結婚式ご祝儀のお返しは必要?相手に合ったお返しアイテムや金額をまとめました♡

ご祝儀を頂いてお返しをすべきか困る場合があると思います!思いがけず高額なお祝いをいただく場合も出てくるはず。
そこでご祝儀を頂いた場合、お返しが必要なのかどんなお返しがいいのか金額も合わせてまとめました♡

2020.2.12 公開 お礼のプレゼント

ご祝儀のお返しが必要なパターンは?

結婚の報告をすると、いろいろな方からご祝儀をいただくことが多くなりますよね*

「結婚式で予想以上のご祝儀を頂いた」「ご祝儀の他にお祝いの品もくださった」という場合も出てくるはず。

そこで、お返しの有無とどんなものをお返ししたらいいのかをピックアップしました♩

<お返しがいる>
・ご祝儀を相場より多くいただいた場合
・ご祝儀の他にも品物をいただいた場合
・会費制なのにご祝儀を別で頂いた場合
・結婚式に列席しない方から頂いた場合

「お祝いの気持ち」でご祝儀をいただきますが、やはりお返しをするのがベストです*
親族間でのルールがある場合は、それに倣いましょう!

<お返しはいらない>
・会費制の結婚式
・相場通りのご祝儀をいただた場合

会費制の場合は「パーティーへの参加費用」
ご祝儀制の場合は「披露宴での食事と引き出物」
がお返しの代わりになるので、プラスで頂いていなければお返しする必要はありません。

ご祝儀をお返しするタイミングはいつ?金額は?

お返しが必要な場合は、「渡すタイミング・金額」が重要ですよ!

タイミング(時期)はいつ?

一般的なお返しのタイミングは「1ヶ月以内」が目安とされています。

可能であれば夫婦で直接先方へ伺い、お礼とお返しの品を渡しましょう!
遠方など直接渡すのが難しい場合は、お礼状とともに郵送するといいですよ*

お返しの金額はどれくらい?

<お返しの目安金額>
頂いたご祝儀 — 相場 = 差額
差額 ÷ 3〜5割 = お返しの金額

半返しがおおいですが、相場より多く頂いた場合や高額な時は3〜5割程度を目安にお返しするといいでしょう*

頂いたお祝いが高額だった場合、半返しだとかなりの額で過度なお返しをすることになるので、
「そんなつもりじゃなかったのに…」と思わせてしまうことも。

あくまで気持ちでご祝儀をくださっているので、感謝の気持ちを伝え、相手が重く感じず、快く気軽に受け取ってもらえる金額のものをセレクトしましょう!

ご祝儀のお返し【①内祝いとして送る】

<ベストな間柄>
・親族
・上司や会社関係
・友人

特に親族の方から、予想以上にご祝儀を頂く場合がもあります。

その場合はまずはご両親に相談がマスト!
親族間でルールがあったり、ご両親が品物の対応をしてくれたり、お礼の電話や結婚式のアルバムを作ってお返しする場合など、様々などで一度相談するのがベストです*

親族へのお返しは両親に相談しました!品物は両親がお返ししてくれ、アルバムを作成して祖母にプレゼントしました♡(編集部Akie*)
急いで親族にお返しをしたら義理両親に怒られてしまいました。。親族間でのルールがあり、お返しは必要なかったみたいです。田舎だとその場合も多いので、両親への相談はマストです!(編集部Anna*)

ご祝儀のお返し【②新婚旅行のお土産を奮発する】

<ベストな間柄>
・親族
・上司や会社関係
・友人

結婚式後、期間を空けずに新婚旅行にいく場合は、お土産をお返しとして渡すのもOK!

ご祝儀を頂いてから1ヶ月以上空くとあまり良い印象ではないので、1ヶ月以内にお渡しできる日程で新婚旅行に行かれる方は、思い出話と一緒にお土産を奮発してお渡ししましょう♩

ご祝儀のお返し【③ご飯に誘うorギフトカードを送る】

<ベストな間柄>
・友人

仲良しな友達など、カジュアルな雰囲気でお返しができる方に向けて選ぶのがベスト*

お返し内でご馳走できる少しいいレストランで結婚式の思い出を話したり、好きなものを選んでもらえるギフトカードも実用的でいいですよ♩

スタバカードをお返しにしました*500円からラインでプレゼントできるので、とっても便利で遠方の友人にもおすすめです♩(編集部Anna*)

ご祝儀のお返し【④相手の祝い事が近い場合】

<ベストな間柄>
・友人

ご祝儀を頂いた方の
・相手の結婚式も近い場合
・出産が近い場合
は、同じ金額に合わせたり出産祝いを弾んでお返しするのも良し*

こちらも期間が空いてしまうのは良くないので、
長くても2ヶ月以内にできるようであれば選択肢に入れてもいいでしょう!

相手に合ったベストなお返しを贈ろう♡

多くのお祝いをいただくことの多い結婚*
みなさん、純粋にお祝いの気持ちでご祝儀をくださっています♡

高額なお祝いを頂いた場合もありがたく頂戴し、失礼のない範囲で目安を参考にお返しをしましょう♩

この記事を書いた先輩花嫁
chisa

2018年11月にホテル婚を行いました!東京卒花嫁です♡ 2019年にパリ後撮り、サントリーニ島への新婚旅行を控えており わくわくしています♡ みなさんの参考になるような記事を発信できるよう頑張ります♪

TOP画像出典: www.weddingnews.jp