卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

ns.wd22

ns.wd22さんのプロフィール写真
たくさんの方々に、支えられていることを日頃から感じていたため、ゲスト参加型の結婚式を目指しました。
グリーティングカードにつけたプリザーブドフラワーを、ひとりひとりに、結婚証明証へ入れてもらい、人前式で私たち2人もお花を入れて結婚証明証を完成させました。
また、誓いの言葉は、立会人代表を友人に依頼し、友人に誓いの言葉を考え、私たちに問いかけてもらいました。
兵庫県 / 各線三宮駅
THE SORAKUEN (相楽園)

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
THE SORAKUEN
70人未満

挙式会場は、2つから選択できます。
ハッサムスイートはガラス張りで、洋館と日本庭園の緑が見えて、とても素敵です。もう一つはヤグラテラスで、日本庭園を眺めながら挙式ができます。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
THE SORAKUEN
70人未満

披露宴会場は、ゴールドの壁がとても豪華で、和でも洋でも合う空間です。
一面ガラス張りで伝統ある日本庭園相楽園も見渡せます。
デザートブッフェ等でヤグラテラスに出ることができ、焚き火を囲んでマシュマロを焼いたり、お酒を飲んだりできます。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

【ゲストの笑顔がいっぱいの結婚式にすること】をコンセプトにしました。

ウェディングプロフィール

和装 1着目

・ヘアメイクさんの紹介で、提携ショップ外から持ち込みました。
・ぬけ感のある、柔らかい印象の白無垢を選びました。
・挙式では綿帽子をつけ、披露宴では綿帽子をとり、フラワーパーツをつけました。

スタイル
白無垢
ドレス 2着目

提携の、ザトリートドレッシングで購入しました。ドレス名は、ハーミアです。ナチュラルなイメージの会場にも合う、わたしも夫もお気に入りのドレスです。

ブランド
Jenny Packham
ショップ
THE TREAT DRESSING
シューズ

ジミーチュウのシューズにしました。ドレスが綺麗に見える10cmのヒールで、きらきら感のあるデザインが、ドレスに合うと思い選びました。

ヘアメイクのポイント

美容持ち込みをして、信頼のおけるヘアメイクさんにお願いしました。

和装では、綿帽子から、ドライフラワーのヘッドパーツと、水引を使った和装ヘアにしました。
洋装では、金箔とシフォンリボンを使った、ローポニーにしました。
披露宴夜の部では、リボンの色を変え、皮紐も巻いていただきました。

アクセサリー

5連のパールイヤリングを使用しました。
また、披露宴夜の部では、ゴールドのスタイリッシュなイヤリングに変更しました。

ヘッドアクセサリー

和装では、ブーケもお願いしたフローリストさんに作っていただいたドライフラワーのヘッドパーツと、水引をつけてもらいました。
洋装では、リボンと金箔を使ったローポニーにしました。

ネイル

仕事柄普段からネイルをできないため、ネイルチップを作ってもらいました。ブライダルでも使えるニュアンスネイルを作っていただきました。

メインで使った花や装花のテイスト

パンパスグラス、ルナリア、ユーカリ等をメインにしました。
白や緑を中心に、ドライフラワー、プリザーブドフラワー、生花を織り交ぜて使ってもらいました。

装花のポイント

お花屋さんも持ち込みをしました。普段から利用しているお花屋さんに依頼しました。

フローリスト

hanaknot、sakura

お料理のこだわり

ゲストの気持ちになった時に、嬉しいと思えるコースを選びました。アレルギーがある人も、みんなと同じものが食べられるようにコースを選びました。

ウェディングケーキ

感染対策のためイミテーションを選択しました。スタイリッシュなイメージのケーキをプランナーさんと一緒に考えました。

引出物

引き出物、引き菓子、縁起物はヒキタクにしました。引き出物は選べるようにカタログを、引き菓子と縁起物はゲストに合わせて、お酒が好きな人にはおつまみにもできるものを、、など、それぞれ好きそうなものを選びました。

プチギフト

ロハコウォーターに、オリジナルのサンキュータグをつけて贈りました。

婚約指輪

GINZA DAIAMOND SHIRAISHI

結婚指輪

GINZA DAIAMOND SHIRAISHI

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

挙式の、立会人代表からの誓いの言葉です。仲のいい友人に、誓いの言葉から考えてもらい、内容も聞かずに当日を迎えました。私たちのことをよく分かってくれていて、大切に思ってくれていることが伝わり、思わず涙がこぼれました。

二人らしさとは

私たち2人だけでなく、支えてくれている人もみんな一緒に、ということを普段から大切にしています。当日も、ゲストと一緒に楽しめて、たくさん笑い、私たちらしいなと思いました。

嬉しかった参加者の反応

コロナ禍で、結婚式までに会うことが難しかったゲストもたくさんいたため、会えて嬉しい気持ちを伝えてくれました。また、結婚式をしてよかったのかと悩んでいましたが、ゲストの笑顔と、おめでとうという言葉で、結婚式をしてよかったと心から感じました。

私にとって結婚とは

当たり前のことですが、結婚は、一緒にいたいと思える人と、その家族と、ひとつの家族になることだと改めて思いました。自分の大切な人達だけでなく、夫の家族や友人の方々等、大切な人が増えて幸せです。

節約のための工夫

食事と挙式の演奏、司会、アテンド以外は持ち込み可能であったため、全て持ち込みをしました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

大変な状況の中ですが、結婚式をすることは、自分たちにとっても家族にとっても、ゲストにとっても幸せなことです。自分たちのペースで、幸せな時間を迎えてください。