卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
4
TRUNK(HOTEL)
150人以下

チャペルの大きな扉が開いた時、来てくれたゲストの表情がとてもよく見えました!!
背の高い旦那さまも、ちゃんとチャペルに入れました(笑)

「おめでとー!!」って声を、近くで掛けてもらえて嬉しかったのと同時に
みんなの温かい拍手がチャペルに鳴り響き、それに包まれていたら
「あ…全然心配いらないや!!」っていう「安心感」が自然と湧きました。

ゲストとの距離が近いので、アットホームな感じ。

木の温もり、夜はライトアップされたチャペルが
とても綺麗で雨が降っていたおかげか
めちゃくちゃカッコよく写真を残せました!!

息づかいさえも聞こえる、生コーラスでの挙式ってのがポイントです。
とーーっても感動的で素敵でした♡

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
TRUNK(HOTEL)
150人以下

まずゲストの人数に合わせた披露宴会場が4パターンあり、会場の雰囲気も、それぞれに特徴があるので
どれを選んでも素敵でしたが…

ウェルカムフードに「BBQ」が提供できるという
「うわっ!!楽しそう!!」っとイメージが一気に
グッと湧いた「MORI 」の会場に即決しましたー!!
結局なんだかんだ、食べ物は大事です。

美味しい食べ物を目の前にしたら、みんなも笑顔になること間違いなし!!

新郎新婦の両ゲストたちが、BBQを食べながら
ワイワイ盛り上がってくれるのを想像しました♡

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

旦那さまは結婚式に呼ばれる機会が、とても多く…
さらに司会を頼まれることも、しばしば。

たくさん結婚式を見てきては、自分の結婚式を
今か今かと、夢見ていました(笑)

なので、自分たちの結婚式では「これは誰も体験したことないだろー!」「料理は今までで1番美味しい」「こんな結婚式もあるんだー!」っと、みんなの心に、ぐぐぅーーーっと刻まれる「初感動」を残したいと思っていました。

結婚式では「自分たちだけ」ではなく、ゲストや親族にも「感謝」を強く伝えたかったので結婚式を作るなかで、スタッフさんと、この結婚式に懸ける心意気やサービスの高さは、とても重要なポイントでした。

「サービス業をお仕事にしてる人あるある」だと思うんですが…
こういう目に見えない「心配り」「気配り」って、とても大切にしたいと思いますよね!!

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

何着かドレスを着ましたが、胸の大きさや身長、体型が、モロ外人体型のため、選択肢はマーメイドのドレス一択で、旦那さまはゲキ推しでした!!

年齢や親族のことも考え、あまり肌が露出したものではなく、サラッと大人の雰囲気を醸し出したもので。

ゲストの人数も考慮し、あまり広がったドレスはゲストの席と席の間を歩きたい時に大変なため、ストン♪としたものに。
もちろんスタイルが良く見えるものにしました!

ショップ
MIRROR MIRROR
シューズ

ブライダルシューズは悩みましたーー( ; ; )
探しに探してRandaのヒールに。
ヒール9センチ 色はゴールド
アンクルストラップ付きで歩きやすいものです。

ドレスがストン♪っとしたマーメイドだったので
シューズはゴテゴテした飾りは避けました。

ヒール部分にはキャップを付けて、ヒールの接地面積を広く大きくすることで歩きやすく、緊張して、ドレスを引っ掛けて破く心配を解消しました(笑)

ヘアメイクのポイント

お色直しをしないと決めていたので挙式、披露宴、中座後の3パターンでヘアーメイクは変身させて下さい!!っと熱く語りました(笑)

挙式では後ろ姿がメインなため、後ろからゲストが見た時、写真を撮る時に綺麗に写るように意識しました。

披露宴では、左側が新婦友人テーブルなので左にアクセサリーを付け、髪もアップにして表情が見えやすいように。 挙式よりも少し、ルーズに。

さらにだんだん赤や、オレンジを加えながら、印象を変えて、最後は「ビヨンセ」を意識して思い切ってパーマスタイルで!!

「即興」and「ノリ」で出来たトルネードの髪型にリボンを巻き付けて、秋の雰囲気を出し、後ろから見られても大丈夫なように手を抜きませんでした!!

アクセサリー

アクセサリーはイヤリングとヘッドアクセサリーのみ。
首元まであるドレスだったので、ごちゃごちゃ付けずにスッキリさせたかった!!

それにアクセサリーの位置が気になったり、変にアクセサリーがズレてしまった写真とかは残したくなかったので付けませんでした!!
Simple is Best.です。
不安だなーとか、心配が頭をよぎったら、その要素は残さないのが大事(笑)

ヘッドアクセサリー

ヘッドアクセサリーは浅草橋の「花嫁ロード」を一日中、歩きまわって色々試して、購入しました。
お店のおばちゃん達には、めちゃくちゃ相談しましたよ!!

背が低く、顔や頭が小さいのでドレスを着た時に
ドレスの華やかさに負けてしまわないように少し大きめのものをチョイスしました。
付ける位置も場面、場面で考えて、挙式や披露宴、中座後と、だいぶ印象が変えられました!!

浅草橋の花嫁ロードのおばちゃん達ありがとう!!

ネイル

ネイルは普段から仕事で出来ないので悩みました。結婚式が終わったら、すぐ仕事で、落とさなきゃいけない…ので仲良しのネイリストさんにチップを作って頂きました!!

あまり派手にせず、ミラーネイルでさり気なく左薬指にポイントを置きました。

これなら結婚式が終わってもチップを取っておけるので、お洒落したい日にはまた使えるし、これは作って大正解でした!!

メインで使った花や装花のテイスト

装花の打ち合わせは夜の22時をまわるほど(笑)
フラワーコーディネートさんと何度も繰り返しイメージを相談しました。
完成形は当日まで見られないですからね!!

ロングテーブル席をグリーンの蔦で繋いでもらい途中に白い花を。
ポツポツと途切れる感じにしたくなかったので
「こう…なんていうか…ガーーっと流れるような」
っという超アバウトなイメージを上手く汲み取ってくれていました(笑)

茶色の暖かい雰囲気の会場はそのまま残したかったので、あまりごちゃごちゃ色を使わずに。

私たちのメイン席の後ろには、勢いのあるパンパスグラスをプラス。

一気に元気よく飛び跳ねたような雰囲気に仕上がりました。

花瓶には水とキャンドルを浮かべて、ナイトウエディングらしさを活かしました。
照明を落としたとき、窓に映し出される、キャンドルの灯りは美しかったです!!

装花のポイント

バツン!ポツンとテーブルこどに途切れる感じではなく「みんな繋がってる」というイメージにしました。

丸テーブルも寂しくならないようにキャンドル多めに飾ってもらい、キラキラした雰囲気を。

そう。女の子はキラキラ♡に弱いのです(笑)

フローリスト

トランクホテル フローリスト八巻さんは
私たちのコロコロ変わるイメージにも
ガッツリ付いてきてくれて、すぐ絵に書き起こしては「こんな感じ!?」と意思の疎通が早かった!!

(Flower Noritake)さんを意識して試行錯誤してくださって、何度も相談に乗ってくれました!!
二次会のブーケも別にお願いしたほどの信頼感です♡

お料理のこだわり

何種類もある中から、一つを選ぶのは本当に難しかったーー!!
どれもこだわり抜いた料理だったので。

ただ「オシャレ」だけではなく、ゲストの年齢層も頭に入れました。

あれこれ手を加えたものではなく食材の良さをそのまま生かし、なおかつ披露宴会場の雰囲気に溶け込むものにしました。

私は当日…全然食べられなかったから、結婚式に呼ばれることがあれば、その時は全部食べたい!!

ウェディングケーキ

ケーキは何種類かあったんですがシンプルなものに。
そのかわり、ケーキの台に装花を加えて、ケーキ自体の可愛さは邪魔せず、でも寂しくないように演出。

ファーストバイトでは旦那さまにあげるケーキを我慢出来ずに食べちゃう♫っという演出をしたので、2度食べましたが……え??なにか??
甘くてとーーっても美味しかったです(笑)

引出物

結婚式の帰りって、飲んで疲れて、満員電車。
重たい引き出物を持って帰るって、あまり大きな声では言えないけど…本当に苦痛ですよね(笑)

それに、遠方からくる親族のことも考えてお家に届くようにしました。

親族や会社の方には少し高めのカタログギフト+バームクーヘン+卵かけ醤油など、日頃サラッと使えて、でも、こだわりの出汁に。

発注したところでは、前もって「どんな感じのものなのか」「どういった感じで家に届くのか」を試しに注文することが出来たので、「届けられる側」のイメージも想像しやすく、実際に食べて「よし!」っと確信を持って注文できました!!

プチギフト

普通の小さなクッキーとかはつまらないなーと思い(笑)
でもコストも考えて…コストコのマルティネリにしました!!

あまり重くないし、帰り道に喉が渇いたら、すぐ飲めるという(笑)

これに麻紐を付け、タグを付けたら まさに「リンゴ」これが110個も並べて置いてあった姿は可愛かった!!

結婚指輪

杢目金屋 オーダーメイド
素材選びから、色、形、刻印まで、全て一から全部考えました。

400年続く伝統技法で作る指輪で 一枚の同じ木目模様の板から作られた指輪が、まず繋がった状態で目の前に届きます。
これを2人でパキン!と分かち合うセレモニーがあって印象に残ってます。
繋がってた部分も痕跡として残して、そこにダイヤを付けました。

写真は磨く前の「繋がったまま」の貴重な指輪のお姿。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

実は全然緊張してなかった私!!

準備が終わって、これから「挙式」ってときに、親族控え室で両家全員の顔と拍手を聞いたとき、思わずグッときてしまいました。

「本当に集まって来てくれているーー!!」って。
嬉しかったですねー!!

挙式でもゲストの鳴り止まない拍手は温かく感じました。
こんなにたくさんの人に愛されていたのね!!

その場にいたスタッフさんも
「こ、こんなにずっと鳴り止まない拍手は珍しいですよっ!!」と驚いていました。

バージンロードは父と、ベールダウンは母が。
その時、兄が「俺の出番は無いのか…」っとポロっと言ったのを聞き逃さなかった私…

兄の出番はサプライズで「一緒に中座」してもらいました♡
のちに「あそこでお兄ちゃんの出番を作ったのには感動して泣いた」と父親に言われました。
やっぱり2人の結婚式だけど、感謝を伝えたいと思う基本は「家族へ」と思っていたので想いが通じたようで嬉しかった。

二人らしさとは

常にポジティブでいることより、気持ちよくネガティブになれる。
ネガティブを出せる環境やパートナーでいる方が健全だし、喜怒哀楽が感じられて人間ぽいよね。

カッコ付け過ぎて、嫌われたくなくて、相手に合わせ過ぎた結果、自分の気持ちを置き去りにしてきた2人が運命的に出会って分かったことは…

「自然体」ってこんなに心地良いのか!!ってこと。

それを活かして
謝辞、失敗しても、ドレス踏んで転んでも良いじゃん!!
ガチガチに固まるのは、いつもよりも、良く見せようとしてるからだね!!
「普段そんなんじゃないのにーー」って思われたくなかったしね。

旦那さまは一切、メモは用意せず、その時の、そのままの気持ちを話していました。 すごい…

逆に私は、文章力を生かしたかったので前もって
話す内容は全てメモを残しておきました。
うん、カンペってやつですね(笑)

2人の得意としてるところは生かし、苦手な部分はアドリブでカバーしあってました。本番に強いのね。

なにより!!旦那さまは感動屋さんなので
いつもよーーく泣くんですが…
この日は「思う存分、思いのままに、泣きたかったら泣いちゃえ」って言っておきました。

そしたら挙式は夜からなのに、朝から泣いてました。

嬉しかった参加者の反応

結婚式が終わったあとお正月に帰省したときのことです。
両親から結婚式の話をたくさん聞きました。
今まで色んな結婚式を見てきたけれど こんなに手厚く、温かいサービスは初めてだ!!っと感動してました。

親族の着付けの際も一つ一つ丁寧に きちんと順番に並べてあって
最後に草履を履く時、いつもは、あの硬い「鼻緒」の部分に悪戦苦闘していたようなんですが
柔らかーく揉んであり 鼻緒部分をグッと広げて慣れない着物姿でもスムーズに履けるようにしてあったことに感動してました。

披露宴のプロフィール映像、上映中にも

「ここからでは見えにくいですよね??
椅子をこちらに移動して見ましょう!!」

っと見やすい位置に座らせてくれたり 細かい心配りにとても感謝していました。

こんなことまでしてくれるなんて!!っと両親は大変喜んでいました。

私たちは、当日いっぱいいっぱいで「家族たちは大丈夫だったかな…」 っと心配していたので
あとから素敵なエピソードがたくさん聞けて、とても嬉しかったです。
両親が「披露宴で付いてくれていたスタッフさん(2人)のお名前」を知りたがっていたので
TRUNKHOTEL にも、この話を伝えたところ
しっかり名前を教えて頂きお礼を伝えられました。

ゲストからは「結婚式の料理に加え、ウエルカムフードにBBQ出てきたの初めてだよ」とか、こだわり抜いた部分がきちんと感動となって返ってきたことは嬉しかった!!

私にとって結婚とは

「旦那さまが真っ直ぐ帰ってきたくなるお家にする」

そのためには、身近な存在になったからこそ、この人に「幸せにしてもらおう!!」っと思うよりも 「幸せにしてあげたいと思ってもらえるような愛される女性」で居続けよう。
そのために日々努力が必要だったり、自分のご機嫌は自分で取ってあげるべきだなーって思いました。

そして、そこで作り出した「余裕」で旦那さまには、いつも笑顔で接してあげられるんじゃないかな…と思いました。
結婚しても「自分のご機嫌は自分で取る」「自分が何をしたら喜ぶのか」は自分が一番分かってますからね。

後悔していること

ゲストの人数を旦那さまに少し抑えて貰えばよかったかな。自分の友人たちのテーブルが少し遠く感じました…(T ^ T)

やりたかったけれど諦めたこと

ゲストとゆっくり話できる時間が欲しかった!!
110名と話したい!!っというのは、なかなか難しかった(笑)

写真を撮る時や最後にお見送りする時に少しだけ話せましたが、ちょっと寂しかったかも!!

↑たくさん話したいんです!!とか
「これだけは譲れないっす!!」ってのがあれば、プランナーさんに言っていいと思う。
トランクホテル は絶対何とかしてくれるよ。

節約のための工夫

節約のために、招待状などの、紙ものは別のところで注文。
文章を添削したり手間は掛かりましたがその分、節約になりました。

エンディングやアルバムなど、後に残るものにお金を掛けたかったので オープニング映像、プロフィール動画は「得意を売るならココナラ♪」さんに頼みました!!

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

「違和感」はやっぱり、あとになっても違和感だということ。
とにかく決めることが多くて、決断期限のリミットや金銭的な限度はあるものです。
でも、でも!!
自分の中に出た小さな「違和感」は絶対に見て見ぬ振りしないことです。

そして自分の意見や気持ちは伝えること。
伝える分には良いと思うの。
それが例え受け入れてもらえなかった…としても。
言う分には良いじゃん!!
相手はプロ。プロだから何でも相談するのは良いことなんだけどね。

でも自分の中で「どうしたいのか」を必ず芯をもつこと。 そうしないと…プロに「流される」よ。

あれー?? いつ間にかこんな感じ決まっちゃったけど私、本当にこれで良かったのかな…。ってね。

感じたら、すぐ言う!!相談する!! そして焦らない!!
最後の最後まで妥協しない!!
ストレスも溜まるだろうけど 喧嘩もするだろうけど、それだけ一生懸命ってことじゃん。
それだけ頑張ってるってことじゃん。

だから、たまには、ゆーっくりパックでもしながらお風呂に入る余裕を作ろう!!

甘いものだってガマンしないで食べても大丈夫(笑)
1日でガツンと痩せることもないけど 1日で太ることもないからね。

意識して休むこと。調子がいい時ほど、休むこと。
頑張り過ぎて体調崩して「休まされる」より
意識して休んだ方が絶対に良い。

2人で「あんなことで喧嘩したねー笑」って笑えるから!!

結婚式は本当に一瞬。
まじで、あーー!!もう一回やりたい!!ってなるよ。

当日はたくさんの人からチヤホヤされて、超絶気持ちいいです。

だから、これでもか!!ってぐらい思いっきり楽しんで来てくださいね♡