nacco0916さんのアイコン画像

nacco0916

『Enjoy Outdoor Wedding』をテーマに装飾や手作りアイテムを揃えました!
ゲストがより楽しんで参加できるように、距離が近づく演出・会場作りも心がけました。

私たちがモアフィール宇都宮プライベートガーデンに決めたのは、ナチュラルな式場の雰囲気とガーデンスペースやウェルカムスペースの作り込みができるからです。
最初は自分たちの結婚式のイメージが掴めず、プランナーさんに日付が変わる頃まで相談にお付き合い頂いたこともありました。ご迷惑をたくさんおかけしましたが、最高に満足のいく結婚式を挙げることができました。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2018-09-16
モアフィール宇都宮プライベートガーデン
100人以下

チャペルまでの道のりはガーデンになっていて、昼間は木漏れ日、夜はライトアップの光が柔らかく綺麗です。
チャペル内は珍しいソファ席です。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2018-09-16
モアフィール宇都宮プライベートガーデン
100人以下

ウェルカムスペースの装飾がとても可愛いです。
そこに自分たちで持ち込みしたアイテムを飾り付けしてオリジナリティを出すことができました。

コンセプトやこだわったこと

こだわったことは2つあります。
1つ目はゲストとの距離を近くすることです。
ゲストがより楽しんで参加できるように、新郎新婦とお揃いのハート型サングラスを皆さんにもかけてもらいました。
高砂にはテーブルを設けずソファ席にすることで、気軽に話しに来てもらったり、写真を撮ってもらったりしやすいようにしました。

2つ目は自分たちらしさのある演出です。
ガーデンやラウンジスペースの装飾は、主に新婦の趣味のロックバンドのTシャツやぬいぐるみなどを飾りました。
また、新郎新婦で手作りしたガーランドやジャンボフラワーペーパー、前撮り写真とフォトスタンド、リボンワンズなどたくさん飾りました。
お色直し後の再入場でのダンス演出もこだわりです。曲のどのあたりでドアを開けるかまで細かく相談しました。たくさんのスタッフさんにご協力頂き、圧巻のダンスとなりました。参加したゲストの撮影したムービーを見せてもらうと、私たちよりスタッフさんの方ばかりを撮影していたほどです(笑)
プランナーさんだけでなく、その日お手伝いして下さったスタッフさんがサプライズでダンスの練習をして演出を盛り上げてくださったので、この式場にしてよかったと思いました。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

白のウェディングドレスです。
Aラインのドレスを選びました。

SECOND DRESS
ドレス 2着目

カラードレスはクリームイエローのドレスに花がたくさんあしらわれているドレスを選びました。
Enjoy Outdoor Weddingというテーマにあわせ、ナチュラル過ぎず可愛らしいものを選びました。

SHOES
シューズ

背が低いのでヒールのあるシューズをお借りしました。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

アイラインの引き方で目がきつく見えやすいので、ヘアメイクさんと引き方を何度も相談しました。
ヘアは披露宴入場時は片側三つ編みにし、お色直し後は三つ編みを解いてハーフアップにしてもらいました。

ACCESSORIES
アクセサリー

ウェディングドレスではイヤリングやネックレスはお借りしました。
カラードレスでは髪飾りに合わせてフェスに行った時に買った、お気に入りのフラワーピアスを使いました。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

ウェディングドレスではパールビーズのレース風の髪飾りにしました。
カラードレスでは花飾りやピアスの花と合うよう、ドライフラワーの髪飾りをハーフアップ部分全体につけてもらいました。

NAILS
ネイル

ピンクベージュのフレンチネイルにしました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

ナチュラルさのある、ピンク、オレンジ、イエロー、グリーン系を使用しました。

FLOWERS
装花のポイント

会場のテイストや自分の好みに合わせて、オレンジ、グリーン系を使用しました。
ナチュラルな風合いになるよう切り株も用意してもらいました。

予算を抑えながらも華やかに見えるよう相談をしながら決めたのですが、当日実際に会場を見た時は「思った以上に立派で素敵!」と思いました。

FOOD
お料理のこだわり

私自身お肉が好きなので、メインのお肉料理は3種類の味付けで味わえるものを選びました。
スープは当初ビシソワーズの予定でしたが、夫婦とも某レストランのコーンスープが大好きなため、シェフと相談して旬のとうもろこしを使ったコーンスープにしてもらいました。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

スクエア型で輪切りにしたフルーツが見えるケーキにしました。
私の母が大好きな旬の桃をたくさん入れてもらいました。

WEDDING FAVORS
引出物

引出物は共通でみなさんに今治タオル、口取り(鰹節とラーメン)、引き菓子(プリンケーキ)のセットにしました。
祝辞をお願いした上司には今治タオルのランクを少し上げてお渡ししました。

PETITE GIFTS
プチギフト

金平糖のテトラパックにthanksのメッセージ入りのシールを自分たちで貼りました。

WEDDING RING
結婚指輪

オーダーでお願いしました。プラチナだけでは物足りず、色の肌馴染みが良いようにプラチナとゴールドのコンビリングにしました。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

自分たちのために沢山の方々が集まってくれたことです。
挙式の入場扉が開くまでは、「本当にみんな来てるのかな?忘れてないかな?」など考えていました。

二人らしさとは

ゲストとの距離が近いことを大切にしました。
肩肘張らずに過ごせる空間になったかなと思います。

嬉しかった参加者の反応

大好きな邦楽ロックからシチュエーションに合った曲を選曲し、同僚や友達に「すごく良かった!」と褒めてもらいました。

準備のときに「サカナクションさんの新宝島という曲でお色直しの入場をしたい!」とプランナーさんと意気投合しました。式場を決めた時から使用したかった曲で、ダンスをしながら入場すると決めていました!手作りのリボンワンズを振ってもらいながらゲストにも楽しんでもらいました。
お色直し前の退場では、サプライズで趣味の友人と3人で一緒に退場したのですが、2人とも大泣きして喜んでくれました。

私にとって結婚とは

生涯の決意だと思います。
結婚式を挙げてから1年経ちましたが、改めて入籍や結婚式がゴールではないと感じています。
二人で家庭を作っていく、守っていくということ、そして仕事をしながら家庭を両立していくことはとても大変なことだと思います。

後悔していること

駅と式場を結ぶバスを出せば良かったと思っています。
職場の上司や先輩、同僚はほとんど車で来ていたのですが、大学時代の友人がタクシーや乗合で来ている子が多かったからです。

節約のための工夫

リングピロー、フラワーシャワーの代わりにリボンワンズを作成しました。また、ウェルカムスペースのフォトフレームや布リースなどを手作りしました。
挙式後の集合写真ではゲストにハート型のサングラスに水引で作った梅飾りなどをつけてもらい、夫婦のサングラスは自作しました。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

私たち夫婦は、打ち合わせが始まって数回は自分たちの結婚式のコンセプトが決まらず、何から考えたらいいか分からない状態でした。
プランナーさんと話し合っているうちに、「こうしたい、ああしたい」と少しずつイメージが湧いてくるかと思います。
ネットにも結婚式のアイデアがたくさん出ているので、自分好みのものを探すのも楽しみの一つかと思います。
自分たちで頑張ってみるところ、お金をかけるところなどメリハリをつけられると良いですね。
結婚式を決めていく上で夫婦喧嘩はつきものかもしれませんが、後々良い思い出になるので頑張ってください!

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
【2021年】冬の華やかウェディング
テーマカラー『ホワイト』レポ特集
洗練された気品 大人ウェディング集

エリアから探す

スタイルから探す

LINEウェディングニュース相談カウンター
担当アドバイザーが結婚準備をサポート
何も決まっていない方でも大歓迎
無料相談受け付け中♪
ウェディングニュース相談カウンター
マイレポイメージ

あなたもマイレポを作りませんか?

ウェディングニュースのマイレポで、
あなたの大切な結婚式の記録を残しましょう♡
あなたの経験が次の花嫁の力になります。

保存するには登録が必要です