卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
リストランテASO
70人以下

挙式会場のグリーンと、丁寧に手入れされたお庭のお花が素晴らしいです。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
リストランテASO
70人以下

天井が広く、とても解放感のある会場です。
内装がアンティークで統一されていて美しいので、最小限の装飾でもあまり寂しくなりません。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

すべてのゲストに、ブライズメイドやダズンローズなど一つずつ小さなお願いをし、全員参加型のウェディングにしました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

white by vera wang
レースバレリーナ lady janeにて購入

vera wangのバレリーナに憧れていたのですが、lady janeさんで新品のレースバレリーナを拝見した際、よりシンプルな胸元とボリュームのあるチュールに一目惚れして決めました。

お色直しではレースボレロを羽織ってイメージチェンジしました。

ブランド
White by Vera Wang
シューズ

バッジェリーミシュカの妹ブランド、 Belle Badgley Mischkaのゴールドグリッターのピンヒール。

ヘアメイクのポイント

レストランウェディングでゲストとの距離が近かったので、思い切って写真映えよりも、ゲストから見てナチュラルなメイクにしてもらうようお願いしました。

アクセサリー

自分で作ったビジューイヤリングや、 ビジューブレスレットなど。

ヘッドアクセサリー

挙式→バルーンベール
披露宴→インパクトのあるキラキラビジュー
お色直し→自分で作ったドライフラワーのパーツ

ネイル

シンプルなベビーピンクで、押し花パーツのもの。

メインで使った花や装花のテイスト

式のテーマに沿って、生命力の感じられるナチュラルで少しだけワイルドな感じのお花にしてもらいました。色は式のテーマカラー通りで。

装花のポイント

大きな木を高砂に入れていただくのは譲れないポイントでした。ライトを吊るして他にはない、ダイナミックな装飾にしていただきました。

ミモザが大好きなので、ミモザも入れてもらいました。

フローリスト

恵比寿 チェリーラディッシュさん

お料理のこだわり

前菜盛り合わせが有名なので、それをチョイスしました。
スープをその場でサーブしてもらえたり、料理にプラスαの演出があるのがよかったです。

ウェディングケーキ

とてもシンプルなケーキにトッパーを飾りました。
元々ケーキ自体がとっても美味しいので、割と味重視でした。

引出物

ナチュラル&オーガニックに特化したカタログギフトを全員に贈りました。
親族にも同じものの値段違いを贈りました。
贈り分けする気満々でしたが、このカタログがものすごく気に入ったのでその必要がなくなりました。

引き菓子は親族にはオーソドックスなバウムクーヘン、 他のゲストには引き菓子のかわりに卵かけご飯セットを贈りました。

プチギフト

実家のお米を自作のギフトバッグに入れたもの。

結婚指輪

ノグチビジューの槌目の入ったリング

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

たくさんありますが… 誓いの言葉は内容を内緒にしてもらい、お世話になった先輩ご夫婦に考えてきていただきました。
その内容がとてもあたたかく、私たちふたりをよく見ていて下さったのがわかり泣いてしまいました。

二人らしさとは

結婚式のテーマ「みどりのゆび」は、何もないところから豊かな花と緑を生み出す男の子が主役のフランス童話からとりました。

わたしたちふたりも、豪華な婚約指輪やたくさんのお金がなくても、なんてことない日常を幸せに笑って過ごして、工夫して自分たちで何でも作って生活を豊かにする力があるのがらしさだと思います。

嬉しかった参加者の反応

・今まで出席した結婚式の中で一番オシャレで楽しかった。

・今年結婚式6回出席したけど、どの結婚式も(私たちの結婚式を)越えられない!

・お料理が美味しすぎて夢中になって食べているゲストが写真に写っていたのがとても嬉しかったです。

私にとって結婚とは

一番尊敬する人の一番近くにいる方法。

世界で一番尊敬できる人と結婚したので、隣にいられることが単純に嬉しいなと今でも思っています。

後悔していること

ほとんどありませんが、歯科矯正については数年前から調べておけばよかったと思っています。
ブライダル矯正はありますが、歯並びの程度がそこまで悪くない人しか受けるのは難しいと思います。
私は歯並びがコンプレックスで一念発起し矯正歯科を探しましたが、受けることができませんでした。
ダイエット、肌質改善などは比較的式直前でもできると思うので。

やりたかったけれど諦めたこと

強いて言えばお色直しでしょうか。
たぶん無限に予算があれば2着ドレスを用意していたと思います(笑) でもそれよりもゲストのために予算を回したかったですし、少しでもお色直しの時間を短くしてゲストとお話していたかったので、後悔は全くありません。
(レースボレロを着た前と後でがらりと印象が変わったので、2着ドレスを着たと思ってくださったゲストもいました)

節約のための工夫

リースブーケ、アクセサリー、ウェルカムスペース装飾、ウェルカムボード、ペーパーアイテム類などなどDIYして節約しました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

1度しかない結婚式、なんにも諦めなくていいと思います!予算はじめさまざまな問題があっても、工夫すれば何とかなることがたくさんあります。

その一方で、ゲスト目線だと花嫁様が笑顔で幸せそうなところを見られたら100点満点だと思っています。

忙しいプレ花嫁期間、無理しすぎず、お身体をとにかく大切にして過ごして下さいね!