wedding___.kirokuさんのアイコン画像

wedding___.kiroku

特にテーマもコンセプトもありませんが、ゲストとゆっくり喋ったり写真を撮ったりする時間を大切にしました。

私自身過去に何度か結婚式に参列してきましたが、演出等の関係で写真が撮れなかったり、ゆっくり話せなかった経験がありました。自分の結婚式では、演出も少なめにフォトラウンドも行わず、歓談の時間をたくさん取れるようにしました。お陰でゲストひとり1人と喋ったり、写真を撮ることができたと思います。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2021-03-20
THE THOUSAND KYOTO
50人未満

挙式会場はKOMOREBIDOというチャペルです。その名の通り、ガラス越しに入る木漏れ日がとても綺麗です。天井が高く木の温もりがあり、初めて見た時に一目惚れして「ここで結婚式をしたい!」と強く思いました。

私は自然光の入る日中に式を挙げましたが、夜もとても素敵だと思います。終わった今も、このチャペルで挙式ができ本当によかったと思える程大好きでお気に入りの会場です。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2021-03-20
THE THOUSAND KYOTO
50人未満
SEN

私が披露宴をしたのはSENという会場です。この会場の魅力は、自動操作の仕掛けにより庭園とオープンキッチンが現れるところです。披露宴開始時には木目調の壁のようになっていますが、スタッフさんが操作するボタンひとつで、入り口から見て左側に庭園、右側にオープンキッチンが現れます。

私たちは入場後一礼をした瞬間に庭園が、乾杯をした瞬間にオープンキッチンが現れるようにしたところ、ゲストからも「おお〜!」と歓声があがりました。会場自体に演出の仕掛けがされていて、ゲストに楽しんでもらえたと思います。

コンセプトやこだわったこと

ゲストが楽しめる時間にすることです。
コロナ禍で規模を縮小し、親族と仲の良い友人だけの挙式披露宴でした。大変な状況の中来てくれたゲストが少しでも楽しんでくれるよう考えました。

自作のオープニングムービー、プロフィールムービーには、全ゲストが登場するよう写真を選びました。大好きな友人の写真は、ムービーに入りきらなかったものをウェルカムスペースに飾りました。みんな見たり写真を撮ったりして楽しんでくれていたようです。

ゲストとゆっくり過ごせるよう、歓談の時間を長く取れるようにしたことで、全ゲストとたくさん写真を撮ることもできました。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

ブランド
ANTONIO RIVA
ショップ
FOURSIS & CO.

アントニオリーヴァ/cinzia
foursis&coでは本来アントニオリーヴァの取り扱いはないそうですが、THETHOUSANDKYOTO会場限定で2着取り扱っているとのことでした。それだけ会場の雰囲気に合ったドレスだと思います。実際チャペルにもシンボルの大階段にも、披露宴会場にもとても合っていたと思います。

シンプルでありながら上品で高級感があり、スタイル良く見せてくれるドレスでした。元建築家の方がデザインされただけあって、立体感のあるリボンも、背中の開き具合もデザインが絶妙で、前から見ても横から見ても後ろから見ても素敵なドレスで本当にお気に入りです。

SECOND DRESS
和装 2着目

スタイル
色打掛

foursis&coの手毬八重桜です。
決め手は春らしさでした。もともと秋婚の予定でしたが、コロナの影響で延期し春婚になりました。春婚になってよかったと思える衣装を選ぼうと思いこの打掛に決めました。

薄いグリーンに刺繍で桜が全面に施された、春らしさ満載の衣装です。中に入れた刺繍襟と掛下も春らしさを意識して選びました。この色打掛に合わせたコーディネートも本当にお気に入りです。

SHOES
シューズ

洋装、和装ともに衣装shopにて無料レンタルできるシューズでした。洋装の時には身長とドレスに合わせた14cmヒール、和装の時にはゴールドの草履です。ヒールはかなり高さがありましたが、本番はゴムをつけて固定してくださり、とても歩きやすかったです。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

挙式ではシンプルで花嫁らしいTHE王道のヘアメイクにしてもらいました。髪型は光沢のあるサテンドレスに合わせて、つるんとした低めシニヨンです。

披露宴ではヘアスタイルを変更し、リップは赤にして、挙式とは少し違った大人カジュアルな雰囲気にしてもらいました。

お色直しの和装では、前髪を上げてうなじも見えるよう高めに髪をまとめてもらい、和装に合うヘアメイクにしてもらいました。

ACCESSORIES
アクセサリー

挙式では、両親に二十歳の誕生日に買ってもらった真珠のネックレスとイヤリングをつけました。
披露宴ではオルガブランカのSOWAというイヤリングをつけました。このイヤリングがボリュームのあるものだったので、ネックレスはあえてつけませんでした。
お色直しの和装では、アクセサリーはつけていません。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

挙式では真珠のアクセサリーに合わせて、パールを使った低めのティアラをつけました。
披露宴ではイヤリングとのバランスを考えて、あえてヘアアクセサリーはつけませんでした。
お色直しの和装では、桜の色打掛に合わせて生花の桜をつけました。

NAILS
ネイル

職業柄ネイルができないので、オーダーチップネイルにしました。どちらの衣装にも合うよう、くすみピンクとホワイトとパールを使ったデザインを選びました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

挙式ブーケは白のチューリップ、長めのブーケでお願いしました。ドレスに合う可愛さと格好良さを兼ね備えたブーケに仕上げてくださいました。披露宴ブーケはプロテアをメインに、おまかせでお願いしていましたが、とても可愛く仕上げてくださっていました。

会場装花はホワイトとグリーンでお願いしました。ラナンキュラスとユーカリをメインに、春らしくナチュラルに仕上げてもらいました。

FLOWERS
装花のポイント

可愛らしくなりすぎないよう、シンプルでナチュラルな雰囲気にしてもらえるようにお願いしました。好みの装花の画像をたくさん見せて、私の好みを感じ取ってもらいました。

FLORIST
フローリスト

バルフロール

FOOD
お料理のこだわり

試食会で2種類のコース料理を食べ比べて、Frenchコースにしました。ゲストからも美味しかったと好評でした。

また新郎新婦ともにお酒が大好きなので、会場にバーカウンターを併設し、ソムリエの方が常駐してくださるドリンクプランを選びました。それぞれのお料理に合ったドリンクを提案してくださり、ゲストはとても楽しめたと言ってくれていました。ノンアルコールドリンクも豊富で、お酒の飲めないゲストも喜んでいました。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

王道でシンプルなウェディングケーキがよかったので、生クリームにいちごの3段ケーキでリクエストしました。

WEDDING FAVORS
引出物

遠方ゲストも多かったので、荷物が少しでも重くないようにとメインの引き出物は全員カタログギフトにしました。友人にはunitedarrowsのカタログギフトです。

引き菓子は、友人や一人暮らしの方には個包装のもの、親戚などにはホテル限定のパウンドケーキを選びました。

縁起物は友人にはご当地ラーメンセット、親族には梅干しセットにしました。どれも実用性を重視して選んでいます。

PETITE GIFTS
プチギフト

アンリシャルパンティエのしあわせサブレです。"thank you"の印字、個包装されたものを注文しました。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

NIWAKAのsuirenです。

WEDDING RING
結婚指輪

新郎はNIWAKAのことほぎ、新婦はNIWAKAの茜雲です。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

友人がサプライズでムービーを用意してくれていたことです。当日来られなかった友人や大学時代の恩師、行きつけのお店の店長、新郎も登場しとても嬉しかったです。

二人らしさとは

あっさりさっぱりしているところだと思います。決め事の多い結婚式ですが、私たち2人はいつも割とすぐに色んなことを決めていたと思います。

あとは2人ともお酒が好きなので、席次表に「好きなお酒は?」という質問項目を入れたり、ソムリエの方つきのドリンクプランを選んだり、鏡開きをしたりしました。もちろん当日も、2人ともよく飲みました。

嬉しかった参加者の反応

1人の友人が「コロナ禍だからこその一体感、幸福感があったね」と言ってくれた言葉がとても嬉しかったです。しんどいことの多い1年だったからこそ、みんなで集まり幸せを共有できる場があったことが、新郎新婦はもちろん、ゲストみんながいつも以上に楽しめたと思う、と話してくれました。

延期をしたり決行を悩んだりと、当日を迎えるまで長い道のりだったからこそ、友人のこの言葉は本当に嬉しかったです。

私にとって結婚とは

自分たちも周りも笑顔になれることだと思います。結婚して驚いたのは、想像以上に周りが喜び祝福してくれたことです。特に小さい頃から可愛がってくれた祖母は、私の花嫁姿をとても楽しみにし、当日もとても喜んでくれていました。

そうやって周りが喜んでくれている姿を見て、改めて幸せだな、ありがたいな、と実感しています。私もそんな温かい家族を築きたいと思います。

後悔していること

チップネイルです。
披露宴のお色直しをしているときに、爪が2つ行方不明になってしまい、結局披露宴後半は2本チップなしで過ごしました。チップを止めるテープの粘着を確認しておく、シールネイルにする等をしておけばよかったと思います。

節約のための工夫

ペーパーアイテムを式場に頼まず自分たちで手配したこと、オープニングムービー、プロフィールムービーを自作したことです。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

なにかと決めることが多くて、ぶつかることも多い結婚式準備ですが、当日は本当に幸せで本当に楽しいです。素敵な1日のための準備期間、せっかくなら楽しんで過ごしてください。

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
【2021年】冬の華やかウェディング
伝統×おしゃれ 和モダンウェディング
開放感抜群! ガーデンウェディング

エリアから探す

スタイルから探す

保存するには登録が必要です