口コミ総合500
ヴィラ・デ・マリアージュさいたま
4.53(1,338件)
アクセス与野駅
着席2名〜137名
料金64348万円

ヴィラ・デ・マリアージュさいたま花嫁レポート
Brides Real Report

7件中 17件を表示
絞り込み
s2__0327さんの披露宴・挙式カバー写真
s2__0327さんの披露宴・挙式カバー写真
s2__0327さんの披露宴・挙式カバー写真
s2__0327さんの披露宴・挙式カバー写真

ナチュラルで大人可愛い&ゲストに楽しんで頂けるようなアットホームな式を目指しました。

高砂やドレスでナチュラルな大人可愛い雰囲気を出しつつ、全員が参加して楽しめるような演出を盛り込みました。DIYも沢山取り入れました!

挙式日:2021-03-27
ebi.y_weddingさんの披露宴・挙式カバー写真
ebi.y_weddingさんの披露宴・挙式カバー写真
ebi.y_weddingさんの披露宴・挙式カバー写真
ebi.y_weddingさんの披露宴・挙式カバー写真

テーマは「Cher'」
フランス語の手紙の書き始めで「親愛なる」という意味です。幼い頃から、大切な時に手紙にして想いを伝える習慣があった私たち。お付き合いを始めてからも、彼が節目節目に長文のお手紙で感謝を伝えてくれたことから、手紙をキーアイテムにしました。

ヴィラ・デ・マリアージュさいたまが 「南フランスの街」をコンセプトにしていることもあり、フランス語でCher' というwedding nameにしました。

《手紙を綴るように一人ひとりに感謝を伝えたい》という思いから、結婚式の1週間前に2度目の招待状を送付。中には、テーマのご紹介/新郎新婦直筆のご挨拶/当日のタイムスケジュール/お料理のこだわり/シェフの紹介/プロデュースしてくれるスタッフの紹介などを載せて、当日を楽しみに待っていただけるようなものにしました。

テーブルコーディネートでは、手紙の形に折ったナフキンの上に、くるくると巻いたお手紙を忍ばせた小瓶の席札を置きました。

挙式前には 両親とのファーストミートや、新郎から両親へ手紙を読む時間を作り、とても心温まる時間となりました。

披露宴では、一般的に退場後に流すライブエンドロールを、新婦の感謝のお手紙の前に流し、より気持ちが伝わるようにしました。ライブエンドロールでは、プランナーと新郎が新婦の実家に行き、新婦のルーツを探るための取材をするシーンが入っています。

挙式日:2020-12-05
クリップするには登録が必要です