【マリー・アントワネット】をイメージしたウェディング画像まとめ♡

オーストリアで生まれ、フランスの王となるルイ16世の元へ嫁ぎ、フランス王妃という立場から波乱万丈な人生を歩んだとされているマリー・アントワネット。そんなアントワネットのファッションは、貴族の中でもファッションリーダーとなるほどオシャレだったと言われています。マリー・アントワネットのロココ調の豪華なファッションや、贅沢な生活を再現したコーディネートをご紹介します!

2016.12.9 公開 2018.7.30 更新 テーマ・コンセプト
この記事を書いた先輩花嫁
satoimo

数年前に神前式を挙げました。 自分なりのこだわりをぎゅっと詰め込んだ式になりました。 これから結婚式を挙げる予定のあなたに、少しでもマッチした情報を発信できたら嬉しいです。

女子的要素たっぷり♡マリー・アントワネットの世界を再現してみませんか?


マリー・アントワネットのヴェルサイユ宮殿での暮らしは、贅沢三昧だったと言われています。ドレスはいつもデザイナーに注文するオートクチュールで、貴族の中ではファッションリーダーだったんだとか。そこで、今回はオシャレなマリー・アントワネットの世界観をピックアップしてお届けします♡

ペーパーアイテム

招待状


ヴェルサイユ宮殿と言えば、「バラ」ですよね!バラを贅沢に描いた招待状にしてみましょう♪フランス18世紀の王宮をイメージさせますね♡

席札

マリー・アントワネットが食べていたようなお菓子、マカロンを席札にしてしまいましょう♡斬新な発想にゲストもきっとテンションが上がります!デザートとして食べられる本物のマカロンだとなお嬉しいですね。

メニュー


招待状とお揃いのデザインのメニューです。お皿やセッティングもロココ調をイメージしてゴージャスにしましょう。

花嫁アイテム

ドレス

出典:https://pinterest.com

マリー・アントワネット風に、コルセットでキュっとウエストを締めて、スカートのボリュームを存分に出させたドレスです。彼女が好きだったとされるリボンや刺繍がゴージャスに施されています。


マリー・アントワネットは特にくすんだ色を好んでいたそうですが、その中でも特にブルーグレーが好きだったそうです。ブルーグレーをベースにした華麗なドレス。フリルや贅沢なプリント柄の煌びやかな布が高貴な王妃を彷彿とさせます。

マリー・アントワネットが好きだったフリルやバラ、リボンなどがふんだんに付けられた抜群にキュートなドレスです。ふりっふりのデザインに、乙女心がくすぐられませんか?

ヘア

マリー・アントワネットが生きていた時代のヘアスタイルはとても奇抜でした。特に女性は、ボリュームたっぷりのヘアスタイルが流行していました。そんな彼女のヘアスタイルをちょっぴり真似て、ボリューム感を出してみませんか?

実際は今見ると、かなりやりすぎ感があったヘアスタイルですが、程よく現代風に取り入れるととってもキュート♡ふわっと全体をアップにしてボリューム感を持たせた上品なヘアです。

こちらも現代感を出して、トップにボリュームを持たせたヘアスタイル♡大きなバラの生花とたっぷりサイドにまとめられたウェービーなヘアがゴージャス感を醸し出します。

ブーケ

ピンクのバラを束ねたマリー・アントワネット風のブーケ♡ビジューや羽を入れることで、スウィートなゴージャス感が出ます♡


上品なホワイトで統一されたゴージャスなブーケ♡ビジューを花に見立てたキラキラが贅沢なブーケです。

ネイル


パステルブルーベースのスイートネイル♡ロココ調らしい曲線が優美なデザインです。

出典:https://pinterest.com

マリー・アントワネットが愛したブルーグレーのネイル♡2色のブルーがシンプルなデザインでも華麗な雰囲気を演出しています。

シューズ


彼女のファッションには、常に乙女心をくすぐるフリルなどがあしらわれています♡それは靴も同じこと!ブルーグレーにフリルが付いたとてもキュートなシューズですね♡

リボンがたっぷりあしらわれた乙女度の高いシューズです。せっかくだから、足先が見えやすいドレスにしたいですね♡

これぞマリー・アントワネット!と思わせるピンクとブルーのリボンがキュートすぎるデザイン♡女子が大好きなリボンにレースが詰まったデザインに虜になってしまいますね♡


TOP画像出典: www.weddingnews.jp