卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
ララシャンス博多の森
100人以下

私はナイトウェディングだったのですが、教会そのものの夜の雰囲気もすごく素敵ですし、中から見えるイルミネーションも本当にきれいでした。
また祭壇があるところに高さがあるため、後ろの席からでも新郎新婦をしっかり見ていただけました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ララシャンス博多の森
100人以下

イルミネーションが綺麗に見えること、入場の仕方をたくさん選べるところがおすすめポイントです。
ガーデンや階段からの入場が叶います(^^)
天井の高さもあるのでバルーンやランタン演出も可能なのもポイントです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

夕食の時間帯だったためお料理と飲み物のコースにはこだわりました。
またナイトウェディングならではの演出を行いました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

Alohina moe

ウェディングドレスは節約のためもあり親戚から譲っていただいたものを着用しました。
インナーブラウスやオーバースカート、取り外し可能なリボン、サッシュベルトなどが付属していたためかなり雰囲気を変えることが出来大満足です!

ドレス 2着目

Moussy

ナイトウェディングということもありグリッターたっぷりのキラキラドレスを選びました。
綺麗なブルーグレーで、結婚式後もしばらく「素敵なドレスだったね」と声を掛けていただけました。
可愛いけど大人っぽい、大好きなドレスです。

シューズ

グリッターたっぷりのキラキラしたパンプスにしました。

ヘアメイクのポイント

挙式時は
清楚にシンプルにしたかったためオールバックにティアラヘア。チークは薄めでリップもベージュ寄りのピンクでお願いしました。

披露宴入場時は
可愛い雰囲気に振り切りたかったため前髪をおろしポニーテールにし、リップはオレンジが少し入ったピンクの物を使用しました。

お色直しは
大人可愛い雰囲気にするためハーフアップにし、リップは少し深みのあるピンクでお願いしました。

アクセサリー

挙式はティアラとシンプルなピアスとネックレス、披露宴は造花で作ったヘッドパーツと真珠のピアス、お色直しは造花のヘッドパーツと大ぶりなイヤリングにしました。

ヘッドアクセサリー

挙式時はティアラ、披露宴開始時とお色直しの時は造花のヘッドパーツにしました。

ネイル

深みのあるピンクベージュで押花を入れてもらい、WDとCDどちらにも合うようなナチュラルな雰囲気のデザインにしました。
左手薬指には指輪のアートを入れてもらい結婚式らしさを出しています。

メインで使った花や装花のテイスト

大人可愛い雰囲気にしたかったためくすみピンク、オフホワイト、グリーンを使ったアレンジをお願いしました。

お花に詳しいわけではなかったため種類の指定などは行わずお任せしました。

装花のポイント

キャンドルの使用は譲れないポイントでした。
高砂だけでなくゲストテーブルにも3つずつ置いていただきました。

フローリスト

ジャポネブランさんにお願いしました。

お料理のこだわり

メインまで美味しく食べていただきたかったため、食材にはこだわっているけれども品数の多過ぎない、適度な量のコースを選びました。
男性にはもう少し品数の多いコースの方が良かっただろうか…と少し不安でしたが、ゲストからはかなりお腹いっぱいになったとのお声を頂けたので良かったです。 (味も美味しかったという感想もたくさんいただけました!)

ウェディングケーキ

2段のイチゴたっぷりのケーキにしました。

引出物

全員に共通で
ルスールカップ/ゴディバのクッキー/まぐろ&うなぎの生茶漬け にしました。
ルスールカップはひとりにひとつお渡ししました。
ご祝儀を多くいただいたゲストには後日別のお品を送りました。

プチギフト

地元の素材を使った生クリームスコーンにしました。

婚約指輪

銀座リムのAnnaです。

結婚指輪

トレセンテのトゥルーハート。
3石タイプにし、その内の1石はピンクダイヤにしました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

ゲストからたくさんのおめでとうの言葉をもらったことです。

私たち2人のためにたくさんの方が来てくださり、みんなが笑顔でおめでとうと声を掛けてくれたことが何よりも嬉しく感動しました。
自分がどれだけたくさんの人に支えられているかを再確認した時間でもありました。

感謝の気持ちが溢れて止まらなかったことを鮮明に覚えています。

二人らしさとは

私たちは趣味も好みも異なるので、二人らしさが何なのかいまだにはっきりとは分かりません。。。
ただ結婚式の準備の中で「とにかくゲストに楽しんでもらいたい」というのは共通で大事にしていたことでした。

嬉しかった参加者の反応

「すごく楽しかった!」 という言葉が1番嬉しかったです。
あとは「新婦がとにかくずっと楽しそうで笑顔が素敵だった、幸せのおすそ分けってこういうことなんだと思った」という言葉も嬉しかったです。

私にとって結婚とは

良くも悪くも相手を知るということだと思います。
結婚するにあたりいろいろな過程を経ていく中で、お互いに良い面悪い面をたくさん見ました。
これまでではあり得ないような喧嘩もたくさんしました。

しかし大きな喧嘩をしてもそれでも一緒にいたい、相手を受け入れたいと思えることはすごく幸せだなと思います。

後悔していること

装花について、何度もイメージシートを送りやりとりしたのですが、当日は思い描いたものと異なる雰囲気の装花でした。 なんとなく話が噛み合わないなと感じていたので、思い切って担当の方を変えてもらうようにお願いすれば良かったと後悔しています。
またランタンも思ったよりも暗かったこともやや残念ポイントでした。
こちらも前もって実物を見せて貰えば良かったと後悔しています。

節約のための工夫

契約の前にドレスとビデオ会社の持ち込みを交渉したことです。
打ち合わせが始まってからは提案されたオプションを安易につけず、必ず話し合ってから決定したことです。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

まずは絶対に譲れないポイントを明確にしてから見学に行くことをおすすめします。 あとはなにを優先するかの順位をつけることも必要だと思いました。

全てを最高ランクのものに出来れば1番良いのでしょうがそれもなかなか出来ないので、お金をかけるところと諦めるところでメリハリをつけるのも大切だと思います。

また特に働いているプレ花嫁さんは無理をし過ぎないことも大切かなぁと思います。
DIYなどが計画通りに進まずイライラしてしまうより、多少お金がかかっても外部にお願いする方が精神的にかなり楽です。
せっかくの結婚式準備をキツイと思いながら行うのではなく、気負い過ぎず無理のない程度に楽めたら良いなと思います。