粒パール
【披露宴】Elizabeth bowerのスワロフスキーのピアス

ヘッドアクセサリー

【挙式】with whiteのティアラ
【披露宴】Elizabeth bowerのヘッドドレス

ネイル

爪に馴染む少しピンクがかった色で、爪先だけビジューでキラキラに。左薬指はビジューで埋め尽くしました。

メインで使った花や装花のテイスト

薔薇やぽわっとしたお花(多分トルコキキョウ)で、色味は白をメインにしました。
ゲストのテーブルは2パターン作りました。したかった水中花もお願いしました。

装花のポイント

できるだけ白だけにしたかったので、高砂の装花もあまり緑をいれないようにしてもらいました。

ゲストのテーブル装花は物足りないなと感じさせたくなかったのと、どうしても花びらを散りばめたかったので沢山散りばめて隙間を作らないようにしました。

お料理のこだわり

リッツカールトン京都は料理長さんと一緒にオリジナルのコース料理を作れます。出身地の特産物や私たちの好きなもの、ゲストに喜んでもらえる食材などを考えて作り上げました。

ウェディングケーキ

ピエールエルメのマカロンケーキです。全てマカロンのマカロンタワーが有名なのですが、雰囲気が可愛いすぎたので大人っぽいものにしました。

引出物

基本的に、カタログギフト/鰹節/クラブハリエのバームクーヘンで、カタログギフトの内容、バームクーヘンのサイズ違いで贈りわけをしました。

プチギフト

マールブランシュの心ばかりサブレ

婚約指輪

ヴァンクリーフアーペルのロマンス

結婚指輪

ヴァンクリーフアーペルのエステル

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

余興でのサプライズムービーとメーセージボード。
私達のために時間を費やして動画を撮ってくれたりメーセージを考えたり練習したりして作り上げてくれたのかと思ったら本当に感動して泣けました。

二人らしさとは

素直になんでも話してお互いを信頼すること。

嬉しかった参加者の反応

芸能人の結婚式みたいだったと言ってくれて、頑張ってきてよかったなと思いました。
韓国で前撮りをしてその写真も沢山使用したのですが、私の式で写真をみて韓国での前撮りを予約してくれた友人もいてすごく嬉しかったです。

私にとって結婚とは

幸せになること。そして自分の一番の味方でいてくれて一緒に支え合いながら人生を歩んでいくこと。

後悔していること

お色直しで入場の時に、打ち合わせで話していた入場の仕方ではなく直前になってこうしてくださいと言われてあたふたして変な感じになってしまいました。
結局分からず曲のタイミングと合わずにスポットライトが当たってしまったので一度確認してからしたかったです。

やりたかったけれど諦めたこと

もう少しボリュームのある会場装花にしたかったですが、予算の関係でできなかったこと。

節約のための工夫

プロフィールブック、席札は外注して、ドレスもセカンドオーナーで購入しました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

今はSNSがあるのでフル活用して、とにかく自分はどんな式にしたいのか明確にして情報を沢山集めて、わからなければ先輩花嫁さんにも質問をしたりすること!

またインスタなどで同じプレ花さんとも情報交換をし合うことで心強くて励みになります!