卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
4
ホテル椿山荘
100人以下

新しい神殿なので綺麗なのはもちろん、大きな窓から差し込む光が室内とは思えないほど明るくしてくれました。庭の新緑がダイレクトに見えるのもよかったです。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
4
ホテル椿山荘
100人以下

壁の半分以上がガラス張りの9階の会場だったので、こちらも明るく開放感が溢れる場所でした。各フロアに1つしか会場ないプライベートな空間もよかったです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

会場全体の色味やテイストはとにかくドレスが映えることを優先に統一感を出しました。
ウェルカムゾーン・音楽には自分たちらしさが溢れるよう、それぞれに縁のあるものを中心に選び、席次表のプロフィールでそこに気付いてもらえるようなヒントとして好きなものを記しました。

特に音楽はお互いの好きな映画やテレビ番組の挿入歌を中心に選んだため、"担当の人にも結婚式で使ったことのないものばかり"と言われましたが、なるべくしんみりしないようシーンに合った思い入れの曲を選べて楽しかったです。

ウェディングプロフィール

和装 1着目

ar.yukikoさん

白無垢は幼い頃から漠然と着てみたいとゆう願望があったため、夢が叶ってうれしいです。やわらかな印象になるよう、花のモチーフのものを選びました。

スタイル
白無垢
ドレス 2着目

最初はストンとしたシンプルなシルエットを予定していましたが、デザイナーの方が私の雰囲気に合うものをと言い紹介してくれたドレスがドンピシャに好みで決めました。

白無垢からのウェディングドレスだったので、シルエットにメリハリを出せたのもよかったです。
うすいピンクベージュの生地にゴールドの刺繍が可愛いデザインも気に入ったのですが、それ以上に着たときに自分が綺麗に見えるシルエットが決め手でした。

他のサロンのドレスも10着ほど試着したのですが、自分の体型に合うとゆう意味でもダントツでした。

ブランド
Ar.YUKIKO
シューズ

シューズは正直全くこだわりがなく、ドレスと一緒に7センチヒールの白のものをレンタルしました。
下半身にボリュームのあるドレスだったので全然見えなかったと思います。

普段ペタンコシューズがほとんどなので、そんな私でも安心して歩ける7センチ以内、また万が一見えてもいいようにドレスに合う白、とゆうのがマストでしたがそれ以外はまったくこだわってません。

ヘアメイクのポイント

白無垢ではカツラをかぶりました。
金と鼈甲の髪飾りセットと眉被りを合わせました。
せっかくだしな、というだけの理由でしたが案外ドレスのときよりも好評で、年配のゲストにも喜ばれたのでカツラにしてよかったと思います。

ドレスのときは20年代のクラシカルな雰囲気をイメージし、前髪はフィンガーウェーブ、後ろは下のほうに髪をしまい込みボブのような感じにしました。

アクセサリー

ドレスの刺繍に合わせてゴールドベースの華奢なビジューの揺れるイヤリングで上品さを重視しました。

ヘッドアクセサリー

後頭部に枝カチューシャのような細いライン状のアクセサリーをつけました。下のほうでまとめた髪の毛に沿って上からなぞるようにつけたのが可愛くてお気に入りです。
デザインもイヤリングに合わせてゴールドベースのビジューモチーフにしました。

ネイル

いつもお世話になっているネイリストさんにお願いし、乳白色ベースに繊細なゴールドの装飾とクリアの天然石をアクセントでのせてもらいました。ドレスに合っていてお気に入りです。

メインで使った花や装花のテイスト

サーモンピンクのトルコキキョウをメインに、色が強くなりすぎないように全体は明るい緑や白っぽいお花でまとめてもらいました。
また、各テーブルの中央にゴールドのガラスのタイルが散りばめられた花瓶を使ってアレンジしてもらい、光が花瓶に反射して華やかになるようにしました。

装花のポイント

色味と花瓶は特にこだわりました

フローリスト

ホテル内にあるフローリストにお世話になりました。

お料理のこだわり

お料理やドリンク、スイーツもゲストの方の満足感を優先し、1番美味しいとされているもので統一しました。

私は日ごろからケーキを食べることが趣味なので、スイーツビュッフェには特に時間をかけて選んだところ、男性ゲストからも好評でうれしかったです。

ウェディングケーキ

ウェディングケーキの代わりに鏡開きをしました。
披露宴の始まりが和装だったため鏡開きにしたのですが、日本酒がでるのが珍しいとのことで喜ばれたのがよかったです。

引出物

あらかじめご祝儀をたくさんくれた親族にはバカラのグラスセット/それ以外は基本的には持ち帰りのことを考えて軽いタオルセットとバームクーヘン、かつお節。

送り分けはタオルセットの枚数で家族単位で出席してくれるゲストと単身で出席してくれるゲストで送り分けました。

プチギフト

会場オリジナルのもので、配る前はタワー状に並べて飾りになるクッキーにしました。

婚約指輪

ティファニーのひと粒ダイアがついたものです。

結婚指輪

こちらもティファニーのものでシンプルだけど指が綺麗に見えるように∞シルエットのピンクゴールドのものです。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

10年以上ぶりに会う親戚が総出で出席してくれたこと、今まで自分がお世話になった先輩や大好きな友達と両親が話しているのを見れたことがうれしくて感動しました。

ここにいる人全員のおかげで自分は幸せになれたと実感しました。

二人らしさとは

背伸びをしないこと。
誓いの言葉を言うとき、照れやその場の空気感で笑いを堪えられなくなり言葉に詰まりましたが、"なんでやめんの!"と、すかさず突っ込んでくれた主人のおかげで一気に場が和みました。

いつも通り、気張らないでいられたことがよかったです。

嬉しかった参加者の反応

"いい意味で気が抜ける式だった"
"挙式で笑ったの初めて"
"結婚式は挙げたくなかったけど、2人の式を見たら少しやりたくなった"

どれも褒め言葉と受けとっています。

私にとって結婚とは

ベタですが、家族になること。
どんなときも味方でいること。
人生を共にすることです。

お互いの人生を豊かにするため、日常のなんでもない時を楽しみ、少しでも気に病むことがあったらすくいあげる存在になることです。

後悔していること

当日は冷静なつもりでしたが、終わってみるとあれもこれも忘れてたとゆうことがいくつかあります。
お父さんお母さんとの3ショットを撮り忘れました。
二次会をやらなかったのですが、やっぱりやればよかったかな、と思っています。

節約のための工夫

花やビデオなどゲストに直接関わりのないところをコストカットしました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

具体的な進行が決定するまでなかなか実感やイメージが湧かず、そのわりに決めなきゃいけないことが多いため無難にテンプレ任せでいいやと思うことがあるかもしれません。

ですが、当日の流れがしっかりイメージできるようになった瞬間あれもこれもこだわりだしたくなるので、準備はお早めに…!

また、最初から費用重視で決めてしまうと直前でやりたいことが増えても費用もかさむ!とゆうことになるので、最初は大枠で選んだ方があとから不要なものをカットできるので気持ちが楽です。笑