卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

kazumi1116

kazumi1116さんのプロフィール写真
新郎はサークルのバンド活動でライブハウスで演奏し、新婦は大好きなバンドを観るためライブハウスに通っていたので、夫婦で思い入れの強い「ライブハウス」をテーマにしました!

招待状から結婚式が終わるまでそのテーマを様々な箇所に取り入れました。一部を紹介します♩

■ゲストテーブル
各テーブルに私達の好きなアーティストのCDとおすすめの1曲をディスプレイ。
待ち時間にも飽きさせない工夫をしました。

■オリジナルライブフライヤー
カノビアーノ福岡は披露宴会場1フロア貸し切りのため、披露宴会場前の廊下まで好きなように飾り付けができます。私達はオリジナルライブフライヤーを張り付け、ゲストの皆様をお出迎えしました^^

■披露宴会場をライブハウスのような雰囲気に
披露宴開始前は会場の照明を落とし、各卓をスポットライトで照らし、スモークマシーンを使用。また高砂の横にはバンドセット(ギター/ベース/ドラム)を置き、ライブハウスにライブを観にきたかのような雰囲気を演出しました。

「他にない演出がしたい」と思っているプレ花嫁の皆様は是非是非カノビアーノ福岡へのブライダルフェアの見学をおすすめします^^期待を上回るおもてなし、演出を体感できるはずです!!
福岡県 / 西鉄福岡(天神)駅
カノビアーノ 福岡

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
カノビアーノ福岡
150人以下

カノビアーノ福岡は演出がとにかくすごい!!!
ゲストに今までにない感動を与える結婚式をあげたいと思う方にはおすすめの式場です。
カノビアーノ福岡のチャペル「DIAMANTE(ディアマンテ)」のおすすめポイントは下記3点です。

■光り輝くバージンロード
カノビアーノ福岡のバージンロードは宝石のように光輝く幻想的な道。
ブライダルフェアで見学した時、その神秘的な空間に魅了されました。

■チャペルの映像演出
ブライダルフェアで新郎新婦が大号泣した演出。
私達は結婚式で「両親へ感謝の想いを伝えたい」と思っていました。
チャペルで両親への想いを込めた手書きのメッセージが映し出されます。
ブライダルフェアでこの演出を見た時、ここで挙式をし、両親に感謝を伝えたい!!そう直感的に感じました。言葉では直接言えない、手書きならではのメッセージ。感動の瞬間です。

■アフターセレモニーの光の演出
挙式後のアフターセレモニーは幻想的なライティングとミラーボールの演出がゲストをわっと驚かせます。そのあと、新郎新婦が登場するとゲストのボルテージは最高潮に。大好きなゲストに囲まれゆっくり光の階段を下りフラワーシャワー、スターシャワーでお祝いされる瞬間は幸せの時間でした。

また完全に屋内の挙式会場のため、天候に左右されない所も安心です。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
カノビアーノ福岡
150人以下
AZZURRO

カノビアーノ福岡には2つ披露宴会場がありますが、私達はAZZURRO(アッズーロ)を選びました。

カノビアーノ福岡の魅力は演出の凄さ!
いくつか福岡のブライダルフェア回りましたが、どの会場よりも圧倒的な演出数です。

■プロジェクションマッピング
ハウステンボス等の演出を手掛ける株式会社ピークスマインドのプロ集団が完全オリジナルでオープニングのプロジェクションマッピングを作り上げてくれます。
私達の出会いのきっかけとなった曲(マキシマムザホルモンの「恋のメガラバ」)に沿って映像を作っていただきました。
2人の大好きなライブハウス、出会い、交際の様子の絵コンテを新郎新婦で考え、ご担当の方と話し合いながら作品を作っていきました。2人の唯一無二のアニメーション。
オープニングからゲストの心をわしづかみにします。

■新郎新婦の登場の場面がユニーク
プロジェクションマッピングが終わったと同時に、映像を映していたカーテンが開き、新郎新婦がバルコニーからサプライズ登場します。
私達だけに見えるゲストのわっと驚く表情は一見の価値ありです(笑)また中座後の私達の登場の場面もユニーク。
2人の写真の映像が映し出された壁がぱっと開き新郎新婦再入場!!登場した瞬間、一気にゲストの歓声が上がります!

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

カノビアーノ福岡を選んだポイントは「ゲストに感動を与える結婚式ができる」「今までにない結婚式ができる」「私達らしさが詰まった結婚式ができる」そんな風に思えたことがきっかけでした。

そんな、2人の大好きをたくさんたくさん詰め込んだ結婚式。こだわったポイントを一部ご紹介します。

■BGMリスト、セトリボード作成
6月9日(ロックの日)に入籍したほど「音楽」が大好きな私達。だからこそ1番BGMにはこだわりました。各シーンに合う1曲を全曲自分達でセレクト、どこから流すのか、どこまで流すのかにまでこだわりました(笑) 歓談時間の曲も全て選曲。流す曲の順番まで考えました(笑) そして、送賓の際には披露宴中に流したBGMをまとめた、セトリボードを飾りました♪

■ウェルカムスペース、ウェルカムボード
ウェルカムスペースには私達の好きなバンドのバンドTシャツ/タオル/バンドグッズを並べ、ライブハウスの物販のような空間を作りました。
またウェルカムボードはアーティスト写真風に。新郎の手作りです♪

ウェルカムスペース アルバムを見る >

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

カノビアーノのドレスサロンFiore Biancaにて、ウェディングドレスはシンプルなものがいいと思いこの1着を選びました。

生地感も私好みでしたが、後方のレースの長いトレーンに一目ぼれし即決♪オーガンジーにレースを乗せたロングトレーンがチャペルで映えて、とっても素敵でした。

ブランド
FioreBianca
ドレス 2着目

カノビアーノのドレスサロンFiore Biancaでレンタルした、元気いっぱいの印象を与えるレモンイエローのドレスを選びました!

所々のぞくグリーンが爽やかで、甘くなりすぎない所が気に入っているポイントです。バックトレーンもチュールをティアードに重ね合わせたデザインです。

ブランド
FioreBianca
シューズ

白のレースをあしらった1足に。
キラキラのラメがついているのがポイントです。
日頃あまりヒールをはかないので低めの8cmのものを選びました。

ヘアメイクのポイント

ウェディングドレスでのメイクはナチュラルな感じでとオーダーしました。
ヘアはふわふわのシニヨンスタイルにしました。

カラードレスの時は、元気いっぱいの印象を与えたかったので、オレンジのアイシャドウ、濃い目のチークにしました。リップも濃いめのピンクとオレンジのグロスをあわせ明るい印象に。
ヘアは、ふわふわのハーフアップにしました。

アクセサリー

福岡のWeidiWeddingでレンタルしました。

ウェディングドレスには光り輝くティアラとシルバーのイヤリングをつけました。

カラードレスにはゴールドのイヤリングとネックレスをあわせました。

ヘッドアクセサリー

カラードレスのヘッドアクセサリーはフリマアプリで購入。

レモンイエローのドレスに合う、黄色・白・青の造花のヘッドアクセサリーをつけました。

ネイル

ネイルサロンにはいかず自分でネイルをしました。
爪をのばし、透明のマニキュアを塗るだけのシンプルなものですが、ナチュラルな感じを表現できドレスともあっていたと思います。

メインで使った花や装花のテイスト

オレンジ色のバラ「オークランド」をメインにガーベラ、カスミ草、カーネーションなど
リーズナブルでボリュームが出るお花をいれていただきました。

ブーケは花嫁が身に着けておくと幸せになれるといわれているサムシングブルーを取り入れたかったので、白色メインにブルースターという水色のお花を入れました。

装花のポイント

会場装花:打ち合わせからサンプル写真を用いながらスタッフの方とイメージを共有していき、当日飾っていただいたものを見ると私達のイメージ通りかつ、写真よりすごく感動的なお花を飾っていただきました。

会場装飾:結婚式前に自分たちで装飾のリハーサルを行い、本番を想定して飾りつけをし、その写真を撮り式場に提出していたのでお互いの認識相違等はなく、私達のイメージ通りの装飾でした。

フローリスト

カノビアーノ福岡に併設されているフラワーブティック「HANAHIRO CQ」です。

お料理のこだわり

カノビアーノ福岡はミシュラン福岡版にも掲載された
「本格自然派イタリアン」。ここでならゲストにお料理の最高のおもてなしができる!とブライダルフェアの時に確信しました。
料理長と1品1品相談しながらメニューを作り上げ、ゲストを想いながら2人だけのオリジナルメニューを作りました。

ウェディングケーキ

新郎の実家は32年地元で愛されるケーキ屋さんであることから、ウェディングケーキは新郎のお父さんに作ってもらうことに!

デザインは当日まで秘密だったのですが、音楽好きな私達のためにギターをデザインし、新郎新婦の似顔絵付きのケーキを作ってくれました。

当日はコック姿でケーキを運び込んでくれたお父さんの、愛情がたっぷり詰まったウェディングケーキは本当に美味しかったです♪

引出物

いくつか贈り分けをしました。
① 友人:木箱入りの高級今治タオル
② 上司:ナカタハンガーのハンガー
→オリジナリティある引出物としてハンガーをチョイス。「福(服)を掛ける」縁起物です。
③ 親戚:DEAN&DELUCAのカタログギフト

プチギフト

2人の大好きなお菓子の詰め合わせに新郎新婦の手書きのメッセージカードを添えてお渡ししました。

結婚指輪

festaria bijou SOPHIAのペアリングです。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

披露宴の最後にスタッフの皆様を呼び込んで、新郎新婦と共に「オールキャストフィナーレ」をした時です。

大好きなゲストの皆様が笑顔でスタンディングオーベーションしてくれている景色は圧巻でした。

本当に一生懸命準備してきた甲斐があったな、ゲストに楽しんでいただけたんだなと伝わってきて1番感動した時間でした。

二人らしさとは

音楽/ライブハウス/お互いの納得がいくまでこだわることです。

嬉しかった参加者の反応

披露宴の最後に「THANX LIVE~2019~」と題し、新郎の大学時代の友人とライブ演奏をしました。

照明のご担当の方には、ビームレーザーや様々な色の照明・ストロボライトを使って、本当にライブハウスさながらの演出をしていただき、一気に会場のボルテージを上げていただきました!

ゲストの皆様からは、本当にライブハウスでライブを観ているようで、楽しかった、元気を貰えたと感想をいただき、やってよかったなと心から思いました。

また新郎のご両親はこの日が新郎の演奏をみるのが初めて。大学時代からずっと新郎の演奏する姿を見てみたいと言っていたご両親の夢が叶った瞬間でもありました。

私にとって結婚とは

愛する人と何気ない毎日を幸せに過ごせること、一生添い遂げ愛し続けるパートナーができ、愛を育みあうことです。

後悔していること

もっとドレスで歩く練習をしておけばよかったです。
普段着慣れないドレス、ヒールは歩きにくく、進むのに一苦労しました(笑)

ドレスの長さに合ったシューズにし、少しヒールを高いものにすれば、うまく歩けたのかなと少し後悔しています。

やりたかったけれど諦めたこと

私達の結婚式は遠方からのゲストが多く、お車代に多くの予算をかけました。

予算に余裕があれば、したかったことはあげればきりがありません(笑)エンディングムービー/装花/料理/引出物できることならも~っとランクアップしたかったです(切実)。

しかし、自分たちのやれるだけのおもてなしをしてベストは尽くしたので、諦めはしましたが後悔はしていません!

節約のための工夫

■フリマアプリやネットオークションの活用
ベールや小物(ポケットチーフ)は費用を安く抑えるためにフリマアプリを利用しました。
またBGMで流すCDも最近は著作権の関係で原盤が必要だったため、フリマアプリやネットオークション等を駆使してCDを集めました。

■写真撮影とプロフィール映像作成を家族に頼んだ
新婦の父(@camerakenji)の趣味が写真撮影ということもあり、招待状/席次表/ウェルカムボードの写真はすべて父に撮影してもらいました。父に撮ってもらった写真はどれもとってもいい表情。父にしか取れない素顔を撮ってもらいました。特に招待状の写真はゲストからも評判が良く、私のお気に入りの1枚です。

■オリジナリティ溢れるペーパーアイテムをDIY
①ライブチケット風芳名カード
招待状に手作りのライブチケット風芳名カードをつけて、ゲストの皆様へ送りました。
結婚式の前に、どんな結婚式だろう?とワクワクして貰えるような仕掛けづくりを♪
②ドリンクチケット風メッセージカード
挙式、披露宴開始までの待ち時間に、新郎新婦へメッセージカードをゲストに書いていただきました。このメッセージカードは、ライブハウスのドリンクチケット風になっており、ここもテーマを意識して作り込みました♪

また新婦の妹が以前映像関係の会社に勤めていたこともあり、プロフィール映像の作成を依頼。新郎、新婦、妹の3人で何度も打ち合わせを行い、最高の映像ができました。
お父さん、妹よ、ありがとう!!!

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

プレ花嫁の皆様には結婚式の準備を始める前に「なぜ結婚式をやるのか」という所を新郎と一緒に真剣に話しておくことをお勧めします。

「ライブハウス」というテーマのもと、ゲストの皆様にTHANXの気持ちを伝えられるような結婚式にしたい!ゲストをわくわくドキドキさせるような!!これまでにないオリジナリティ溢れる結婚式をしたい!!!という強い想いを2人で共有し、約半年間準備を進めてきました。

こだわればこだわるほど、準備に時間がかかりなかなか進まない日々もありました・・(笑)
しかし、結婚式をおこなう意味や想いを初めから2人で決めていたので、挫折しそうな時がきても、その想いを思い出すことで前に進めました。是非、その想いを共有して大事にしてください!

また私達は福岡↔三重の遠距離で結婚式の準備をしてきました。時間を調整し、何度もテレビ電話をして2人で話し合いました。自分の考え、想いは伝えないと相手には伝わりません。コミュニケーションを密にして、2人の意見のすり合わせをするのは大切だなと実感しました。
この記事が遠距離で不安になっているプレ花嫁の方に少しでも勇気を与えるきっかけとなれば嬉しいです。

結婚式に向けて、2人のこだわりが実現できるよう、式場の皆様の力を借りて、最高の結婚式を実現させてください!!応援しています。

そして、結婚式準備からこだわりの強かった私達。カノビアーノ福岡のプランナーさん、スタッフの皆様は私達の理想を叶えるべく、最後まで寄り添い続けてくれました。全てのスタッフの皆様のご協力のおかげで私たちは、結婚式を執り行うことができました。どの方が欠けてもこんなに素晴らしい結婚式にはなっていなかったと心から思います。

■担当プランナーさん:初めてお会いした時から結婚式が終わるまでこのプランナーさんに担当についていただけて本当に良かったです。
常に「どうしたら私達のイメージ・コンセプトに沿った結婚式ができるか」を寄り添いながら考えてくださいました。例えば、演出の部分やスケジュールの組み立ての所などは私達では考えつかないご提案をいただいたので、よりゲストをわくわくさせる演出ができたと思います。結婚式までの準備もそうですが、結婚式当日のサポートも臨機応変に動きをかえたり、全体を見て指示をだしたりしていただき大変助かりました。

■音響関連のスタッフさん:音楽は私達の1番の肝でした。打ち合わせの際に、私達の疑問を解消するまで熱心に真剣にまっすぐ答えていただいたのは今でも覚えていますし、いつ思い出しても胸が熱くなります。当日は、本当に音響についてはいうことなしで、最後のLIVE演奏の照明も最高でした。おそらく何回も曲をききこんでいただき音響と照明をいただいたのだと思います。その姿勢に本当に感動しました。

■司会のスタッフさん:当日の臨機応変な司会、ご対応は本当にプロだなと感動しました。
形式ばった結婚式ではなく、ラフな結婚式がしたいと思っていた私達。
打ち合わせの際に「司会者っぽくない司会をして欲しい」という無理難題をお願いしたにもかかわらず、当日は最高の声とテンポで司会を行っていただきました。挙式と披露宴では本当に同じ人とは思えない、声のトーンや進め方で、主張しすぎず、しっかり聞こえる美声は、本当に素敵でした。