pon_30さんのアイコン画像

pon_30

クラシカルをテーマにしました。
華やかでありつつも上品さを忘れない演出にこだわりました。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2017-11-18
ルークプラザホテル長崎
100人以下

ガラスに囲まれており光が差し込む空間で、天井も高く開放感のある素敵な会場でした。
バージンロードもガラス張りで花が敷き詰められていてロマンティックでした。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2017-11-18
ルークプラザホテル長崎
100人以下

高台にある会場なので、ガラスで囲まれた会場からは夜景も一望でき素敵です。

コンセプトやこだわったこと

祖母が買ってくれた成人式で着た着物をお色直しで着たこと、
ファーストバイトで、自分たちが終わったあと、
結婚式を挙げなかった義姉夫婦をサプライズで呼び、義姉の息子からのファーストバイトをさせたこと、
新婦が入場時に、サプライズで新郎がバラの花束を持って式場内で待ち、一言添えて新婦に渡す演出をしたことなどにこだわりました。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

総花柄のドレスで、そのデザインが個性的で魅力的でした。
とにかくラインが綺麗で細く見えました。 また、取り外し可能な背中に取り付けるチュールもとても可愛かったです。

SECOND DRESS
ドレス 2着目

ドレス名:ステラ
ウエディングドレスとは真逆のイメージを付けたくて派手なカラーを選びました。
生地がとてもしっかりしているのに刺繍は繊細で、
全体的にゴールドなので大人っぽくもあり、
また胸元にゴロゴロと可愛いビジューがあしらわれてて可愛さも持ち合わせた完璧なドレスでした。

SHOES
シューズ

ブライダルコスチュームスエヒロで用意してくださった靴です。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

ウエディングドレスでは、オードリーヘプバーンをイメージしたクラシカルで個性的な髪型にしました。
カクテルドレスでは派手なドレスに負けないようボリュームのある髪型にしました。

ACCESSORIES
アクセサリー

ブライダルコスチュームスエヒロのヘッドドレスや、アクセサリーを付けました。
存在感のある大ぶりなものを選びました。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

ブライダルコスチュームスエヒロのものを選びました。 ヘッドドレスは大ぶりで印象に残りそうな個性的なものを選びました。

NAILS
ネイル

白を基調としたフレンチネイルで薬指はダイヤで埋め尽くしてゴージャスな仕上がりにしました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

クラシカルなデザインになるよう、パープルとホワイトを基調としました。
パープルは濃い色を選び、カクテルドレスと色調が合うようにしました。

FLOWERS
装花のポイント

クラシカルなイメージがポイントです。

FOOD
お料理のこだわり

長崎は卓袱料理の文化があるので一番最初に尾ひれ椀を食べていただきました。
長崎らしい、角煮饅頭も提供しました。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

ホワイトが基調の三段になっているケーキでいちごがふんだんに乗ったデザインです。
シンプルだけど存在感のある可愛いケーキです。

WEDDING FAVORS
引出物

模様がおしゃれな、色違いのお皿と深皿がそれぞれ2枚ずつ入っているものを贈りました。

PETITE GIFTS
プチギフト

マルティネリに赤いリボンをつけて送りました。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

4℃の真ん中にダイヤが1つあるシンプルで可愛い指輪です。

WEDDING RING
結婚指輪

4℃のもので、ダイヤがゆるやかなウェーブの模様の上に乗っている指輪です。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

式場に入る前に祖母が私の口に口紅を塗ってくれたことです。
全ての支度を終えて一番最後の大役の締めを祖母にやってもらえて涙が出ました。

二人らしさとは

思いやりです。主役はわたしたちではなく、あくまで来て下さる方々という気持ちで、親や職場の方々や友人に感謝の気持ちを表すための式にしました。

嬉しかった参加者の反応

いくつかのサプライズをしたので、ドキドキワクワクしたという感想を頂いたり、ベールダウンを祖母にしてもらう場面に感動したという感想をもらいました。

私にとって結婚とは

大切な家族の一員がふえること、幸せを共有できる人が増えることです。
結婚して楽しい時も辛い時もそばに大切な人がいてくれる安心感は結婚しないと感じれません。

後悔していること

みんなに見られて緊張しすぎて笑顔がぎこちなかったことと、お色直しの時間がかかり、友人たちとあまり話せなかったことです。

やりたかったけれど諦めたこと

入場の時にドライアイスをたいてロマンチックな入場にしたかったのですが、金額が高く諦めました。
オープニングムービーなど、ムービー系を面白く作りたかったのですが技術がなく思った通りになかなか作れませんでした。

節約のための工夫

席次表や席札を自分でエクセルで作ったことです。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

一生に一度しかなく、大好きな人たちからたくさんおめでとうと言われる最高の日です。
後悔のないよう、やりたいことは全部実現する勢いで頑張ってください!

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
【2021年】冬の華やかウェディング
伝統×おしゃれ 和モダンウェディング
開放感抜群! ガーデンウェディング

エリアから探す

スタイルから探す

クリップするには登録が必要です