卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
グランドハイアット東京
100人未満

木のチャペルが素敵です。
会場探しの決め手となりました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
グランドハイアット東京
100人未満

高砂の後ろの窓を開けると、けやき坂のイルミネーションが見える会場を選びました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

笑顔で溢れた結婚式にしたかったので演出や余興、テーブルラウンドの時間を多く取りました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ボリュームある王道Aラインドレスです。

ブランド
ANTONIO RIVA
ドレス 2着目

上品な薄ピンクのカラードレスです。

ブランド
ANTONIO RIVA
シューズ

レンタルしました。

ヘアメイクのポイント

ドレスのイメージに合わせてオールバック、前髪長しシニヨン、ハーフアップの3パターンチェンジしました。

アクセサリー

挙式時、披露宴入場時、お色直し後で3種類のイヤリングを付けました。どれもドレスや会場のイメージに合わせて選びました。

ヘッドアクセサリー

ティアラが好きなので、挙式時・お色直し後で2種類のティアラを付けました。どちらもivory&coでドレスのイメージに合わせて選びました。

ネイル

シンプルなワンカラーのみ、長めのスクエアオフで形にこだわりました。

メインで使った花や装花のテイスト

大ぶりのワイルドフラワーと濃いグリーンを使いました。

装花のポイント

キングプロテアやダリアなどをメインで使用し、花びらの丸い花は使わないようにお願いしました。色も淡い色は避けて深い赤やくすんだ色で統一感を出して、大人っぽい雰囲気にしました。

フローリスト

uiflorist

お料理のこだわり

もともとのプランのものより一つランクアップしたからか美味しかったと好評でした。
デザートに、受付を担当してくださったゲストには『受付ありがとう』というプレートをつけてもらいました。

ウェディングケーキ

グラハイ定番のウェディングケーキを選びました。お互いケーキにこだわりがなかったので1分もかからず決まりました。

引出物

揉めそうだったので新婦側・新郎側で引出物を分けてそれぞれで選び、手配しました。

新郎側ゲストは参列経験の多い方が多いらしく、今までの引出物と被る可能性があるのでカタログギフトを選んでいました。
新婦側ゲストは参列経験の少ない・初めての方が多かったので、女性友人には名入れパドルブラシを贈りました。これがとても好評でした!

また、事前にお祝いをいただいていたり、ご祝儀が多いと思われるゲストにはプラスで名入れのナカタハンガーを贈りました。こちらも好評でした。
家族で参列してくださるゲストには引菓子がかぶらないように配慮しました。

プチギフト

DEAN&DELUCAのドレッシング。
会場スタッフさんにお願いして、持参したthanksシールを貼っていただきました。

婚約指輪

既製品の指輪ではなく、ダイヤを購入しました。
今はソリティアリングの形にして持っています。

結婚指輪

ブシュロン

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

ベールダウンの瞬間が一番感動しました。
普段、涙を見せない母親が涙を堪えているのを見てもらい泣きしてしまいました。
テーマ通り、笑顔が絶えない結婚式になったので写真も笑っているシーンが多いのですが、ベールダウンの瞬間だけは泣き顔になってしまいました。

二人らしさとは

結婚式のテーマ通り、笑顔です。
また、私たちの結婚を快く受け入れてくれて祝福してくださったゲストの皆さんを一生大切にしたいなと思っています。

嬉しかった参加者の反応

こだわりだった、披露宴会場から見えるけやき坂のイルミネーションが好評で嬉しかったです。
また、準備期間にとても悩んで決めた引出物(名入れのパドルブラシ)も女性ゲストにとても好評で、後からたくさん連絡が来ました。

参列経験の多いゲストからも楽しくて笑顔が絶えない結婚式だったと反応があり結婚式をやって良かったと思えました。

私にとって結婚とは

私が結婚して良かったと感じるのは、自分の人生に軸が出来たことです。結婚する事で責任感や新しい価値観が生まれると思います。

後悔していること

招待するゲストについて考え出すのが遅かったので、誘っても来れない方が多かったのが悔やまれるポイントです。プロポーズされた時点で、友人に報告して結婚式の参加に関しても聞いておけば良かったと思いました。

やりたかったけれど諦めたこと

披露宴→二次会のまでの時間が1時間しかなかったのでお色直しは諦めて披露宴の衣装・ヘアメイクのまま二次会を行いました。
本当はカジュアルな二次会ドレスを着たかったです。

節約のための工夫

ウェディングケーキをプラン内ものにした事と、結婚証明書を使わなかったことです。
こだわっていないポイントは、とことん節約・時短しました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

結婚式準備期間、花嫁さんは本当にやる事、決める事が多くて嫌になるときもあると思います。
そんな時私は、『人生で一度しかない期間だから楽しまないと!』と自分に言い聞かせることで、最後まで楽しく過ごすことができました。

今では準備期間のプレ花嫁さんを見ると羨ましい!またやりたいな!と思うほどです。
是非最後まで準備期間、そして結婚式当日を楽しんでください!