卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

rnkj_wd

特にテーマを決めたわけでは無いのですが、2人ともネイビーが好きということ、シンプルなものが好きだったので、ペーパーアイテムやウェルカムスペースは、色味を抑えて全体的な統一感を出しました。
新大阪駅
アルカンシエル luxe mariage大阪
¥3,365,941 / 68名
挙式
挙式の満足度
4
アルカンシエル luxe mariage大阪
100人以下

白を基調とした明るいチャペルで、ステンドグラスは青なので、明るく爽やかな雰囲気になります!
また、チャペルでは珍しく、階段から入場することも可能でゲストの印象にも残ります。
聖歌隊は6人いらっしゃるので、天井の高いチャペルですが、聖歌の迫力も申し分ありませんでした。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
4
アルカンシエル luxe mariage大阪
100人以下

披露宴会場専用のガーデン、トイレ、喫煙所があるので、他の会場のゲストと会うことがないところがオススメです。

ナチュラルで落ち着いた雰囲気の会場で、どのようなテーマにも合わせやすいです。
また、女優ライトがあるので写真写りが良いです。
高砂が段になっているため、親族など遠くのゲストにも見えやすく、 階段があり、そこから入場することもできます。
高砂の後ろがガラスになっていて、開放感があります。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ペーパーアイテムをはじめ、DIYをすることでオリジナル感を出しました。
特に、フェイクケーキは、まだあまりやっている人が居なかったので、式場の人にもたくさん褒められました!
DIYは基本的に2人で協力しながらやって、準備期間も含めて思い出にしました。
また、ゲストの方へのおもてなしを第一に考えました。遠方のゲストが多かったため、引き出物は宅配にして、少しでも負担を減らすように心がけました。

会場、装飾、DIYアイテムなど アルバムを見る >

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

色々なウェディングドレスを着ているうちに、デザインはシンプルなものの方が自分には合っていると思うようになりました。
本当は、ヴェラウォンに憧れていたのですが、ドレスにあまりお金をかけたくなかったので、お手頃価格で高品質なドレスをオーダーできるYNS wedding さんに決めました。

自分の好みのシンプルでチュールのボリュームがあるプリンセスラインのドレスがたくさんあり、その中でも自分が気に入ったものを選びました。
胸元のカットが特徴的で、ウェストもローウェストのvラインで全てがツボで即決でした。
カスタムも可能なので、キラキラのスパンコールチュールを追加し、シンプルな中にも華やかなドレスに仕上げていただきました。

ショップ
YNS WEDDING
ドレス 2着目

ワインレッドのカラードレスもYNS wedding さんでオーダーしました。
元々は、ネイビーやブルーグレーのドレスにしようと思っていたのですが、旦那が赤を希望していたので提携のサロンでワインレッドのドレスを着てみたところ、すごくしっくり来たので、色はワインレッドに決めました。

形は、シンプルなチュールのデザインのプリンセスラインが良かったのですが、ウェディングドレスと被らないように、ウェストラインをストレートにしたり、取り外し可能なオフショルダーを付けて雰囲気を変えることを意識しました。

こちらのドレスは、店舗にはワインレッドのドレスが無く、出来上がって実物を見るまでドキドキでしたが、イメージ通りの仕上がりになりました。
また、ショルダーが取り外し可能なので、お色直しではショルダー有りで着用、お見送りの際にはショルダーを外しサッシュベルトを着けて二度楽しみました!

ショップ
YNS WEDDING
シューズ

オリジナルが好きなので、シューズもオーダーしました。
ドレスルームさんで注文した、オルガブランカのキラキラパンプスです。

リボンなどの可愛らしいテイストよりも大人っぽいキラキラの方が好きなので、このシューズにしました。
キラキラと言っても、グリッターパンプスのような全てキラキラというわけでは無く、シンプルなので自分のイメージに合っていました。
オーダーは、ヒールの高さとアウトソールの色が選べます。アウトソールは目を引くレッドにしました。ドレスを持ち上げた時にチラッとみえる赤がすごく素敵でした。
また、履き心地が素晴らしく、全く痛くなかったです。

ヘアメイクのポイント

メイクは、使い慣れた色味を使用してもらい、華やかになるようにお願いしました。
まつエクは憧れていたのですが、元々毛量も長さもそれなりにある方だったので、つけまつげにしました。

ヘアスタイルは、挙式では定番ですがシニヨンにしました。
披露宴ではヘアチェンジをして、巻き下ろしのダウンスタイルにしました。
カラードレスはくしゅくしゅのポニーテールにしてもらいました。

アクセサリー

基本的に全てキラキラで統一しました。

挙式の時は憧れのティアラを身につけました。
披露宴からはヘッドピースやキラキラのリボンブレスレット、揺れるタイプのイヤリングにしました。
カラードレスには、キラキラの小枝アクセサリーと最近流行りのタッセルイヤリングにしました。
ネックレスは買うかどうかとても迷いましたが、ヘアスタイルやイヤリングとの組み合わせなどを考えて、無しにしました。

ヘッドアクセサリー

キラキラで統一しました。
ダウンスタイルの時に付けた大きめのヘッドピースがいちばんお気に入りです。

ネイル

シンプルにしました。
フレンチネイルにラメラインを入れて、何本かの指にストーンを少し乗せました。
指輪のキラキラの邪魔をしないように、派手になりすぎないようにしました。

メインで使った花や装花のテイスト

メインのお花は、白とグリーンを基調として作ってもらいました。
ゲストテーブルは、大中小の瓶に同系統のお花を入れてもらいました。
ボリュームはそれなりに出してもらっていますが、雰囲気は、シンプルにしてもらいました。

装花のポイント

ボリュームはそれなりに欲しかったので、ある程度お金はかけました。
あと、高砂の後ろにグリーンのアーチを置いてもらいました。
これはオプションなのですが、写真映えもするし、見学で見た時にすごく憧れたので、絶対にやりたいと思って取り入れました。
ゲストテーブル装花は、瓶の下にミラーを置いてもらい、大人っぽい雰囲気にしてもらいました。

フローリスト

式場提携です。

お料理のこだわり

お料理は、迷っていた2つのフレンチのコースを実際に試食して決めました。
2つの違いは、食材のグレードが異なっており、品数やボリュームは同じとのことだったので、前菜からメイン料理まで、どちらの方が美味しかったかを旦那と判断して、お料理の内容は2つのコースを組み合わせることにしました。

実際に試食してみると、意外とお安いコースの方が好みだったりすることもあり、味に妥協することなく節約もできました。
お料理はゲストへのおもてなしとしては最重要と捉えていたので、味の良いものを選びました。

ウェディングケーキ

アルカンシエル名物の、いちごのクロカンブッシュにしました。
とにかくイチゴのインパクトがすごくて、ゲストにも好評でした。
7月はイチゴの時期ではないため、少しお値段は張りましたが、大満足でした。
また、ファーストバイトではビッグスプーンを使用して、こちらも盛り上がりました。

引出物

基本的には、引菓子と縁起物とカタログギフトの3点にしました。
引菓子は定番のバームクーヘン 縁起物はお吸い物とかつお節のセットにしました。
上司、親族、友人で送り分けをしましたが、カタログギフトの価格を変更のみで対応しました。
カタログギフトにするのに少し迷いはありましたが、どなたにも満足いただける品物を、予算内で探すよりは、自分で選べるカタログギフトの方がよいだろうと思ったので、カタログギフトにしました。

引き出物を選ぶストレスはかかりませんでした。 夫婦で参加する友人ゲストに対しては、同じ引き出物を2つずつもらうことにならないよう、引菓子、縁起物、カタログギフトに加えて、ペアの食器セットを付けて、価格的にも総額で通常ゲスト2人分になるように選びました。
引き出物は宅配にして、荷物にならないように配慮しました。
ギフトナビさんで購入しましたが、20パーセントオフになる品物もあるので、同じ予算でも予定より高い品物を送ることができました。

プチギフト

ダラゴア農園コーヒーのインスタントコーヒーにしました。
パッケージがおしゃれだったのと、軽かったので選びました。

婚約指輪

レハイム センターダイヤの両サイドに2石のメレダイヤがある、3石のデザインにしました。
形はストレートでシンプルなデザインです。ブランドよりも石の品質にこだわりました。
センターダイヤは2人で選びに行き、思い出にもなりました。

結婚指輪

ルシエ やはりオリジナルが好きなので、既製のデザインから変更ができるルシエさんにしました。
大阪からわざわざ銀座のお店まで買いに行きました。
デザインは、ダイヤが7つ付いた細身のもので、婚約指輪と重ね付けができるようにゆるやかなカーブをつけてもらいました。
目の前でデザイン画を描いてもらった時は感動しました。
また、名前から連想されるモチーフをサイドに刻印して、新郎新婦のリングを重ねると1つのモチーフになるという特別感のあるデザインを提案してくださり、既製品にはないオリジナルのリングを仕上げていただきました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

遠くから親族や友人が駆け付けてくれて、みんなから祝福された時は、とても感動しました。
どんな演出よりも、ゲストが来てくれたことが何よりも嬉しかったです。 チャペルの扉が開いて、ゲストの顔を見た時の感動は忘れません。

挙式、フラワーシャワー、ウェルカムパーティー アルバムを見る >
二人らしさとは

良く見せようとし過ぎず、自然な2人で居られるような、2人の人柄が出るような演出や装飾、おもてなしをすることが大切だと思います。

嬉しかった参加者の反応

自分に対して、可愛い、綺麗、ドレスが似合ってると言われると素直に嬉しかったです。
ウェルカムスペースやペーパーアイテムなど、手作りしたアイテムを褒められた時も嬉しかったです。
お料理が美味しかった、ケーキが豪華だった、デザートビュッフェが豪華だった、などのゲストへのおもてなしで2人でこだわったところを褒めていただけたのも嬉しかったです。 会場が綺麗なところも褒めていただけたので嬉しかったです。

私にとって結婚とは

結婚はスタートだと思います。 親や兄弟よりも長い時間を共に過ごす彼と、正式に夫婦となり、新たな人生がスタートしたな、と感じました。
結婚式は、私自身はやらなくてもいいと思っていたのですが、結婚式をしてみて自分達の為ではなく、親や上司、友人へ感謝の気持ちを伝えるためにやるものなのだと感じました。
思い返すと、当日は何回「ありがとう」と言ったかわからないくらい、みんなに感謝を伝えました。
あまり感情を表に出さない私の父も、結婚式をすごく楽しみにしてくれていたので、親孝行にもなったかなと思いました。
結婚式はしなくていいやと思っている方も、一生に一度なので是非やって欲しいと思いました。

後悔していること

特に無いです。 やり切ったので、もう一度結婚式がしたいとは思いません。
後悔していることを強いて挙げるとするならば、 あまり美容にお金をかけなかったので、もう少し自分にお金をかけてもよかったかなと思いました。
あとは、当日の披露宴中にお料理が全然食べられなかったので、もっと食べればよかったです。

やりたかったけれど諦めたこと

バルーンリリースは、会場が新大阪駅近くで、立地的に不可だったので諦めました。
代わりに、大きなバルーンを持ちました。

節約のための工夫

ドレスは格安オーダーのお店で購入しました。
引き出物は宅配にして、割引のあるものを選美ました。
プチギフトは見た目と価格を重視し、 両親贈呈品やペーパーアイテムは手作りにしました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

プレ花嫁期間は長いようであっという間に終わってしまいます。
働きながらの準備はとても大変ですので、まずはやりたいイメージを膨らませて、やるべきこととそうでないものをちゃんと見極めて、優先順位をつけながら準備を進めることをお勧めします。
DIYは、どんどん作りたいものが浮かんできますが、必要なのか、ただ作りたいだけなのかをよく考えた方がいいです!
あと、本当に作るのがいいのか、買った方が楽な上に安いという場合もあるので、情報収集はよくしてください。
結婚式の準備は、選択することの連続です。自分のやりたいイメージ、自分に合うものをはっきりさせておかないとなかなか決めれずに先に進みませんので、自分達なりの判断基準を用意しておくことをお勧めします。
ともあれ、結婚式の準備はとても楽しいので、旦那さんと協力して仲良く進めていってください!