卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
コットンハーバークラブ横浜
100人以下

白を基調としたとても明るい雰囲気で、2階に挙式場があることで、青い空と白い雲、そして太陽の光の入る空間が素敵でした。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
コットンハーバークラブ横浜
100人以下

120名MAXの披露宴会場ですが、ゲストとの距離が近いことと、お色直しでプールのあるガーデンからカーテンが開き、サプライズで入場できます。
ゲストの皆さんも、海とプールのあるリゾート感あふれるガーデンで寛げるのも、おすすめのポイントです!

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

旦那さんがサプライズで、プロポーズしてくれたのが、このコットンハーバークラブ横浜だったので、その想い出の場所で更に、お互いの一生の想い出に残る素敵な式すること。

ゲストの皆さんにも喜んでもらえて、よかったねと祝福してもらえるような、私達の人柄や、感謝の伝わるあたたかい式にすることにこだわりました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

マーメイドラインのドレスにしたのですが、デザインがとても気に入りました。
とてもラインが綺麗に見えることと、フロントの布地には光が反射すると、キラキラ光るビーズが施されていて、キラキラと輝くところ、バックの背中が、綺麗に見えるデザインが気に入りました。

ショップ
MIRROR MIRROR
ドレス 2着目

会場の中で真っ赤なドレスが映えると思い、このドレスにしました。
お色直しでは、ウェディングドレスとは違った印象のものを選びたかったのも、このドレスにした理由です。
前のウエストからの切り返しの生地が、一部ワインレッドのように締まるカラーが使われていて、他のドレスにはない素敵なデザインでした。

ショップ
MIRROR MIRROR
シューズ

ドレスに引っかからない、なめらかな生地のシルバーの9cmヒールです。

ヘアメイクのポイント

ウェディングとお色直しでは、違った印象にしました。
ウェディングは、前髪を斜めに流し、低めのシニヨン。
お色直しでは全体的に巻き、前髪の印象も少し変え、ダウンスタイルにしました。

アクセサリー

ウェディングは、リーフ型のスワロフスキーの大振りのイヤリング。
お色直しは、滴のような揺れる大振りのイヤリング。

ヘッドアクセサリー

ウェディングは、プラチナリーフと、小枝のようにたくさんストーンのついている、長さのあるヘッドアクセサリー。
お色直しは、パールとストーンの付いた、大振りのヘッドアクセサリー。

ネイル

白ベースの、グラデーションネイル。
パールとラインストーンを、ポイントにつけました。

メインで使った花や装花のテイスト

ドレスがメインになるよう、お花の色味は淡い色を選び、好きな色味をmixしてもらいました。
ホワイト、ピンク、ブルー、パープルをベースに、寂しく見えないよう、ボリュームは出してもらいました。

装花のポイント

旦那さんが、私のイメージでくれるお花の色を入れたかったこと。

フローリスト

コットンハーバークラブ横浜さんの、フローリストさん

お料理のこだわり

高級すぎず、親しみやすく、かつゲストの皆さんが満足出来る料理を選びました。

ウェディングケーキ

立体感のある3段のウェディングケーキで、ベリーをたくさんあしらった、会場にも映えるケーキです。

引出物

親戚と主賓には、ワンランク上のカタログギフト/コーヒー紅茶のセット/お吸い物と鰹節の詰め合わせ

友人には、カタログギフト/コットンハーバークラブオリジナルのチョコレートケーキ/お吸い物と鰹節の詰め合わせ

妊婦さんには、カタログギフト/ハーブティーの詰め合わせ/お吸い物と鰹節の詰め合わせ

プチギフト

ドライストロベリーのホワイトチョココーティング、ドライストロベリーのストロベリーチョココーティングを、1つずつラッピングして紅白の可愛いプチギフトにしました。

婚約指輪

アイプリモ

結婚指輪

アイプリモのハーフエタニティ

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

どの場面も感動の連続でしたが、、一番と言われると、新郎とのファーストミートのつもりで挙式場に入ったら、私の母がいてサプライズで、普段あまり気持ちを表現しない母が、私への手書きの手紙を読んでくれたことです。

新郎と会う前に号泣してしまいました。
このサプライズを考えてくれた、旦那さんとウェディングプランナーの藤田さんに、とても感謝しています。
普段聞くことのできない母の気持ちを聞けて、とても嬉しく感動しました。

ファーストミートは、プロポーズから繋がりがあり、プロポーズしてくれた想い出の場所でファーストミートを、新郎とプランナーの方が考えてくれました。
プロポーズにもらったバラは、私のイメージの淡いピンクのバラをベースに、赤いバラは1本
""貴方しかいない""という意味合いでした。

ファーストミートでは、またサプライズで花束をくれて、その時には9本の赤いバラで、
""いつもあなたを想っています、いつも一緒にいてください""という意味合いのものでした。

二人らしさとは

ゲストの皆さんとの、時間を大事にする式。

嬉しかった参加者の反応

・本当に素敵な式だったよ。
・たくさん泣いたよ。
・とにかく綺麗だった。
・結婚できてよかった。
・みんな笑顔で楽しんでたね。
・お色直しのドレス可愛い。
・登場もよかった。
・最後のエンドロールムービーが感動した。

私にとって結婚とは

これからの一生を二人三脚で歩み、これから起こる全ての事を共に感じ、乗り越え成長していくこと。

後悔していること

もっと自分の携帯で、自撮りをたくさんしたかったこと。
新郎との写真もそうですし、ゲストの皆さんとも撮りたかったです。
会場のカメラマンさんに撮ってもらった写真も、ゲストの皆さんのカメラで、カメラマンさんに撮ってもらった写真もたくさんあるので、それはそれでとても良いですが、更にと言われれば自撮りです。

やりたかったけれど諦めたこと

・ガーデンでのアフターセレモニーの中で、プールにバルーンを落とし、上空に飛ばすドロップandフライ
→予算の関係で断念。割と高いです。

・高砂の後ろの飾り
→予算の関係で断念。

節約のための工夫

全部で4つあります。
・席次表、席札はpiaryで作った。
・メッセージカードは買ってきたカードに、自分たち手書きでメッセージを書いた。

・ウェルカムスペースと、お手洗いのスペースを自分たちで
→私の母に造花で、それぞれのスペースを飾ってもらい、あとは想い出の品などを並べました。
・プチギフトを自分達でネットで購入し、ラッピング。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

ドレスのイメージやお花、会場の雰囲気、何を大事な式にしたいか、自分がどのような式にしたいのか、イメージが具体的に出来ていると、打ち合わせや準備がとてもスムーズに進みます。

自前で作るもの、節約したいところがあるのであれば、前もって計画的に準備しておくこと。
ギリギリになると準備するのに、時間も労力もかかるのでとても大変です。

そのためにまずは予算を明確にし、式場の見積もりに対して、外せない演出、無くしても良い演出、もしくは自分で準備できるものを精査し、それらを実現するための、節約箇所や工夫を早めに出来ると良いと思います。