卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
名古屋観光ホテル
70人以下

チャペルのバージンロードが大理石で、よく反射する為2人のシルエットが綺麗に写ります。
とてもいい写真が撮れました。
牧師先生が日本人の方なので、言葉1つ1つに感動しました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
名古屋観光ホテル
70人以下

披露宴会場はクラシカルで重厚感があります。
シャンデリアはとても綺麗で、天井も高さがあります。
絨毯も深いブルーを基調としていて高級感あります。ロイヤルウエディングのような結婚式に憧れのある人には特におすすめです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

華やかでステンドグラスが美しく輝くような式場でのウェディングももちろん素敵だと思いますが、私には華美な式は似合わないなぁと感じていたので、落ち着いた式場を探していました。
何件か式場を回り、最後にたどり着いたのが名古屋観光ホテルでした。チャペルを見学させてもらったのですが、雰囲気が本当に素晴らしかったです。埋め込まれたホワイトオニキスの壁面や、床の大理石の輝き、落ち着いた色合いの装飾、椅子。どれ一つ取っても私好みでした。母も「昔通っていたキリスト教系の幼稚園の教会に似ていて、不思議と懐かしいような気がする。本来の教会は祈りの場であり、華やかな場ではないのかもね、とても素敵」と気に入った様子でした。 自分が気にいることももちろんとても重要でしたが、参列する母にとっても、思い出に残る式場を選びたい、という気持ちもありました。 チャペルだけでなく、観光ホテルは建物内どこを見ても雰囲気が良く、少し気後れしてしまうほど。高級感、重厚感、クラシカル。この3つが選ぶ決め手こだわりのポイントになっていたかもしれません。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

・長袖でブラウスが着脱可能なもの(前撮りなどで変化をつけたかったので)
・刺繍が美しいもの
・トレーンが長いもの
・チャペルや披露宴会場の雰囲気と合うもの
・太って見えないもの

ブランド
桂由美(YUMI KATSURA)ブライダルハウス
ドレス 2着目

・自分の好きな色
・キラキラスパンコールやビーズが光るもの
・太って見えないもの

ブランド
ANTEPRIMA
シューズ

白の12センチくらいのヒールのものをレンタルしました。

ヘアメイクのポイント

ミキモトのティアラをつけたので、ティアラが引き立つようなシンプルなアップスタイルにしました。

アクセサリー

挙式時はミキモトのイヤリング(レンタル)と持ち込みのパールネックレスを。
お色直し時にはイヤリング(レンタル)をつけました。

ヘッドアクセサリー

挙式はミキモトのティアラ(レンタル)
披露宴は持ち込みの桂由美のヘッドドレスをつけました。

ネイル

白のグラデーションネイルにワンポイントで薬指をミントグリーンに。
スワロは多めにつけました。

メインで使った花や装花のテイスト

白とグリーンをメインにとだけ伝えました。

装花のポイント

ユリなどの香りが強いお花だけは避けました。

フローリスト

日比谷花壇さん

お料理のこだわり

フレンチにしました。
名古屋観光ホテルのシェフは料理のオリンピックでもメダルを獲得しているので、その腕を振るっていただけるメニューを選びました。お肉がメインに欲しいという気持ち(食べ応えや、ボリューム等を考慮して)だったので、メインディッシュがお肉のメニューにしました。柔らかいメニューが多かったので、祖父や年配の方にも楽しんでいただけたようです。

ウェディングケーキ

ジュエルボックスをイメージしたケーキを選びました。ちょうど宝石箱から宝石が見えるようなデザインです。宝石の代わりにイチゴがたくさん使われていました。

引出物

親戚と職場の上司(役職などがある方)→アオキサダハルのケーキ、梅干しのセット、ギフトカタログ(8000円相当) 職場の先輩→アオキサダハルのケーキ、梅干しのセット、ギフトカタログ(5000円相当) 友人、同期の社員→アオキサダハルのケーキ、梅干しのセット、ギフトカタログ(4000円相当)

プチギフト

クッキー(宝石の形をしたボックスに入ったもの)

婚約指輪

銀座和光

結婚指輪

銀座和光

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

チャペルに入って、牧師先生がお話しされている時と、誓いの言葉を言うタイミングが一番涙が溢れてきました。こっそり新郎が「もう泣いてるの?笑」と言ってきた時も笑いながら涙が抑えられませんでした。母がベールダウンをする時に今までありがとうと声をかけてきたことも、印象に残っています。わがまま放題で喧嘩も多かったですが仲も良かった母が涙する姿に、もっと優しく出来たかもしれないのになという後悔の気持ちにもなりました。

二人らしさとは

私たちやスタッフの方だけでなく、ゲストの皆様がその日までの準備も色々と手伝ってくださったので、「皆で作り上げた結婚式」だったなと思いました。私たち2人ともが、同じ新聞社に勤めていましたので、結婚新聞を作ってくれたり、それを当日配ってくれた友人もいたし、メッセージムービーを使ってくれた新郎の友人もいましたし、カラードレスの色当てクイズを進行してくれた友人もいましたし…本当に助けてもらったなと、心から思いました。 とにかく私や新郎、両親、ゲストの皆様も笑顔が絶えない式になりました。そこがとても嬉しかったです。

カラードレス色当てクイズ アルバムを見る >
嬉しかった参加者の反応

楽しかった!と言っていただけました。お見送りの際の笑顔がとても嬉しかったです。 「チャペルの雰囲気が良くてあそこで本当に感動した」「オープニングムービーがオシャレだったし、まさか自作とは思わなかった」「花嫁さんが綺麗(リップサービスだとは思いますが)」「音楽のセンスが良かった」「披露宴会場の雰囲気が良い」「料理が美味しかった」など、お褒めの言葉が本当に多く、ホッとしました。

私にとって結婚とは

誰かに幸せにしてもらうのが結婚ではなく、2人で苦楽を共にし、お互いを補いながら生きていくことを決断するのが結婚かなと思いました。そしてこの人でなければいけない、この人とだから結婚する、自分たちだけで決めるのではない、何か不思議な縁のようなもので繋がるのが結婚だ、とも思いました。 そして、結婚式を終えてみて、2人がどれだけ色んな人に支えられているかを再確認する機会だったなぁと振り返ってしみじみ思います。

後悔していること

プランナーさんと連携が取れない部分、連絡不足によるちょっとしたミスがあり、モヤモヤしてしまうことが時々あったことです。それから、花嫁からの両親への手紙で、最後の最後に読み間違いをしてしまい、しんみりした空気が一転、笑わせてしまったことが心残りです…それから、ウェルカムスペースや装飾はもっとこだわれば良かったと後悔しています

節約のための工夫

・席次表と料理のメニューに挟むプロフィールの紙は自作しました(デザインの仕事をしており、イラストレーターやフォトショップが使えるので)

・オープニングムービーとプロフィールムービーはiMovieとkeynoteを使用し両方自作しました。

・ウェルカムスペースのリースは私の手作りで、写真を飾っているリボンボード(ペルメル)は母の手作りです。装飾の小道具は自作や持ち込みです。

・カラードレスの色当てクイズの投票用紙、ボックス、装飾等も自作、持ち込みです。

ウェルカムスペース アルバムを見る >
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

全体を通して思うことは、今はインスタグラムなど沢山の情報収集のためのツールがあるのに、活用しきれていなかったな、ということです。綺麗な写真を見たらこれもいい、あれもいい!となってイメージがブレてしまいますが、参考にしよう、ぐらいのスタンスで見れば役立つ情報が沢山見られます。どういう式にしたいかをある程度イメージして、それを積極的にプランナーさんに伝えたり、やりたいと思ったことは迷わないでやってみたら、後悔のない、一生の思い出になる式にできると思います!偉そうに言いたくはないですが、頑張って!とエールを送りたいです。