卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
グランドハイアット東京
100人未満

高級感と神聖さ、そしてぬくもりが共存したチャペルです。日差しの入り具合と新郎新婦だけに意識の向くつくりは素晴らしいです。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
グランドハイアット東京
100人未満
ボールルーム

グラハイのボールルームならではの圧倒的なスケールとラグジュアリーさを活かすために、ライティングや音響などの演出、スクリーン2面使用、装花などには是非こだわった方がよいかと思います。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

「ゲストを大切に」をテーマに、ゲストに安心して結婚式に参加してもらえるよう、何ができるか二人でよく考えました。

招待状送付時に、開催にあたり不安がないように感染対策を紹介した手紙を入れ、欠席でも構わないことをお伝えしました。

席配置にも注意して、人数を減らしテーブル同士の間隔を十分に確保し、アルコールジェルを新郎新婦側で全員分用意、ゲストには挙式時にマスク着用をお願いしました。新郎新婦両親には透明マスクを用意してお酌はなしで全卓挨拶をしてもらいました。

当日は披露宴受付や司会前にはアクリル板を設置、スタッフによる15分おきのドアノブの消毒、喚起のために歓談中はドアを開放してもらうなど、ホテル側とも連携をとってできる限りの体制を整えました。

また、ゲストに楽しんでもらうため、ブーケトスは女性が全員参加できるように自作のコスメブーケにしたり、プロフィールムービーにはなるべくゲスト全員を映すなどもしました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

WDは銀座クチュールナオコさんで、ディズニーウェディングドレスコレクションのシンデレラドレスを選びました。ディズニーファンではないですが、ラメの煌びやかさやラインの美しさ、上品ながらも迫力のある存在感に一目ぼれしました。

ショップ
GINZA COUTURE NAOCO
ドレス 2着目

CDも銀座クチュールナオコさんで、キヨコハタさんの鮮やかな青のグリッタードレスを選びました。会場負けしないドレス、且つオリジナリティのあるドレスを探しており、ライトが当たったり、動くとまるで天の川のように美しい輝きを放つところに、こちらも一目ぼれしました。

ブランド
KIYOKO HATA
ショップ
GINZA COUTURE NAOCO
シューズ

ドレスショップでセットのシューズを借りました。12cmヒールは最初歩くのにてこずりましたが、バンドも止めてもらって万全な状態で本番に臨みました。

ヘアメイクのポイント

外注でグラハイ花嫁に人気のブランシュさんという美容室にお願いしました。上品で華やか、そして洗練されたヘアメイクをお願いしました。メイクは、艶を重視、会場映えするものにしてもらいました。
また、HANANAさんというボディメイクサロンにお願いし、ラメ感のある肌質へと仕上がりを整えていただきました。

ヘアは、挙式はアップにしてプリンセススタイル、そして披露宴入場はそこから少し動きをだしてもらい、お色直しはボリュームのある毛量を活かしたポニーテールとイメージを変えてもらいました。

アクセサリー

WDでは小ぶりのイヤリングとキラキラのネックレス、CDではダイヤ型の大振りイヤリングのみで登場しました。

ヘッドアクセサリー

花嫁ならではということでWDではティアラ、お色直しはガラッと雰囲気を変えてキラキラのヘッドアクセとイヤリングにしました。

ネイル

フレンチネイルをベースに、指先の動きを綺麗に見せるため、キラキラなクリスタルの石を乗せてもらいました。ドレスの邪魔をしないようにデザインはシンプルめにしました。

メインで使った花や装花のテイスト

会場のイメージが豪華・上品・洗練だったため、ダークブルーの会場と相性の良い、パープルやピンク、深い赤色などのお花でそろえてもらいました。

装花のポイント

お花の種類に強いこだわりはなかったのですが、とにかくゲストに会場にいる時間を楽しんでもらうため、ハンギング装花をセットしたり、スクリーンの見やすさや配置も考えながら、4パターンほどのテーブル装花をキャンドルとともにそれぞれ用意しました。

フローリスト

ufloaristというグラハイのショップさんです。

お料理のこだわり

ゲストに喜んでもらえるよう、マグロの前菜~メインは牛フィレのコースにしました。妊娠中のゲストの食事を気を付けるのはもちろん、魚介類がNGのゲストにも別のコースを提供するなどしました。

また、8月に誕生日を迎えた方にはプレートを用意しました。グラハイはお料理が大変美味しいので、ゲストにも大変好評でした。

ウェディングケーキ

グラハイお馴染みの3段ケーキにしました。
チャペルをイメージしたデザインになっています。お互いの両親にも楽しんでもらえるよう、お手本バイトをしたり、新郎へのバイトは流行りのビッグスプーンで行ったりと、演出を加えました。また、シーンごとにすべて曲を変えるなど細かい点にもこだわりました。

引出物

上司や親族、男性友人ゲストや夫婦ゲストにはコペンハーゲンのお皿やペアマグセット、リーデルのグラスなど/女性友人ゲストにはローラアシュレイのレンジ容器4点セットなど。

縁起物は鰹節などの和食材セット、引菓子はkihachiのバームクーヘンにしました。引き出物はゲストからも好評でした。

プチギフト

ソラン・デ・カブラスというレアルマドリード公認のお水にしました。夏場且つ飲酒後ということで水分補給をして頂きたかったので、自分たちで用意したものをホテル側に冷やしてもらい、ゲストにお渡ししました。紐結びやシールタグ付けを、母と主人と3人で頑張ったことがいい思い出です!

婚約指輪

BoucheronのBelovedというリングです。

結婚指輪

BoucheronのGodronというリングです。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

何よりも何事もなく無事に結婚式が挙げられたことです。
コロナ禍での結婚式、開催有無やあらゆるケアに、夫婦ともども思い悩む毎日でしたが、両親たちやたくさんのゲストからの「当日楽しみにしているからね」という励ましの言葉が原動力になり、最後まで準備を頑張ることができました。

また、臨機応変でいつでも私たちに寄り添ってくださったプランナーさん、当日会場の雰囲気に華を添え抜群の安定感で式を進行してくださった司会者さん、完璧なタイミングでライティングや曲導入をしてくださった音響さん、短時間で素敵なアレンジを見せてくださったヘアメイクやボディメイクの方々など、プロの皆さんの神業にも感動しました。

二人らしさとは

「思いやり」でしょうか。
ゲストの顔を一人一人思い浮かべながら準備を進めたこと、お互いに仕事もありながら支えあって協力してきたこと、ゲストそしてその場に来れなかった方々から私たちへ色々なサプライズや祝電を送ってもらえたこと。両親が祖父母に代わって内緒で送ってくれた祝電、新郎新婦お互いへのサプライズ。すべては「思いやり」が詰まった式だったと思っています。

嬉しかった参加者の反応

「お互いを思いあう結婚式で心から感動した」「今まで参加した結婚式の中でも一番感動したし、たくさんの配慮や美味しい料理、演出なども素晴らしかった」「この状況で大変だっただろうにすべて完璧だった」「自粛中で会えなかったみんなにも会えて嬉しかった、挙げてくれて本当にありがとう」などと多分に褒めていただき本当に嬉しかったです。

私にとって結婚とは

長い人生を笑いながら、支え合いながら一緒に歩んでいくことだと思います。
素敵なご縁に巡り合えたことに心から感謝しています。

節約のための工夫

手作りできる箇所は自分で作成するようにしました。
顔合わせ・前撮り時の小物類や、ウェルカムスペースのグッズ、会場に投影するスクリーンロゴ、プロフィールムービー、フラワーシャワーの用意、ブーケトス用のコスメブーケ、結婚証明書、配布用アルコールジェルの包装、プチギフトの包装などできる範囲でなるべく夫婦や家族で自作するようにしました。
母がサプライズで作ってくれたリングピローは、今でも大切に毎日使っています。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

コロナ禍で結婚式準備を前向きに進めることに不安を持たれている方も多いと思います。ですが、しっかりとした対策や情報共有をすることで、お二人そしてご家族の、ゲストを大切にするお気持ちはきっと皆さんに伝わると思います。

グランドハイアット東京はプランナーさん、音響さん・司会者さん・装花スタッフさんやキャプテン介添さん全てがプロフェッショナルで、お食事も美味しく会場も本当に素敵な式場です。検討中の皆さまにもとてもおすすめです!

私たち夫婦の出会いの場でもあるグラハイで結婚式を挙げることができ、またさらに、かけがえのない大切な場所になりました。

ご夫婦で力を合わせ、是非お二人の幸せパワーでゲストのみなさんの心を明るくしてください♡