iuy.s_0313さんのアイコン画像

iuy.s_0313

コロナの影響で親兄妹+友人数名の少人数婚にしたので、アットホームであたたかみのある結婚式にしようと決めました。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2020-10-18
THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO
30人未満

ミュージックホールというチャペルを利用しました。温かみのあるブラウンの色味、丸みのある建物のデザイン、自然光が差し込む正面の窓からはお庭のグリーンと滝が見えます。生演奏もとっても素敵でした。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2020-10-18
THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO
30人未満
YASAKA

YASAKAという披露宴会場を利用しました。
八坂の塔が1番美しく見える会場とのことで、京都の風情もゲストに楽しんでもらえました。ゲストは14名で、円卓は4つでしたが、丁度良い広さで、思い描いていたアットホームな雰囲気を出せる会場でした。

コンセプトやこだわったこと

コロナ禍のリスクを考慮して、結婚式をどうしようかと悩んでいた矢先、自身の妊娠も発覚した為、大幅な規模縮小を決断しました。当初は60名を予定していましたが、当日のゲストは14名となりました。親兄妹と親友数名の少人数だからこそ出来る、距離感の近い結婚式に拘りました。

また、少人数婚だからと言って、ケーキカットもお色直しも、ムービーを流したりする事も諦めたくなくて、内容的には人数が60名予定の時に考えていたことは全てやる、という事も決めました。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

ウェディングドレスは、Mark Ingramのチューリップ柄のドレスです。当初は春婚の予定で選んでいたのですが、日程変更して秋婚に。しかしながら、お腹の赤ちゃんの予定日がチューリップの季節だったので、元気に産まれてくるようにと、願掛けの意味もありそのままドレスは変えないと決めました。

SECOND DRESS
ドレス 2着目

ブランド
Leaf for Brides

色々なドレスを試着する中で、お色直しは自分の好きな色である赤にしようと決まりました。そこで出逢ったのがLeaf for Bridesの赤色ドレス。ウェディングドレスと印象も変えられ、お気に入りでした。

SHOES
シューズ

ウェディングシューズは、Jimmy ChooのRomyに決めました。妊娠中でしたが、どうしてもヒールが履きたくて…!安定感があって履きやすく、長時間でも足は全然痛くなりませんでした。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

ヘアは、挙式ではアップシニヨンに。
お色直しでは雰囲気を変えるためにダウンスタイルに。ドレスを着てダウンスタイルが出来るのは主役ぐらいですと言われたのが決め手でした。

ACCESSORIES
アクセサリー

アクセサリーはイヤリングのみで、トリートドレッシングさんで2種類レンタルさせて頂きました。挙式は3連のシンプルなストーンのイヤリングを、お色直しではリーフモチーフの存在感のあるイヤリングを選びました。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

花嫁の時ぐらいしか身につけられないと思い、挙式ではivory&coのGwynethというティアラを選びました。可愛らしさより上品な感じが好みでした。挙式後は、トリートドレッシングさんにてレンタルさせて頂いたヘッドアクセサリーに付け替えてウェディングドレスと合わせています。キラキラで存在感のあるヘッドアクセサリーで素敵でした。

NAILS
ネイル

ネイルは秋っぽさを取り入れたくて、チョコレートが溶けたようなデザインのニュアンスネイルにしました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

挙式用ブーケは生花が良いと思い、式場に依頼しました。紫よりのピンク系色でカラーや蘭を使った大人っぽいイメージ。お色直しは、反対に儚い感じのルナリアを使ったドライブーケにしました。

FLOWERS
装花のポイント

装花は秋感を出すために、フレッシュグリーンはなるべく使わないで、くすみ系でお願いしました。打ち合わせの中で、テラコッタ×くすみブルーのランナーという組み合わせが気に入り、ソファ周りはさらにパンパスグラスも加えていただきました。

FLORIST
フローリスト

日比谷花壇さん

FOOD
お料理のこだわり

SODOHの決め手は、お料理が本当に美味しいところ。
また、全てお箸で食べられる点も最高です。新郎は当日もコースを完食しました(笑)

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

ウェディングケーキは王道なイチゴケーキにしましたが、ケーキトッパーで笑いを取りたくて、面白いケーキトッパーを持ち込んで乗せていただきました。

WEDDING FAVORS
引出物

引き出物は友人にはカタログギフトを選びましたが、祖母は注文が大変だと思ったので帰り道も簡単に持って帰れるようにと今治タオルにしました。

PETITE GIFTS
プチギフト

プチギフトはAND THE FRIETのポテトフライにしました。
美味しくてお気に入りです。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

NIWAKAの唐花です。

WEDDING RING
結婚指輪

結婚指輪は婚約指輪と重ねづけをしたくて同じNIWAKAの唐花です。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

始終感極まって泣いていた私ですが、その中でも夫と夫の親友が余興としてサプライズムービーを準備してくれており、プロポーズの言葉がうまく思い出せないという酷い私の為に、再プロポーズの企画をしてくれていた事です。

初めてのデートが星空観測だったので、同じ場所で星空の映像を撮影してくれており、それをバックモニターで映し、スターネーミングギフトと言って、2人の名前が入った星を命名証明書と一緒に再プロポーズをしてもらいました。全く知らなかったので本当に驚きと感動でいっぱいでした。

二人らしさとは

私たちらしさは、未だによく分からないのですが(笑)
一緒に暮らし始めて、お互いの事を嫌になった事がなく、一緒に居ることが当たり前になっているので、この先家族が増えても、変わらずにずっとこうやって仲良くいれたらいいなと思います。

嬉しかった参加者の反応

親からは、少人数婚にすると聞いた時点で、お食事会をイメージしていたようだったので、結婚式らしい結婚式で内容も濃くて盛り沢山だった事が嬉しかったようでした。友人ともゆっくり話せたのでアットホームで楽しかったと言われ、嬉しかったです。

私にとって結婚とは

父が他界しており、母と妹との3人だったので、結婚して家族が増えた事が率直に嬉しかったです。ごはんを一緒に食べる人数が増えるのは喜ばしく、楽しいことです。

後悔していること

後悔というわけではありませんが…やはりコロナ禍で規模を縮小したので、親戚や友人から結婚式に出たかったと言ってもらえると…コロナが無かったらと、少し悔しくなります。

やりたかったけれど諦めたこと

結婚証明書にスタンプを押してもらう形式にして、人前式にしようと思っていましたが、ゲスト数が少なかったので断念しました。また、和菓子ビュッフェもやりたかったのですが…こちらもコロナ禍のため諦めました。

節約のための工夫

自分で作れるものはと思い、プロフィールブックは手作りしました。パワーポイントで原稿作成し、16ページのスクエア形で印刷しました。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

色々な理由で、挙げるのを迷っている方もいらっしゃるかもしれませんが、私はとても幸せな時間を過ごす事が出来ました。ゲストへも感謝を伝える事が出来、結婚というひとつのセレモニーの想い出を作れたことは何より嬉しかったです。

今、結婚式の準備を思い返すと、ずっと楽しかったように思います。プレ花嫁のみなさんも、幸せな結婚式に向かって準備を楽しんでください!

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
【2021年】冬の華やかウェディング
テーマカラー『ホワイト』レポ特集
洗練された気品 大人ウェディング集

エリアから探す

スタイルから探す

LINEウェディングニュース相談カウンター
担当アドバイザーが結婚準備をサポート
何も決まっていない方でも大歓迎
無料相談受け付け中♪
ウェディングニュース相談カウンター
マイレポイメージ

あなたもマイレポを作りませんか?

ウェディングニュースのマイレポで、
あなたの大切な結婚式の記録を残しましょう♡
あなたの経験が次の花嫁の力になります。

保存するには登録が必要です