文金高島田で日本髪を美しく♡結婚式の和装が映える髪型&アレンジ特集

文金高島田で日本髪を美しく♡結婚式の和装が映える髪型&アレンジ特集のカバー写真

結婚式の和装にぴったりな文金高島田。日本伝統の美しい髪型で格式高く華やかなスタイルに仕上げましょう。こちらの記事では、文金高島田の特徴や種類について解説。和装コーディネートの参考になる素敵なアレンジ集も紹介しています。

文金高島田ってどんな髪型なの?

文金高島田について詳しく知らない方のために、ここでは髪型の由来や特徴を解説します。

島田髷(しまだまげ)が由来の日本髪

江戸時代に未婚女性の間でトレンドだった髪型に「島田髷(しまだまげ)」があります。いくつかある島田髷の中でも、文金高島田は上級層の女性にしか結えない高貴なスタイルとされていました。

文金高島田が花嫁さんを象徴する髪型になったのは明治時代以降ではないかともいわれていますが、現在でも結婚式の和装ヘアとして人気です。

花嫁さんの和装に似合う髪型

花嫁さんの和装には「白無垢」「色打掛」などありますが、文金高島田で和装を着こなしている花嫁さんも多いです。伝統的に地毛で文金高島田を結う花嫁さんもいますが、お色直しのことを考えて「かつら」を着けている花嫁さんもいます。

文金高島田の構成とパーツ名を確認しよう!

文金高島田などの日本髪には正式な構成や名称があります。アレンジの際の参考にもなりますので、画像と一緒に見ておきましょう。

正面から見ると、「前髪」と「髷(まげ)」の立ち上げで立体感が出ているのがわかります。文金高島田は「島田髷」の中でも特に「髷」の位置が高いのが特徴で、左右に膨らんだ「鬢(びん)」も合わさって、優美で華やかな仕上がりにするのが特徴。

横から見ると日本髪の構成がよくわかります。パーツとしては、正面から見える「前髪」「左右の鬢(びん)」「髷(まげ)」に加え、後ろに下がる「髱(たぼ)」の5つ。

結い上げる際の順番は、「根(ね)」→「髱(たぼ)」→「右鬢(みぎびん)」→「左鬢(ひだりびん)」→「前髪(まえがみ)」→「髷(まげ)」です。

地毛で文金高島田を結う場合は、画像のような一糸乱れぬ優美なシルエットに仕上げます。

和装におすすめ♡文金高島田の種類は3つある

花嫁さんの和装に似合う文金高島田。現在では3つの種類で仕上げられています。

全かつら

髪の長さが足りない場合や、お色直しにドレスを着る場合には全かつらで整えます。衣装を選ぶように、前もって自分に合ったものを決めておくのが一般的です。

半かつら

半かつらでは顔周りの地毛を使うため、全かつらよりも自然に仕上がるのが特徴。主に髪のトップに当たる「髷(まげ」の部分をかつらで補います。

地毛結い

すべて自分の髪で結い上げるスタイルです。顔なじみのよさは3つの種類の中で一番。髪の長さは胸のあたりまであればよく、つけ毛で「髷(まげ)」のみ作ります。

文金高島田のかつらを選ぶときのポイント

文金高島田のかつらの選ぶときは自分に似合うように、そして当日の着け心地も考えて選びましょう。大切なポイントを解説しますので、参考にしてくださいね*

顔映する大きさ

かつらのボリューム感によって顔の映え方が変わるため、どの大きさのかつらが自分に合うか見定めましょう。かつらを前からだけではなく横や後ろからも見て、被ったときのバランスも要チェック。

顔に似合う色

文金高島田は伝統的な髪型ですが、かつらの色は黒以外にもあります。顔に合うならば明るめの色でもかまいませんし、着物とマッチするかも確認しましょう。

顔に合った形

人によって顔の形は違うため、かつらを顔の形に合わせるのも大切なポイントです。左右にある「鬢(びん)」の厚みや長さによって、「しもぶくれ」「面長」など顔の特徴をカバーしながら合わせられます。

もし、額が狭いのであれば、前髪部分の仕上げが自然になる「半かつら」がよいでしょう。

フィット感のよさ

フィット感はズレ防止だけでなく、着け心地によるストレス軽減のためにも重要なポイントです。かつら合わせの際は、「中心が合っているか」「こめかみから地毛が出ていないか」を確認しましょう。

また、かつら合わせの後に大胆なヘアカットをするのは避けるのがベター。試着のときと違うフィット感になってしまうので気をつけてくださいね。

文金高島田を華やかにするアレンジの種類

髪型を文金高島田で仕上げたら、華やかなアレンジで和装を豪華にしましょう。ここでは、代表的なアレンジを4つ紹介します。

綿帽子

もともとは、大奥の女中の外出スタイルだった白い袋状の被り物。本来は真綿でできているため「綿帽子」といいます。

実は防寒のため着けられていたのですが、いつしか「結婚式を終えるまで花婿以外に顔を見せません」という意味で、ウェディングベールのように使われてきました。

現代では、花嫁さんが白無垢を着るときのアレンジとして人気です。白無垢×綿帽子の清らかな姿には、けがれなき清楚な美しさが際立ちます。

角隠し

角隠しは、帯状の布で前髪を覆い、「髷(まげ)」の天辺で留めるアレンジです。

角隠しの「角」が意味するのは女性の怒りや嫉妬。花嫁は人間に備わる”心の醜さ”を純白の布で隠し、「純粋な気持ちで嫁入りします」というメッセージにしたのだとか。

格式高い文金高島田×角隠しのコラボで、甘さ控えめの凛としたニュアンスに仕上がります。

尾長(おなが)

尾長(おなが)は、束ねた髪が「髷(まげ)」から長く垂れ下がったスタイルが特徴。江戸時代では、武家のお姫様にしか許されなかった格調高い髪型です。

「綿帽子」「角隠し」がシックな印象なのに対して、尾長はゴージャスな雰囲気。特に煌びやかな色打掛に似合います。

簪(かんざし)

matsui0224

「簪(かんざし)」は、髪に挿す髪飾りです。もともとは「魔除け」「お守り」として使われていたのですが、江戸時代にはファッションアイテムとして愛用されていたようです。

簪は挿す場所で呼び名が変わります。

結婚式の和装に合わせる場合は4カ所に挿すのが一般的。それぞれ「櫛(くし)」「前挿(まえざし)」「中挿(なかざし)」「後挿(あとざし)」があります。

日本髪にうっとり♡文金高島田のアレンジいろいろ

日本髪をより美しく仕上げる文金高島田のアレンジ。実際のアレンジを参考にして、結婚式の和装を華やかにしましょう。

裏地が赤いビビッドな綿帽子

ベーシックな真っ白の綿帽子も美しいですが、裏地が赤になった紅白の綿帽子も艶やかです。赤と白のコントラストがビビッドな印象を与え、顔色がよくなって写真映えもします。

赤いラインがアクセントになった綿帽子

真っ白な綿帽子の裾部分にだけ赤いラインが入った「赤ふき」の綿帽子です。細いラインではありますが、キリッと全体を引き締める印象に。白打掛や白無垢などを着る際のアクセントになります。

すべて白で揃えた髪飾り

櫛(くし)など簪(かんざし)を白で揃えた上品な髪飾りです。清らかな白無垢に調和しながらも華やかな印象。赤い口元が引き立って、日本の古式ゆかしき花嫁さんスタイルになっています。

格調高い鼈甲(べっこう)の髪飾り

白無垢が映える格調高い鼈甲の髪飾りです。日本の伝統美が冴えわたるクラシカルな雰囲気が特徴。由緒ある式場や高貴なゲストの多い結婚式での和装にいかがでしょうか。

角隠し×簪(かんざし)の粋な髪型

角隠し×簪(かんざし)の粋なスタイルは、綿帽子の厳かな雰囲気とは対照的です。豪華な簪が角隠しの上に盛られているようで、花嫁さんの日本髪をファッショナブルに仕上げてくれています。

大ぶりの櫛(くし)が豪華な髪飾り

大ぶりの櫛に合わせた高さのある前髪も印象的。ゴールドで統一した簪(かんざし)で全体的に豪華な仕上がりになっています。色打掛との組み合わせで、まさに位の高いお姫様のようなコーデです。

レトロな縁起物の髪飾り

紅白のストライプがキャッチーな扇に、ゴールドの鶴やチェーン状のパール。レトロなテイストが新しい縁起物のアイテムが満載の髪飾りです。

角隠し×鼈甲(べっこう)の定番スタイルもいいですが、色かんざしでドレスアップするのも魅力的。角隠しとのマッチでクラシカルな雰囲気に仕上がっています。

イマドキな花の髪飾り

洋装にも合わせられそうな花の髪飾りでイマドキなアレンジにさせるのも素敵。和装といってもモダンなデザインの着物もありますので、花の髪飾りの花嫁コーデを楽しむのもおすすめです。

アクセサリー感のある髪飾り

アクセサリー感のある大人カワイイ髪飾りです。垂れ下がったスタイルなので、ゆらゆらと揺れる動きもポイント。20代のフレッシュな花嫁さんにもおすすめです。

アンティークな髪飾り

鼓をモチーフにしたアンティークな前挿しや笄(こうがい)は、まるで伝統工芸品のよう。古典柄など落ち着いた雰囲気の色打掛にも似合うシックなテイストなので、大人の花嫁さんにもぴったりです。

ブラウンカラーの文金高島田×茶系の髪飾り

かつらの色は明るめのブラウン。鼈甲(べっこう)など茶系の髪飾りをほどこし、ナチュラルメイクで現代風の花嫁さんに。前髪と左右の鬢(びん)で作るラインが角のない優しいカーブなので、日本髪に抵抗がある女性でもチャレンジしやすそうです。

ラフめの文金高島田×和柄の髪飾り

ややラフに仕上げた現代風の文金高島田に、モダンな和柄の髪飾りを合わせたスタイリッシュなコーデです。髪飾りにはレースもあしらわれていて、ベールのような雰囲気も。ガチガチの日本髪が苦手な女性でも楽しめそうなスタイルです。

ポップな髪飾り×ピンクの綿帽子

ポップな花やリボンをあしらった髪飾りと、透け感のあるピンクの綿帽子でキュートに仕上げた文金高島田。かつらは春らしいピンクブラウンで、全体的にフェミな印象です。桜色の色打掛とのコーデで幸せオーラ全開の花嫁さんに。

和装の結婚式には文金高島田で美しい日本髪を♡

ここまで、文金高島田について特徴や種類、アレンジなどを紹介してきました。結婚式で和装を予定している花嫁さんにとっては、当日の髪型の参考になったのではないでしょうか。

現代では誰でも自由に楽しめる髪型ですが、流行の絶頂期だった江戸時代では限られた身分の女性にしか許されなかった文金高島田。格式高い髪型で美しい日本髪に仕上げ、ぜひ、結婚式の和装に合わせてくださいね*

クリップするには登録が必要です