ブライダルシェービングは自分でできる?プロとの比較や体験談も*

ブライダルシェービングは自分でできる?プロとの比較や体験談も*のカバー写真

ブライダルシェービングをしようと考えている花嫁さんは多いかと思います。でも、時間がなかったり、コストを抑えたい場合は「自分でしようかな」と考えてしまうかも*

ブライダルシェービングは自分でできるのか?プロにケアしてもらうのと何が違うのかなどを、体験談も交えながらお話していきます。ぜひ参考にしてくださいね♩

ブライダルシェービングは自分でできる?結婚式までにケアしておきたい部位6つ*

ブライダルシェービングを自分でしようかなと迷う場合、一体どの部位をケアしておけばいいのかよくわからないかもしれません。

結婚式までに処理しておきたい部位をそれぞれ確認していきます*

顔は結婚式で一番見られる場所で目立つため、最優先でケアをしたいと思う花嫁さんは多いです。顔にムダ毛があるとないとでは化粧ノリも全然違ってきます。

顔は鏡で確認しながら自分でケアができそう♩と思ってしまいますが、カミソリで誤って傷をつけてしまうとせっかくの結婚式も台無しになってしまうため、ケアをするなら注意が必要でしょう。

さらに自分で剃る場合はプロとは違い剃り残しはあるものだと考えていたおいた方がいいかも*

襟足(うなじ)

襟足はドレスの場合だけでなく和装の場合も重要な部位です。ドレスで髪の毛をアップにする場合はとてもゲストからもよく見えますし、和装の場合は襟足を大きく見せるため、ムダ毛処理は特に必須と言えるでしょう*

自分で鏡を後ろに持ってみたり、三面鏡を置いてみたりしながら自分でしてみよう!と考える花嫁さんもいるかも。

ただ、襟足の場合はやみくもにムダ毛を処理したら良いわけではなく、「キレイに見える形」があることを忘れないようしましょう*

キレイに見える決まった形で剃りあげることで、スラリとキレイな襟足を手に入れることが可能です。

背中

ドレスで背中部分が大きく露出する場合、背中は必須とも言える部位です。背中は普段見えないためムダ毛処理をあまり意識することはありません。

でも、結婚式では花嫁さんの後ろ姿を多くのゲストが見ることに。写真も近い距離で撮る機会が多いため、ムダ毛のないキレイな背中で結婚式を迎えたいと思う花嫁さんは多いです*

二の腕

二の腕のシェービングは、普段自分でカミソリで剃ってるという花嫁さんも多いかも。比較的自分でシェービングしやすい箇所にはなりますが、腕の裏側など、剃りにくい角度の場所はどうしても剃り残しになりがち。

また、誤って肌を傷つけてしまうととても目立ってしまう箇所なので、結婚式にキレイな肌で写真を撮ってもらうためにも自分でケアする場合は最新の注意が必要だと言えるでしょう*

デコルテ

デコルテのシェービングなんて必要なの?と思った花嫁さんもいるかもしれません。しかし、実はデコルテはキレイにドレスを着るためにぜひケアしておきたい重要な部位なのです*

デコルテは顔をキレイに見せてくれるレフ板の役割があります。そのデコルテのムダ毛をきちんとケアしておくことで顔色を良く見せることが可能に。

さらにムダ毛がなくなって肌のトーンが上がったデコルテはドレスをより華やかな印象に見せてくれます*

正面からとても目に付く場所なため、自分でケアをする場合は誤って傷をつけないように最新の注意が必要でしょう。

手の甲〜指先

eri_0113_wedding

実は指のシェービングは盲点になりがちに。背中や顔のシェービングに気が向いてしまい、忘れていた!とならないためにも、きちんとケアすることが大切です*

手の甲は指輪交換のシーンでアップで写真を撮られることも多いため、その時に指先のムダ毛が・・なんてことに気がついたらテンションも下がってしまうかも。

また、乾燥肌の女性の場合は手が荒れがちに。乾燥しているとカミソリ負けをして傷もつきやすくなります。ケアの前後はしっかり保湿をして、結婚式当日は潤いのある状態で迎えたいもの。

すると、自信を持って指先のアップの写真も撮ってもらえることができるでしょう*

ブライダルシェービングは自分でするのが手軽?実は注意するポイントがたくさん!

自分でブライダルシェービングを行う場合、何も知らずにただ剃ってしまうと後悔してしまうかもしれません。

自分で行う場合は注意するポイントがいくつかありますので、ぜひ頭に入れていただきたいと思います*

カミソリ負け&肌荒れトラブルの心配があるので注意!

自分でブライダルシェービングをした時によくあるのがカミソリ負けです。皮膚は平らに見えますが、実はへこみや隆起があるもの。

そうした部分を知らずに剃ってしまうと出血したり、傷がついたりしてしまいます。また、カミソリで剃った後に肌がなんだかヒリヒリして・・という経験をした人は多いでしょう。

肌が荒れた状態で結婚式を迎えるのは避けたいですよね。

そのためには、シェービング前に肌の汚れを落として清潔にして、カミソリの滑りをよくするためにたっぷりとシェービング剤をつけて優しく剃ることが大切。

ほくろやニキビがある部分は避けて慎重に剃り、シェービング後はきちんと保湿をして肌に潤いを与えることも重要です。

見えにくい場所のムダ毛は剃り残しがちに

自分でブライダルシェービングを行う時にありがりな「剃り残し」。特に自分でできると思える「二の腕」は、剃り残しが多い部位です。

見えやすい部分は剃れても、見えにくい腕の裏部分や、腕の付け根部分は手が届きにくいため剃り残しが多くなります。結婚式ではあらゆる角度からゲストに見られるため、剃り残しは避けたいところ。

自分で剃りたい場合はこれらの場所の剃り残しがないかを確認しながら進めましょう*

ただ、気になって同じ場所に何度もカミソリを当ててしまうと肌に負担がかかって炎症が起きる場合もあるため、注意が必要です。

自分でブライダルシェービングをする時は新品のカミソリでケアをするのがベスト

普段シェービングをする時に毎回新品のカミソリを使用している人は少ないでしょう。

古いカミソリを何度も使い回していると切れ味が悪くなり、結果的に肌を傷つけてしまうことも。

また、使ったカミソリをお風呂場や洗面所に置きっぱなしにするのも清潔とは言えず、そうしたカミソリを使うことで肌トラブルへ繋がる可能性も考えられます。

大事な結婚式前のシェービングは、新品のキレイなカミソリで行うのが良いでしょう。

あえてブライダルシェービングをプロにしてもらうと嬉しいメリットがたくさん♡

注意が必要にはなりますが、部位によっては自分でブライダルシェービングを行うことは確かに可能です。しかし、あえて自分でできそうと感じた部位もプロに任せることで、嬉しいメリットを得ることができます*

それぞれどのようなメリットを得ることが可能なのか、また、自分で行う場合とどのような差があるのかも比較してみてくださいね♩

丁寧なケアで剃り残しがない*

自分でブライダルシェービングを行う場合に気になる剃り残しですが、プロにブライダルシェービングをしてもらうと剃り残しのないキレイな仕上がりが実現します*

自分では見えにくい箇所もさまざまな角度から処理をしてもらえるため、安心して任すことができるでしょう。

産毛と古い角質をオフで化粧ノリUP&肌がワントーン明るく*

自分でブライダルシェービングを行う場合、細かな産毛までキレイに処理することは難しいです。でもプロに任せると産毛もキレイに剃ってくれます。さらに、古い角質も一緒に剃るため、嬉しいピーリング効果も♡

肌に余分なものがなくなり表面が均一になるため、化粧ノリも良くなります。さらに、ムダ毛がなくなることで肌の色もワントーン明るくなり、元気な印象に*

カミソリ負け&皮膚トラブルを最小限に

自分でブライダルシェービングを行う時に気になるのがカミソリ負けなどの皮膚トラブル。

でもプロにお願いした場合、それらのリスクを最小限に抑えることが可能です*

ケアをする前と後にしっかり保湿をしてくれたり、シェービング前もキレイにクレンジングをして汚れを落としてくれたりなど、自宅では行き届かないケアも徹底して行ってくれます。

もちろん、プロにお願いした場合でも100%絶対にカミソリ負けをしないとは言いきれませんが、自分で行う場合に比べると、はるかにそのリスクは低くなるでしょう。

ブライダルシェービングをプロにお願いする時は2つの選択肢がある*

ブライダルシェービングをもしプロにしてもらう場合は、エステサロンか理容室でケアをしてもらえます。

それぞれの特徴を紹介しますので、プロにブライダルシェービングをお願いしようかな?と思っている花嫁さんは参考にしてみてください♡

エステサロン

多くのエステサロンではシェービングコースを行っています。エステサロンでシェービングを受ける時は、「ソフトシェービング」「レザーシェービング」の2つがあります。

ソフトシェービングは電気シェーバーなどで行うケアで自宅でもできる手軽な内容ですが、産毛など細かな毛の処理までは難しく、毛を「剃る」より「刈る」イメージが強いでしょう*

一方レザーシェービング(本格シェービングとも言われます)は、カミソリを当ててのケアになり、国家資格である理容師免許がないと行うことができません。

細かな産毛まできちんと処理をしてもらえることはもちろんですが、さらにエステサロンでシェービングをしてもらうだけではなく美容効果も期待できます*

保湿や美容成分の入った化粧水を使用するなどして肌へのケアも行ってもらえるのがエステサロンでのシェービングの良いところでしょう。

また、個室でアロマの香りに包まれたり、リラックスしたキレイな空間でケアが行われることも多く、エステサロンでのブライダルシェービングは精神的に癒される効果が大きいと言えます*

理髪室

理容室でもブライダルシェービングを受けることが可能です。理容室と聞くと男性客が多く、オープンなスペースでケアをされるのでは?と思ってしまう花嫁さんも多いでしょう。

しかし女性専用の個室でケアが受けられたり、女性がケアをしてくれたりなど、女性が通いやすい雰囲気の理容室も数多く存在します*

エステサロンに比べると理容室は圧倒的に費用を抑えることもできるため、コストをかけたくない花嫁さんにも向いているでしょう。

ブライダルシェービングをサロンや理容室で受けた花嫁さんの感想は?

実際にブライダルシェービングをサロンや理容室で体験した花嫁さんはどう感じているのが気になりますよね。

いくつか紹介していきます*

シェービングは初めてでしたが、くすぐったい部分への声掛けや、アフターケアについても説明頂き安心。お肌も明るくなり肌の赤みが出ないよう丁寧にして頂けたので感謝です。
出典;https://www.bridal-esthe.com

シェービングと毛穴ケアでお肌がモチモチになりました。お肌もツルツルになったので満足です。理容室なので女性はどうなのかなと思ったのですが個室になっていて安心しました。
出典:https://www.bridal-esthe.com

理容室のため男性のお客様もいましたが丁寧にシェービングしてもらいました。お肌もワントーン明るくなり、ツルツルになりました。
出典:https://www.bridal-esthe.com

初めてのシェービングでしたが、リラックスもでき、とてもよかったです。肌の色が明るくなりビックリしました。もっちり肌になり、明日以降のメイクが楽しみです。
出典:https://www.bridal-esthe.com

コストを抑えるならサロン&セルフシェービングを組み合わせてみても

eri_0113_wedding

二の腕(ヒジから下だけなど)、デコルテなど比較的自分でケアがしやそうな箇所だけ注意をしながら自分でシェービングを行い、背中や皮膚トラブルを絶対避けたい顔などはエステサロンや理容室に任せることでコストを抑えることも可能です*

もしサロンや理容室のシェービングが気になる場合は、一度挙式の1ヶ月前くらいに体験コースを受けてみるのがおすすめ。

直前でのケアはもし皮膚トラブルが起きた時に困るため、避けるようにしましょう。

ぜひ、自分に合うブライダルシェービングのスタイルを探してみてくださいね*

クリップするには登録が必要です