卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

kinakomiho0723

kinakomiho0723さんのプロフィール写真
「le lien」フランス語で繋がり・縁という意味があります。
2人が出会って結婚するまでもご縁を感じることが多くありました。結婚式場を決めた時もプランナーさんとのご縁を感じ、shozanに決めました。

そのような縁を大切にしたいという気持ちを込めて、le lien というテーマのもとゲストのことを第一に考えるようにしました。
京都府 / 北大路駅
SHOZAN RESORT KYOTO(しょうざんリゾート京都)

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
shozan resort KYOTO ノベルヴィラガーデン
50人未満

shozanのノベルヴィラガーデンでは、ガーデン挙式をすることができます。
どんぐりの木が目の前に、奥には可愛い煉瓦の時計台があり、絵本のような、フランスの田舎のお家のような、アンティークでナチュラルな素敵な庭です。作り物ではない本物の大自然に囲まれてできる挙式は写真も素敵で、とても気持ち良いです。

もし当日、雨が降ってガーデン挙式ができなくても、室内にも木でできた温かみのある素敵なチャペルがあるので安心です。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
shozan resort KYOTO ノベルヴィラガーデン
50人未満

披露宴会場は木でできた2階建ての吹き抜けで、温かみや開放感があります。こちらも、煉瓦と木で出来ており、アンティークでお洒落な建物です。高砂の後ろの窓から見える四季折々の自然の景色も素敵です。

友人との1.5次会では、この会場の良さを生かして吹き抜けの2階からの紙飛行機飛ばしや、宝探しなどのゲームを楽しみました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

コロナ対策と来てくれたゲストへのおもてなしです。
このコロナ禍の中集まってくれた親族友人に来てよかった!と思ってもらえるように、工夫しました。

親族は年配の方も来て下さる予定だったので親族と友人を分け、さらに友人ゲストが多かったので友人をグループごとに半分に分けました。親族と挙式披露宴→友人と1.5次会①→別のグループの友人と1.5次会② という3部制にして、一回の会での人数が減るようにしました。これで、密は回避できたのでは無いかと思います。特に高齢の親族は、安心だったかなと思います。

また、一人一人に手作りのマスクケースを布で作って席札にしたり、座席番号とゲストの名前が書かれた消毒液を受付で渡したりして、式後も使ってもらえるようにプレゼントしました。

ウェルカムフラッグや、コッパースタンド、ペーパーアイテムや映像系も手作りをして、細部までこだわりました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ザトリートドレッシングで購入したジェニーパッカムのアパッチです。
なんと言っても繊細なビジューがとても素敵でした。シルエットはスレンダーで、長袖のレースの袖がたぷっとしていてとても可愛いドレスです。shozanの会場にもぴったりでした。

ブランド
Jenny Packham
ショップ
THE TREAT DRESSING
和装 2着目

2着目はお色直しでshozan提携のTOP weddingで白無垢をレンタルしました。真っ白ではなく少し生成色で、刺繍が可愛かったです。旦那さんはタキシードをレンタルし、白無垢×タキシードで大正ロマンのような雰囲気がでるようにしました。洋館ですが、アンティークなshozanに白無垢タキシード、すごく合っていて可愛かったです。

スタイル
白無垢
シューズ

ウェディングシューズは、マルジェラの足袋バレエにしました。
背は162センチと少し高めなこともあり、スレンダードレスにぺったんこ靴でちょうどよく、見栄を張らない自然でラフな感じがとても好きでした。1日長かったですが、この靴のおかげで楽に過ごすことができました。足袋バレエは式後もたくさん履いています。

ヘアメイクのポイント

メイクはあまりこだわりは無く、似合うようにメイクして頂きました。
挙式の時のヘアセットは、縦に長めのシンプルシニヨンに。お色直しでは白無垢タキシードの大正ロマンな雰囲気に合うように、フィンガーウェーブをしてもらいました。

友人との1.5次会で1着目のアパッチをもう一度着た時には、ふわふわした雰囲気のポニーテールに金箔をつけました。髪の毛の量が多いことを活かして、ポニーテールは2段に!前髪はくるんっと短く!人とは少し違う、素敵なヘアセットをしてもらいました。

アクセサリー

挙式の時はトリートドレッシングでレンタルしたシンプルな3連パールのイヤリングのみを着けました。
披露宴の時にイヤリングから購入したfio da aranhaのオルテンシアシリーズのゾッコロというピアスに付け替えました。左右非対称で片方が大振りなピアスでお気に入りです。揺れるとカラカラと可愛い音もして、その音もお気に入りでした𓂅

お色直しの白無垢ではフィンガーウェーブにアンティークゴールドのヘアアクセ、ブーケに合わせてニュアンスカラーに染めた生花の胡蝶蘭をつけてもらいました。

1.5次会のときは、敢えてヘアアクセは付けず、金箔のみにしました。レンタルしたフェザーイヤリングをつけようとしましたが、髪型がふわふわした感じで十分可愛かったので、ごちゃごちゃするなぁ、と思いフェザーイヤリングをやめて披露宴で付けたゾッコロピアスに替えました。

ヘッドアクセサリー

挙式は敢えてなにも付けませんでした。
ベールをザトリートドレッシングのギャザー無しのものにしました。

白無垢ではザトリートドレッシングでレンタルしたアンティークゴールドのヘアアクセとニュアンスカラーに染めた生花の胡蝶蘭をつけました。

1.5次会②では金箔をつけてもらいました。

ネイル

ニュアンスネイルでアクセサリーに合わせて爪先はゴールドに。右手と左手のデザインを変え、右手はマグネットネイルにしてもらいました。

メインで使った花や装花のテイスト

花屋で働いていたこともあり、花には詳しかったのですが、花の種類にこだわるよりも色味をこだわり、花の指定は敢えてしませんでした。

装花のポイント

アンティークなくすみピンクの色合いで、花器はアンティークゴールド。あとはお任せして全体をまとめてもらいました。打ち合わせ時間はあっという間でしたが、花瓶や小物もイメージ通りで凄く可愛く、センスある装飾をして下さいました。

フローリスト

バルフロール 石倉亜希子さん

お料理のこだわり

両家顔合わせより先に式場を決めたので、顔合わせはshozanで行い、料理の試食を兼ねて両親に決めてもらいました。
1番上と真ん中の値段のコース料理を食べ比べ、美味しい!と思った方の料理をそれぞれ出してもらい、組み合わせました。

ウェディングケーキ

最近流行りの円柱型のケーキはフェイクケーキで、生花がケーキに乗っていたりするのもそのまま捨ててしまうと聞き、もったいないなぁと感じ理想の形は諦めましたが、パッとみて美味しそう!と思えるいちごのケーキにしました。

引出物

引き出物類は両親と話し合って決めました。
引き出物はカタログギフトにして、それぞれご祝儀に合わせ、金額に差をつけました。引き菓子は大好きなマールブランシュの抹茶ラングドシャ。祖父母や叔父叔母へは、バウムクーヘンにしました。縁起物は共通して鰹節です。

プチギフト

プチギフトは近所の大好きなmarietfemmecocoというお店で焼きモンブランを頼み、持ち込みました。味も美味しく、ラッピングもセンスがありとっても可愛いプチギフトにしてもらいました。

友人との1.5次会では、会費制なのでプチギフトの代わりに焼き菓子のセットを作ってもらい、引き菓子にしました。こちらもどれもとってもおいしく、可愛いかったです。

婚約指輪

婚約指輪は、アトリエタマリというお店でオーダーして作ってもらいました。ツヤツヤピカピカした、ザ、婚約指輪!のような指輪はあまり好きではなく、自分で選ばせて貰いました。

中々販売しているリングの中で、これ!というリングには出会えず、オーダーメイドで作ってもらえるお洒落なアトリエを探し、理想通りの婚約指輪を作ってもらいました。質のいいダイヤモンドをアンティークゴールドのリングへ、ヘアライン加工をしてもらい、マットな質感で普段使いもしやすい可愛い指輪です。

ケースもタマテパコというショップの皮と真鍮でできたもので、味が出てきてより可愛いです!

結婚指輪

結婚指輪も同じアトリエタマリでオーダーしました。
旦那さんはシンプルなシルバーのリングで私は好みの色だった、k18ゴールドイエローのリングで小さなダイヤモンドを入れてもらいました。こちらもヘアライン加工を入れてもらい肌馴染みのいいマットな質感にしてもらいました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

家族が私の晴れ姿を見て涙してくれたことです。お色直しの入場でも号泣しているくらい...。笑
娘は私だけなので、ウェディングドレス姿、白無垢姿を見せることができて良かったです。家族みんなに愛されてここまで育ててもらったとより実感できました。

二人らしさとは

2人とも雰囲気が似てると言われます。穏やかでふんわりとした雰囲気の2人なので、詰め込みすぎず、ゆったりとゲストと話す穏やかな時間を大切にしました。

ほのぼのとしていますが、好きな曲は2人とも邦ロック!フェスに行って歌い踊ったりもします。1.5次会では、セットリスト!と言いながら歓談用のCDを作り、そのCDをかけながら結婚式準備を進めていました。

嬉しかった参加者の反応

年配の親族は、はじめホテルでの結婚式ではないことに難色を見せていたのですが、今まで行った結婚式で1番良かった!!2人らしい結婚式やったねと言ってもらえ、自分たちがしたかった結婚式の形を認めてもらえたようで嬉しかったです。親族と友人を分けたことで、親族が遠慮することなく、たくさん写真を撮ったりゆっくり話をしたりできたことも好評でした。

友人からは、お洒落で可愛くて楽しい結婚式やった!!と言ってもらえました。また、手作りしたマスクケースや持ち込んだ引き菓子が美味しかった!!と喜んでくれた人がたくさんいて嬉しかったです。

私にとって結婚とは

大好きな人と一緒に居られること。
仲良しな私たちですが、家にいる時は基本違うことをして過ごしています。でも結婚式の準備など、一緒にすることがあればお互いの得意なことを活かして一緒にがんばる、家事も同じです。無理をしないその空気感が心地よくてとっても好きです。

後悔していること

ケーキのデザインがしっかりと決めきれなかったことです。時間もなく投げやりなってしまったと後悔しています。

後は、プロフィールムービーが思ったよりも時間がかかってしまったこともあり、手作りのものが理想通りにまで出来なかったことです。ムービー系はお早めに!!

やりたかったけれど諦めたこと

コロナが中々終息せず、やりたかったデザートビュッフェが出来なかったことです。
結婚式クラスターが式のちょうど3ヶ月ほど前に他の式場で発生し、規制も厳しくなりましたが、いろいろと工夫したうえで、できたのかもしれません。少し悔しいポイントです。

節約のための工夫

節約のために装飾で使う物は、たくさん持ち込みました。ガーデン挙式での木にかけた布や、高砂のLEDキャンドル、ゲストテーブルに置いたフェザーや花瓶、キャンドル、キャンドルホルダー等、お花屋さんに頼むことも出来たのですが、費用を抑えるために自分で探し、持ち込みました。

shozanでは装飾に使う物は持ち込みokでしたので、できる限り華やかになるように工夫しました。

また、ペーパーアイテムやオープニングムービー、プロフィールムービーも自作して費用を抑えました。時間はかかりましたが、費用を抑えただけで無くオリジナルの納得のいくものが作れたので自作してよかったと思います。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

会場を決める前に人数とここは譲れない!というところをしっかり考えて行くといいと思います。私の場合、式場の外観や雰囲気で決めたのですが、ドレスは着たいドレスがあったので持ち込みたいことを最初に伝えました。後々契約してから言うよりもお得になると思います。