_haruka22_さんのアイコン画像

_haruka22_

ゲストの皆さんに楽しんでいただくことが1番のテーマでした。いつもお世話になっているゲストの皆さんに楽しい!と思っていただけるのを1番大切にしました。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2021-07-11
小笠原伯爵邸
70人未満

小笠原伯爵邸の挙式といえばガーデン!
まるで海外のようなお庭とガーデンテントでの式はきっと素敵!ということで私たちもガーデンでの挙式を予定しておりましたが残念ながら当日は悪天候のため、室内での挙式となりました。ですが室内もどこもかしこも素敵な小笠原伯爵邸。

私たちはラウンジで挙式を行いました。
素敵な絨毯が敷かれたお部屋、その上に真っ白なヴァージンロード。晴天時の進行ではあまり使用しない場所でしたが個人的にお気に入りの場所だったので結果としてはよかったです。

椅子は家族分と若干数しかなくほとんどのゲストが立っている状況でそれは申し訳なかったのですが席がないからこそランダムで、アットホームな雰囲気になり挙式退場の際はゲストの皆さんの温かさを感じることができました。

お庭が素敵!な小笠原伯爵邸ですが雨でも素敵な結婚式はあげられます!!

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2021-07-11
小笠原伯爵邸
70人未満

披露宴会場はこちらもガーデンを予定しておりましたが悪天候のため、室内に切り替えました。メインダイニングに席を設け、丸テーブルで14席になりました。

テーブル数が多くかなりテーブル間隔は近いです。
高砂から1番近いテーブルゲストとは着席した状態で喋れるほど!会場全体を見渡すことができ、これもアットホームな雰囲気になりました。

また元々席次表は作らず、エスコートカードでの案内にしたので晴天時(ガーデン)→雨天時(メインダイニング)で配置が変わるのですが、テーブルナンバーのみ固定で当日変更できたのでよかったです。

コンセプトやこだわったこと

自分がグラフィックデザイナーのためペーパーアイテムなど作れるものは作りました。

・プロフィールブック 兼 メニュー
前撮り写真を使用しプリントパックで作りました。
裏表紙に結婚式の日付のバーコードをつけるなど遊びゴコロも入れました。
・エスコートカード
・引出物引き換えカード
・写ルンですカバー
カメラにテーブルNo.兼 説明カードをつけました。
・テーブルナンバー
・受付サイン
・ウェルカムボード
前撮り写真に英語を入れてキンコーズでキャンバス印刷しました。
・サンドセレモニー説明プレート

撮影スタッフも全て持ち込みにしました。
ヘアメイクを友人にお願いしたことでスチールカメラマン、ムービーカメラマンも繋がりでお願いしました。前撮りも同じカメラマンです。写真、ムービーは一生残る思い出です。写真はかっこ良いのに温かみがある写真で自分の好みの写真を撮る方にお願いすることができて本当によかったです。

ムービーも当日仕上げのエンドロールもとっても素晴らしかったです。エンドロールに関してはゲストのお名前などのメッセージなどは無しにしました。単純に映像に集中してもらいたいという気持ちからです。

披露宴BGMはみんなが盛り上がれる曲を選びました。自分たちの好きな曲も入れましたがシーンによってはゲストの皆さんが盛り上がれる曲にしました。例えば…乾杯ではウルフルズのバンザイ、再入場ではロイ・オービソンのOh, Pretty Womanを。

友人だけでなく仕事関係の方も多くご招待し年齢も幅広かったため、流行り曲というよりかは聴いたことがある曲を意識しました。

挙式は人前式にしました。
入籍してからかなり時間が経っていたので(入籍は2018年11月23日)キリスト式ではなく人前式にしました。
そのため、ブーケブートニアセレモニーやサンドセレモニーを取り入れました。ゲストの皆さんと一緒に作り上げる式になってよかったです。

イヴニング ウェディングということでガーデン、パティオに電飾をお願いしました。当日は悪天候でほとんど外には出られずでしたが披露宴後の撮影ではとても素敵に写せてよかったです。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

ヴィンテージドレスショップのToi et Moiさんのロングスリーブウェディングドレス(品番 dl0509)を着用しました。歴史のある小笠原伯爵邸の雰囲気とヴィンテージドレスの雰囲気がマッチしていると思います。

Toi et Moiさんはヴィンテージドレスを取り扱っているサロンですがウェディングドレスはこちらのヴィンテージドレスを再構築した“オリジナルドレス”を選びました。繊細なチュールレースや細かなパールやビジュー、360度どこから見ても可愛いドレスです。

そういった細かな装飾もお気に入りですが特にデコルテのラインと袖がお気に入りです。レースが施されているフレアスリーブが可愛く、ブーケを持つ手ももちろんですが、指輪をお披露目、乾杯のシーンなど、腕をあげるシーンが多く、仕上がった写真を見てもこのドレスで良かったと思いました。

ドレス選び当初は自分の好みから、トレーンもなく、ぺたんこパンプスでも着られるようなカジュアルなドレス(素材もカジュアルなものばかり)を見ていました。ヘアメイクを友人にお願いしたので、ドレス選びから相談していたのですが自分らしさよりも非日常感を!また会場の雰囲気に負けないもの!というのを叩き込まれました。

普段カジュアルなファッションを好むのでWD選びは苦戦しましたが、友人の言葉に助けられました。

SECOND DRESS
ドレス 2着目

malcoさんのオレンジドレスを着用しました。
このドレスはインスタで一目惚れしたドレスです。当初お色直しを検討していませんでした。理由としては、ゲストと時間めいっぱい一緒にいたいからというのとよくあるパステルカラー、ふわふわなカラードレスは自分のイメージに合わなそうということからでした。

ですがインスタを徘徊していて目についたのがmalcoさんのオレンジドレス。こんなドレスあるんだ!これ着たい!!と思い速攻連絡、試着となりました。試着の日は1着目にオレンジドレス、もう2着違うドレスも試させていただきましたが満場一致でオレンジドレスに決定しました。スケジュールもちょうど空きがあり、カラードレスは即決でした。

着る予定のなかったカラードレスが先に決まり必然的にウェディングドレスは素材感が違うものなどにしてメリハリをつけました。

SHOES
シューズ

ウェディングドレスは15cmヒールくらいあると綺麗に見えるだろうということで自分で探し、R&Eの2021SSのヒール(色:アイボリー)を選びました。

普段ヒールを履かない私にとって高いヒールにするなら太めでないと…でもいわゆるブライダルシューズのもったり感、エナメルのテカテカ感は嫌ということでzozo townで探しました。(ヒールの高さで検索できるので便利です!)

高いヒールですがストームもあり、かなり安定感がありました。デザインもサイドが開いているデザインで抜け感があり大満足でした!ゲストの皆さんからは見えないので本当に自己満足ですが。笑

カラードレスにはLIP SERVICEのスエードスクエアサンダルのイエローを選びました。こちらもzozo townで購入しました。基本的に結婚式にオープントゥの靴はNGと言われていますが、自分が着たいものを優先させました。こちらも若干ストームがあるので安定感がありました。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

ヘアメイクは美容師の友人にお願いしました。
普段から夫婦で髪の毛をお願いしているので私の好みや良さをわかってくれて本当に良かったです。ショートヘアは私のトレードマークなので結婚式に向けて伸ばすなどはなかったです。

前撮りの時は赤系のカラーにしたので結婚式ではベーシックな金髪にしました。根元は暗く、ハイライトで自然に馴染むような感じのカラーにしました。ウェディングドレスではパーマ風に細かく巻いてもらい前髪はアップにしました。

メイクは基本お任せで式当日、友人たちからサプライズで寄せ書きアルバムとリップのプレゼントをもらったのでそのリップを使いました!

お色直しで前髪をオン眉にカット!そばかす風に金箔を乗せてもらいました。下瞼にもキラキラグリッターをプラス。前髪を切るのは式前日にノリで決めましたがカラードレスの雰囲気とあって良かったです。

ACCESSORIES
アクセサリー

ウエディングドレスでは小ぶりなパール調ピアスをつけました。リングピローと同じ変形樹脂パールを使い自分で作ったピアスです。

カラードレスではゴールドの大ぶりピアスをつけました。(select MOCA の ウェーブスカーフピアス)
なんとも言えない形が顔に貼った金箔と似た雰囲気で選びました。こちらもzozo townで購入しました。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

挙式ではベールを、披露宴のウェディングドレスではToi et Moiさんのヴィンテージヘッドドレス(品番:vh0191)をつけました。

髪がショートなので、ヘッドドレスは大ぶりなものを選びました。こちらもヴィンテージのもので麦わら素材がベースで大きなお花モチーフとチュールが付いており、夏らしさとヴィンテージ感がプラスされ更に会場の雰囲気とマッチしたと思います。

NAILS
ネイル

ウェディングドレスにもカラードレスにも合うものをということでネイルは薄いグレー、クリアにキラキラなどあまり色がないものにしました。ネイルはジェルネイルシールを使用しました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

ウェディングドレスのブーケはいろいろな種類のお花を使用しました。挙式でブーケブートニアセレモニーを行うことにしたので(お花屋さんからのご提案でした)小笠原伯爵邸のお庭から摘んできたようなお花たちを、と思っていろいろな種類、色のお花にしていただきました。

とってもボリューミーで可愛く、お庭で撮った写真はカラフルなタイルとマッチしてお気に入りの1枚です。

カラードレスではブーケもチェンジ。こちらはシンプルに一種類のお花にしたいとリクエスト。ただ何がいいのか、何色が良いのかも悩んでいたところ真っ赤で大きなダリアをご提案いただきました。

打ち合わせの際は大きな1輪の予定でしたが当日は少し小ぶりになってしまったので…とのことで何輪か束ねていただきました。打ち合わせ時より大きくチアリーダーのボンボンのようで可愛くてよかったです!こちらはリボンなどもなく、上にあげたりもしやすかったです。

FLOWERS
装花のポイント

会場装花は基本的にはウェディングドレスの時のブーケに寄せたものにしました。グリーンメインで、ちらほらといろいろな種類のお花たちを。これもお庭から摘んできたイメージで綺麗に生けるのではなく1輪ずつに。高さも様々にしてもらい動きを出してもらいました。

またガーデン、パティオに電飾をお願いしたのでそれとリンクするようにガラスにロウソクを浮かべてもらいました。挙式の祭壇はグリーンとお花は白に。ブーケの色みが立つようにしました。また当日は室内挙式になったため、行えなかったですがフラワーシャワーも白のみにしてもらいました。

FLORIST
フローリスト

FLOWERS NEST(小笠原伯爵邸 提携ショップ)さんにお願いしました。

FOOD
お料理のこだわり

レストランでもある小笠原伯爵邸。
ゲストの方から、お料理が美味しかった!のお言葉をたくさんいただけました。メインのお肉が〜とかだけでなく前菜の〇〇が〜とか、パンも美味しくてたくさん食べちゃった!など具体的に嬉しいお言葉をたくさんいただけました。

またデザートはピンチョススタイルにしました。
こちらも美味しかった!とたくさんのお言葉をいただけて、本当によかったです。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

ウェディングケーキはオレンジを飾った2段のものにしました。最初はイチジクを使用したいと思ったのですが延期前の5月は時期でなくドレスもオレンジだということでフルーツをオレンジにしました。結果として室内でのケーキカット、また7月という季節にマッチしてよかったなと思いました。

また新郎新婦人形のケーキトッパーを購入し、飾ってもらいました。THE結婚式!THE装花!な雰囲気が苦手なのでケーキ周りの装花はなし、ナイフにもリボンなどもなしにしてもらいました。結果としてケーキが引き立ちよかったです!

また式前日に友人が誕生日だったのでウェディングケーキのカット後、バースデーメッセージを書いてもらったお皿を用意していただき、サプライズで私から友人へ渡しました。

WEDDING FAVORS
引出物

引出物は小笠原伯爵邸 提携のBARNEYS NEW YORK のギフトカタログのカードタイプにしました。(ゲストの方によってタイプを分けました)
引き菓子は小笠原伯爵邸 の ポルボロン、それに紅茶orコーヒーをつけました。(紅茶かコーヒーかはランダム)こちらはThanksタグの付いたものをネットで購入しました。

袋はBARNEYSの小さいサイズの紙袋にしました。
引き出物はとにかくコンパクトに軽くすることを優先させました。これも女性ゲストから褒められ、こだわってよかったと感じました。

また当初の予定ではガーデンでの披露宴だったため一般的な席に引出物を置くというスタイルが取れず受付の時に引き出物ナンバーをお渡ししてお帰りの際に引き換えるというシステムにしました。こちらのカードも自作いたしました。

PETITE GIFTS
プチギフト

プチギフトはミネラルウォーターにしました。
結果的にお酒は提供できないタイミングだったのですが酔い覚ましにお水をと思いつけました。

若干重くはなってしまうのですが選んだロハコのお水は410mLと若干少量なので…と思いたいです!笑
ラベルなしで黒キャップのシンプルお洒落なペットボトルにThank you タグを自作してつけました。

コロナの関係でお見送りをなしにしたのでこちらは引出物を受け取った際に置いておいていただきThank youプレート(帰り道風の前撮り写真と2人の手書きメッセージ)と一緒に並べていただきました。他にもリングピローや祝電のお花、ウェルカムボードも一緒に並べていただけていたようです。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

夫の友人がジュエリーデザイナーなのでその方に結婚指輪と共に作っていただきました。なのでプロポーズの時にとかではなく、また婚約期間中つけていたわけでもなく、結婚指輪ともう1つといった感じです。

日常的にもあまりつけないので、挙式後、披露宴からは結婚指輪と重ね付けしました。特にエンゲージカバーセレモニーなどはしていません。ダイヤモンドはスクエアカットで特に台座などないリングのデザインに合うものにしてもらいました。

WEDDING RING
結婚指輪

婚約指輪と同じ方に作っていただきました。
枝をモチーフにしたデザインで少しうねうね、枝の節を感じるようなデザインで気に入っています。結婚指輪はシルバー、婚約指輪はゴールドで重ね付けしても可愛く気に入っています。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

いくつかになってしまいますが…
友人であるヘアメイクの子が友人たちからのメッセージアルバムとプレゼントを渡してくれました。ようやくこの日を迎えられたということだけで感慨深かったのにそんなサプライズで大号泣でした。ヘアメイク前ということもあり、この時が1番泣きました。

ファーストミートを行ったのですが、夫の肩を叩いた時思わず泣きそうになりました。「ようやく結婚式だ!」と1番実感したのかもしれません。

母にベールダウンしてもらった時、母の嬉しそうな顔を見れて、結婚式を挙げてよかったと思いました。

友人スピーチしてくれた友人にお返しのお手紙を用意していました。その友人の手紙と私の手紙の内容がほとんど同じで違う意味でも感動しました。本当に大切な友達なのだと実感しました。

二人らしさとは

たくさん笑っていたことです。
顔が似てる、笑顔が似てるとよく言われる私たちですがたくさん笑った1日だと思います。

嬉しかった参加者の反応

生涯一の「可愛い」をもらいました!
カラードレスでの再入場では特に可愛い!!と黄色い声援が飛び交いゲストの皆さんがたくさん写真を撮ってくれていました。皆さんのリアクションがすごく嬉しくて緊張感が全くなくなり、楽しい!!!だけになりました。

終わってから、後日連絡をもらったり会ったりすると本当に良い式だった、お洒落だった、涙が止まらなかった、あたたかさを感じる式だったなど、色んなお言葉をいただけて「ゲストの皆さんに楽しんでいただく」ということが達成できたのかなと実感しました。

私にとって結婚とは

結婚式を挙げたことで結婚というのは2人だけ、家族だけのことではなくたくさんの人たちに支えていただいていることを実感しました。

後悔していること

特にありませんが強いて言えば天気が悪かった当日、私たちの挨拶で一度も「お足元の悪い中…」と気遣いの言葉が言えなかったことくらいです。
アドリブが効かない夫婦でした!笑

やりたかったけれど諦めたこと

キラキラ コンフェッティの演出!会場NGでした。
諦めてシンプルにフラワーシャワーにしましたがこれも雨天で室内挙式になったのでフラワーシャワーも無くなりました。せっかくの花びらは綺麗に飾っていただきました。

写真映えしますが、逆に一瞬のことで顔にかぶった写真になったりしてしまうかもなので逆に何もなくてよかったのかも!!とポジティブに捉えているので特に気にしてはいないですが、強いていえば諦めたことです。

節約のための工夫

ペーパーアイテムなどの自作、メルカリなどの利用が一番節約かなと思います。写真立ては100均、IKEAなどプチプラなものを使用しました。その代わり、写真の現像はきちんと写真屋さんにお願いしました。

一度試しにコンビニプリンターも使ったのですが、写真屋の方が抜群に綺麗です!そしてそこまで高くもないですし、ネットで注文してその日には出来上がっていました。

招待状・席札はハッピーリーフさんを利用しました。
これもこだわって自作しようかとも思いましたが名前など間違えの心配もないですし、何にしても安いです。何がなんでも自分で作った方が安いわけではなくトレーシングペーパー、箔押しなどはどうしても金額があがってしまうのでそういったこだわり印刷したものを使用したい場合は専門ショップに頼った方が安いこともあるかと思います。

前撮りのブーケ、ケーキトッパー、IKEAミールヘーデンはメルカリで購入しました。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

コロナ禍で大変なことも多いかと思います。
私自身、2回延期になりました。2回目の延期は1週間前に決断したのでそれは本当に辛いものでした。何度もこんな時に挙げて良いのか悩みました。ですが、終わってみて本当に挙げてよかったです!!

結婚式当日は本当にあっという間です。
準備は大変なことが多いかもしれませんが当日を迎えてしまえば、あとは楽しむだけです。私たちは「ゲストの皆さんに楽しんでいただく」を一番に考えていましたが自分たちが楽しむことも忘れずに。

SNSなどで色々な情報が見ることができ便利ではありますが「自分たちらしさ」を忘れずに、素敵な結婚式になることを願っています。

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
2022花嫁必見!春婚 レポ特集
テーマカラー『ホワイト』レポ特集
洗練された気品 大人ウェディング集

エリアから探す

スタイルから探す

LINEウェディングニュース相談カウンター
担当アドバイザーが結婚準備をサポート
何も決まっていない方でも大歓迎
無料相談受け付け中♪
ウェディングニュース相談カウンター
マイレポイメージ

あなたもマイレポを作りませんか?

ウェディングニュースのマイレポで、
あなたの大切な結婚式の記録を残しましょう♡
あなたの経験が次の花嫁の力になります。

保存するには登録が必要です