卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
4
TRUNK HOTEL
100人以下

TRUNKHOTELは都内で交通の弁がとても良い所にあるのにチャペルが屋上にあるので、グリーンが沢山あり癒される空間が素敵でした。またガーデンウェディングの気分にもなれるので悪天候でもほとんど問題なく過ごせました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
TRUNK HOTEL
100人以下
soraniwa

会場はsoraniwaでしたのでTRUNKのバンケットの中でも一番アットホームな雰囲気が出せるところでした。悪天候でもとても明るい空間になり、後から見る写真ではお天気が良かったようにも見える写真ばかりなので天井が全てガラスだったのは良かったです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

新郎側は仕事関係で公務員の方が多く、新婦側はアパレル関係だったので、ゲストの皆さまに楽しんでいただき、癒される空間を意識しました。
また私たちらしさ、「ナチュラル」「クリーン」なヒト、モノ、ウツワでテイストをまとめました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

クラシックなイメージで探していて、シルクやマットサテンのような素材感で、アイコンはオードリーヘップバーンでした。
前は胸元はあえて隠してクラシックな雰囲気に、バッグスタイルでばっくり空いた背中が目を引くデザインがポイントです。また腰回りはタイトシルエットでヘアーもセンター分けのタイトヘアにまとめました。

ショップ
MIRROR MIRROR
ドレス 2着目

1着めと印象を大きく変えたかったので、チュールのボリュームのあるドレスにしました。
TRUNKHOTEL wedding といえばこの天使の羽ドレスです。初めてミラーミラーを訪れた時からこれを着ることは決めていました。

ブランド
David Fielden
ショップ
MIRROR MIRROR
シューズ

maisonmargiela のtabiアンクルサンダルを履きました。ドレスにtabiを合わせるのは以前から決めていて、オリジナル感、そしてモードな雰囲気にしました。

ヘアメイクのポイント

1着まではマットめなメイクに朱赤のしっかりめの口紅でクラシックスタイルに仕上げました。
ヘアもたいとにまとめて、TRUNKHOTELがナチュラルでほどよくカジュアル感があるからこそ、挙式ではクラシックさを意識しました。

アクセサリー

ゲストの友人がやっているアクセサリーブランドでオリジナルで製作してくれたピアスを着用しました。
披露宴ではミラーミラーでドレスに合わせてレンタルしたアデルのピアスをつけました。

ヘッドアクセサリー

1着めはティアラをあえてバッグスタイルが映えるように後ろ側につけました。(orgablanca)

ネイル

姉がネイリストなのでジェルネイルを頼みました。
ドレスに合う乳白色をベースにゴールドの箔やライラックをつかってもらいました。

メインで使った花や装花のテイスト

挙式ではあまりお花感が強くなくグリーンが多めの海外ウェディングのイメージで作っていただきました。

フローリスト

大蔵さん

お料理のこだわり

新郎側ゲストはお酒が好きな方も多いので、飲み放題の種類を増やしていただき、初めのシャンパンも本数を増やしました。

ウェディングケーキ

白を基調とした、またナチュラルすぎず高さはある程度あるサイズ感を選び特別感を演出しました。
あとケーキトッパーをつけてオリジナル感を出しました。

引出物

男性ゲストには未婚の方と既婚の方でご家族で使えるモノなどその後をしっかりイメージして決め、ギフトカタログを選びました。
新婦側にはティファニーのペアグラスを選び、その後もシンプルで使いやすく、また私らしさのあるブランドにしました。

プチギフト

TRUNKどらやきにしました。
TRUNKウェディングらしさがとても好評でした。

婚約指輪

erikaのダイヤを頂き、その後一緒にお店に行ってデザインを選びました。

結婚指輪

ティファニーのバンドリング

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

新郎側のご家族やゲストの方達もみんなが私達のために集まり楽しんでくれている姿を見れた事が一番幸せでした。特にその日は大雨で台風の中来てくださったのでとても感謝しました。

二人らしさとは

自然体、お互いの自分らしさを大切にし合う事。

嬉しかった参加者の反応

私たちらしい会場、式だったと言われたこと。 私のこだわりがぎゅっと詰まっていて他にはない式だったと言ってもらったこと。

私にとって結婚とは

お互いの今まで生まれてからこの日までに大切にしてきた人や家族が全員集まってお祝いしてくれる人生に一度しかないとても貴重な事だと思いました。

やりたかったけれど諦めたこと

もっと沢山の人数をよびたかったです。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

旦那さんとしっかり話し合い、まずはお互いのやりたい事、結婚式のイメージを膨らませることはしっかり最後までこだわりが実現させられる為に必要な事だと思いました!