卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
パラッツォドゥカーレ麻布
150人以下

なんといっても高砂の背景がナチュラルなテイストで、どこから写真を撮ってもステキなところです!ソファ席があるので、お子様連れのゲストには嬉しい席かと思います!

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

新郎新婦は何をしなくても主役になれる一日なので、とりあえずゲストが退屈しない結婚式を考えました!例えば待ち時間にプロフィールブックを読めるよう準備したり、ドレス色当てクイズは当たっても景品がないなんてことがないよう当たった方全員に準備しました。そして共通の友人が多かったため、お見送りのプチギフトは二人から渡せるように種類用意しました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

普段から派手を好まなかったのでシンプルでスッキリとした形のものを選びました。

ブランド
PRIMACARA
ドレス 2着目

ブルーはドレスを選ぶ前から決めていたので、気になったブルーのカラードレスを試着しました。最初はフリルのないシンプルなものを選んでいたのですが、せっかくドレスとして着るので決め直しをしてたどり着いたドレスです。プリマカーラさんはタブレットで画像を見て選び、持ってきてもらうシステムでしたが、私のカラードレスは担当の方が選んで出してくれました。画像だと全く惹かれないドレスでしたが、実物はとても綺麗な色でボリュームもぴったりでした。

ブランド
PRIMACARA
シューズ

彼と身長差があまりないこと、また普段からヒールを履きなれていなかったのでペタンコシューズを自分で購入しました。 ウェディングでもカラーでも両方で使えるようシンプルなシルバーのラメのデザインにしました。

ヘアメイクのポイント

ヘアはシニヨンとポニーテールというのは自分の中で決めていたので、あとは自分の髪の長さでできるものをお任せしました。リハーサルメイクがったのでそこでやりながら希望を伝え、本番は120%思い通りでした!メイクは艶っぽくという漠然としたイメージとルージュの色だけ希望だけを伝え、あとはお任せです。 やっぱりプロが一番ヘアメイクのことを分かっているなと思いました。

アクセサリー

アクセサリーはドレスに合わせて全て自分でそろえました。ウェディングには大ぶりのゴールドタッセルのピアス、カラーではふんわり素材と色を合わせたピアス、ネックレスはウェディング、カラー共にピアスの大きさや胸元のボリュームを考慮してつけませんでした。

ヘッドアクセサリー

ウェディングはシニヨンでボリュームを出したのでアクセサリーはつけませんでした。カラーは華やかさを出したかったのでポニーテールの側面に小枝のパールアクセサリーをつけました。

ネイル

ゴールドとミラーネイルでとにかく自分の好きなデザインをつめこみました!

メインで使った花や装花のテイスト

お花はあまり使わずグリーン中心のテイストにしてもらいました。

装花のポイント

アネモネは絶対条件だったので、お願いしました。アネモネは中心の黒い部分が命だそうで季節的にも当たりがくるかどうかと言われましたがフローリストさんへの信頼度が高くアネモネのままお願いしました。

フローリスト

式場の方です。

お料理のこだわり

とにかくここはケチらずいいものを準備しました!

ウェディングケーキ

ケーキネイキッドケーキにキャラメルソースをドリップしました。

引出物

親族には今治のバスタオル&かつお節&スープセット、女性の友人にはザ ランドレスのタオルとファブリックミストセット&味付きかつお節&バウムクーヘン、男性ゲストにはステンレスのコップ氷セット&味付きかつお節&バウムクーヘンにしました。

プチギフト

ナンバーシュガー(結婚式当日の日付)とソランデカブラスのミネラルウォーター(新婚旅行がスペインだったため)にしました。

婚約指輪

カルティエです。

結婚指輪

カルティエ ゴールドのシンプルなものです。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

挙式で神父さんの方向から参列者側に振り返った時に父が大号泣していた瞬間、今まですごく大事に育てられてきたんだなと感じました。

二人らしさとは

相手の好きなもの好きな人を大切に思う気持ちはお互いが持つようにしています。また共通の趣味が多くあるので、それは子どもが生まれてもおじいちゃんおばあちゃんになっても一緒にできたらいいなと思います。

嬉しかった参加者の反応

自分たちがこだわった部分に気づいてくれた時にはゲストへの思いが伝わったかなと思いました。

私にとって結婚とは

好きな人との時間をつくりだすスタートラインだと思います。大好きな人とこれから家族として数え切れないほどのライフスタイルが待っていると思ったらワクワクします!

後悔していること

特にありません。

やりたかったけれど諦めたこと

特にありません。

節約のための工夫

映像関係は旦那さんが機械に強かったり得意な友人がいたため手づくりしました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

一度きりの結婚式です。絶対にこれでいっかと妥協はしないほうがいいと思います。特にゲストに直接的に関わる部分(お料理や引き出物、装花など)は一番大切にしてもらいたいなと思います。すると自然と自分たちが主役の一日がステキな空間になると思います。