『親に結婚を反対された』ときに取るべき行動と解決への糸口♡

『親に結婚を反対された』ときに取るべき行動と解決への糸口♡のカバー写真

ふたりの気持ちが結婚へと向かったら♡まず最初の結婚準備といえば親への結婚あいさつ♪だけど、ふたりの気持ちとは裏腹に親から「結婚は反対!」と言われてしまったら……。今回は親に結婚を反対されているカップルへ理由別の対処方法や、反対されたまま結婚式に踏み切ったカップルのエピソードなどをご紹介します。

結婚の反対や、結婚式準備で親とモメることは少なくない

ふたりにとって人生最高に幸せな瞬間である結婚。だから結婚の準備といえば『ふたりはもちろん親や兄弟も常に笑顔』なイメージがありませんか?

実は、そうではないんです。
結婚準備には紆余曲折はつきもの!

10年間数百組のカップルを見守ってきた元プランナーの筆者はそれはそれはたくさんのご両親とカップルのもめ事を見てきました。

ときには

「お父さんが『結婚式には出ない!』って言ってるんです……。」

「親に『結婚式なんてキャンセルしなさい』って言われてしまって……。」

なんてことも。

ふたりにとっては、これから歩むべき人生の節目となる大切な結婚。でもご両親にとっても、長年大切に育ててきた我が子が巣立つ最良のとき。

本来、結婚は両者にとって最高に幸せであるべき瞬間のはずなんです。だからこそ期待が大きい分、ぶつかることも多いんですよね。

今、頭ごなしに「あなたたちの結婚は反対よ!」と言っているように見えるご両親。

でもホントのところは、大切な我が子に対する愛情の裏返しであることも少なくないんですよ。

ここはご両親の反対意見に動揺する気持ちをグッとこらえ、冷静になってこれから何をするべきかを考えてみましょう。

親が結婚を反対するワケを知るところからはじめる

親に結婚の承諾をもらうためには、まず『なぜ結婚に反対なのか』を知るところからはじめます。

自分たちの意見よりも親の意見

親に結婚の反対をされたときに限らず、結婚準備は自分たちだけで判断を重ねるのではなく、ご両親の意見も尊重することが結婚準備をスムーズにすすめるコツ♡

結婚といえば、ふたりだけではなく、両家の新たな絆をつむぐ作業でもあるからです。

特に、親から結婚自体に反対されている今は、自分たちの意見を伝えるよりも相手の意見に耳を傾けることが重要なタイミング。

「結婚に反対する理由は、自分を思ってくれているからこそ」

この気持ちを大切に、まずは’なぜご両親が結婚を反対しているのか’その理由を教えてもらうことからはじめましょう。

親から結婚反対の理由を聞き出すときに心掛けること

ふたりにとってもご両親にとっても一大イベントとなる結婚ですから、話し合いとなるとどうしても感情的になりがち。

そのためご両親から結婚反対の理由を聞き出すときに心掛けるべきは感情的にならないこと。

冷静さを失ってしまっては、結婚反対の理由を聞き出せないばかりか、関係は悪化の一途をたどってしまいます……。

担当させていただいたお客様のお父さまには

「いろんな気持ちが混ざって、結婚の反対を上手く説明できなかった」

と、おっしゃる親御さまもおられました。

本当なら、素直にお祝いしてあげたい我が子の結婚。でも心配や不安から、上手く結婚反対理由を打ち明けられないご両親もおられます。

お互いが冷静になって気持ちを言葉にできるよう

  • 根気よく向き合うこと
  • 時間を掛けて丁寧にを心掛けること
  • ふたり自身が冷静さを保つ努力をすること
  1. この3つが、結婚を反対するご両親から反対理由を聞き出すときには大切です*

親が結婚に反対するよくある理由

親が結婚に反対するきっかけは以下のようなことが多いんです。

結婚といえば、家と家との新たなつながり。

が故に、相手に対する反対だけではなく、相手を取り巻く環境を結婚の反対の理由として挙げられることもよくある話なんですよ。

【親の結婚反対理由別】説得ポイント

結婚を反対する理由をご両親から聞き出すことができたら、次は説得する方法を考えます。

親からの結婚反対の理由 その1・人柄に対する不安

結婚あいさつの印象が悪く「結婚は反対!」となることも少なくありません。

初めてのあいさつに、彼が緊張のあまりしどろもどろになってしまいご両親から

・「頼りなさそう」
・「挨拶もろくにできないのか!」
・「大切な娘をこの人には託せない!」

と反対されるケースが多いようです。

この場合は、時間をかけて彼の人となりを知っていただければ理解してもらえます。

まず結婚あいさつのときの、言葉使いやマナー、服装など立ち居振る舞いをもう一度思い出してみましょう。

肝心の「結婚させてください!」が言えていなかったり、自己紹介が出来ていなかったりなど、本来であればすんなりできることも、結婚あいさつでは緊張で抜けてしまうこともしばしば……。

その失敗を踏まえて見直そうする努力と姿勢が見えれば、ご両親も相手に対する見方を変えてくれるはずです。

親からの結婚反対の理由 その2・持病や離婚歴、歳の差に対する不安

持病や離婚歴、学歴や職歴、歳の差などこれから変えることの経歴を理由にを、結婚を反対するご両親も。

この場合はやはり、ご両親に相手の人柄を知っていただくことが最良の策!

時間を掛けてじっくりと、まずはあなたが間に入り、ときには兄弟にも味方になってもらうこともおすすめします。周囲からも認められる人だと理解できれば、ご両親も相手に対する印象が変わってくるはず。

そして相手とご両親の距離も少しずつ縮めながら、これまでだけではなく、この先の相手の姿を見てもらえるよう努力を重ねましょう。

親から結婚反対の理由 その3・経済的、社会的不安

「ちゃんとふたりで生活していけるの?」と、金銭面の不安から結婚を反対するご両親も。

・転職したばかり
→「まだ収入が少ないのでは?」

・転職を複数回している
→「結婚後もまた転職を繰り返すのでは?」

・ふたりの収入の差が大きい
→「(彼女の方が収入が多い場合)子どもが出来たらやっていけるの?」

この先もずっと幸せに過ごして欲しいと願えばこそ、数年先のこともご両親は心配しがち。

だからふたりの経済的な心配から結婚を反対しているご両親には、具体的に金銭面に関する将来設計を伝えるのが◎。

これらを金額面の数字とスケジュールで具体的であればあるほどOK!

お付き合いでは、なかなか話す機会が少なかったお金に対する具体的な計画。

これを機に、ふたりでじっくり話し合ってみましょう☆

ふたりでお金に関する計画が上手く立てられない場合には、ファイナンシャルプランナーさんに相談する方法も*

プロにアドバイスをもらいながら、ご両親を納得させることができるふたりのマネープランを立ててみてください!

親から結婚反対の理由 その4・相手の家庭環境

結婚のあとは、両家とのつながりもできるので、相手の出身地や家庭環境を理由に結婚を反対されることも。

・双方の実家が離れている
→結婚後は遠くに住んでしまうんじゃないか……。

・しきたりが厳しい
→お嫁にいった娘が苦労するのでは……。

・相手方の実家が金銭的に厳しい
→結婚後、ふたりにも金銭面で負担がかかるのでは……。

相手方の家庭環境を反対する理由に挙げる場合の多くは、これもまた親の気持ちとしては我が子を思えばこその理由ばかり

娘を心配するご両親には、彼に間に入ってもらい

「僕が必ず、〇〇さんを守ります」

とはっきり宣言してもらうのも、ご両親を安心させる方法のひとつ。

またしきたりの厳しい家の場合には、自身の決意をしっかり伝えることも結婚の本気度を伝えるきっかけに。「それだけの覚悟を持っているなら」とご両親の理解をもらえる場合もありますよ*

相手方のしきたりや習慣を知ることは、結婚準備のひとつ。

違った環境で育ってきたからには、これまでの習慣やしきたりが違うことは珍しくありません。

結婚をするなら、お互いの実家の習慣などを知ることも結婚準備のひとつ。ふたりの姿勢次第では、双方のご両親から逆に好感を持ってもらえるきっかけにもなります♡

親の結婚反対を押し切っての結婚はあり?

どれだけ結婚反対理由を聞いても、どれだけ説得をしても結婚の承諾をもらえないこともあります。

そんなときは、成人しているカップルなら親の承諾なしに結婚を押し切る方法も。

ただし、結婚が両親との縁を切るキッカケになってしまうのは避けたいところですよね。

この先もずっと『結婚=親と縁切り』の思い出が付きまとってしまいます。

親に結婚を反対されたまま結婚式準備をはじめたカップル

以前筆者が担当させていただいた新郎新婦さまの中にも、ご両親から結婚を強く反対されている状態で結婚式準備をはじめた方もおられました。

ですが、このカップルは根気よく結婚式準備も少しずつご両親に相談

これらは結婚式準備の中でも、特に多くのご両親が気にしがちなポイント。

もちろん最初のころは、ご両親は反対されている中ですから相談に取り合ってもらえないこともありました。

けれど、根気よくご両親に説得を重ね

「お父さんとお母さんにも結婚式を楽しんでもらいたいから」

と、何度も言葉にして伝えておられました。

そんなおふたりの熱心な姿にご両親も少しずつ、態度を変えて……。

親に結婚を反対されていたカップルが幸せをつかんだ理由

結婚式のメニューを決める試食会では、渋々ながらも出席をしてくださったご両親。

そしてその場で、ご両親が心配しがちな引出物や引菓子のご紹介もさせていただき、強張っていた表情も、美味しい料理と安堵感で最後は自然と笑顔に*

その後、無事結婚式は出席をされたどころか、さまざまな感情を思い起こされたのかご両親も新郎新婦さまも涙涙の結婚式でした。

彼らが幸せをつかむことができた大きな要因は、

1・根気よく両親を説得し続けた

2・「お父さんとお母さんにドレス姿を見てほしい」と言葉に出し続けた

この2点につきます。

今は結婚に反対されていて、結婚式に出席だなんて想像つかないかもしれません。

けれど、いつか雪解けのときがくるのを願って、根気よくご両親と接することを心掛けましょう♡

親に反対された結婚を『幸せ』に導くためにできること

結婚をよろこんでくれると思っていた親から「結婚は反対よ!」なんて言われたら、動揺してしまいますよね。

けれど親が結婚を反対する理由の多くは、我が子の幸せを願えばこその場合がほとんど。
不安や心配の気持ちから、反対しているお父さまやお母さまが多いんです。

まずは結婚反対の理由を根気よく聞いて、ゆっくり丁寧に解決策を見出していきましょう。
その努力の積み重ねは、きっとふたりはもちろん、ご両親をも幸せに導く軌跡となるはずです♡

クリップするには登録が必要です