卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
京都祝言
100人以下

八坂の塔が見えるところがおすすめです。
木のぬくもりを感じられる、暖かい雰囲気です。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
京都祝言
100人以下

天井の鏡とメインの後ろの大きな窓がおすすめです。会場が広く見えて、他にはないおしゃれな雰囲気も大好きなポイントでした。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

新郎新婦がブライダルに関わる仕事をしていたので、他にはない雰囲気や会場を作り上げることにこだわりました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ウエディングドレス。

ドレスはスレンダーなタイプで、ストンと落ちてくれる素材のものを選びました。決め手は、背中が大胆に開いていて、ビジューのデザインが見たことないドレスだったので一目惚れでした。

ブランド
ロサ クララ
ショップ
Authentique
和装 2着目

タカミブライダルの、オレンジゴールドの色打掛です。

色打掛はドレスとは違い、柄と色だけで選ぶというところが大変でした。こちらも御所車の大きな柄がとても気に入り、色も大きな会場に映えるゴージャスな色で、他にはないと思い決めました。

スタイル
色打掛
シューズ

ウエディングシューズは、ドレスのビジューの色と合わせてシルバーで探しました。また、履きやすさから、バックストラップのパンプスを探しました。
新郎との身長差で7cmくらいのものを選びました。 ZOZOTOWNで、オリエンタルトラフィックのものです。

ヘアメイクのポイント

ドレスの時のヘアはシンプルに少し毛先を巻く程度で、メイクはクラシカルな感じを大事にして、リップも落ち着いたブラウンボルドーのカラーにしました。
色打掛のヘアは前髪を全部あげて、メイクはゴージャスな色打掛に負けないように、濃いレッドのリップにしました。

アクセサリー

ドレスの際のイヤリングは、キラキラした長めのもので、挙式の厳かなクラシックな雰囲気を出しました。
ネックレスは、ドレスの形を考えて無しにしました。
披露宴入場の際に、ピアスを少しカジュアルなものに替えました。

ヘッドアクセサリー

ドレスのデザインを生かすために、ヘッドパーツは無しにしました。
和装のときのヘアパーツは大きなカサブランカのお花を、花びらを1枚1枚使って作ってもらいました。
ショートカットに大きなお花は、とても好評でした。

ネイル

大きな金箔を全体的に入れて、3Dのパーツで存在感を大事にしました。カラーのピンクは和装にも対応できるように、大人な感じにしました。

メインで使った花や装花のテイスト

くすんだカラーを使いました。黒なども入れてもらって、かっこよくモダンな雰囲気も忘れずにしました。

装花のポイント

高砂はボリューム感と、アシンメトリーに左右の高さを変えてもらったところです。

フローリスト

バルフロールの村上様です。

お料理のこだわり

祇園おくむらさんのお料理を選びました。お味はもちろん、見た目も美しいお料理でした。
一品目が新郎新婦入場の前に、ゲストに提供されるのもとても好評でした。新郎新婦を待っているという雰囲気でなく、迎賓のときからみんな楽しんでくれていた感じでした。デザートを入れて6品です。

ウェディングケーキ

ウエディングケーキは、赤い実とグリーンを上に乗せてもらって、可愛さを残しながらも、落ち着いた雰囲気のケーキを考えました。

引出物

友人には、ウエッジウッドのプレート/鼓月の千寿せんべいとバームクーヘン。
親族には、ウエッジウッドのボウルペアセット/鼓月の千寿せんべいとバームクーヘン/紀州南高梅。

プチギフト

シズヤパンのあんぱんを贈りました。

婚約指輪

アイプリモ
一粒ダイヤのシンプルなものです。

結婚指輪

アイプリモ
新郎はシンプルなもの、新婦は小さなダイヤが3つついたものです。婚約指輪と重ねてつけたかったので、形も合うものにしました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

挙式の際にゲストの顔を見たとき、多くのゲストが泣いてくれていたことです。ゲストからも、挙式で感動して泣く思わなかった!という声が多くありました。

二人らしさとは

二人共が、唯一無二にこだわりました。お花、衣装、ペーパーアイテムなど、全てに二人らしさが出せたと思います。

嬉しかった参加者の反応

披露宴中、メインテーブルにたえずゲストが、乾杯や写真撮影に来てくれたことです。周りには常に誰かがいて、1秒1秒を噛み締めながら過ごしました。

私にとって結婚とは

今までお世話になった先輩や友人、家族に感謝を伝えられることです。ありきたりな答えですが、これが本当に1番だと思います。

後悔していること

後悔した点はあまりありませんが、1つあげるとしたら、披露宴入場時にゲスト全員と目を合わせることが出来ていたらなぁということです。その瞬間はその雰囲気が幸せすぎて、1人ひとりに顔を向けてあげられませんでした。

やりたかったけれど諦めたこと

全て叶った最高の結婚式です。

節約のための工夫

・席札は手作りしました。
・各テーブルとメインテーブルに置くキャンドルは、LEDのものを通販で買いました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

最初に考える際に、2人で会場の雰囲気や大事にしたいことを話し合っておくと、スムーズに決まっていくと思います。話す時間もとても幸せな時間なので、そこも楽しんでください。