卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

rurun_wedding

rurun_weddingさんのプロフィール写真
テーマは『share the joy』です!
ゲストに日頃の感謝を伝える&楽しんでもらうことを一番大切にしました。普段からみんなでワイワイ楽しむことが好きな二人なのでゲストも自分たちも楽しめる、ホームパーティーのような雰囲気にこだわりました。

実際にしたことは、
①メッセージ入りのエスコートカードをウェルカムスペースに吊るしました。
②挙式までの待ち時間も楽しんでもらえるように二人の思い出の写真&ゲストとの思い出の写真をアルバムにしたり、壁に貼り付けたりしてたくさん置きました。
③BGMは洋楽を中心に、明るく乗れる曲を新郎がこだわって選びました!歓談中の音楽まで全て指定しました(笑)
④再入場の演出として“キャンドルイリュージョン”をサプライズで行いました。ゲストの驚く顔を見ることができて嬉しかったです!
⑤新型コロナウイルスの影響で“ブーケトス“が出来なかったので、代わりに“ブーケプルズ”をやりました。紐は8本しか用意しなかったので、独身女性の席札に番号を打ちその場で抽選をしました。会場全体が盛り上がって楽しかったです!
大阪府 / 大阪駅
The 33 Sense of Wedding(ザ・サーティスリー センス・オブ・ウエディング)

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
The 33 Sense of Wedding
70人以下

大理石のバージンロードに一目惚れをしてこのチャペルに決めました!
33階にあるので光がたくさん入り本当に綺麗で、ウェディングドレスも映えます。ゲストに近くで見守って貰えたのも良かったです。

しかも、こちらでは33階を貸し切って挙式・披露宴が出来るので、二人と大切なゲストだけの空間であることも大きな決め手でした。移動中やトイレでさえ他の結婚式の人を見ることはありません。

プランナーさんとの運命の出会いもあり「この人に私達の結婚式を手伝って欲しい!」と思いました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
The 33 Sense of Wedding
70人以下

33階の立地を活かした太陽の光が入る明るい会場で、当日は本当に綺麗な青空でした!
高砂の後ろが大きな窓になっているので、高砂で撮った写真は全てバックが綺麗な青空でした。明るい写真ばかりでとても気に入っています。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

インスタグラムで『オシャレウェディング』を調べ尽くして、やりたいことは全てやりました。衣装・ヘアメイク・ブーケ・装花・ケーキ・テーブルコーディネート・飾りなど、全部がこだわりです。

特にこだわったのは、バンケットの雰囲気です。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

マーメイドの形とバックのチュールが気に入ってこのドレスに決めました。まさに求めていた型でした!
1着目で運命のドレスに出会ったのでこれしか試着していませんが、全く後悔していません。

ブランド
FioreBianca
ドレス 2着目

本当はくすみ系の色が着たかった私....。ドレス迷子になっている時に「これも着てみよう!」と軽い気持ちで着たドレスが、運命の“ゴールドAライン”でした!
形も刺繍の柄も色も、全てがお気に入りです。

大きすぎないパニエが大人可愛い雰囲気で、ゴールドが顔をはっきり明るくしてくれてまさに“映えるドレス”でした。

ブランド
FioreBianca
シューズ

ダイアナの9cmヒールでゴールドのシューズを履きました。
つま先はシンプル&オシャレなゴールドカラーで、踵のゴールドのラメには特別感・主役感があります。

ヘアメイクのポイント

・ヘア
【ウェディングドレス】大人っぽく、綺麗めにしたかったので低めの位置でまとめました。あえて緩めにはせずにビシッと決まるように仕上げてもらいました。

【お色直し】「ダウンスタイルでグルグルに巻いてください」とお願いしました。大人可愛く、華やかな雰囲気に仕上げてもらいました。

・メイク
ゴールドのシャドーと赤のリップをリクエストし、ハイライトを多めに入れてもらいました。

アクセサリー

【ネックレス】
一貫してゴールドのチェーンネックレスを付けました。新郎にプレゼントしてもらって普段から着用しているもので、シンプルだけど、光が当たるとキラッと光ってデコルテが綺麗に見えるのでお気に入りのネックレスです!

【ピアス】
①挙式
ripsalisさんのバロックパールピアスを着用しました。シンプルだけどしっかり存在感があって、独特な形が可愛いです。

②披露宴(ウェディングドレス)
パールのウネウネしたピアスにチェンジしました。

③ 披露宴(お色直し)
大きめのヘッドアクセサリーを付けたので外しました。

ヘッドアクセサリー

お色直しの時に、ダウンスタイルに合わせてゴールドの大きなヘッドアクセサリーをつけました。存在感があってプリンセスになった様な特別感がありました。
Fiore Biancaで見つけたのですが、やりたいイメージそのものでした!

ネイル

ゴールドのニュアンスデザインに、シルバーのスタッズをつけました。
2本はシャンパンゴールドの単色にして、シンプルだけどゴージャスで特別な日のネイルに仕上げてもらいました!

メインで使った花や装花のテイスト

メインで使用したお花は、ワイルドフラワー・パンパスグラス・白とオレンジのドライフラワーです。

装花はお色直しの衣装に合わせて、ゴールドを取り入れたドライフラワーにしてもらいました。

装花のポイント

“ナチュラル×シャビーな雰囲気”にしたかったので、ドライフラワーとパンパスグラスに、緑の生花を織り交ぜました。ナチュラルだけど温かくて格好良いイメージのブーケと高砂装花にしてもらいました。

ブーケは縦長が良かったので、写真でイメージを伝えて作ってもらいました。大振りのワイルドフラワーはフローリストさんのオススメで入れたのですが、とても可愛かったので入れて良かったと思っています。
「ゴールドのお花も入れて欲しいです!」と伝えたらお花が無かったのでスプレーでゴールドの花びらを入れてもらいました。

卓上のお花は細めの瓶を探してもらい、ドライフラワーを飾りました。

フローリスト

日比谷花壇さんにお願いしました。
会場の装飾は、装花は装花、テーブルはテーブル、とやりたいことを盛り込んだので「ごちゃごちゃしてないかな〜」とか「あれとあれ合うかな〜」とかたくさん悩みましたが、当日扉を開けた瞬間「思ってた通り!完璧!」と思いました。思い描いていた通りのバンケットで感無量でした!

お料理のこだわり

料理も楽しんで欲しかったので、元々見積もりに入っていたものよりランクアップしました。
新郎は特にお肉にこだわりがあったようで、良い物にランクアップしていました。コースでランクアップしなくても、1品ずつでの変更も可能だったのが嬉しかったです!

ゲストにも「ご飯美味しかった!」と言ってもらいました。

ウェディングケーキ

シンプルで可愛いいちじくを使った3段の「ネイキッドケーキ」にしました。
ネイキッドのクリームは“薄さ”まで写真を見せてこだわり、シンプル&大人可愛い、どタイプなケーキに仕上げてもらいました!

「ケーキの下は切り株がいいな」と思い、ダメ元で言ってみたのですが、プランナーさんが私物を貸してくれました。それによって可愛さ倍増でした!

引出物

【引菓子】
グランマーブル プレステージにしました。
「パンが美味しかった!」「焼き菓子より良かった!」と、式後もたくさん褒めてもらえたので、これにして正解だったと思っています。
【引き出物】
持って帰るのが重いのと、ゲストが欲しいものを選んでもらいたかったのでカタログギフト(カード)にしました。

プチギフト

サイダーを自分達で手配して、一つ一つにサンキュータグを付けました。
サイダーは冷えた状態で渡したかったので、ギリギリまで会場で冷やしてもらいました。快く引き受けてくれて、本当に感謝しています!

婚約指輪

俄の“露華”にしました。
メインのダイヤモンドへと続く、小さなダイヤモンドがすっきりしていて優美なデザインの婚約指輪です。

結婚指輪

俄の“月の雫”です。
月の光から雫が滴るようなデザインの結婚指輪で、新郎新婦でお揃いのものを選びました!

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

一番感動したのは友人代表スピーチです。
スピーチしてくれたのは小中学校の同級生で、卒業してからもずっと一緒に遊んでいる親友です。

最初から声を震わせて、でも崩れることなくしっかり最後まで読んでくれました。同じ部活で切磋琢磨した思い出やたくさん笑った思い出、いろんなところに出かけた思い出など今までを振り返って話してくれました。

普段は聞けない「そんな風に私のことを見ていてくれてたんだ!」というのがたくさん伝わってきて「良い友達を持ったなぁ」と、とても感動しました。
結婚式後も手紙とムービーを何度も読み返しています。

二人らしさとは

「やりたいことを諦めずに全部やりたい」と思ったので、どうやったら実現するかを考えて、いっぱい調べて作ったり、プランナーさんに伝えました。おかげで「やりたい!」と思ったことは基本全部やることができました。
二人の中では全てが完璧でとてもとても気に入っています。

二人らしさ=オシャレ
になっていたら嬉しいです!

嬉しかった参加者の反応

嬉しかった反応はたくさんありました。
・「オシャレ」と言ってもらえたこと
・「ほっこりした」と言ってもらえたこと
・私たち以上に涙を流してくれたこと
・「痩せた!」「細い!」と言ってもらえたこと
・プロフィールブックや席札など手作りのものを褒めてもらえたこと
・装花を褒めてもらえたこと
・式後も、エンドロールを見に家に集まってくれたり「写真をずっと見返している」と言ってくれたり、一緒に余韻に浸ってくれたこと

私にとって結婚とは

結婚とは“通過点”です。
私たちは高校生から7年間付き合っていたので、周囲からは結婚前から夫婦のような付き合いに見えていたと思います。
結婚までの7年間は、とても幸せで楽しい時間でした。「これからの夫婦としての一生も必ず楽しい時間になる!」そう胸を張って言えることが私達にとっての「結婚」という名の通過点です!

毎日顔を合わせて「どんな困難もこの人となら乗り越えられる!」と思えたタイミングで結婚できて良かったです。

後悔していること

お酒が大好きなのですが、顔が赤くなってしまってそれ以降の写真が全部顔が赤いことです。
なので、赤くなる体質の方は是非この日だけは我慢することをオススメします(笑)

やりたかったけれど諦めたこと

指ハンコのウェディングツリーをやりたかったのですが、新型コロナウィルスの感染の心配から諦めました。

節約のための工夫

節約のためにたくさん手作りしました。
各ゲストテーブルにセッティングしたプロフィールブックや席札は、作成が大変だったけれど楽しかったしオシャレに仕上がってとても気に入っています!

ウェディングバックは今後も使えるものが良かったので、ジュートバックを引き出物の大きさに合わせて自分たちで用意しました!

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

とにかく諦めないことだと思います。「無理だろうな〜」と思ってもネットにたくさんやり方が載っていますし、プランナーさんは実現する方法を一生懸命探してくれます!

The 33 Sense of Weddingでは、プランナーさんをはじめ、関わってくださったスタッフさんからの 、誰一人として不快な対応をされた覚えがありません。むしろ、打ち合わせをするたびに「当日もこの人がいいな」と思える方々でした。

新型コロナウィルスの影響で延期した関係で、途中でプランナーさんが変更になった時も、どちらのプランナーさんとの打ち合わせも毎回楽しくやりたいことを否定された覚えがありません。
何を言っても「お洒落!」「絶対良いです、やりましょう!」と言ってくれて、いつも明るい笑顔で引き受けてくれました。

当日も私たちの知らないところでたくさんゲストに対応してくれていたようです。「あの会場のスタッフさん良かったな!」と褒めてもらいました。とても感謝しています。