卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

lovetiki7

lovetiki7さんのプロフィール写真
参列者には初めて日本の結婚式に参加する外国人も多数居たので、和の素晴らしさを伝えつつ、自分たちが楽しむ日ではなく、楽しかった!印象に残る1日だった!と言ってもらえる結婚式にすること。 アットホームな雰囲気で硬くならないように工夫しました。 またオープニングビデオに英語入りのものをつかったり、司会者さんも英語が話せる方にお願いしました。
東京都 / 溜池山王駅
日枝神社結婚式場(日枝あかさか)

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
日枝神社
100人以下

広く、立派な社殿で挙式ができることです。 神社によってはメインの社殿が使えないところもあるので、良く確認した方が良いです。 挙式中も一般の参拝者もそのまま参拝されているので、沢山祝って頂ける感じがします。
和婚で外せないのが参進だと思うのですが、巫女さんが迎えに来てくれて、社殿まで生の雅楽演奏と共にできます。 挙式中も雅楽と巫女の舞があり豪華です。 希望者は指輪交換もできるので私達もやりました!その際、手作りで頂いたリングピローに乗せて持ってきてくれました。
社殿の一段下から友人の参列も十分な人数可能です。 社殿内は神聖な場として、専属のカメラマンのみ写真撮影が可能なので注意が必要です。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
日枝神社
100人以下

とにかく融通が利く会場だったので、ほぼ自由にやらせてもらいました。 神社の披露宴会場は固い、厳しそうというイメージでしたが、こちらの案に対してとても乗り気に対応してくださいました。 また、挙式の和装・引出物以外は持込可で、持込料も一切かかりませんでした。 ドレス、タキシード、装花、ブーケ、席次表、名札、席札、カメラマン全て持込で持込料なしです。
披露宴会場は社殿のすぐ横にあるので移動がスムーズです。 私たちは北海道から主人の親族、福井から私の親戚、マルタとパナマから留学時代のホストファミリーと友達が来てくれたので挙式から披露宴会場までの移動がない方が良いねと話していました。その点日枝神社はすぐ披露宴会場があるので助かりました。 モダンな会場が良ければ隣にキャピトルホテルがあるので移動も便利だと思います。 私達が借りた末広の間は、会場前がレセプションルームとして使えるので、ゲストの待ち時間の間もゆったりしてもらえました。 音楽が得意な方や、余興用にグランドピアノもあるので、生演奏も可能です。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

旅行好きな夫婦なので、テーブルNo.の代わりに国旗を立て、席次表は旅行パンフレット風にしました。 鏡開きをしたので、名札は名前入りの升を用意しました。 ケーキカットの代わりに餅つき、キャンドルサービスの代わりにテーブルラウンドで日枝神社のおみくじを渡し、巫女に扮した主人の友人2人がおみくじを配ってくれました。
バージンロードを歩く事が出来なかったので、お色直しで和装からウェディングドレスに変えた時、主人とは別々に入場し、私は父と腕を組んで入場しました。 主人は巫女に扮した友人に導かれて、BABYMETALの女狐に合わせて派手に入場しました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

DressBlack マーメイドライン
ウェディングドレスは周りからマーメイドラインを期待されていた事と、私より主人が絶対マーメイド!!とこだわりました。それもガチのマーメイドラインのみです。 沢山ドレスを見て回りましたが、マーメイドラインはどこのメーカーもほとんどありませんので探すのは大変でしたが、背が高く、細身の体型だったので思い切って着てみて良かったと思います。 素材は総レースでとても繊細なつくりでした。

ブランド
DressBlack
和装 2着目

日枝あかさかの白無垢・綿帽子
白無垢も刺繍や柄が色々あり、しろと言っても模様で随分雰囲気が変わります! 何着も試着して、顔映りが華やかになった花の刺繍にしました。 角隠しも気になりましたが、次のドレスの事を考え綿帽子にしました。 挙式が終わったら綿帽子を外してすぐヘッドコサージュを付けられるようにしました。

スタイル
白無垢
ドレス 3着目

DressBlack プリンセスライン
これはウェディングドレスを探していた時に、店舗のど真ん中にディスプレイされていて一目惚れしました。 あまり大ぶりの装飾が付いてたり、柄物のドレスは苦手だったのですが、胸の部分のみ刺繍が施されており、たっぷりのボリュームのチュールドレスで派手すぎず着ることができたのが良かったです。 どちらのドレスもシンプルの中に、豪華さと繊細さが合わさった所と、スタイルが良く見えた所も決めてです。

ブランド
DressBlack
シューズ

オリエンタルトラフィック 白の総レースのヒール靴
ウェディングドレスから足先が見えても繋がりのある様な雰囲気の靴を探しました。

ヘアメイクのポイント

衣装に引き続き、1番は主人がこだわりました。ヘアメイクのリハーサルに一緒についてきて、ヘアメイクさんに色々指示をしていました。 人から見た時の綺麗に見える私を研究してくれた様です。 和装から洋装に変えるとき、あまり時間をかけたくなかったので、ベースはどちらにも通用するメイクにしてもらいました。洋装の時多少ラメとリップの色を明るく追加しました。 髪型はドレスが映える様アップにしましたが、華やかさが出る様、タイトにしすぎない髪型にしてもらいました。 髪を結う時に立体感が出るようにハイライトをガッツリ入れていきました。

アクセサリー

スワロフスキーのネックレスとピアス。

ヘッドアクセサリー

和装:友人と姉の手作りヘッドコサージュ 白と黄色を基調にしたフラワーコサージュ
洋装:スワロフスキーのティアラとロングベール

ネイル

白の花を描いてもらい、色はつけませんでした。

装花のポイント

360度どこから見ても綺麗に見える事、華やかさがある事。

フローリスト

全て母の手作り。

お料理のこだわり

美味しく、お腹がきちんと満たされる量が出てくる事。お料理はつきじ植村の和食でした。

ウェディングケーキ

ケーキの代わりに餅つきを行いました。

引出物

基本的には陶器のお皿。夫婦で参列された方や挨拶して下さった方には陶器のランクを上げました。 海外からの参列者は漆塗りのサラダボールにしました(軽くて割れないので)

プチギフト

日枝神社の猿のお守り。

婚約指輪

指輪の代わりにエルメスの手帳をもらいました。

結婚指輪

ラザールダイヤモンド。婚約指輪が無かったので10石ダイヤのものを買ってもらいました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

誰よりも主人が泣いていた事。 始まる前から終わる時までずっと泣いていて、今も当時のことが語り継がれています。 あとは、最後の新郎からの挨拶が終わり退場する前、両家の両親が座席に戻る際、私の母が主人をハグした瞬間、参列者(特に主人側)も感動して泣いていました。 理由は、主人のお母さんが丁度結婚式の100日前に心不全で突然亡くなり、結婚式をするかどうか話し合ったのですが、義父さんが義母さんがとても楽しみにしていたことだから、延期しないでやってほしいとの事で進めました。なので私の母が義母さんに代わってハグしたのが感動しました。また、私の家族にも受け入れてもらえたのだというのが分かり感動を読んだ様です。

二人らしさとは

笑顔でいる事、笑顔を伝線させること、何でも話すこと、お互い良き理解者でいる事。

嬉しかった参加者の反応

今まで参加した結婚式で1番楽しかった。2人らしいこだわりが詰まった結婚式だった。

私にとって結婚とは

結婚式はとても大変な作業を経て作られる日なので、夫婦になる2人にとって初めての共同作業だと思いました。お互いが協力すること、話合い、妥協、譲り合いも含めてお互いが成長出来ると思います。夫婦になりよりお互いが大切な存在になったと思います。

後悔していること

旦那が泣きすぎて泣けなかったこと。ウェディングドレスを着た全身の写真が少ない事。

やりたかったけれど諦めたこと

主人はフレディマーキュリーの仮装が出来なかった事を今でも後悔しています。

節約のための工夫

テーブル装花、高砂装花、ブーケ全て持込にしたこと。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

時間があればあるだけいいと思います。 2人で沢山の物を見たり、調べたりしてお互いのイメージを一致させていくことが大事だとおもいます。一般的に女性に負担がかかると言われますが、旦那さんにもどんな風にしたいか、どんな事をやりたいか具体的にリストアップしていくのもいいかもしれません。 女性ばかりが盛り上がってしまいがちですが、旦那さんにもスポットライトを当てていくと良いとおもいました。 結婚式までは大変な作業もありましたが、頑張った分当日は最高の思い出になります! 笑顔で迎えられる様、まずはリサーチしっかりして夢膨らませて準備に取り掛かってもらえれば良いなとおもいます。 後は体調万全にする事で当日の写真写りが変わるので睡眠は大切にしてほしいです。

前撮り
後撮り

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ウェディングドレスを着て洋装前撮り。

洋装前撮り アルバムを見る >

ウェディングプロフィール

衣装の数

1

着用した衣装

ウェディングドレス

ハネムーン
ペルー・ボリビア

ウェディングクエスチョン

よかった場所

ウユニ塩湖やマチュピチュに行きました!

ハネムーン アルバムを見る >