卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
藻岩シャローム教会
100人以下

入場の際、教会の扉が開くと光が降りそそぎ、大理石のバージンロードにブルーのステンドグラスが反射して幻想的な雰囲気に包まれます。
また、アウルセレモニーは全国的にも珍しく、幸福の白いフクロウが二人のもとへ指輪を届けてくれるのもおすすめです。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
藻岩シャローム教会
100人以下

披露宴会場は、ゲストの人数によって2箇所から選べ、自分のテーマに合わせてアレンジが可能です。
私はゲストとの距離も近く、ドレスがはえる高砂ソファを取り入れました。

会場の大きな窓からは自然が広がり季節によって景色も楽しめます。
サロットデカナだと挙式会場とパティー会場が同じ建物内なのでフラワーシャワーの後すぐパーティ会場へ案内することができます。
ゲストが移動する負担もないところもおすすめです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

会場は海のアイテムスターフィッシュかシェルをところどころに使用し、アリエルの仲間たちもウェルカムスペースやウエディングケーキに飾りました。

高砂ソファのサイドテーブルも、夏らしいカラーのチュールをリボン結びにする事でボリュームをだしました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

カンタベッラのシルクドレスに、母から受け継いだベールとグローヴを身につけました。
シルクのドレスは大人っぽく、上品でクラシカルな雰囲気が気に入りました。
また、ツーウェイなところも挙式とパティーで雰囲気を変えられるので決めてとなりました。

ブランド
Canta Bella
ドレス 2着目

カンタベッラ
ロールカラーバージョン

カンタベッラのドレスがツーウェイだったので、ロールカラーをつけてクラシック帽を被りクラシカルな雰囲気にしました。

ブランド
Canta Bella
ドレス 3着目

カラードレスはアンテプリマのミントグリーンのものにしました。
キラキラのグリッターが爽やかで、夏らしく一目惚れし、アリエルカラーでもあったので決めてとなりました。

ブランド
ANTEPRIMA
シューズ

シンデレラ風のもの。
シューズ全体がキラキラしているところも可愛いくてお気に入りでした。

ヘアメイクのポイント

挙式はドレスに合わせて大人っぽく、 上品に。
ただ、いつもの自分のメイクに近くしてもらい、変わりすぎないようにしました。

アクセサリー

イヤリングはレンタルせず、インスタで一目惚れしたハンドメイドのものを購入しました。
カラードレス用は同じくハンドメイドでデザイン、カラーをオーダーして作ってもらいました。

ヘッドアクセサリー

カラードレスに合わせて紫陽花、かすみ草、スターフィッシュをちりばめたヘッドドレスをハンドメイド作家さんにオーダーして作ってもらいました。

ネイル

アリエルをイメージして、海のモチーフを取り入れ、 白をベースに薬指にはサムシングブルーを取り入れました。

メインで使った花や装花のテイスト

装花は夏らしくひまわりを使用しました。

装花のポイント

アリエルらしいカラーを使用するか迷いましたが、夏らしく自分らしいパーティにしたかったので、会場が明るくなるひまわりを使用することにしました。

フローリスト

藻岩シャローム教会のフローリストさんにお願いしました。

お料理のこだわり

料理はフレンチで、シャロームのお料理はどれも美味しく、 見た目もおしゃれでゲストからも好評でした。

ウェディングケーキ

王道ウエディングケーキのデザインに、アリエルの飾りを持ち込みで用意して飾ってもらいました。

引出物

教会オリジナルのパウンドケーキを引き出物にしました。
夫婦で出席された方には味を変えて、被らないようにしました。

プチギフト

オリジナルラッピングをした、ボンヌママンのジャムにしました。

婚約指輪

4℃ ゴールドで普段使いもできるかわいいデザインのものです。

結婚指輪

俄の初桜という指輪で、二人が出会った日、入籍した日、共に桜の季節だったので、出会った頃のお互いの初々しい気持ちをいつまでも忘れずにと意味をもつこの指輪に決めました。

男女でデザインが違うところもお気に入りで、女性の指輪には桜をイメージしたピンクサファイヤが入っていて、男性の指輪は支えるを意味する桜の幹をイメージしたデザインで意味深いところも気に入っています。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

両親への手紙です。
普段なかなか言えない気持ちを、手紙にすることで伝えることができました。
家族との今までのいろんな思い出が蘇って、涙はやっぱり我慢できませんでした。
手紙のほかにウエイトベアをプレゼントしたのですが、母はとても喜んでくれました。
最後は父とハグしたところも写真に残っており、とってもいい思い出です。

二人らしさとは

好きなものをたくさん取り入れることで二人らしさが出ると思います。
私たちの共通で好きなものが海だったので、海の要素たくさんいれました。
また、高砂ソファにすることでアットホームで私たちらしい雰囲気になったと思います。

嬉しかった参加者の反応

こだわったウェルカムスペース、ゲストブック、ドレスをみて"私らしい!"と言っていただけたり、たくさん写真を撮っていただけたことです。

あと、"とってもいい式だったよ"と言ってもらえたことです。

私にとって結婚とは

二人で築いていくことです。
長い付き合いだったので、特に結婚したから変わったことはないのですが、、、。
これまでも、二人の時間を過ごしてきたけれど、これから先の未来も二人で新しい時間を築いていくことができることが幸せかなとおもいます。

後悔していること

家族のファーストミートの時間をとることができなかったことです。
ウエディングドレスに着替えた後、家族と会ったのは他の親族と同じタイミングの集合写真の時でした。
当日はバタバタするので、あらかじめ時間を用意してもらえばよかったなと少し後悔しました。

やりたかったけれど諦めたこと

クイックドレスといって、サプライズでお見送りの時に衣装チェンジをすることができ、もう一着着たいドレスがあったのですが、費用も抑えたかったのでギリギリまで悩んでやめました。

節約のための工夫

会場の装飾品、アクセサリーのアイテムは自分で持ち込むことで費用をおさえることができました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

たくさん、情報を集めたり、卒花さんのレポでイメージを膨らませること、 同じ式場で挙げた卒花さんに相談することで不安も解消できたり、後悔も少なく当日を迎えることができます。
準備期間は大変だけど、当日を終えるとやってよかった!
最高な時間だったと思えるはずです!