卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
星のや竹富島
30人以下

星のや竹富島が出来る前からある、何かの儀式に使われていたような空間が今の星のや竹富島の挙式会場である「がじゅまるの森」と言われています。

とても神聖で優しい空間で、木漏れ日が優しく降り注ぎ、鳥が美しく鳴き祝福してくれます。
主役はもちろんゲストも大変感動させられる雰囲気があります。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
4
星のや竹富島
30人以下

新郎新婦含む16名以上になりますと、星のや竹富島のダイニングを貸切ります。ダイニングはガラス張りで、天井が高くとてもぬくもりのある場所です。開放的で、みんながリラックスして笑い合うような環境です。

16名以下の場合は、客室を一軒分貸切ることになります。どちらを選んでもアットホームで素敵な時間が流れるでしょう。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

シンプル・ナチュラルさを優先したかったので、きらびやかな石のついたヘッドドレスやネックレスをなくしました。

装花も季節のものを取り入れ、ホワイト・アイボリー・グリーンに統一し、風景になじむようにしました。

いかに飾らないシンプルな美しさを表現できるか、式を挙げる島の時期や咲く花、海や空の色を考えながら用意しました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

天使の工房アトリエアン 「マライア」

自身が高身長であることと、海や緑の中で白いドレスが浮きすぎないように、ぴったりとしたマーメイドドレスを選択しました。

生地は上品なミカドでラフすぎず、上品な印象を残せるようにしました。お色直しはヘアメイクとアクセサリーのみの変更としましたので、より思い入れのあるドレスとなりました。

ショップ
天使の工房 アトリエアン atelier ange
シューズ

ロケーションフォト用にSandbySayaのビジュー付きのヒールビーチサンダルを選びました。

歩きやすく、裾から見えたときも綺麗だったのでロケフォトに行かれる花嫁様には是非お勧めしたい一品です。

挙式・食事会用にはBella Belle ShoesのFRANCES IVORYというローヒールのブライダルシューズを選びました。

レースアップの部分がとても可憐で、ポインテッドトゥのつま先から踵にかけて散りばめられたビジューがとても美しいシューズです。とても歩きやすく、長時間履き続けても楽ちんでした。

ヘアメイクのポイント

至極シンプルに、低めのシニヨンを結ってもらいました。大人らしくエレガントにしたかったので前髪をセンターで分け、後ろに流すようにしました。そのおかげで装花が際立つのでとても気に入っています。

食事会の際のヘアメイクはポニーテールをやわらかいシルクリボンでアレンジしたものです。雰囲気を変えてモードさを取り入れようとスタイリストさんに提案したものです。

アクセサリー

【イヤリング】
ロケフォト→Julie Bridalさんの蘭の花を模ったピアス
挙式→しみ珠の白蝶真珠
食事会→ランジャナカーンのSIMONE

【ブレスレット】
STELLA BRIDALさんのオーガニックパールとスワロフスキーが散りばめられたボリュームのあるブレスレット

【リング】
母が父方の祖母から婚約指輪として譲り受けた白蝶真珠のリング。 私の結婚を機に、今度は母から私に受け継がれました。

どれもとても気に入っています。

ヘッドアクセサリー

生花を挿してもらいました。
お花屋さんと相談して、胡蝶蘭をメインにワイルドフラワーやデンファレなどを選んでもらいました。

ネイル

シルバーのニュアンスネイルをしてもらいました。
少しだけパールを散りばめて、少し海のある場所を意識しました。

メインで使った花や装花のテイスト

ヘアードと同様に、胡蝶蘭をメインにその他白い小花と深めのグリーンを取り入れ、少しシックな印象にしました。

胡蝶蘭は、その名のとおり蝶が舞う様な美しさで、結婚式にぴったりだと思い前から検討していましたのでそれが叶ってとても嬉しいです。

装花のポイント

島に似つかわしくないお花、なじまない色の花、島の環境で生き抜くことのできない花を選ばないようにお花屋さんと相談しました。

何もリクエストがなければラウンドブーケにしてもらう予定でしたが、どうしてもアームブーケでお花の豪華さを取り入れたかったのでそのようにして頂きました。
ブーケの持ち手の部分のリボンを、海風になびくように長くつけて頂きとても嬉しかったです。

フローリスト

石垣市内の福木家様です。
とてもセンスがよく、神谷まさこ様とのやり取りでとても分かり易くお花のことを説明して頂いたので、あまり迷うことなく理想の形にもっていくことができまいた。

お料理のこだわり

星のや竹富島さんにおまかせし、島でとれた素材をふんだんに使ったおいしいフレンチでゲストにも大変喜ばれました。

ウェディングケーキ

こちらも星のや竹富島さんにおまかせしたもので、スクエアケーキの上にたくさんの南国フルーツが乗っているウェディングケーキを作って頂きました。

こちらから持参したケーキトッパーをセンス良く飾って頂き、思い出に残る特別なケーキとなりました。

引出物

親族のみの挙式でしたので、引き出物代わりにあまり気を張らないものをと、翌日の星のや竹富島さんの朝食をプレゼントしました。

どれも島の自然を感じられる心に残るお料理ばかりで、朝の時間帯でしたがトロピカルジュースで乾杯もさせてもらいました。

プチギフト

星のや竹富島さん特性のちんすこうをプチギフトにお配りしました。島でとれるスパイスを使っているとても上品で珍しいちんすこうです。

婚約指輪

eteのイエローゴールドと一粒ダイヤの指輪を彼から頂きました。普段もつけていたいので、指になじんでなおかつ私に似合うものを一生懸命選んでもらいました。

結婚指輪

石垣市にあるジュエリーショップTILLA EARTHさんの、「うむい」という夫婦同デザインのプラチナリングを選びました。

織物が縦と横にまじわったようなデザインで、「いつの世までも末永く」という意味合いを持つ八重山の特産であるミンサー織の柄が、指輪の内側に彫られているのが特徴的です。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

梅雨入り前の竹富島だったので、前日まではしとしとと雨が降っていたのですが、挙式当日になり、私たちの入場の時間が近づくにつれみるみる空が晴れ渡り、最高のお天気になったことです。

まるで島に祝福されたようで涙が出るほど感動しました。ゲストにも同じ気持ちを味わってもらえたようで、本当に良かったと感じています。

二人らしさとは

自然体でストレスフリーなところが私たちらしいところだと思います。かたくなりすぎず、かといってラフすぎず。お互いが気分よく居られるような存在でい続けたいなと感じています。

嬉しかった参加者の反応

シンプルに「いい結婚式だった」ととてもいい表情でみんなに言ってもらえたことです。大好きな竹富島の優しい部分をみんなに知ってもらえたかなと感じ、とても嬉しかったです。

また、がじゅまるの木の前に立っているときの私の姿が「がじゅまるの精霊のようだった」と言われたのが嬉しかったです。
まさにそんな雰囲気を出したかったので・・・。

私にとって結婚とは

独身時代の自分からさらに成長してゆくためのものだと思います。一人だけでは成長できない部分を、結婚することにより高めることができるのではないかと思っています。

結婚してよかったことは、毎日誰かのために何かをしてあげられることに幸せを感じられるところです。

後悔していること

ペーパーアイテムやウェルカムスペースなど、もっと星のやさんとコミュニケーションをとって、自作してオリジナリティを出したかったなと思います。もちろん、お任せしても素敵な仕上がりになるのですが・・・。

節約のための工夫

小規模な式だったため節約の事をあまり考えず、目いっぱいやりきることができました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

たくさんの素敵な花嫁様の写真を見ましょう!
そして結婚式の準備はよく旦那様と喧嘩することがあると思いますが、極力仲良く!

そうすると最高の結婚式になります!

前撮り
後撮り
竹富島

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

挙式前の、少し緊張気味のロケーションフォトです。

午前中のコンドイ浜は静かで晴れやかな色をしていました。

初めてこの浜を訪れた時のことは忘れもしません。
すがすがしいほど晴れていて、虹がまるで海の中に流し込まれるかのように架かっていたこと。

いつまでも、その美しさのままでいてほしいものです。

洋装前撮り アルバムを見る >