卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

yukano_wd

yukano_wdさんのプロフィール写真
結婚式のテーマは、
「ゲストへのおもてなしと感謝の気持ちをたいせつにした、流行りに左右されないクラシカルな結婚式」です。

以下の3点のコンセプトがあり、

・私達のためにご多用の中わざわざお時間を下さり御足労おかけしお越しいただいた 大事な私達のゲストの皆様へ一流且つ最高級のサービスをお届けしたいという事

・時代や流行に左右されず、幅広い世代のゲストにも受け入れていただける結婚式、そして将来の私達の子供や孫が写真や映像で見たとしても色褪せることのない格式ある結婚式にしたいという事

・感謝の気持ちを皆様へお伝えしたい上、 ゲストの皆様全員に楽しんでいただく様、 いろいろな事に配慮しながら何事も拘って決め、「おもてなし」を意識した事

以上のことを軸にしながら、結婚式の準備を進めてまいりました。

🌸帝国ホテル東京 公式HP🌸
パーティーレポート
《https://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/wedding/report/report-6.php》

東京都 / 日比谷駅、銀座駅、新橋駅、内幸町駅 他
帝国ホテル 東京

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
帝国ホテル東京
100人以下

ステンドグラスが綺麗なチャペルでした。
アットホームな感じがあり、ホテルウエディング発祥の地・帝国ホテルで歴史も感じながら挙式をすることができました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
帝国ホテル東京
100人以下
桜の間

桜の間で結婚披露宴を執り行いました。
桜のシャンデリアが可愛く、ホテルの大きな会場の中では唯一お庭のある会場です。チャペルと同じフロアにある唯一の大きな会場ですので、ゲストの動線も良く、人気の会場との事です。1年以上前より予約しておりました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

披露宴会場、美味しくて可愛いお料理、華やかな装花、ゲスト全員が参加できて楽しめる余興、歓談曲まで選曲した会場音響、自作したオープニングムービーやプロフィール・メッセージムービー、オーダーメイドドレス、桂由美のカラードレス、全てダイヤモンドのアクセサリーなどです。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

帝国ホテル内 メゾンドコスチューム

クラシカルな雰囲気のウエディングドレスです。
トレーンが長めで、座っている高砂でも上半身が華やかなものにしました。サイズオーダーをして作っていただきましたのでぴったりに着ることが出来ました。

ショルダーが外れるタイプなので、
・挙式:ショルダーなし+ウエディングヴェール
・館内撮影:ショルダーあり+ウエディングヴェール
・披露宴:ショルダーあり
と雰囲気を少しずつ変えてみました。

ドレス 2着目

桂由美のレッドのカラードレスです。
グリッターの生地やお花のレースの生地、 様々なチュールの生地が多く重なっている こだわりのスカートとのことで、キラキラして立体感もありとても豪華でした。 ショルダーもあり、露出も控えめなデザインで、ホテルの雰囲気にも合っているドレスでした。

ブランド
桂由美(YUMI KATSURA)ブライダルハウス
シューズ

DIANAのシルバーのローヒールシューズにしました。

・主人とも身長差が少ないのでローヒール
・帝国ホテルの絨毯や大理石を歩きやすい安定したヒール
・オーダードレスを傷つけないシューズ
以上を意識して選びました。

シューズにはあまりこだわりが無く、ドレスからも見えない部分お金かけるよりは、その分ゲストへのおもてなしにお金をかけたいので、流行りに左右されずハイブランドシューズはやめました。

ヘアメイクのポイント

ヘアメイクのポイントは、私のウエディングのテーマやホテルのクラシカルな雰囲気にあったスタイルにしてもらった点です。
持ち込みメイク用品も使ってもらい、私に合うメイクをしてもらいました。メイクリハを通じて変更していただく点をはっきりと伝え、後悔のない出来にしてもらった点もよかったです。

ヘアメイク共に帝国ホテル内提携のハツコエンドウビューティーにお願いしました。 ホテル提携のため当日のスタッフ間の連携に安心感がありました。

アクセサリー

ネックレス、イヤリングはALLダイヤモンドのmikimotoのものです。
パールのものとは違い、ダイヤモンドで希少価値が高いので、ティアラと似ているデザインのものを早めに帝国ホテル内サロンでご用意していただきました。

ヘッドアクセサリー

ティアラも同じくALLダイヤモンドのmikimotoのものです。見ているだけでも綺麗でしたが、特に、会場に入り照明があたって動いている時はとてもキラキラしており、イミテーションの物とは全く違う本物の輝きでした。

ミキモトはパールのイメージが強いですが、皇室のダイヤモンドティアラも手掛けているので、ダイヤモンドにも安心感があります。お気に入りなので、アクセサリーは全て挙式から、ヘアスタイルを変えてお色直しドレスまで着用しました。

ネイル

結婚指輪・婚約指輪を目立たせることのできる落ち着いたデザインにしました。
指輪のある左手には、指輪を強調させたかったので目立つビジューは置きませんでした。その代わり右手にはVカットのスワロフスキーのビジューを飾りました。

また、手先が長く見えるベージュピンクのカラーグラデーションにして、爪先にはオーロラのラメを乗せ、照明があたるとよりキラキラするデザインにしました。

メインで使った花や装花のテイスト

お花をメインにして緑は少なくし、大振りのお花を中心に華やかにしました。くすみピンクのお花も混ぜてもらい、可愛らしすぎる感じを抑え、好みの感じに仕上げてもらいました。

全体的にお花はピンク、キャンドルはゴールド、テーブルウェアはホワイトとレッドにし、ウェルカムスペースからドレス・ブーケ、会場全体のテーマカラーを統一し、一体感を持たせました。

装花のポイント

ウエディングケーキ装花は帝国ホテルで前例が無いほど華やかにしてもらいました。ウエディングケーキがまるでお花に包まれているような装花がポイントです。

メインキャンドルや高砂、テーブル装花もお花いっぱいにしてもらい、装花はお値段にはこだわず豪華にしてもらいました。

フローリスト

帝国ホテルのロビー装花などを手掛けている第一園芸さんに全てお願いしました。 装花・ブーケ・贈呈用ブーケ・ウェルカムスペースのお花を全てご担当いただきました。

お料理のこだわり

ゲスト皆さんに楽しんでいただけるお料理を、と思い選びました。
帝国ホテルのメニューは全て美味しいので、その中でもゲストのアレルギーが多い食材は外し、定番ではなくウエディング限定メニューで見た目も可愛らしく気分が上がるものを意識して選びました。

ウェディングケーキ

イミテーションのケーキにしました。
トラディションというもので、帝国ホテルでも歴史あるデザインです。 生ケーキと違い、披露宴の最初から最後まで飾っていられるので、ボリューム感や迫力もあり、良かったです。

引出物

引出物:カタログギフト(主賓などへは高級めのものにしました。)
引菓子:帝国ホテルのバウムクーヘン

プチギフト

アンリシャルパンティエのオリジナル幸せサブレ (フードプリントで名前やthank youメッセージを入れてもらいました)

婚約指輪

BVLGARI

結婚指輪

BVLGARI

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

ご多用の中わざわざ私たちのためにお時間を作って下さりお越しいただいたゲストの皆様が、一同に集まっていらっしゃる会場を見て感動しました。

二人らしさとは

周りに感謝の気持ちを忘れず、相手を楽しませたいという気持ちをお互い大事にしていたので、結婚式の準備も方向性が合いました。

嬉しかった参加者の反応

私達がご用意したサプライズ要素を盛り込んだ各イベントでゲストの方々が予想以上に良いリアクションをしてくださったことです。

また、後に伺ったゲストの感想では
・料理が華やかで美味しくさすが帝国ホテルだった
・新郎新婦・両家やホテルからのおもてなしが素晴らしかった
・リアルプリンセス、かわいかった
・ルーツや今までの生い立ちをよく知れて、改めてこれからも仲良くして欲しいと思った
・家族が素敵だった
などと言ってくださったことです。

さらに、今まで結婚式へ沢山ご出席されている御年輩の方に、「他人に頼む余興の出し物が無いのにも関わらず、見どころが沢山あって、こんなにあっという間で楽しかった華やかな結婚式は初めて」と言っていただき嬉しかったです。

私にとって結婚とは

楽しい時を共に過ごすだけでなく、辛い時こそ二人で乗り越えていけるような、お互いが信頼できるパートナーと一緒になる事です。これから力を合わせて新しい家庭を築いていきたいと思います。

やりたかったけれど諦めたこと

・フラワーシャワー
・プロジェクションマッピング
どちらもホテルの関係でNGでした。
ただ、こちらに強いこだわりは持っておらず、できたらやってみたいなという感じでしたので悔いはありません。

節約のための工夫

結婚式準備の終盤で「やっぱりあれこれやりたい」とならないように、早めの段階から情報収集をし、結婚式の方向性を二人で大まかに決めていました。
必要なところにはちゃんとお金は使いたく、結婚式の軸が決まっていたお陰で、時間・物なども無駄なく準備が出来たことが節約です。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

情報がたくさん溢れている中、いろいろ取り入れながらもご自身なりの取捨選択をしっかりして、準備をしてみてください。
人生で一度の結婚式なので、悔いのない結婚式になる事をお祈りしております。