卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
ホテルプラザ神戸
70人以下

緑の広いガーデンの奥にたたずむ、内装も壁や天井や椅子が木でできたチャペルで、広い窓から日の光が差し込んで明るくて窓からは緑が見えて、とてもナチュラルなアットホームな雰囲気のチャペルです。
チャペルで撮った写真は、後から見てもとても自然な明るさと温かみがあって、お気に入りです!

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ホテルプラザ神戸
70人以下

私が使用した会場は、すぐ隣が広いガーデンだったので、途中私たちが退席したときにゲストにはサプライズでガーデンに移動して、司会者の掛け声で窓を開けると沢山のケーキと私たちがいて、バイキングを楽しんでもらうという演出が出来ました。
ガーデンつきの会場ならではのおもてなしができました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ディズニーがテーマだったので、披露宴会場に入ってテーブルに着いたゲストを少し驚かせたいという思いで、一人ひとりの席次表を本物のディズニーランドの園内マップ風、席札をディズニーランドの入園チケット風で特注して作ったりしてこだわりました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ドレス名: クラリーチェ
1着目はチャペルでの挙式がメインなので、真っ白の綺麗なウェディングドレスを着ようと決めていました。パリッとした素材のものや、フリルやリボンが沢山装飾されたものよりも、ふわっとした素材のシンプルかつ可愛いデザインが好みだったので、そんな1着を選びました。

ショップ
FOURSIS & CO.
ドレス 2着目

ドレス名:ピスケス
2着目はお色直し入場から式終了まで着るものだったので、1着目とは雰囲気をガラッと変えて明るく華やかなものにしたいと思っていました。
赤が好きで、結婚前からお色直しは赤テイストのドレスが着たいと思っていたので、赤ベースのお花が沢山散らされたカラードレスがとても私の好みで、夫も1番似合っていると言ってくれたので、ほとんど迷うことなく決まりました。

ショップ
FOURSIS & CO.
シューズ

式場のものをレンタルしたのでブランドまでは分かりません。
歩きやすさを考えて、3センチヒールのあまり高くないシューズにしました。

ヘアメイクのポイント

チャペルでの挙式のときは、まとめ髪にティアラとヴェール、メイクもシンプルめで清楚な雰囲気にしました。
披露宴入場のときは、ドレスは挙式と同じだったので雰囲気を少し変えるために、髪を下ろす&花かんむりにチェンジして少し可愛らしい感じに。
お色直し入場のときは、下ろした髪をサイドにまとめて、明るい赤のドレスに合わせてカラフルなお花を髪に沢山散らしたり、メイクもリップやアイメイクを少し濃くしたりと華やかな雰囲気にチェンジしました。

アクセサリー

チャペルでの挙式のときは、ティアラと合わせてパールが沢山付いた少し大きめなネックレス。
披露宴入場以降は、花かんむりやお花が沢山付いたダウンスタイルのヘアメイクとも合うように、母から貰った小さなダイヤが1つだけ付いた小さなネックレスを使用しました。

ヘッドアクセサリー

チャペルでは、ネックレスと合わせたパールの付いたティアラとレースのヴェールを、
披露宴入場では、会場の装花に合わせた色の花かんむり、
お色直し入場ではラプンツェルイメージで下ろしたまとめ髪にお花のパーツを沢山散らしました。

ネイル

ピンクと薄い紫ベースで、指輪の形やハートのシンプルなゴールドのシールを貼ったり、小さなお花を付けたりしました。セルフネイルです。

メインで使った花や装花のテイスト

ラプンツェルカラーにしたいとお願いしたので、高砂席もゲストテーブルも装花は全て、ピンク、紫、白、緑で統一されていました。

装花のポイント

シンプルかつ可愛らしい雰囲気にすること、
ラプンツェルカラーの優しい色味にすることにこだわりました。

フローリスト

株式会社artisan

お料理のこだわり

お肉やお魚をバランス良く、デザートは食べる前にシェフの演出で少し楽しんでもらえるようにしたことにこだわりました。

ウェディングケーキ

いちごが沢山乗った2段のウェディングケーキで、
1番上にはシンデレラ城とミッキーミニーのシルエットを描いたチョコレートを乗せてもらって、名前などの文字もディズニー調のテキストで書いてもらいました。
いちごで隠れミッキーを作ってもらっているのもお気に入りです。

引出物

引き出物は全てのゲストにカタログギフトを、
おまけとして引き菓子に、ドレスやタキシードの形をしたクッキーを贈りました。

プチギフト

披露宴が始まるまでウェルカムスペースに飾っていた、お城の飾りの中に置いてあった1つずつ小包装されているパイを、帰りに1人ひとりに手渡しで渡しました。

婚約指輪

palace saffron
ピンクゴールドのダイヤが沢山付いた指輪です。

結婚指輪

BLUERIVER
シルバーで少しカーブがかかった、夫婦でお揃いのデザインになっている指輪です。
内側には結婚記念日と、2人のイニシャルを刻印してもらってます。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

私たちは挙式が始まる瞬間まで身内以外のゲストと顔を合わせないようにしていました。
いざ式が始まってチャペルの扉が開くと、家族も親戚もいろんな時代の友達も、自分がこれまでの人生で関わってきた大切な人たちが、みんなそこにいて、私たちのことを見てくれていたので、
「ああ、本当にみんながいる…今から私たちの結婚式がついに始まるんだな…」と改めて実感して、そのときが1番感極まった気持ちになりました。

二人らしさとは

私たちは付き合ってからこれまで、喧嘩という喧嘩をしたことが一度もなくて、ずっと変わらずのんびり仲良く過ごしているような2人なので、派手なことや目立ったことはしなくても、そのゆったり加減が私たちらしさかなと思います。
趣味は全然違う2人ですが、何度も旅行でディズニーランドに行った大切な思い出があるのと、2人の唯一の共通の趣味がディズニーが好きなことなので、それが理由で結婚式もディズニーテーマにしました。

嬉しかった参加者の反応

ウェルカムスペースやテーブル小物、BGMなど、とことんディズニーでこだわっていて凄かった、可愛かったと言ってもらえたのがすごく嬉しかったです。
あとは、誓いのキスで2人とも笑っちゃってなかなかできなかったり、お辞儀するタイミングをよく分かってなくてすごくズレてしまったり…というような予定通りにはできなかったシーンも何回かありましたが、すごく2人らしくて微笑ましかったと言われました。

私にとって結婚とは

この人、と決めた大切な人と一生を共にすること。
この先の人生をずっと一緒に歩んでいくことかなと思います。
毎日一緒に過ごすことで、気になることや不満に感じることが出てきたり…ということももちろんありますが、やっぱり信頼できるパートナーが毎日一緒にいてくれることは、何より安心して落ち着きます。
結婚前より今の方が絆も愛情も深まっているように思います。

後悔していること

結婚式の最初から最後までをずっとプロの方に写真撮影してもらっていたので写真は沢山あって、動画は式の最後に流すエンドロールとして撮影・作成してもらったものは貰いましたが、それはその場の音声なしの数秒ずつの動画が音楽に合わせて繋がれたものなので、ブーケトスやファーストバイトなどの演出のときだけでも、周りの雰囲気なども後からじっくり見返せるような一部始終の動画の撮影を、自分のカメラでもいいので身内や兄弟に頼んで撮影してもらっていれば良かったかな…というのは後から気付いた後悔でした。

やりたかったけれど諦めたこと

本当は式の後に二次会をして、ちょっとした景品ありのゲームをしたり…というのも少しやってみたかったですが、私たちはそのとき生後半年の子供もいる、いわゆるファミリー婚だったので、あまり長時間いろいろなことをして子供を誰かに任せたり付き合わせたりするのは厳しいしやめようと思って、二次会は潔く諦めました。

節約のための工夫

ブーケは1つ目以降は持ち込み可能、小物や飾りなどもほとんど全て持ち込みOKな式場だったので、ブーケや席札や席次表など、可能な限り個人で注文したりして、こだわりつつもお金を削れるところは削れるように工夫しました。
オープニングムービーやプロフィールムービーも、式場には頼まず全て自分で一から作りました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

こういう感じがいい!というイメージや、こだわりがあって個人で注文や手作りをしようと思っているなら、余裕を持って早めのリサーチ、準備をしておくことがやっぱり大事かなと思います。
持ち込みなどの期間には式場からの締め切りもあるし、直前になって時間にも気持ちにも余裕がなくなると、想定していたこともいろいろ諦めざるを得ない状況になってしまうので、優先順位を考えて早め早めに準備を進めていけるように計画しておくことをオススメします!