卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
神戸メリケンパークオリエンタルホテル
70人以下

メリケンで結婚式をしたいと強く思ったのは
このチャペルを見た瞬間でした。全面ガラス張りの建物で、外からの光が差し込みキラキラしているチャペル。 そして上を見上げれば、ポートタワーが。

実は付き合った日ポートタワーに登って神戸の夜景を見たこともあり、このチャペルを見たときはもう私たちの思い出が詰まっている場所!と感じて
『ここで結婚式挙げたいなぁ』と無意識のうちに声に出していたのを覚えています。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
神戸メリケンパークオリエンタルホテル
70人以下

披露宴会場からの一望できるオーシャンビューは
まるで船に乗っているかのような感覚でした。
プロポーズしてもらったコンチェルトのデッキ部分での光景が思い出されるような場所でもあったので、
ここで披露宴を行いたいと強く思いました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

思い出のティファニーカラーを取り入れたこと。
たくさんの手作り・DIYをしたこと。
来てくださるゲストの皆さんと一緒に楽しむこと。
育ててくれた両親や家族への感謝の気持ちを伝えること。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

最初プランナーさんに
Aラインかプリンセスラインが着たいとお伝えしてたので探してましたが、 私が当初から『ウェディングドレスとカラードレスでギャップを作りたい!』と言っていたので、 『一度ガラッと系統変えてみません?』の一言で、絶対着ないと思ってたサテンドレスに挑戦!
この提案がまさに名案で プランナーさんいわく
私と色々話してたら好みが見えてきたとおっしゃってくださり、胸のあたりに大きなリボンと後ろにお花が入ったデザインのサテンドレスを着てみました。
大人っぽさの中に可愛らしさのあるドレスに心惹かれて、ウェディングドレスはこれに決めました!

ドレス 2着目

先に決まったのは、こちらのカラードレスでした。
キヨコハタさんの水色のドレスはふわっとしていて
ボリュームもありピンクのお花が散りばめられたこのデザインが可愛いくて、一目惚れした一着です。
すぐに決めてしまうのは何だかもったいないなと思い
いろんなカラーに挑戦しましたが、やっぱりこのドレスが着たいなと思ったので水色ドレスに決めました。

ブランド
KIYOKO HATA
シューズ

ウェディングシューズに憧れはありましたが
節約ポイントとして式場で無料レンタルしました。
身長が低く10cm程のヒールを履いたと思います。

ヘアメイクのポイント

★ウェディング
ティアラをつけるので、 下の辺りでまとめてもらう以外はほとんどお任せ。前から見るとシンプルですが、きっちりまとめられつつ、ゆるめに仕上げられていて
本当に可愛かったです。ティアラ映えする髪型に仕上げていただけていたのでとても大満足でした。

★カラー
どうしてもやりたかった高めのポニーテールは
ウェディングと一緒で、だいぶゆるめにほどいてもらい、前髪をアップにして、ヘアアクセをつける。
どちらかというと、ウェディングよりもこだわりが強くありましたが、それが形になっていたので、リハーサルの時から当日を迎えるのが凄く楽しみでした。

アクセサリー

★ウェディング
王道ですがティアラをつけたくて
高価な物から安価な物まで付けてもらいました。
挙式の時だけやし諦めようかなと思ってたら、 彼が『好きな方つけたらいいよ』って言ってくれたので
本物のダイヤモンドのティアラに!
Mikimotoのティアラとイヤリングのセットです。
その分ネックレスは無料の物をホテルでレンタルしましたが有料の物にも劣らない良心的なものでした。

ヘッドアクセサリー

★カラー
高めのポニーテールに小枝のキラキラしたヘッドアクセをつけたくて、ホテルにて有料レンタルしました。

メインで使った花や装花のテイスト

お花は白基調でかすみ草以外の種類はお任せで、ポイントでピンク色のお花を入れてもらいました。
またアクセントとして持ち込んだティファニー色のリボンをお花に可愛くつけてもらいました。
装花のサイドにはティファニーボックスとキャンドルを置いていただき、チュールでふんわりと仕上げた
本当に可愛くて思い描いていた以上の高砂でした。

お料理のこだわり

フェアに行った際に、例え1番下のコースでも満足させる自信があるというお言葉に惹かれて、お食事をいただくとその言葉通り本当に美味しかったです。
好きな物にカスタムもできるとのことだったので
じゃがいもと貝柱のスープを玉ねぎスープにしました。 また通常デザートに加えてウェディングケーキもチョイスしましたが、お料理は当日来てくださったゲストの方からも本当に好評でした。

ウェディングケーキ

シンプルですが、大好きな苺のケーキにしました。
イミテーションは嫌だったので生ケーキで、ゲストの方にも最後のデザートで食べていただきました。
3段ケーキにティファニーカラーのリボンが巻かれているデザインにしました。 プラン内の金額です。
卒花さんからお譲りでいただいたケーキトッパーが目立っていて、とても可愛かったです。

引出物

メリケンパークオリエンタルホテルでは
引き菓子や縁起物を持ち込むと1つに対し300円かかります。なので、私たちは全てホテルの物をお願いすることにしました。

★記念品は、カタログ。
定番であり無難ですが、好きな物を選んでもらい 40冊以上頼むと、私たち新郎新婦も1冊プレゼントしてもらえる特典も付いていたので、カタログにしました。
(主賓・乾杯挨拶の方は金額を変えました)

★引菓子は、使いやすい大きさの今治タオルと 『いつまでの仲良くいられますように』の気持ちを込めて
ミニバームクーヘンと焼き菓子で定番ですが、お得な組み合わせだったのでこちらも即決でした。

★縁起物は色々試食をさせていただきましたが、
梅干し!これがまた大きくて!美味しい! 彼も私も梅干しが大好きなのでこちらを選びました。

アイテムコレクションに参加して、そこで成約したので引出物トータルで9100円の割引! 大きなお金のかかる結婚式での割引は、とても有難いなと思いました。
ちなみに、この日に成約しても後日キャンセルできます。

プチギフト

プチギフトはマルティネリのアップルジュースにし
サンキュータグを作りました。DIYの味方Seriaで
タグとミニスタンプを購入!好きな文字を組み合わせてスタンプを作って、ポンポン押していくと完成。
白・ピンク・黄緑の小さいバラも付けてみました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

最後の花束贈呈です。
手紙を読み終えた後、我慢していましたが、 両親の前に立つと涙がドバーッと溢れて止まらなかったです。 多くは話せなかったですが、『ありがとう』を伝えることと両親にぎゅーってしてもらいました。

母は本当に涙もろくて泣くのは誰もが想定内ですが
父が泣いているのは、生まれて初めて見ました。
そのことがとても印象的で 私の手紙を聞いている時に『ほんまに結婚して家から出て行くんやっていう実感が湧いてきて泣けたわ』ということを後になって聞き、また色んな思いが込み上げてきました。

二人らしさとは

お互いを尊重し、お互いを大切に思い合えるところです。

嬉しかった参加者の反応

★ドキドキしながら挙式で入場した時に友人から
『可愛いー!』と歓声があがった時
★高砂席用にフォトプロップス等を置いてましたが『これ凄い!可愛い〜!』『どうやって作ったん?』とDIYを褒めてもらえたこと
★常にワクワクが止まらない胸いっぱいな楽しい結婚式だったよ!と言ってもらったこと
★ホテルらしくおもてなしが良くて料理が美味しかったと言ってもらえたこと

私にとって結婚とは

結婚とは人生において大切な節目だと思います。
私は彼のことをどんな時も信じること、支えること。
彼に対して優しさと思いやりを持って接すること。
いつまでも彼を尊重し、彼の夢を応援すること。
彼が安心できる場所を作ること。

後悔していること

結婚式で後悔していることは
強いていうなら挙式〜披露宴の映像購入をしなかったことです。やっぱり金額も高いし、家族や親戚がホームビデオを撮ってくれたので 諦めたところです。

やりたかったけれど諦めたこと

後悔なくやりたいことは全てさせてもらいましたが、強いていうなら結婚式ではないですが
前撮りで洋装をしたかったなということくらいです。

節約のための工夫

★フラワーシャワー→量を減らして、リボンフラワーを作り、バブルシャワー(シャボン玉)をしました。
★とにかくDIYをたくさん作りました。
★ブーケトスのブーケは、造花を購入 。(節約もありますが、いつまでも飾ってもらいたい気持ちを込めて)
★フリードリンクは最低ラインの種類にして、数が出た分のみお支払いをしました。
★席次表を親戚に手作りしてもらいました。
★プロフィールムービー、オープニングムービーを手作りしました。
★小物は出来るだけ無料のものを使用しました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

会場選びをする前に
まず彼とたくさん話し合うことが大切だと思います。
結婚式とは2人で創り上げていくものなので 『どんな結婚式を挙げたいのか』 これが大まかに話せていたら、結婚式場選びに行くときに漠然とせずスムーズに進むと思います。もちろん必ずしも1つにまとめきらなくても 『伝えたいこと』『大切にしたいこと』 『やってみたいこと』『これだけは譲れないこと』等を出し合えば大丈夫だと思います。

大切なのは『2人で話し合う時間を作ること』です。
プレ花嫁の皆様にとって一生に一度の結婚式が素敵なものになりますように。

前撮り
後撮り
前撮りの満足度
5
京都/八坂周辺/京都府立植物園

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

私たちは当日和装はしない予定だったので
前撮りで着ることにしました。『和装ならロケーション!』『ロケーションなら京都!!』という感じで
私の中でこの選択肢以外なかったです。
まずは色打掛を着て、八坂庚申堂から撮影開始!
大きな鶴があしらわれていて縁起も良く華やかな1着でした。休日は人で溢れる八坂周辺ですが、平日ということもあり、ほぼ貸し切り状態で、撮りたいポーズをたくさん撮っていただき、素敵な仕上がりとなりました。

続いて、白無垢に着替えて京都府立植物園へ!
『白無垢と新緑』これまた私が望んでいた組み合わせで、薔薇・菖蒲・紫陽花と6月に綺麗に咲くお花とともに素敵なお写真を撮っていただきました。この日撮影を見に来てくれていた祖母と母も私の和装姿を見て、とても喜んでくれていたので、やっぱり前撮りでは和装をして、良かったなと思いました。

和装前撮り アルバムを見る >