takakoさんのアイコン画像

takako

コンセプトは“息子も主役の結婚式にすること”&“両親や親しい友人に今までの感謝をしっかり伝えられる1日にすること”です!
入退場は常に息子も一緒に行い、余興としてみんなに日頃の練習の成果を見てもらう機会を作りました。
コロナ禍で親族さえも呼べない中、来てくれたゲストにたくさん笑顔になってもらえるよう、アットホームな雰囲気の披露宴を意識しました。

会場決定の決め手となったのは景観の美しさと担当の方が親身になってくれるところです。
コロナ禍という社会情勢や体調が芳しくないゲストが多々いた中、沢山の変更がありましたがどんな時でも親身になり頻繁に連絡を取り合ってくれるプランナーさんで、安心して当日を迎えることができました。

当日付き添ってくださったスタッフの方も、常ににこやかでとても安心させてくれました。緊張していてガチガチだったのですが、カメラマンさんも緊張をほぐすのが上手でした。
披露宴の途中でプランナーさんが挨拶に来てくれたこともすごく幸せな気分になり嬉しかったです。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2020-11-16
ホテル雅叙園東京
30人以下

入場前の前室の雰囲気がとても良く、紅差しの儀がとても映えました。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2020-11-16
ホテル雅叙園東京
30人以下
牛若(16名)

和のお部屋ですが、洋装でも全く違和感なく行えます!ゲストは靴を脱いで入るお部屋で新郎新婦のみ室内履なので、スタイル良く見えます!

コンセプトやこだわったこと

和装や洋装、髪飾り、ジュエリーも妥協しないことです!

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
和装 1着目

スタイル
色打掛

衣装サロンで一目惚れした赤い色打掛です。
着物だけで見たときは派手に見えましたが、羽織ってみると総刺繍が豪華で胸元も十二単のような細工がされていてとても素敵でした。

SECOND DRESS
ドレス 2着目

リニューアル後の新作で、肩の部分は取り外しできます。
トレーン部分のレースが本当に綺麗で胸元もキラキラしていてお姫様になったような気分でした。

SHOES
シューズ

衣装サロンでレンタルしました。12センチヒールの真っ白でシンプルなパンプスを履きました。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

和装のときは紅の色やラインを濃いめにし、かっちりした印象になるように仕上げました。
洋装のときは前髪をあげてふわっとしたお団子にし、メイクの色もピンクをメインに柔らかい印象になるようにしました。

ACCESSORIES
アクセサリー

和装ではつけていません。
洋装のときは義両親にいただいたミキモトのパールをつけました。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

和装のときは刺繍のポイントとして入っていたピンクの胡蝶蘭をふんだんにつけました。
洋装のときはパールのティアラをつけました。

NAILS
ネイル

淡いピンクと白のグラデーションがベースで、たくさんのパールで飾り付けてもらいました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

色とりどりの小花をメインに使っていただきました。

FLOWERS
装花のポイント

グリーンの中にカラフルな小花を沢山いれて、お花畑のイメージになるようにしました。
当日は会場装花や外注したブーケ、贈呈用の花も全てイメージを超えるぐらい素敵でした!

FLORIST
フローリスト

ホテル雅叙園東京パートナーのフラワーデザイナーである石堀友加香さんと代官山フラワーガーデンです。

FOOD
お料理のこだわり

どの年代の方にも満足していただけるように、折衷料理にしました。特にフカヒレの姿煮とフィレ肉のローストが好評でした。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

THEウェディングケーキ!というイメージのショートケーキを選びました。

WEDDING FAVORS
引出物

コロナ禍で足を運んでくれたゲスト全員に感謝を伝えたくて、各々の好みにあったものを贈り分けしました。誰一人同じものをいれておりません!
また、主人の両親から2020年に結婚式を行った記念として、ゲスト全員に東京オリンピックの記念メダルとこれからも同じ時を刻む証として、名前入りのWAKOの置時計をプレゼントしていただきました。

PETITE GIFTS
プチギフト

シャンパンボトルに入ったハンドソープを用意しました。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

モリスというルビーで有名な会社の婚約指輪です。中央のダイヤの輝きがとても綺麗です!

WEDDING RING
結婚指輪

結婚指輪を手作り出来る所で手作りしました!

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

息子が一人で練習をずっと頑張ってくれていた日舞の余興「寿」です。
数々の舞台をふんできたものの、初めて一人でお稽古をこなし当日を迎え、とても立派に踊りきっていて誇らしかったです。

二人らしさとは

生き物とお酒を飲むのが大好き!
喧嘩もよくするけど、仲直りもすぐする!
くだらないことでずっと笑っていられるところです。

嬉しかった参加者の反応

みんながたくさん笑ってくれたことで、とてもアットホームな空間が出来上がりました!
「本当にお雛様からのお姫様でいつもと違って本当に綺麗!!」との言葉もむかつきながらも嬉しかったです。
お義父さんの締めの挨拶で、すごくほめてもらえました。笑

私にとって結婚とは

どんなに困った事が起きても、一緒なら乗り越えられると思って頑張れることです。

後悔していること

余興で使うお扇子を忘れた事に気付いたのが式が始まる直前で、式と披露宴の間に鍵を友人に渡し、息子と共にタクシーで往復してもらいました。そのせいで披露宴の時間が大幅に押してスタートとなりました。忘れ物がないように何度も確認して事前に持ち込みまでしたのに…それでも忘れ物をして、ゲストに迷惑をかけてしまいました。

やりたかったけれど諦めたこと

今までお世話になった人全員をお招きしたかったです。またいつ緊急事態宣言があるかもわからない中だったので、人数はおさえにおさえました。また、遠方の親族には結婚式の報告のみとなってしまいました。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

ドレスやお着物は値段を気にせず好きなものを着たら、後にアルバムや映像を見る度に嬉しくなります!ドレスのインナーはシルエットが全然違うので、少し高くても良いものを購入することをオススメします!
私の意志の弱さの問題ですが、式に向けてダイエットしようと思うとストレスで太りました。人生最大の体重で式を迎えてしまった事に後悔しているので、あまりダイエット等考えすぎない方が良いと思います笑

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

クリップするには登録が必要です