挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度4
2017-10-15
THINGS aoyama organic garden
100人以下

シェルタイルのバージンロードが天井から入る光でキラキラしていてとてもキレイです。
扉の取手が枝を模しているのが可愛くて、チャペルの扉の前はオススメのフォトスポットです。
天井にグリーンがたくさん使われていて、ナチュラルな空間がとてもお気に入りでした。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度4
2017-10-15
THINGS aoyama organic garden
100人以下

高砂をソファーにしたり、流しテーブルで晩餐会スタイルにできたり、カジュアルな空間演出ができました。
全体的にウッディーな雰囲気と高砂後ろがガラス張りで観葉植物などグリーンが元々沢山ディスプレイされているので、ナチュラルテイストなパーティーにぴったりの空間でした。

コンセプトやこだわったこと

DIYアイテムを散りばめて手作りの温かみを出したり、高砂ソファやテーブルレイアウトなど大切なゲストの皆さんにゆったり楽しんでもらえるようなカジュアルでアットホームなパーティーを目指しました。

受付&ウェルカムスペース@THINGS

アルバムを見る

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

ブランド
The Sweet Closet

The Sweet Closet
大好きなリバーレースが胸元から袖に使われていたことと、バックは沢山のくるみボタンで留めるデザインで一目惚れでした!柔らかいチュール素材もお気に入りでした。
試着してみたら形がとてもキレイで、その後他に何着も試着に周った結果、結局このドレスに戻りました!

SECOND DRESS
ドレス 2着目

ブランド
The Sweet Closet

The Sweet Closet
ナチュラルテイストの会場にピッタリだと思ったので、こちらに決めました!
色味はくすんだグリーンやグレーが混ざり合ったような、誰とも被らないような絶妙なカラーと、ボリュームのないエンパイアラインもカジュアルな雰囲気で気に入りました。
合わせたトップスは白やイエロー、フリンジ付きなどずっと迷っていましたが最終的には少し大人っぽさも出せる落ち着いたゴールドに決めました。

SHOES
シューズ

orgablancaのオーダーシューズ。
白のレース素材でオープントゥタイプで作って作ってもらいました。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

ドレスや会場の雰囲気に合わせて、メイクは濃くならないようアイラインなども引かずにナチュラルに仕上げてもらいました。
ヘアスタイルは挙式と披露宴前半はゆるめのシニヨン、お色直しでは玉ねぎヘア(キャンディ編みおろしとも言うみたいです)でブーケに合わせた花を散りばめてもらいました。ラプンツェルみたい!と女性ゲストの皆さんにはとても好評でした。

ACCESSORIES
アクセサリー

ネックレスは無しで首元はスッキリさせてイヤリングをアクセントにしました。
挙式ではドレスの白に合わせて、monshiroのビバーナムブーケという花モチーフの白とゴールドのものを選びました。
披露宴前半は少し大ぶりのゴールドのイヤリングを身につけました。挙式で付けたものと同様にこちらもヴィンテージ感のあるくすんだゴールドが好みの感じにピッタリでした。揺れるデザインで、アクセントになりました。
お色直しではタッセルタイプのイヤリングにチェンジしました。タッセル部分はコットンのような優しい素材で、他では見たことのないような珍しさに惹かれて決めました。披露宴で身につけた2つのイヤリングはどちらもThe Sweet Closetのものです。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

挙式では、自分で作った小枝アクセサリーを付けました。
ベールはあえて初めからアップした状態で、ベールもアクセサリーの一部になるような付け方をリクエストしました。ベールの付け方は試着の時にドレスショップのコーディネーターさんと一緒に何度も付け方を変えながら考えたこだわりポイントでした。
披露宴前半はThe Sweet Closetのゴールドのボンネを選びました。イヤリングと雰囲気がマッチしていて一目惚れのアクセサリーでした。
お色直しではブーケとお揃いの花を、フローリストさんが用意してくださいました。

NAILS
ネイル

ずっと行ってみたかったirotoiroさんで相談しながら決めました。
白とくすみグリーンをベースに、チャペルのバージンロードとお揃いのシェルを散りばめたり、ドライフラワーを使ってデザインしてもらったり、会場やお色直しドレスと合わせたナチュラルなデザインに仕上げてもらいました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

テーマカラーがgreenだったので会場装花もグリーンをメインにして頂きました。
メインテーブルにはグリーンと流木なども置いてもらい、高砂の周りにもグリーンを沢山飾っていただきました。
ゲストテーブルは色んな色や形の小さな一輪挿しを沢山置いて花やグリーンを飾っていただきました。

FLOWERS
装花のポイント

ユーカリの葉を使ってもらいました。

FLORIST
フローリスト

GIGI VERDE(会場のTHINGSさん提携の花屋さん)

FOOD
お料理のこだわり

料理@THINGS

アルバムを見る

試食会で試食してみて追加料金がかかってもこれにしたい!と決めたのが、前菜の5種盛りでした。いくつか種類がある中から私たちが選べました。盛り付けは見た目も可愛くて、味も美味しかったです!
ケーキは紅茶のシフォンで『美味しい』と先輩卒花さんの情報通り、すごく美味しいです!

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

ウェディングケーキにも会場装花とお揃いでグリーンを散りばめてもらいました。
オレンジとブルーベリーで装飾はシンプルに、クリームはペタペタ塗りにしてもらいました。
ケーキトッパーもナチュラルな木素材の文字トッパーを選びました。
ケーキカットの代わりにカラードリップの演出をしました。ドリップのソースは紅茶シフォンのケーキに合いそうなオレンジソースを選びました。

WEDDING FAVORS
引出物

○親戚→カタログギフト/お茶漬けセット/かつおぶし
○女性友人→ランチプレートセット(木製のプレートとガラスココットのセット)/バウムクーヘン(色んなフレーバーが少しずつ小包装になったもの)/かつおぶし
○男性友人→タンブラーセット(ステンレスタンブラーと氷代わりのステンレスキューブのセット)/スープセット/かつおぶし

PETITE GIFTS
プチギフト

PIARYのトランク形の箱に入ったクッキー(旅行カバンのデザインがテーマのjourneyに合っていたので決めました)
THANK YOUタグもPIARYのものを一つ一つに付けて渡しました。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

quarant'otto(イタリアで生まれた日本のブランド)のMezzogiornoという指輪を選びました。普段も付けられるようにイエローゴールドの艶消しタイプでカジュアルな感じにしました。
このブランドはどの商品にも名前とそのストーリーがあってステキなブランドだったのでここに決めました!

WEDDING RING
結婚指輪

AHKAHのティアラリング クラウンリング コンセプトが""重なり合う人生""というもので、結婚指輪にピッタリのリングです。 形は名前の通りティアラのような形をしていてデザイン性があって気に入ったのと、私の婚約指輪にぴったりハマる形でダブル付けもできるので決めました。
私はピンクゴールドのハーフエタニティのタイプを選びました。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

夫のサプライズ。
新郎側の余興は、友人の動画放映ということしか聞いておらず内容は全く知らなかったのですが、公開プロポーズを回避するために色んなことに挑戦するというような内容で、私の知らない間にマラソン大会やフードファイト、大声大会に参加している映像でした。
結局目標達成できずに披露宴当日に公開プロポーズするということで映像が終わり、最後に夫からの手紙でした。
私はプロポーズをちゃんとされていなかったことをずっとチクチク言っても夫にはなんとなく流されてきていたのでビックリでした。サプライズをするタイプの人ではないので、さらに驚きでした。たぶん最初で最後のサプライズです。笑

二人らしさとは

二人とも大事にしていることは、人との繋がりです。
周りの人のおかげで今の自分たちがあるので、家族も友人も大好きな皆さんに感謝の気持ちを忘れないこと。 お互い、お互いの笑顔が好きなのでいつも笑っていられるような楽しい時間を大切にしようと心がけています。

嬉しかった参加者の反応

・今まで見たことのないような演出で、新鮮で楽しかった!
・二人らしい、温かい式だった!
・家族を大切にしているのが伝わった!
・お色直しドレスが私にすごく似合っていた!

私にとって結婚とは

正直、現実は幸せなことばかりではなくて他人である旦那さんと結婚して新しく家族を作っていくことはとても難しいことだらけですが、冒険に出たようなワクワクするものだなーと思います。何が起こるかわからない、新鮮な感覚です。
結婚してよかったことは、綺麗な景色や美味しいものや嬉しいこと、楽しいことを共感できる人が近くにいることです。

後悔していること

・準備期間があったのに、切羽詰まってから本格始動したので結局最後ギリギリになってしまった。むしろやりたくてもできなかったこともあって、もっと早く動けばよかった。
・オープニングムービーの作成が間に合わなかった。
・お辞儀の仕方が綺麗じゃなかったことに写真を見て気づいた。練習しておけばよかった。
・前髪が落ちてきてしまって邪魔だった。打ち合わせをもっとちゃんとしておけばよかった。
・両親への手紙が早口になってしまった。
・人前式の誓いの言葉が、緊張で声が小さくなってしまった。
・(式場側の手配不備)友人へのデザートのプレートにhappy weddingのメッセージを入れてもらえるはずだったが、実際にはhappy birthdayとなっていた。
・カメラマンの持込不可と最初に言われていたけど、実際には外部の人に依頼している卒花さんも沢山いた。ちゃんと調べればよかった。

やりたかったけれど諦めたこと

・オープニングムービー(時間が間に合わず断念)
・メイン料理のグレードアップ(予算オーバー)
・ウェルカムドリンクで色んな国のビールを用意する(持込制限と予算オーバー)

節約のための工夫

ペーパーアイテム@THINGS

アルバムを見る

ペーパーアイテムはほぼ自作しました! 挙式で付けた小枝アクセサリーも画像を見ながら自分で作りました。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

私はとにかく結婚式についてInstagramや結婚情報のアプリなどを使ってたくさん情報を集めました。どんな結婚式にしたいかイメージを膨らませて、画像を切り貼りしたイメージシートのようなものを打ち合わせに持参してプランナーさんに伝えていました。やってみたいことがあったら、できるかどうかは別としてまずはどんどん相談してみるのが良いかと思います。あとは交渉です!
方向性が決まったらとにかく早め早めに動くのがいいです。なにが起こるかわからないのが結婚式準備なので… 。何より楽しんで準備を進められたらいいと思います。
やるべき事がノルマ化してくるとイライラやら焦りやらで心に余裕がなくなります。私は準備期間中は喧嘩ばかりで、前日にも険悪な空気が漂っていました…。当日を気持ちよく迎えるために旦那さんと協力して二人で一緒に頑張ってください!
そんな私も結婚式が終わったときにはもう一回やりたいね!と旦那さんと話していたくらい楽しかったので、とにかく当日は自分たちが楽しむことも忘れずに♪

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
【2021年】冬の華やかウェディング
テーマカラー『ホワイト』レポ特集
洗練された気品 大人ウェディング集

エリアから探す

スタイルから探す

LINEウェディングニュース相談カウンター
担当アドバイザーが結婚準備をサポート
何も決まっていない方でも大歓迎
無料相談受け付け中♪
ウェディングニュース相談カウンター
マイレポイメージ

あなたもマイレポを作りませんか?

ウェディングニュースのマイレポで、
あなたの大切な結婚式の記録を残しましょう♡
あなたの経験が次の花嫁の力になります。

保存するには登録が必要です