卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

pokari20

pokari20さんのプロフィール写真
「ゲストへ感謝を伝える結婚式」をテーマにホテル椿山荘東京で結婚式を挙げました。

ホテル椿山荘東京にはブライダルフェアで初めて行きましたが、スタッフの皆様の気持ち良い対応・素晴らしい内観・圧巻のお庭、そして何よりも、見学中にすれ違った花嫁様がとても幸せそうなのが印象的でした。

私もとても幸せな結婚式をすることが出来たので、こちらで結婚式をして良かったと思っています。
東京都 / 江戸川橋駅
ホテル椿山荘東京

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
ホテル椿山荘東京
70人以下

自然の光が降り注ぎ、緑と滝の自然に祝福されているような気持ちになれるチャペルでした。
何よりも牧師のジョンがとても気さくでリラックスできました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ホテル椿山荘東京
70人以下

オープンキッチンはゲスト入場時はカーテンで隠れており、料理提供のタイミングでオープンします。ホテルウェディングなのにオープンキッチン!?とゲストの皆様へのサプライズになりました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ゲストへのおもてなしを重視していたので「絶対にホテルウェディングがいい!」と思っていました。

ゲストに楽しんでもらうことを第一に、名実共に申し分ない会場とサービスの良さは外せませんでした。なるべくゲストに負担をかけないようにと考えました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

二の腕に自信がなかった為、袖付きの衣装を着ようと決めていたので、タカミブライダルのアザレアを選びました。

挙式会場のルミエールに合うクラシカルなサテン生地と胸元&トレーンのレースがとても上品で、試着した瞬間にこちらに決めました。

ショップ
TAKAMI BRIDAL
ドレス 2着目

タカミブライダルのイエローミルトニアを選びました。

私は普通肌よりも少しやけている肌のため似合わないと思っていたので、当初は黄色以外の選択肢はありませんでした。
しかし、担当の大内さんに薦められて試着してみると、胸元のカラフルで繊細な花の刺繍と、オーガンジーがふわっと広がる黄色のスカート、ウエストラインを引き締めるネイビーのサッシュベルトがピッタリマッチしました。

披露宴会場“あおば”の雰囲気と、大きな窓から見える緑にも合っていると感じ、このドレスに決めました。

ショップ
TAKAMI BRIDAL
シューズ

特にこだわりはありませんでしたので、タカミブライダルのホワイトのフラットパンプスをレンタルしました。

普段23.5センチを履いているため同サイズを選んでいましたが、当日足が痛くなってしまいました。介添さんに伝えると直ぐにサイズ変更してくださり、且つ追加料金もかかりませんでした。レンタルにして良かったと思っています。

ヘアメイクのポイント

クラシカルなウェディングドレスに合わせてフルアップスタイルにしました。また、“花嫁はバックスタイルをよく見られる”と言われるので、くるくるっと巻いていただきました。とても技術が必要となるヘアスタイルだったと思います。
メイクはナチュラルに仕上げていただきました。少しシミや赤みが出ていましたがとても上手に隠していただきました。

また、ふわっとしたカラードレスには、ハーフアップで髪を巻いてもらいアシンメトリーに仕上げていただきました。
メイクは挙式よりもチークとリップを濃くし、目元にはポイントとして青紫色のアイシャドーを少し引きました。

◇メイク打ち合わせ
ヘアスタイルやメイクにあまりこだわりがなかったため打ち合わせ時も漠然としたイメージを伝えました。しかし担当のメイクさんは具体的なアドバイスを加えて私の思いを形にしてくれました。挙式までの1ヵ月どのようなお手入れをした方が良いのか、どのような色に染めた方が良いのかとてもわかりやすく教えてくれました。

アクセサリー

クラシカルなウェディングドレスに合うように、そして30代ということもあり、シンプルで上品なアクセサリーにしようと思っていました。その思いにぴったりだった、母からもらった本物の真珠のイヤリングとネックレスを着用しました。

カラードレスのタイミングで、大振りでキラキラと光るジルコニアのシルバーイヤリングをつけました。しずく型のイヤリングでゆらゆらと揺れとても写真映えしました。刺繍が素敵なドレスだったので、あえてネックレスはつけませんでした。

ヘッドアクセサリー

ウェディングドレスには、サテン生地の小ぶりなリボンボンネを後頭部の下の方につけてもらいました。

カラードレスには大ぶりでシルバーのリーフモチーフ小枝ボンネを選びました。アシンメトリーのヘアスタイルに合わせ、左側に付けていただきました。

ネイル

ネイルは特にこだわりました!
お気に入りのカラードレスに合わせてクリームイエローベースにユニコーンのグラデーションをのせました。
カラードレスの刺繍に合わせた青、紫、黄色、白の小さな押し花を指ごとにアシンメトリーに散りばめ、押し花の間にラメとストーンをのせたのがポイントです。

メインで使った花や装花のテイスト

白いバラをメインに、見栄えのいい大きな花と会場に合う白&グリーンを依頼していました。

当日は希望通りの装花にしていただきました。伝えたイメージにピッタリで、持ち込んだブーケにもしっかり合っていました。

装花のポイント

“あおば”の会場に合うように、グリーンと大ぶりの白い花を使用してもらいました。
シンプルで上品に、仕上げて頂きました。

フローリスト

ボンヌフルールです。

お料理のこだわり

オープンキッチン仏蘭西会席特別料理16000円を選び、ドリンクは4000円コースにカクテル&飲み放題オプションを追加しました。

前菜は1口サイズで、色とりどり9つのお料理が並んでいました。他には、
・蛤のクリームスープパイ包み焼き
・伊勢海老袱紗焼 蛤香草焼 彩り野菜
・ホテル椿山荘東京名物米茄子の鴫炊き
・国産牛フィレ肉ステーキフォアグラソテー マデラソース ポテトガレット温野菜添え
・ちらし寿司 赤出汁
・ベークドシュルプリーズ
のコースです。

このコースを選んだ理由は、ホテル椿山荘東京らしいお料理だったこと、そして"ホテル椿山荘東京の名物である米茄子の鴫炊きをゲストの皆さまに召し上がっていただきい!"という思いを叶えたかったからです。

皆さま「美味しい!」とおっしゃってくださり、男性の参列者も「お腹いっぱいになった!」と言っていました。

ウェディングケーキ

ケーキは“ソナタ”を選びました。
ケーキトッパーには美女と野獣モチーフのものを用意し、ケーキを置くテーブルには赤い薔薇&グリーンを添えました。
ファーストバイトでは、関西出身の彼のアイデアで、お好み焼きを返すコテを使用しました。

引出物

新郎が大阪出身のため遠方ゲストが多かったこともあり、少しでも身軽に帰っていただきたいと思ったから引出物は宅配便にしました。ホテル椿山荘東京でも宅配サービスがありましたが、私は外注しました。
引出物は統一し、引き菓子や縁起物は独身・御家族で分けました。

プチギフト

幸せを運ぶ鳥をイメージし、鳥をモチーフにした箱に入った飴をお渡ししました。
オブジェ付きなのでウェルカムオブジェのひとつになりました。

婚約指輪

ティファニーの1粒ダイヤの指輪です。

結婚指輪

ティファニーのクラシックバンドリングです。
新郎からは「どうしてもティファニーが良い!」とリクエストがあり、私は石の付いていないシンプルなデザインが良かったため、これにしました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

私たちは新婦ではなく新郎が両親への手紙を読む、と打ち合わせで決めていたのですが、そんな新郎がサプライズで私への手紙を読んでくれた事に感動しました。

仕事の関係上、普段の社内では標準語を話している新郎が、自分の慣れ親しんだ関西弁で、私への想いと、これからの決意、私の両親への感謝、自分の両親への感謝を伝えてくれました。
素敵な花束まで用意してくれていて、もう一度プロポーズされたような気持ちになりました。

二人らしさとは

感謝の気持ちと笑顔溢れるアットホームな雰囲気です。特に新郎の人柄の良さが溢れる式だったと思います。
たくさんの方に祝福していただきました。

また、前日まで雪が降るほどの荒天だったにも関わらず、雲ひとつない快晴で、自然にまで祝福されている気持ちになりました。

嬉しかった参加者の反応

「さすがホテル椿山荘東京での結婚式!」「2人らしい、アットホームな結婚式でとてもよかった!」と言っていただき、皆様笑顔でお過ごしいただけたことが嬉しかったです。

私にとって結婚とは

さまざまな方から祝福されたことで、彼と出会って結婚できたことはとても幸せな事なのだと再認識した事です。

後悔していること

カラードレスの色当てクイズで、ヒントを出したせいか黄色のリボンがなくなってしまったと聞きました。
もう少し多めに用意すれば良かったです。

また、挙式前の控え室が少し寂しい感じがしたので、ウェルカムグッズ等が置ければよかったと思いました。

当日挙式前の撮影を申し込んでいましたが、撮影したい場所を考えておらず、後からバンケット棟のエントランス前、ホテル椿山荘東京の看板の前でも撮影したかったなと感じました。

やりたかったけれど諦めたこと

白無垢や色打掛を着たかったのですが、予算が合わず諦めました。

節約のための工夫

プラン外のペーパーアイテム・オープニングムービー・プロフィールムービー・ゲーム開始のムービーや、ウェルカムボード・クレイケーキは全て手作りしました。

新婦のアクセサリーは手持ちのものと、質が落ちない程度にフリマアプリで購入しました。また、ブーケは両方ともアーティフィシャルフラワーで、先輩花嫁様から譲っていただいたお品でした。

引き出物も外注し、料金を上げずに質を上げることができました。

ドリンクのグレードアップは予算オーバーだった為、単品でカクテルのみ追加しました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

理想の結婚式にはお金がかかると思いますが、プランナーさんに相談したり、先輩花嫁さんを参考にすると形に出来ることが沢山あります。
私達もムービーはクオリティを落とさずに自作することができたりと、創意工夫を重ねながら実現することができました。

協力しあって作り上げた結婚式に皆様が喜んで参加している姿を見ることが出来て、やって良かったと思えました。
準備は大変で、彼とも衝突することがあると思いますが、きっといい思い出になるので頑張ってください。

私達の式では、プランナー・司会者・音響映像担当・装花担当・衣装担当・ヘアメイク担当と、それぞれプロが適切なアドバイスをして導いて下さったと思うエピソードがありました。
それは友人が結婚式をする際、招待状発送後に受付を頼まれるということがありました。もちろん慶んでお引き受けしましたが、自身も式をした身。なぜ直前になっての依頼だったのかを聞くと、プランナーが突然、親族紹介があるので親族以外の方も立てるようにと言ったそうです。初めての結婚式。分からないことだらけなのが当たり前なのに、式直前の伝達に参列者ながら不信感を抱きました。

そういったこともあり、ホテル椿山荘東京のスタッフは私たちの結婚式にプロフェッショナルな対応をして下さっていたんだなと実感しました。私たちにもゲストにとっても、大満足な結婚式を挙げることが出来たのも、ホテル椿山荘東京で執り行ったおかげだと思っています。

また、プランナーさんは彼の計画したサプライズにしっかりと対応してくださいました。介添さんがとても親身になってくださり、結婚式が16時半に終わり、着替えて荷物を運び出す18時半までずっと付き添ってくださいました。カメラマンさんは汗だくになりながらベストな写真を沢山撮影してくださいました。気さくで丁寧な方だったので打ち解けるのが早かったです。