両親贈呈品は【体重米】で決まり!DIY方法とおすすめデザイン12選

結婚式で大切な両親に渡す贈呈品♡人気の体重米を手作りして感謝の思いを伝えてみませんか?
作り方もご紹介するので、是非参考にしてみてくださいね♡

2019.11.25 公開 2019.11.28 更新 両親贈呈品

両親贈呈品には体重米がおすすめ♡

披露宴で新郎新婦から両親に感謝の言葉とともに渡される贈呈品!

両親に感謝伝えるため、何を贈ったらいいか迷ってしまいますよね。

そんな時にオススメしたいのが体重米*

生まれた時の体重分のお米をギフトとしてプレゼントすることで、重みを通して生まれた時の感動を思い出してもらえる、とっても素敵な贈り物になるんです♡

写真付きからシンプルなものまで*体重米のおすすめデザイン12選

体重米はそのデザインによって印象がガラリと変わるんです!

どんな体重米があるか参考にしてみてくださいね♡

子どもの時の写真

赤ちゃんの時の写真をタオルで包んだこちらの体重米。

こんな体重米をもらったら昔の頃を思い出してお母さん達もじーんとすること間違いなしですね♡

お着物を着ているようにするために風呂敷を使うのも◎

タオルと和柄の風呂敷を使うことで着物の重なりが表現されていてすごいですね。

シンプルデザイン

モノクロの袋がモードでとってもオシャレなこちら。

袋に書かれている英文には新郎新婦の名前や体重などが書かれているんですよ*

米袋に2人からのメッセージが書かれているのも素敵です。

きっと手紙をもらったような幸せな気持ちになれて米袋はずっととっておきたいくらいの宝物になりますね♡

和風

和モダンが大人カワイイこちらの体重米。

差してあるメッセージカードが英語表記で和な包装と対照的なのがオシャレですね*

米袋に書かれている模様が輪になっていてまるでリースみたい♡

包装している布も和の要素が強いので統一感がありますね。

米俵

米俵にすることでお米ならではのビジュアルが楽しめます。

本物の米俵とは違うサイズ感がまた可愛いですよね♡

こちらはレンタルできる米俵。

作りがしっかりしていますし、式のあとには米俵だけ返却出来るので送りやすいひと品です*

ベビー服

色違いの袋にお揃いのベビー服が可愛いこちら。

そのベビー服も左胸にイニシャルをつけることによって世界に一つだけの特別なものになりますよ*

小さい頃の写真にベビー服を組み合わせるとより赤ちゃん感が出ます。

当時のベビー服を用意して使うのも素敵ですね*°

アニマル

パンダをモチーフにしたキュートな体重米。

まるでぬいぐるみを抱っこするように新郎新婦の生まれた当時の体重を思い出せます*°

こちらはくまさんモチーフのウェイトベア*

男性と女性で顔つきが違ったりリボンの色が違ったりするところも可愛いですね♡

意外と簡単♡体重米DIY方法をご紹介!

用意するものはこちら

・お米

・ジップロック

・マスキングテープ

・写真(使う方)

・ラミネートフィルム

・包むもの(バスタオルや風呂敷やベビー服)

・リボン

作り方

①ジップロックに体重分のお米を詰める

②ラミネートした写真をマスキングテープでお米に固定

③タオルや風呂敷、ベビー服でそれとなく包み込む

④リボンで結ぶ

工程はこれだけ!

費用も抑えられるし好みの写真、好みの包み方もできるのでオススメです◎

体重米をプレゼントして思いを伝えよう*

tmm_0530

簡単にDIY出来て比較的低価格な体重米。

とっても可愛くて新郎新婦の気持ちもこもっていますよね♡

是非、両親贈呈品には体重米をセレクトして今までの感謝を真っ直ぐ伝えてくださいね!

きっと気持ちが届いて素敵な結婚式になりますよ*

この記事を書いた先輩花嫁
yui

2018.06 軽井沢で挙式♡ 「軽井沢ニューアートミュージアム」という美術館で大好きなシンデレラをモチーフに結婚式を行いました* シンデレラの小物を至るところに置いて世界観を作ったり、お気に入りのドレスがよく見えるようにソファ高砂にしたりしました。 皆さんが素敵な結婚式を挙げるために役に立てるような記事を書いていきたいと思います*°

TOP画像出典: www.weddingnews.jp