挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2018-09-29
ラソールガーデン名古屋
70人未満

天井が高く、とても開放感が感じられるというところに一目惚れをしました。白と茶色の洗練された空間で、どんな装飾も絵になると思います。

晴れの日は日の光が入り、とても綺麗に明るくなります。雨の日やナイトウェディングでも、絶妙なバージンロード上のスポットライトで綺麗な演出ができる構造だと思います。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2018-09-29
ラソールガーデン名古屋
70人未満

挙式会場と同じく白と茶色のデザインで、テーブルコーディネートや装飾次第で様々な雰囲気を作ることができる多才な会場です。

メインテーブルは一般的な高砂席のほか、ソファ高砂も選ぶことができるため、夫婦ごとの思い描く理想の形の披露宴ができるのでは、と感じました。高砂の後ろの壁のデザインと同じ天井や、木目の可愛らしい床のデザインも注目して見ていただきたいです。

コンセプトやこだわったこと

楽しい時間を共有したかったので、挙式や披露宴が一方的にならないように様々なイベントを取り入れました。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

ショップ
bridal house TUTU

ウエディングドレスはブライダルハウスTUTUさんにて、4着自分で選び着てみましたが、どれも可愛くてとても迷ってしまいました。そのときに選んだドレスのデザインやお値段を見て、スタッフの方が持ってきてくださった5着目のドレスがとても素敵で一目で気に入り、こちらに決めました。

5着目だけが似合わないと思っていた純白だったのですが、胸元のレースのデザインや、切り返しのラインがウエストを綺麗に見せてくれるので、その点が気に入りました。

SECOND DRESS
ドレス 2着目

ショップ
bridal house TUTU

カラードレスもブライダルハウスTUTUさんにてお借りしました。最初は全然違う色のドレスを5着ほど着せていただきましたが、どれも違った印象になり迷ってしまいました。

普段から柄物はあまり着ないため、カラードレスも単色にする予定でしたが、こちらもスタッフの方が最後に考えて持ってきてくださった水色の花柄ドレスがとても綺麗に見え、普段は着ないような柄もこういう機会だからこそ着てみたいと思い、こちらに決めました。

花柄自体も好きでしたが、ラメが入っていたので光が当たったときにキラキラと反射したり、腰にリボンを巻いてアレンジできたりするところも気に入りました。

SHOES
シューズ

ブライダルハウスTUTUさんにて、ドレスとセットでレンタルすることができました。ヒールの高さは色々と用意があり、ウエディングドレスの際は15cmヒール、カラードレスの際は12cmヒールのものをお借りしました。脱げてしまわないように留めておけるゴムもお借りできました。

デザインはとてもシンプルな白色、つま先は丸みを帯びたタイプで底の厚みもありました。ヒール部分もしっかりと太めだったため、安定感もあり安心して履くことができました。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

特にこだわりがなく、メイクリハーサルの際に相談しようと思っていたためドレスやブーケのイメージ画像を用意していました。

髪型について、ウエディングドレスの際はオーソドックスな感じにすっきりとまとめ、カラードレスの際は今までにしたことのないような遊び心のあるヘアスタイルに仕上がりました。ソフトモヒカン風の髪型は、担当の方に「やってみたい髪型があるんです!」と言っていただいて、そのままお願いすることになりました。

メイクは写真に撮ってもらったときにもしっかり写るように、全体的にしっかりめで、つけまつげもつけてもらいました。

ACCESSORIES
アクセサリー

ネックレスとイヤリングは、家族からお祝いでもらったパールのものをつけていました。身に着けることで家族への感謝の気持ちを示したかったことと、どのようなドレスにも合うことから、お色直しの際も変えずに1日を過ごしました。披露宴の際は、婚約指輪も結婚指輪と重ねて身につけていました。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

ウエディングドレスにはティアラを合わせました。
全体的にキラキラと光るデザインだったので気に入っていました。

カラードレスの際は母にもらった、レースやパールのついた明るいベージュのお花のコサージュに、夫からもらったネックレスをあわせてつけてもらいました。

NAILS
ネイル

カラードレスと合わせてブルー系、そこにゴールドを合わせました。カラードレスの花柄部分を意識し、はっきり色を分けるというよりはマーブル模様寄りになるようなデザインにしました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

装花は、会場自体がどんな色でも合わせやすいことと、どちらかというとお互いにシンプルなものが好きだったので、ナチュラルに主張しすぎない雰囲気になるように依頼をしました。お花の種類もお任せしましたが、会場の茶色と合うよう白いバラをメインに、上品に仕上げていただきました。

FLOWERS
装花のポイント

全体的に白と緑を基調として、会場やドレスに馴染むようにしました。ブーケはどちらのドレスにも合うように作っていただき、メインテーブルのお花はブーケと合わせていただきつつスタイリッシュなお花も入っていたりしました。

ゲストテーブルはブーケとは少し印象の違った感じで、ゴールドの花器がお花とグリーンの良さを引き出していたと思います。

FLORIST
フローリスト

山上さんに担当していただきました。
イメージはイラストで見せてもらえたため、事前に雰囲気を確認することができました。物腰の柔らかい女性の方で、安心してお任せすることができました。

FOOD
お料理のこだわり

コース料理の種類を選ぶだけではなく、できるだけ自分たちでメニューを考えられるような会場を探していたため、シェフと打ち合わせをしながらお料理を決めていくのはとても楽しかったです。夫婦の好きな食べ物や、旅行先の思い出の味を取り入れました。

お互いに好きな1項目は自由に考えようということになり、夫は牛肉の部位・味付けを、私はデザートでもあるウェディングケーキを決めました。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

チョコレートが大好きなので、オペラのケーキに文字を入れてもらいました。中はスポンジと生クリームで甘すぎず、周りはチョコレートのホイップ、上には金箔とフルーツが乗っていました。

WEDDING FAVORS
引出物

男性、女性、親族で3種類のパターンを用意しました。
男性はラコステのタオル・バウムクーヘンの詰め合わせ・お茶漬けセット、女性は今治タオル・バウムクーヘンと焼菓子の詰め合わせ・お茶漬けセット、親族は女性向けと内容は同じですが、タオルや焼菓子の種類を少し変えたものを選びました。

PETITE GIFTS
プチギフト

帰り道や帰宅後のおやつとしても食べられるように、お互いが好きなお菓子を詰め合わせました。オリオンのラムネとハリボーグミ、チョコレートを入れました。

あまり時間もなく特にこだわれなかった部分に少し心残りもありますが、自分たちで包んで、時にはつまみ食いもしながら、楽しく準備をすることができました。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

エクセルコダイヤモンドにて、夫がサプライズで買ってきてくれました。両サイドにも石がついているデザインで、爪の曲線の感じも綺麗でとても好みだったので、お互いの感性が似ているなと改めて嬉しく思えた機会となりました。

WEDDING RING
結婚指輪

婚約指輪と同じエクセルコダイヤモンドで揃えたいと思い、2人で足を運びました。特にこだわりはなかったものの、仕事中も身に着けることを考え、シンプルなデザインで長く使えそうなものを選びました。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

友人が製作してくれた余興のムービーが1番感動しました。
お祝いのメッセージ写真を集めてくれたのですが、昔からの友人から大学時代にお世話になった職員の方まで幅広くメッセージをいただき、周囲の方々に恵まれていたからこそ当日を楽しく過ごせたのだなと感じました。

二人らしさとは

ルールを作らなくても、快適に暮らすことができるのが私達らしさだと思っています。掃除は気になった方がする・相手が疲れていそうだったら率先して料理をする・趣味や飲み会は制限しないなど、相手を気遣ったり広い心でいることを大切にしています。

嬉しかった参加者の反応

サプライズでのバースデーバイトや、くじ引きと当選者へのプレゼントなど、家族やゲストの方たちが楽しそうに笑ってくれていたのが1番印象に残りました。楽しかった・可愛かった・綺麗だった・美味しかった、など素直な意見を言ってもらえたことも嬉しかったです。

私にとって結婚とは

嬉しいことは共有し、悲しいことは一緒に乗り越える「家族=チーム」ができることだと思っています。結婚して良かったことは、人生最強の味方ができたこと。どんなときも否定せず包み込んでくれたり、違う角度から意見をくれて新たな発見があったりと、色々な形で応援しあうことでお互いの心の拠り所となっています。

後悔していること

ウエディングケーキの文字について、大きさ・どのように入れるかを詳しくお話ししていなかったことです。
控えめに書いていただくつもりだったのですが実際には全面に大きく入っており、少しイメージとのギャップが生じてしまいました。

文字が大きく写っているイメージ画像しかお送りできていなかったので、補足のご連絡をしていなかったことが反省点です。イメージと近い写真がなくても、しっかりとイメージを自分で絵に書いて提出することができれば良かったかな、と思いました。

やりたかったけれど諦めたこと

バージンロードを両親と歩きたかったです。
3人で歩くとなると少し狭いかもしれないと思ったことと、挙式自体はどちらかというと厳かな雰囲気で行いたかったこともあり諦めました。

当日、母には扉の外でベールダウンをしてもらい、そこで貴重な時間を過ごすことができたので結果的には良かったなと思いました。

節約のための工夫

フラワーシャワーは生花ではなく、フェザーを混ぜた造花にしました。生花は持った時に特別感を感じられるため素敵だと思いましたが、造花は滞空時間が少し長く、写真に綺麗に写るメリットもあるということで自分で用意をしました。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

結婚式の日はとても楽しく過ごすことができました。
自分の好きな人・こと・ものに囲まれて過ごすことのできる素晴らしい時間です。当日を最高の1日にするためにも、事前に色々と調べものをしたり、体調管理をしっかりして、無理なく後悔のないよう準備を進めていただけるようにと願っています。

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
【2021年】冬の華やかウェディング
伝統×おしゃれ 和モダンウェディング
開放感抜群! ガーデンウェディング

エリアから探す

スタイルから探す

保存するには登録が必要です