aya.20240316さんのカバー画像
aya.20240316さんのアイコン画像

aya.20240316

お互い京都の出身ではなく、遠方からのゲストが多かったので、ゲストに「来てよかった」と思ってもらえることを1番に考えていました。

せっかく来たのにあまり話せなかった…ということがないように、ゲストと一緒に楽しい時間を過ごす、というイメージで式の準備を進めていきました。

マリアージュ グランデ(MARIAGE GRANDE)に決めたポイントは、京都駅直結徒歩1分というこれ以上ないアクセスの良さと、天気に左右されずに式が挙げられることです。

新幹線の改札を出てすぐのところにあるので、ふだん田舎で生活している父母も迷子にならずに来れたようです。

また、二次会はとくに設定していませんでしたが、駅の近くで式後に飲みなおしている友達が多くいて、そこに新郎新婦が飛び入り参加できたことも良かったです。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2024-03-16
マリアージュ グランデ(MARIAGE GRANDE)
70人以下

他の式場にはない演出がたくさんできるチャペルです。

ガラス張りのバージンロードはクリスタルが敷き詰められていて、ライトで自分たちの好きな色に光らせることができます。

花嫁のベールダウンをスクリーン越しにシルエットで演出することができ、これがゲストにとても好評でした。

ゲストとの距離が近く、入退場の際には一人一人の顔をしっかり見ることができます。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2024-03-16
マリアージュ グランデ(MARIAGE GRANDE)
70人以下
GLOVE

式場の中で1番大きなGLOVEという会場は、本当に素敵で見学の際に「ここで結婚式したい!」と2人で惚れ込みました。
天井が高く開放感があり、入った瞬間に「うわぁ」と感動するような会場です。

リニューアルの際にヨーロッパから取り寄せたというレイモンド照明は、大きくてまんまるなフォルムが花火のようで、写真で見るよりもずっときれいです!
どこから写真を撮ってもきれいな照明が映り込むので、映える写真ばかりでした。

照明だけでなく音響の設備もしっかりしていて、実際に照明が音楽にあわせて光る様子を見た時は鳥肌がたちました。

また大きな階段を使用した入場ができます。
ドレスが綺麗に見えますし、照明とスポットライトで華やかな登場シーンになりました。
スポットライトを浴びながら入場した時の高揚感は忘れられません。

そして素敵な照明と音響はもちろんのこと、備え付けの装飾がおしゃれです。ブラウン基調でグリーンの装飾やアンティーク小物が多く置いてあって、落ち着いていながら豪華な雰囲気でした。

会場は本棚に囲まれているのですが、ひとつが隠し扉になっており、お色直し入場でゲストを楽しませることができます。

コンセプトやこだわったこと

ゲストに楽しんでもらうことにこだわりました。

2人のことをよく知ってもらえるように、オリジナルのプロフィールブックはかなり手の込んだ内容にしました。

また、ゲストの乾杯あいさつやスピーチは一切なしにして、とにかく楽しんでほしい!というメッセージをオープニングムービーや乾杯前の挨拶で伝えました。

さらに披露宴中は、ゲストと一緒に写真を撮る時間や、自由に会話できる時間を多めにして、一人一人とコミュニケーションをとりました。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

ブランド名:Ballerina for Bloom

品番BLD-00035-01をマリアージュ グランデ(MARIAGE GRANDE)の会場にあわせデザインをアレンジされているとのことでした。
つまり、こちらでしか着られないドレスです!

身頃はタイト、スカート部分はチュールたっぷりで大きく広がるプリンセスライン。
シンプルながらボリュームがあって存在感のあるドレスでした。
第一印象で選び、着た瞬間に「これがいい♡」と口にしていました。
運命の1着だったと思います。

SECOND DRESS
ドレス 2着目

ブランド名:charm(チャーム)
品番:SIC0180

3種類のスリーブから選ぶことができ付け替えが可能ですが、私は袖なしで着用しました!
チュール生地のウェディングドレスと雰囲気を変えたいなと思っていたので、サテン生地であることが決めてのひとつになっています。
また珍しい色味で大人っぽく、なおかつブラウン基調の式場に映える色だと思い選びました。

ゲストからはスポットライトが当たると金色に見えたようで「ゴールドのドレス似合ってる!」と言われて嬉しかったです!

SHOES
シューズ

式場のものをレンタルしました。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

透明感と多幸感のある花嫁が理想だったので、ツヤ感のあるベースメイクにコーラルピンク系のアイシャドウをあわせています。

ウェディングドレスのときは、ベールが映えるローシニヨンにしました。流行りのヘアスタイルもやってみたくて悩みましたが、何十年か経って見返しても「きれい」と思えるのはシンプルなシニヨンだと思いました。

披露宴入場ではヘアスタイルはそのまま、ピアスのみ変更して雰囲気を変えています。

お色直しはキャメルのドレスにあわせて、オレンジ系のアイメイク+リップにしていただきました。
ヘアはふわふわのアップシニヨン+リボンでウェディングドレスとのギャップを出しています。

ACCESSORIES
アクセサリー

挙式の時は大きめのパールピアスをつけました。

披露宴入場ではドレス・ヘアスタイルはそのままで、ピアスのみ華やかで動きのあるものに変えています。
ヘアチェンジも考えましたが、ゲストをお待たせする時間が長くなるのは申し訳ないと思ったので、ピアスで雰囲気を変えました。

お色直しではベロアリボンをヘアスタイルの主役にして、ピアスは少し控えめで大人っぽいイメージにしました。

ウェディングドレス、カラードレスともにネックレスは使用していません。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

挙式時はベールが際立つように、ヘッドアクセサリーはつけませんでした。

お色直しには、動いたときに揺れて存在感があるものがいいなと思い、ベロアリボンを合わせました。

NAILS
ネイル

ベージュピンクのネイルにパールをあわせたシンプルなネイルです。
手指が綺麗に見えるデザインにしていただきました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

担当は式場提携の桂花園さんです。

グリーンを多めでホワイトベース、オレンジ系のお花をアクセントに入れてほしいとお願いしました。

ゲストテーブルには春らしさを出したかったので、チューリップ、スイートピー、ポピーなどのお花の種類を指定して、動きがある感じでお願いしています。

ざっくりと希望を伝えましたが、カタログで見せてもらったどのお花よりも好みのデザインでした!

FOOD
お料理のこだわり

お料理は見学時に試食して美味しいことがわかっていたので、スタンダードなコースでお願いしました。

ワイングラスで出てくる「日本のコンソメ」というお料理があったのですが、これが本当に美味しい!
お出汁の味で京都らしさも感じられますし、ゲストも「こんなの初めて飲んだ!」と写真を撮っている人が多くいました。

また、披露宴中お腹がすいてしまったのですが、なかなか食べる時間がありませんでした。
このスープはゲストとの会話の間にさっと飲みやすかったので、花嫁としても嬉しかったです。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

ありきたりなケーキにしたくないなと思い、カップケーキタワーにしました。

ゲストの方に好きなものを選んで楽しんでもらえるよう、ブルーベリー、チョコ、マカロンの3種類のカップケーキを作っていただいています。

ケーキカットの代わりに、大きなカップケーキに2人でブルーベリーをのせて、その後新郎新婦が同時にかぶりつくという演出をしたのですが、思った以上に盛り上がりました。

WEDDING FAVORS
引出物

遠方からのゲストの荷物にならないように、全てカードタイプのギフトカタログにしました。

封筒一つで済むので持ち帰りが楽になってよかったと思います。
相手によって金額を変えて贈りわけをしました。

PETITE GIFTS
プチギフト

ロハコウォーターにオリジナルのラッピングをして贈りました。
好き嫌いもアレルギーも関係なく、お酒を飲んだあとはお水を飲みたくなるだろうなと思って選びました。

WEDDING RING
結婚指輪

CRAFYでオリジナルリングを作成しました。
制作から完成した指輪が届くまでは1ヶ月くらいでした。
こだわりポイントは下記です。

・毎日つけるものなのでお互いに似合う色

・ミルグレイン
ミルは千の粒、永遠という意味があるそうです。

・手彫りハート
2つの指輪を合わせると内側にハート型があらわれるように、自分たちで彫りました。

・文字入れ
自分たちの好きな言葉を彫ってもらいました。

・双子ダイヤ
もともと一つのダイヤを2つにわけ、それぞれの指輪に入れこみました。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

当日チャペルでゲストの顔を見た瞬間がぐっときました。
私たちはお互いに地元を離れて京都で出会い結婚したので、遠方からのゲストばかりでした。
たくさんの人が自分たちをお祝いするためにはるばる京都まで来てくれたんだということを実感して、とても嬉しかったです。

もっとも感動したのは、親への手紙を読んで記念品の体重米を贈呈した時です。
普段伝えられない気持ちを文章にして伝え、自分たちが赤ちゃんの時の顔写真がついたお米を抱いて喜ぶ親の顔を見て、結婚式をあげてよかったと心から思えました。

二人らしさとは

私たちは大好きな人ばかりをゲストに呼んでいたので“みんなと一緒に楽しい時間を過ごしたい”という気持ちを強く持っていました。
そのため楽しい1日になるように…と二人で一緒に考えて、音楽を選んだり演出を準備しました。

当日はゲストがリラックスして楽しんでいる様子が見られてとても嬉しかったです。
もし一人で準備していたら、こんなに楽しい式にはなりませんでした。
二人で同じ気持ちを持って一緒に準備したことで、二人らしい結婚式ができたんだと思います。

嬉しかった参加者の反応

「楽しかった」という感想だけでなく「二人が楽しそうで嬉しかった」という感想も沢山いただきました。

当日緊張せずに二人でいるときの雰囲気のまま式を楽しむことができたことと、それがゲストに伝わったことが嬉しかったです。

私にとって結婚とは

生活そのものは同棲していた時と大きく変わらないのですが、ふとした時に結婚指輪を見ると嬉しくなります。
自分は1人じゃないと感じ、穏やかな気持ちになります。この気持ちはこれからも人生の様々な場面で支えになると思います。

結婚式は夫婦のお守りとよく言いますが、想像していた以上に素晴らしい思い出になりました。
準備で自分たちの生い立ちを振り返りながら当日を迎え、こんなに沢山の人に支えられ愛されて生きている自分たちは本当に幸せだと改めて感じることができました。
今でも「楽しかったね」「結婚式をしてよかったね」と話しています。

結婚を決めた時、結婚式をしないという選択肢もありましたが、考え直したきっかけは「結婚式するの?」という親の一言でした。お互いに長男長女だったので、子供が結婚式をあげるという経験を親にさせてあげたいという気持ちがでてきました。

自分たちの結婚を沢山の人に祝福してもらえているのを間近で見てもらえたことは、育ててくれた親やお世話になった方への恩返しのひとつになったのではないかと思っています。

後悔していること

ウェディングドレスのボリュームが凄すぎて、最後まで上手に歩けなかったことです!試着のときは数mしか歩いたことがなかったので、慣れないまま本番を迎えました。
入退場のたびに、歩けない!進めない!と笑ってしまう姿が映像にしっかり残っています(笑)

普通に歩くと裾を踏んでしまうので、キックしながら足を出すといいそうです。
美しい花嫁姿を見せたい、カッコよく歩きたいという方は、挙式披露宴までにドレスを着用した歩行に慣れておくことをお勧めします。

やりたかったけれど諦めたこと

高砂テーブルをなくしてソファを置きたかったのですが、予算を確認すると予想以上に高くて、それなら他のところを豪華にしたいな…と思い諦めました。

ソファ席に憧れたのは、チュールスカートが可愛いドレスを見せたかったのと、ゲストとの距離が近くなりそうだったからです。
予算が高くなる理由は、テーブルがなくなるぶんの装花が増えるから、ということでした。
テーブル+チェアでも、ドレスの写真は沢山撮ってもらえましたし、ゲストともコミュニケーションがとれたので、今となっては良かったかなと思っています。

節約のための工夫

ペーパーアイテムとムービー系はできる限り手作りして持ち込みました。

LEDキャンドルやミラープレートなどの装飾品は式場でレンタルすることもできましたが、メルカリで買って持ち込み、使用後に売却することで自己負担を減らしました。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

結婚式をしないという選択肢もあります。それでもやりたいと思ったら、絶対にやった方がいいと思います!

また、なぜやりたいのか?をハッキリさせると理想の式に近づきやすくなると思います。
準備は大変なこともありますが、それも含めて一生に一度の思い出になりますよ♡
無理はせず、楽しみながら、大切に結婚式までの時間を過ごしてほしいなと思います。

私たちが選んだ式場、マリアージュ グランデ(MARIAGE GRANDE)は結婚式のための施設なので、スタッフの方が皆さん経験豊富で、ホスピタリティが高い!

とくにプランナーとして担当してくださった方は、何から準備したら良いんだろう?と右も左もわからない私たちを一歩ずつ導いてくださり、私たちの希望や要求を優しく引き出して応えてくださいました。
打ち合わせも毎回本当に楽しくて、時間が経つのがあっという間でした。

当日、不安なことや心配なことがほとんどなかったため、式当日は一瞬一瞬に集中して、自分たちが想像していた以上に楽しく素敵な時間を過ごすことができました。

遠方からのゲストが多かったので、参列の方々に「来てよかった」と思ってもらえることが当初より最大の目標でした。
そして式後、多くの方から「楽しかった」「素晴らしい式だった」「写真や動画を何回も見ている」と感想をいただくことができました。
ゲストの方からメッセージをいただくたびにとても嬉しく、ここで式を挙げてよかったと思っています。

私たちがこのように素晴らしい結婚式をあげることができたのは、マリアージュ グランデ(MARIAGE GRANDE)のスタッフの皆様ひとりひとりのおもてなしの心があってこそです。
こちらで式をあげることができて本当に良かったです。

予約制ですがランチやディナーも提供しているそうなので、記念日などでぜひ利用したいなと思っています!

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
2022~23花嫁必見【冬婚】レポ特集
自由×開放感!アウトドアウェディング集
一流のおもてなし ホテルウェディング集
ステンドグラスが魅力!大聖堂チャペル特集
伝統×おしゃれ 和モダンウェディング
リラックス&アットホーム 少人数ウェディング集
洗練された気品 大人ウェディング集

エリアから探す

スタイルから探す

LINEウェディングニュース相談カウンター
担当アドバイザーが結婚準備をサポート
何も決まっていない方でも大歓迎
無料相談受け付け中♪
ウェディングニュース相談カウンター
マイレポイメージ

あなたもマイレポを作りませんか?

ウェディングニュースのマイレポで、
あなたの大切な結婚式の記録を残しましょう♡
あなたの経験が次の花嫁の力になります。

保存するには登録が必要です