卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
神戸オリエンタルホテル
150人以下

シンプルモダンなのに、大理石のバージンロードが柔らかい雰囲気を出してくれます。自然光に包まれたチャペルも素敵ですが、ライトアップされたチャペルもロマンティックでした。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
神戸オリエンタルホテル
150人以下

金屏風が素敵な会場です!和婚がぴったりかと思ってましたが、モダンな雰囲気もあるので、ドレスもすごく映えます!とってもお洒落な空間です。ゲストの方も気に入ってくださり、金屏風前でたくさん写真を撮っていました。

スポットライトのような照明を用いず、高砂も高さはあまりないので、ゲストとの距離感も近く、ホテル婚なのにとてもアットホームな雰囲気でした。私はもともとナチュラル、アットホームなウエディングを目指していたので、その点がとても良かったです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ゲストが飽きないように心がけました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

レース、プレンセスラインが好みだったので、ぴったりのドレスでした(正式にはAラインだそうです)!
真っ白のドレスにも憧れましたが、実際着てみるとしっくりこなくて悩んでいました。

このブラッシュピンクのドレスは肌馴染みも良くて、白のレースも映えて可憐で繊細なイメージを与えてくれました。長めのトレーンもチャペルと広めの会場によく合いました。

ブランド
Monique Lhuillier
ショップ
THE TREAT DRESSING
ドレス 2着目

一目惚れのドレスです1回目の試着で決めました。
このドレスが大好きで、これに合わせて会場の装飾を考えました。ナイトウエディングだったのでキラキラのスパンコールはゴージャスな雰囲気でとても良かったです。胸元が結構あきますが、いやらしい感じはなかったようです。ピンクベージュがベースのとっても上品なドレスです。

ブランド
Reem Acra
ショップ
THE TREAT DRESSING
シューズ

Jimmy Choo ブラックレースのパンプスです。
ウエディングドレスの繊細なイメージによく合いました。ブラッシュピンクの可愛いイメージを少し引き締めてくれてとてもよかったです。黒なので式後も使えます。

ヘアメイクのポイント

挙式はシンプルにシニヨン
披露宴はポニーテールとハーフアップ
どれも後毛は出さず、顔まわりはスッキリさせました。

アクセサリー

ドレスをメインにしたかったので、イヤリングのみです。 挙式は揺れないシンプルなもの 披露宴は揺れるキラキライヤリングにしました。

ヘッドアクセサリー

マリアエレナ
大きすぎない、甘すぎない、ちょっとエッジの効いたキラキラのヘッドアクセサリーです。

ネイル

指輪を引き立てるシンプルなフレンチネイル

メインで使った花や装花のテイスト

秋、華やかがテーマです。

装花のポイント

和モダンな会場、ウエディングドレスとカラードレスの全部が馴染む装花にしてもらうこと。枝を使ってもらうこと。

フローリスト

Plantscollection 金子さんに担当して頂きました。
こちらの意図を読み取ってくださり、楽しく相談に乗って頂けました。 打ち合わせの中で1番楽しい時間でした。

お料理のこだわり

男性が多かったので、料理は妥協しませんでした。待ち時間も飲んだり、食べたり出来る様ににしました。

ウェディングケーキ

金屏風のお部屋だったので、金箔を取り入れたかったです。モダンを意識して、一段のケーキにしました。
あまり考えてませんでしたが、ウエディングドレスとよくあってました。

引出物

好きなものを選んで欲しかったのでカタログギフトにしました。値段は親族上司とそれ以外で分けました。
あとはお茶漬けセットとバーニーズニューヨークのチョコレートケーキです。

プチギフト

神戸の老舗のクッキー

婚約指輪

ブルガリ インコントロダモーレ ハロー

結婚指輪

ブルガリ フェディ

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

挙式の退場で友人が泣きながら見送ってくれたこと。
泣きながらスピーチを頑張ってくれたこと。

二人らしさとは

ほっと出来る優しい空気です。

嬉しかった参加者の反応

ドレスや装花、料理を褒めてもらえてとても嬉しかったです。また家族を褒めてもらえてとても嬉しかったです。リングボーイで愛嬌たっぷりの甥っ子、涙を堪えるペールダウンの母、最後の父のスピーチが良かったと言って頂けました。こっそり練習してきたようで、その努力も嬉しかったですし、ゲストにも喜んで頂けて嬉しかったです。

私にとって結婚とは

新しい家族と人生を歩み始めること。

後悔していること

もっとゲストとお話ししたかったです。

やりたかったけれど諦めたこと

白無垢が着てみたかったです。 母はキリスト教式の式を挙げたなら、白無垢はダメだと言いました。古い考え方かもしれませんが、式の意味をとても大切にしているのだと受け取り、納得しました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

当たり前のことかもしれませんが、結婚式は新郎新婦、スタッフの皆様の努力にゲストの協力が加わってはじめて良いものになるんだと実感しました。
結婚式で、両親やゲストに感謝の気持ちが伝わるといいと思います。

準備も大変ですが、一生に一度のイベントなので、楽しんだもの勝ちです(^^)