卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
クラシカ表参道
100人以下

チャペルが本当に素敵なのですが、当日のハープの生演奏が想像以上に素敵で、感動しました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
クラシカ表参道
100人以下

外が竹の生えた庭になっていますが、内装は洋風なので、和装にも洋装にも合うと思います。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ドレスやブーケ、装花、ペーパーアイテムなど、テイストを合わせて雰囲気をつくりました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ショップ名:マリアラブレース
真っ白ではなくアイボリーがかったカラーが、自分の肌には映えたように感じました。
トップの繊細なケミカルレースがとても好きでした!

ドレス 2着目

ショップ名:マリアラブレース
パステルカラーではないドレスを探していて、一目惚れしたドレスです。背中から裾までくるみボタンがついているところや、スカートのシルエットなど細部まで大好きです。

ドレス 3着目

トップがタイトで、スカート部分がデザイン性が高いのに派手過ぎない所が気に入っています。
なかなか見ないデザインや素材だったので、二次会用のドレスですが1番に決めてしまいました。

シューズ

Esperanzaで購入した、ゴールドラメの12cmヒールです。ジミーチュウなども試着しましたが、長時間履いても痛くならなそうな履き心地に惹かれて購入しました。

ヘアメイクのポイント

ヘアメイクは、担当スタイリストさんとリハーサル時に沢山相談して、こだわって頂きました。
挙式と披露宴はゆるさを出したの高めシニヨンで、姉手作りのかすみ草を模したヘッドパーツをつけました。
挙式と披露宴で、ヘッドパーツのつける位置を変えてもらいました。 カラードレスのときは、エクステをつけて長さを足した、下めポニーテールで、お花とかすみ草のヘッドパーツを結び目に飾ってもらいました。
二次会の時は、大きなヘッドパーツに合わせて下めのゆるいシニヨンです。
メイクは、ウエディングドレスではコーラルリップ、お色直しではアイシャドウにゴールドラメを足して、ドレスに合わせたワインピンクのリップに。二次会では、少しモードにしたかったので、アイラインを足してもらい、リップは深めのボルドーにしてもらいました。

アクセサリー

挙式は1粒パールのイヤリング、披露宴ではキャトルズのかすみ草イヤリングをつけました。
お色直しではゴールドのタッセルイヤリングで、二次会では大きなヘッドパーツのみでイヤリングやネックレスは一切無しにしました。

ヘッドアクセサリー

挙式披露宴では、姉に作ってもらったかすみ草モチーフのヘッドパーツをつけました。
お色直しでは、新郎のブートニアに使った造花の残りに、かすみ草ヘッドパーツを足して飾ってもらいました。二次会では大きなシルバービジューのヘッドパーツです。

ネイル

ゴールドラメの塗りかけフレンチと、ポイントでボルドー系のカラーでお花を右手の中指と左手の人差し指に1本ずつ描いてもらいました。

メインで使った花や装花のテイスト

装花は、ナチュラルながらも冬感を出したかったので、松ぼっくりや赤い実、かすみ草、松の葉っぱ、綿花を使いました。
高砂装花のみ、真ん中が黒で花びらが白いガーベラを使用しています。高砂装花は、テーブルに平坦に盛るのではなく、3つくらいの塊にわけてもらい、間にキャンドルとランタンを飾ってアンティーク感を出してもらいました。

装花のポイント

季節感を出したかったので、綿花や松ぼっくりを入れました。

フローリスト

式場提携のフローリスト様にお願いしました。

お料理のこだわり

お料理は、フェアの時に食べておいしかったものを選んだのと、続けて食べてもくどくないような流れになるよう考えて選びました。

ウェディングケーキ

ケーキ入刀の演出を避けたかったため、ウエディングケーキはなしにしました。
その代わり、シャーベットをその場で完成させるソルベパフォーマンスをして頂きました。

引出物

引き出物は、宅配を利用しました。
品数も、3つではなく、引き菓子のパウンドケーキと、食器(大きめのお皿を1枚。友人へのものよりも、親族のものは一回り大きく、値段にも差をつけました)の2種類で、当日はゲストが帰る際にプチギフトとして星のパッケージに入ったクッキーを手渡ししました。

プチギフト

披露宴では星のパッケージのクッキー、二次会では、リンツのチョコレートを袋に入れてリボンがけしたものを渡しました。

婚約指輪

Tiffanyハーモニー

結婚指輪

鎌倉彫金 ゴールド マット仕上げ

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

母にベールダウンをしてもらったこと。
両親共に、感極まって泣くようなことは一切ありませんでしたが、ベールダウンの時に母が少し目を赤くして、でも綺麗な笑顔で「いってらっしゃい」と送り出してくれたことがとても心に残っています。

二人らしさとは

2人とも、2人で過ごす時間以上に、それぞれの家族や友人と過ごす時間を普段から大切にしていました。
なので、自分たちの大好きな人々に囲まれ、そしてお互いの大切な人と一緒に同じ空間ですごせたことが、私たちにとって何よりも嬉しいことでした。

嬉しかった参加者の反応

おもてなしの気持ちが伝わる良い式だったと、複数人から言って頂けて、本当に嬉しかったです。

私にとって結婚とは

私にとって結婚とは、自分で1からつくりあげる新たな挑戦のようなものだと感じています。
今までは、両親や周りの人に創ってもらった人生を、これからは自分と旦那さんとで、新たな生活を模索しながらつくりあげていくんだなと感じているので、日々小さな発見があり、本当に楽しいです。

後悔していること

もう少し二の腕を絞れたらよかったなあと思います。

節約のための工夫

ペーパーアイテムは自作しました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

結婚式準備は、不安なことが多いと思います。
とにかく、プランナーさんやヘアメイクさん、ドレススタイリストさんなどスタッフの方々に、自分の感じていることを伝えると、皆さん親身になって色々と考えてくださるので、一緒に式をつくってくださる方々を信頼することが理想の結婚式をつくるための1歩になるかと思います!