nh_wed518さんのアイコン画像

nh_wed518

テーマはナチュラル&アットホーム‎‪‪𓆸⋆*
普段からナチュラルな雰囲気が大好きなので、自然が多い会場にし、ペーパーアイテムや引き出物袋に至るまでナチュラルな雰囲気にこだわりました。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2021-05-15
THE・SEASON’S
50人未満

祭壇がガラス張りになっているので、光がきれいに入って来ます。また、奥には本物の緑が見えるのでナチュラルな雰囲気でとても素敵です。バージンロードも一段高くなっているので、どの席からも見やすいです。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2021-05-15
THE・SEASON’S
50人未満

ガーデンからの光がたくさん入るので、とても明るくて素敵な披露宴会場です。ガーデンでのデザートビュッフェは緑に囲まれて外の空気も気持ちよく、広々としてとても素敵な空間でした。また、希望があればこのガーデンで挙式をすることもできるようです。

コンセプトやこだわったこと

全員がゆったりくつろげるアットホームな結婚式にしたかったので、ゲストは職場の方は呼ばずに友人と親族のみにしました。また、格式ばった雰囲気にしたくなかったので高砂はソファスタイルでゲストが気軽に来られるようにし、BGMもジブリジャズにするなどくつろげるようこだわりました。

演出面ではブーケトスを3つに分かれるアフロブーケ・チョコブーケにしたり、ビッグスプーン×シャベルのファーストバイトを取り入れるなど、ゲストが笑って楽しめるようにこだわりました。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

ブランド
MIRROR MIRROR

mirrormirrorのオリジナルドレス

スッキリシンプルめなデザインですが、ふんわりしたオフショルダーとウエストがすっきり見える作りが気に入りました。

SECOND DRESS
ドレス 2着目

ブランド
MAISON SUZU

メゾンスズのOphelia

ふんわりしたモスグリーン、肩のふわふわにビジュー、腰のリボン、背中のくるみボタン、ふわっとした全体のフォルム、どこをとっても妖精のように可愛らしいドレスです。結婚が決まる前からこのドレスに憧れていたので、着ることが出来て本当に嬉しかったです。

SHOES
シューズ

ノーブランドのインポート品です。
レースと足首リボンのオフホワイトの5cmヒールです。足元のショットを撮りたかったので、ドレスに合うナチュラルで可愛らしい雰囲気の物を探しました。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

白ドレス→すっきりめのシニヨン
挙式の王道な雰囲気と披露宴の少しカジュアルな雰囲気を両方出したかったので、ふわふわさせ過ぎず、少し毛束を引き出す程度にしてもらいました。アフターセレモニーと披露宴入場の間にアクセサリーチェンジをし挙式と披露宴で雰囲気が変わるよう意識しました。

カラードレス→編み降ろし風の玉ねぎヘア
ナチュラルな雰囲気にしたかったのでふわふわとおくれ毛をだしてもらい、後ろには玉ねぎを作って降ろしてもらいました。

左側頭部から後頭部にかけてドライフラワーをたっぷりセットしたので、おろした部分にはお花はつけませんでした。おろした部分が少し寂しくなるかなと思いましたが、玉ねぎのポコポコした雰囲気がそれだけで可愛らしく存在感もあったのでよかったです。

ACCESSORIES
アクセサリー

挙式→ビジューピアス(paru_amour)
ティアラに使われているビジューと同じ色のビジューがついています。ティアラもピアスもビジュー×パールで統一感が出るようそれぞれ探しました。ティアラを邪魔せず、でも存在感のある丁度良いサイズ感もポイントです。

披露宴白ドレス→ゴールドのロングピアス(BRID ME)
ヘッドアクセサリーに合わせてゴールドの色味にしました。ネックレスはしない予定だったので、首元が寂しくないよう長めのピアスにしました。

カラードレス→小さめパールのロングピアス(Creema)
お色直し後はヘアにお花を付けてボリュームを持たせたかったので、ピアスは控えめに揺れるタイプのものにしました。とても小さなパールのついたチェーンがちらちらと揺れて、儚げで可愛らしかったです。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

挙式スタイル→ティアラ(インポート)
挙式は王道な雰囲気にしたかったので少し高さのあるティアラにしました。パーソナルカラー的にシルバーが似合いづらかったので、白めのワイヤーで作られたティアラを選びました。ビジュー×パールで少しクリスタルっぽい、シルバーが強くないティアラで素敵でした。

披露宴白ドレス→ヘッドドレス(ブーケカラー・francbloom)
インスタでひとめぼれしたヘッドドレスです。ベージュっぽいチュールのお花とキラキラのビジューが華やかで、ゴールドの色味がオシャレでとても素敵でした。

カラードレス→ドライフラワーのヘッドパーツ(flory)
リースブーケとお揃いのドライフラワーです。
全体の色味と使ってもらいたいお花を伝えて、作っていただきました。リハで髪に乗せ切れなかった分は別にとっておいて、プランナーさんのブートニアを作りプレゼントしました。

当日髪にセットした分は今もフォトフレームに入れて飾っており、大切な思い出の品となっています。

NAILS
ネイル

少しホワイトの混ざったクリアカラーをベースに、ホワイト・シルバーのラメと金箔でフレンチっぽくデザインしてもらいました。シンプルで上品なデザインですが、ポイントで右手薬指にシェルのお花を咲かせてもらいました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

白ドレスのブーケはピオニーだけのクラッチブーケに。
コロコロしたフォルムがとても可愛らしくとても愛着も持てました。

カラードレス用にドライフラワーのリースブーケ(flory)を外注しました。色味と雰囲気を指定してドレスの雰囲気に合わせて作ってもらいました。とても素敵でゲストにも好評でしたし、ドライフラワーなので挙式後も自宅に飾れて見るたびに幸せな気持ちを思い出すことが出来ます。

会場装花はスターチス・ユーカリ・パンパスをメインに、ホワイト×グリーンの草原らしい雰囲気にまとめてもらいました。

FLOWERS
装花のポイント

高砂はソファスタイルにし、後ろのアーチやサイドの飾りで存在感を出しました。緑をたくさん使ったナチュラルな雰囲気でオーダーしましたが、森っぽい緑ではなく草原っぽい軽やかな緑になるようお願いしました。ゲスト卓も花瓶、小物、テーブルランナーなどを選びナチュラルな雰囲気にしてもらいました。

また式中にガーデンに出る予定もあったので、ナチュラルな雰囲気のフォトブースをガーデンに作っていただきました。ケーキセレモニーの背景としてや、ガーデンでの写真撮影など沢山活躍してくれたので、追加料金を払ってでも作っていただいて良かったです。

FLORIST
フローリスト

八木 友里恵さん(ハマフローリスト)です。

FOOD
お料理のこだわり

デザートビュッフェもあったので、量が多すぎずでも寂しくない量のコースにしました。美味しいのはもちろんのこと、見た目もオシャレだったのでたくさん写真を撮ってもらえて嬉しかったです。

また季節のポタージュの素材を選ばせてもらえたので、テーマカラーに合わせてグリーンのキャベツのポタージュにしていただきました。とても可愛らしい色味で、味も美味しかったです。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

パレットケーキの演出をしたかったので、白地のシンプルなケーキにグリーン×ピンク×イエローのクリームを塗ったデザインにしました。

あらかじめ下段と中段には3色、上段にはイエローのみ塗っておいてもらい、新郎新婦でピンクとグリーンを塗る演出をしました。ゲストも初めて見る演出だったようで盛り上がり、ケーキも可愛らしくとても楽しかったです。

WEDDING FAVORS
引出物

それぞれが本当に欲しい物を贈りたかったので、カタログギフトにしました。ただ帰りの荷物を重くしたくなかったので、カード型でネットで品物を選ぶタイプのギフトにしました。

PETITE GIFTS
プチギフト

マルティネリのアップルジュース
ジュースはネットで取り寄せ、布を被せて麻紐と自作のタグで飾り付けしました。

WEDDING RING
結婚指輪

新郎:かき氷(ひな)
新婦:ひづき(ひな)
どちらもプラチナの指輪に1部ピンクゴールドが入ったデザインになっています。それぞれセットになった別の指輪があったのですが、デザインの好みを優先し同ブランドの中の近いデザインの物を組み合わせました。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

挙式の際、祭壇で誓いを交わしたときです。
普段真面目な話はあまりしないタイプなので、改めて向かい合ってこの言葉を口にした瞬間が1番感動しました。

二人らしさとは

お互いのこだわりや好きなことを尊重し、それぞれが自由に生きることです。好きな服、食べ物、テレビ番組など好みが違うことが多いのですが、互いに受け入れて生活しています。

嬉しかった参加者の反応

こだわって選んだ衣装や手作りの装飾をかわいいと褒めてもらえたことが何より嬉しかったです。また、二人らしい雰囲気でお似合いだったと言ってもらえたのもとても嬉しかったです。頑張って準備した甲斐がありました。

私にとって結婚とは

どんな瞬間でも一緒に生きていくことです。
毎日顔を合わせると「苦楽を共にする」の本当の意味を実感しています。

後悔していること

お色直し後にカーテンを閉めた庭園から登場するプチサプライズをおこなったのですが、カーテンの開く位置と立ち位置がずれてしまいました。式場のリハーサルは短時間で一回きりなので、気になることや要望は細かく伝えたほうがいいと思います。

やりたかったけれど諦めたこと

まん延防止等重点措置下だったためアルコール飲料が提供できなかったことです。

節約のための工夫

自作出来るものはすべて自作しました。
ウェディングツリーや引き出物袋など、インスタで人気の物を自分なりに再現してDIYしました。材料代と時間はかかりますが総合的に節約に繋がり、またオリジナリティも出せて楽しかったです。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

情報収集は1番最初にとにかくたくさん見ておくのがオススメです!準備を進めていくうちにやりたい事が出てきたり、DIY系も作り終わった後にもっと素敵なデザインに出会ったりしました。

素敵なアイテムを見つけても、オーダーの期間が間に合わなかったり入荷待ちだったりすると悲しいことになってしまいます(><)そういった後悔をなくすためにも、本格的な準備が始まる前までにとにかくインプットするのがオススメです。

あとは、ちょっとでも興味のある事や少し引っかかっている事などどんな些細な事でもプランナーさんにしっかり確認した方が良いです。こちらから確認してみると想定とは違う形になっていたり、希望を言ってみれば聞きいれて貰えた上にプラスアルファの意見を頂けたりしました。

プランナーさんは新郎新婦を除いて1番結婚式に関わってもらう方なので素敵な関係が築けた方が、より素敵な結婚式になると思います(^^)

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
2022花嫁必見!春婚 レポ特集
テーマカラー『ホワイト』レポ特集
洗練された気品 大人ウェディング集

エリアから探す

スタイルから探す

LINEウェディングニュース相談カウンター
担当アドバイザーが結婚準備をサポート
何も決まっていない方でも大歓迎
無料相談受け付け中♪
ウェディングニュース相談カウンター
マイレポイメージ

あなたもマイレポを作りませんか?

ウェディングニュースのマイレポで、
あなたの大切な結婚式の記録を残しましょう♡
あなたの経験が次の花嫁の力になります。

保存するには登録が必要です