卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
4
アーカンジェル迎賓館福岡
100人以下

真っ白な空間、入場する扉の後ろがガーデンなので、日の光・自然のグリーンを背景に登場できるところです。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
アーカンジェル迎賓館福岡
100人以下

披露宴会場も白基調にしていて、こだわりの装花が映えます。
大きな窓からはプール付きのガーデンが見えて、
日常を忘れられるような空間になっています。
ガーデンを使った演出もでき、プールを活かした演出が素敵です。
披露宴会場と挙式会場は同じフロアで、お年寄りや子供連れにも優しく、ロビーには大きな階段もあります。ロビーの装飾もでき、自分たちのこだわりの装飾でオリジナル感が増します。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

節約花嫁だったため、お金をかけずにというのが大前提でした。 ですが、オリジナリティを出したくて、キーアイテムを使ったデニムのタペストリーを作り、
それをみんなに協力してもらって作りあげました。
またテーマのLife is WonderfulはRickie-gという人の歌のタイトルです。
プロポーズの時に流していた歌だったので、
私たちにとって思い入れのある曲でした。
また、私の約8年の片思いを経ての結婚だったので、
その思いが届いたこともまさにテーマそのものでした。 披露宴を通してこの歌をポイントにしました。
エンドロールムービーのBGMも同曲です。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

アイリーナ福岡のオリジナルドレスです。
一緒にデザインから意見をさせていただき、
究極のマーメイドドレスを作りました。
腰から足にかけるマーメイドならではのラインと、
後ろから見た時のデザインがこだわりです。

ショップ
アイリーナ福岡
ドレス 2着目

アイリーナのものです。
上品でお洒落なピンクグレーっぽいオーガンジー生地のAラインドレスです。
本当はピンクのベルトがついていますが、落ち着いたパープルの大きめのリボンをアイリーナさんに作ってもらい、そちらに変更しました。
バックスタイルも可愛いです。

ショップ
アイリーナ福岡
シューズ

ドレスショップのレンタルのものです。

ヘアメイクのポイント

ウエディングのときはすっきりまとめ髪にしました。
シンプルで大人っぽく、何十年後に見ても綺麗だと思えるように、と意識しました。
カラードレスのときはローポニーにしました。
まとめていた前髪もセンター分けに戻して変化をつけました。

アクセサリー

ヘアアクセサリー以外はドレスショップのレンタルです。 デコルテをすっきりさせたかったので、シンプルなものにしました。

ヘッドアクセサリー

ウエディングの時のヘアアクセサリーは、自分で作りました。 小枝アクセを参考に大きめのものを作りました。
カラードレスのときのアクセサリーはブーケに合わせたドライフラワーのものです。 福岡にある素敵なドライフラワー屋さんで作ってもらいました。

ネイル

仕事柄ネイルができなかったため、
こっそりできる限り伸ばしてジルスチュアートのピンクベージュっぽい色のネイルを自分で塗りました。
自爪には自信がある方だったため、シンプルな状態でした。

メインで使った花や装花のテイスト

シンプルにすっきりさせてもらいました。
派手というより優しい感じ。
芍薬をメインに、ブルーやピンクのドライフラワーなども使ってもらいました。
キーアイテムのデニムも一緒に組み込んでもらいました。
高砂の後ろはオプションで飾り付けしてもらうと費用がかかったので、自分でフラワーガーランドを作りました。

装花のポイント

派手にけばけばしくならない、優しい雰囲気にしました。
シンプルに上品に、でもデニムでカジュアル感もプラスしてもらいました。

フローリスト

アーカンジェル迎賓館専属のフラワーコーディネーターさんにお願いしました。
カクテルドレスのときのブーケは、
福岡にあるコテジャルダンというドライフラワー屋さんにお願いしました。

お料理のこだわり

本当はこだわりたかったですが、そこまで費用をまわせなかったのが事実です。
ですがメインのお肉は絶対に牛肉のものにと、
1番下のプランからメイン料理のみ変更しました。

ウェディングケーキ

流行りのネイキッドケーキでした。
スポンジ部分に薄く生クリームを塗ってもらいました。

引出物

今治タオルのバスタオルを渡しました。
親戚や上司には、バスタオル×二枚のもの、ヒキタクを利用しました。

プチギフト

持ち込みでした。
ミンティアに自作したシール(前撮り画像にthank youなど書いたもの)を貼って渡しました。

婚約指輪

サプライズで買ってきてもらったので、
よく把握してません。

結婚指輪

ギンザタナカ

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

絶対に泣くと思っていましたが、あまり泣きませんでした。
披露宴中唯一泣いたのは友人スピーチでした。
懐かしい話の中に友人が気持ちをストレートに伝えてくれて、嬉しさと懐かしさともう戻れない寂しさといろんなものが込み上げてきました。
そして意外かもしれませんが、私たち夫婦が二人で号泣したのが退場後のプランナーさんからの挨拶でした。
この結婚式を挙げることができたのは、
紛れもなくプランナーさんの頑張りのおかげでした。式場自体が素敵なのもありますが、プランナー自身の頑張りがすごく伝わっていたし、迷惑をかけた自覚も(価格交渉など)あったので、終わってしまう寂しさと本当に感謝の気持ちが溢れて、二人してボロボロ泣きました。

二人らしさとは

「笑顔」です!
私たち2人もいつも笑っていて楽しそうだと言われますが、2人とも周りのみんなの笑顔が大好きです。
プロフィールムービーにもみんなへの感謝の気持ちを文字で流す部分を作りました。
お色直し後の入場ではゴープロを持ち、迎えてくれたゲストの方を私たちが撮りながら入場しました。
自分たちのことはみんなが撮ってくれますが、
私たちが見てるゲストのみんなの笑顔を残しておきたかったからです。

嬉しかった参加者の反応

「いい結婚式だった」 の一言につきます。
「絶対に幸せになれる、そんな夫婦だった」 ってゲストのインスタに書いてあったのも嬉しかったです。
私の長年の片思いを知っている人が私以上に泣いてくれていたのも嬉しかったです。

私にとって結婚とは

一緒に幸せになること!
幸せしてもらうんじゃなくて、相手を幸せにしてあげたいと思えること。
家族ではない他人なのに誰よりも大切にしていく覚悟が決まること…?

後悔していること

正直、髪型がイメージ通りではなかったことです。
気がつけば撮って欲しかった写真を撮ってもらいそこねたこと。
一人で何枚か写真を撮ってもらうときにポーズが思い浮かばなかったこと!!!!

やりたかったけれど諦めたこと

プールを使った風船のドロップアンドフライ、
ロビーの装飾を式場に頼んで豪華にしてもらいたかったです。(費用の問題です)
ブーケトス→30半ばの方から、独身を晒しものにするような演出しないよね?あんな演出ありえないと言われてしまったため。

節約のための工夫

招待状、席次表、席札、メニュー表、装飾、ヘアアクセサリー、プチギフト、ウェルカムスペース 、両親への記念品、すべて手作りしました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

両親の意見や義家族の意見、お金の問題、時間の問題、沢山ありますが逃げなければ妥協点が見つかります。
大変だと思いますが、今乗り越えると待っているのは幸せな結婚式です。
一生のうち1番綺麗にしてもらえて、あんなにたくさんの人におめでとうと言ってもらえる日はありません。
頑張ってください。