卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

aloha_dachs_tiara

aloha_dachs_tiaraさんのプロフィール写真
結婚式のテーマは愛犬のバースデーにちなんで、わんわん物語と、ストロベリー、そしてバタフライの3つをテーマにしました。 見せ場は外国のケーキを参考にして作った、わんわん物語のオブジェをTOPに飾ったウェディングケーキで、カラードリップもして大好評でした。 海外ウェディングのように、ゲストにはデニムをテーマにして頂き、カジュアルだけどオシャレな正装で統一して、合わせて頂きました。
東京都 / 広尾
イルブッテロ

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
イルブッテロ
30人以下

挙式会場は愛犬とわんちゃんゲストも一緒に参加出来るように、ガーデンで行いました。
おかげで自然光が美しく、まるで小さな森の結婚式のような雰囲気の中、温かい気持ちで挙式する事が出来ました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
イルブッテロ
30人以下

披露宴会場は普段、挙式として使用するテラスをあえて私たちは会場に選びましたが、結果大正解でした。 グリーンに包まれた全面ガラス張りの会場は、
四方から光が差し込み、とにかくそこで撮られたお写真はどれもまるで外国にいるかのような異国情緒あふれる雰囲気に、優しい木漏れ日がキラキラ輝いていて、より一層ドレスが美しく、写真映えは抜群に良かったです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

まずは愛犬のお誕生日パーティーを盛大にやること。そしてダズンローズセレモニーをやること。
披露宴途中で突然ピザを作る演出、いきなりダンスを踊りだす、日本では珍しいガータートスを取り入れる等、ゲストにはディズニーランドに来たかのようなサプライズを次々と用意したおかげで、
こんなにおかしく笑った結婚式は生まれて初めて!と皆口をそろえて喜んでもらえました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

海外ウェディングを参考に、外国の花嫁さんは日本のかわいい系よりも、セクシー系を意識しているのでそれを見習い、ドレスもインポートで透け感のあるレース素材に、背中が美しく魅えるAラインのものを選びました。
それとさりげなく、中の生地をあえてゴールドを選んだことで、純白のドレスが光が当たるたびにピングゴールドに輝き、真っ白とはまた違ったテイストの、優しく女性らしいお色味が個人的にとてもお気に入りです。

ショップ
COCOMELODY
シューズ

ウェディングドレスに合わせて、白でレース素材の14センチヒールのものを選びました。
おかげさまで155センチの私が、当日だけはモデルさんのような高身長に変身できて、美しくドレスを着こなす事が出来ました。

ヘアメイクのポイント

メイクは透明感があって、ジルスチュアートのような可愛らしさをテーマに、全体的にナチュラルメイクにしてもらい、髪の毛はふんわり柔らかく巻いてもらいました。

アクセサリー

片耳ピアスだけ、結婚式のテーマでもあるバタフライのグラデーションピアスを身につけました。

ヘッドアクセサリー

生花のかすみ草をボリュームアップした花かんむりをかぶりました。

ネイル

ラメの混じったオフホワイトのグラデーションに、
薬指だけお花をあしらってもらい、
シンプルかつ上品な雰囲気に仕上げました。

メインで使った花や装花のテイスト

私のイメージはまさにガーデンウェディングだったので、会場全体にかすみ草をいっぱいにしてもらい、
アクセントで各テーブルにはピンクのラナンキュラスを飾って頂きました。
ブーケはどうしてもこだわりがあり、かすみ草のボリュームアップしたブーケに、小さなピンクのバラを全体的にプラスしてもらいたかったのですが、
季節的に小さなバラが出荷されるのは難しいと、
挙式1週間きったギリギリの時まで入荷を待ち、
なんとか間に合わせてもらい完成したブーケはまるで夢のような美しさでした。

装花のポイント

自分がイメージする世界観をちゃんと細かくフローリストさんに伝える事が大切です。
私の場合、かすみ草メインで、まるで森の中にいるかのようなナチュラルな雰囲気を演出したかったので、切り株や額縁、キャンドル等は無料で貸し出しして頂き、結果思い描いていた、理想通りのステキな装飾になりました。

フローリスト

spoonbill南青山 李さん
てっきり女性の方が来るかと思いきや、外国人の男性がきてビックリ!でもお花男子のセンスは抜群で彼に頼んで本当に良かったです。

お料理のこだわり

こちらのイルブッテロは本場イタリア仕込みのレストランだけあり、お料理の味はお墨付きでした。
それに加え、全体的にひと皿、ひと皿、ボリューミーだったので、男性ゲストもお腹いっぱい食べられる量に、コストパフォーマンスは抜群に良かったです。

ウェディングケーキ

演出でピンクのカラードリップを後からやるため、
ウェディングケーキ自体はシンプルなホワイトのいちごショートケーキにしました。
そのTOPにはお母さんから結婚式のお祝いで頂いた、わんわん物語の大好きなパスタを食べさせ合うシーンのオブジェを飾り、まわりはバタフライのケーキトッパーでゴージャスかつ、ナチュラルな雰囲気にしました。

引出物

まずメインはパドンニのリボンの形をかたどったパステルカラーのミニパスタ。
引き菓子には、バタフライが羽ばたくオシャレなバタフライティーを全員統一で用意しました。

プチギフト

プチギフトにはダイヤモンドの指輪の形をした色とりどりの入浴剤を何種類か用意して、帰り際に演出でゲストひとり、ひとりの薬指につけて渡しました。

婚約指輪

ティファニーで購入したハートのダイヤモンドをリメイクして、ピンクゴールドにして、まわりに小さなダイヤモンドを追加しました。

結婚指輪

婚約指輪がメインに輝くよう、結婚指輪は同じピンクゴールドで、ハートのラインに沿ってカーブしたデザインをオーダーメイドで作って頂きました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

結婚式前に、ファーストミートをしたときです。
わたしが肩を後ろから叩いて、振り向いた瞬間、
旦那さまは既に号泣していて、本当に嬉しそうに、
恥ずかしそうに、涙目で優しく抱きしめてくれたことが、本当に純粋すぎて、心から彼と結婚して良かったと思える瞬間でした。
そのおかげでこれから始まる結婚式、見るもの全てが輝いてみえました。

二人らしさとは

どんなときでも、自然体でいれること。

嬉しかった参加者の反応

結婚式で旦那さまに初めて逢った友人が、
笑う瞬間も、ふざける瞬間も、ふたりともすべて息がぴったり!
なんで結婚したか、来てわかって納得した!と言われたことが、今でも心に響いています。
私たちは出逢ってわずか半年で結婚をしたので、
まわりのみんな家族含めて、本当に驚いていましたが、こんなに面白い結婚式生まれて初めてだよ!
と家族や友人に言われた事で、結婚式は私たちがあくまで主役だけれども、来てくれたゲストにはおもてなしをして喜んでもらう事がメインだったので、
すごく達成感を感じ、ここまでいろいろ頑張ってきた甲斐が本当にありました。

私にとって結婚とは

新しい人生のスタートだと思います。
たったひとりの自分だけのパートナーを見つけて、
一緒に生きていくという事は、楽しい事はもちろん、いろんな試練や困難にもふたりで乗り越えていかなくちゃいけない。
すごく大変だし、難しいけれど、常に愛されている安心感は、私たち女性にとって、絶大なる希望や勇気をもたらしてくれます。

後悔していること

特にありません。

やりたかったけれど諦めたこと

シャンパンを旦那さまがナイフで切るシャンパンサーベルという演出をやりたかったのですが、
ガーデンが汚れるという理由でNGでした。
あと、挙式の退場シーンではフェザーシャワーをやりたかったのですが、住宅街という事でNGでした。

節約のための工夫

席札や結婚証明書はアクリル板を使って、
わたしがハンドメイドしたり、ゲストへのプレゼントは旦那さまが蝶ネクタイをハンドメイドして作ったものを、結婚式の間つけてもらったり、
あとは超特大マーキライトにサインボードも旦那さまお手製で高砂横を飾り、削れるところは削り、賢くよりゴージャスに演出することが出来ました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

きっとどんなプレ花嫁さんでも、やりたい事をどんどんリストアップしていくと、最終的にはなんでこんなに!?という見積もり書になると思うので、
最終的に絶対こだわりたい事と、うまく断捨離できるものを見分けると、結果納得した結婚式に繋がると思います。