卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
コーラルヴィータチャペル
70人以下

内装は海の青とチャペルの白のコントラストが素敵でした。
海に向かってバージンロードを歩くことが感動しました。
また外装はレトロなレンガ造りで、
外の大階段での写真撮影ではドレスの白さ、
綺麗さが映えて撮影ができました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
リーベリア
70人以下

内装はアンティークな雰囲気でかわいく、
海辺ということもより雰囲気を高めてくれました。
また料理はゲストの方々会うたびに美味しかったという声をかけていただきました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

挙式は、シンプルにこだわり、
余計なものを置かず、上品になるようにしました。
披露宴では、大人可愛いがテーマだったため、
ディズニーの要素を入れるときに、
全面に押し出し子供っぽくならないようさりげないところで要素を入れるようこだわりました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ウエディングドレス
Aラインのウエディングです。
体のラインが綺麗に見えるようAラインの形にし、
また首元鎖骨部分も綺麗に見えるように追加で胸元をハートカットにしました。
前はシンプルで、後ろのトレーンが様々なレースを使っており後ろ姿が大変映えました。
派手派手しいものは苦手なので、
こちらのドレスにしましたが、
その分上品さを出すことをができたと思います。

ブランド
W by Watabe Wedding
ショップ
ワタベウェディング
ドレス 2着目

佐々木希さんプロデュースのカラードレス
パステルカラーと、存在感はありつつ派手派手ではないキラキラとしたドレスを探して、
今回のドレスを選びました。
理想通りの薄いイエローに、
スパンコールでのキラキラで春婚にぴったりのドレスでした。

シューズ

楽天ショップで購入したシルバーのキラキラしたシューズです。

ヘアメイクのポイント

ヘアについてはゆるさをだしつつ、
大人可愛くなるようにしてもらいました。
メイクもヘアにあうようにナチュラルに。

アクセサリー

ドレスがシンプルなため、
アクセサリーはキラキラと存在感のあるものを選びました。

ヘッドアクセサリー

挙式は、シンプルにあえて高さのないティアラで上品に見えるようにしました。
海辺での撮影は、ウエディングドレスの白に合わせヘッドアクセサリーも白のブリザードフラワーにして、海とのコントラストを意識しました。
披露宴の際は、ウエディングドレス着用は上記のティアラをつけました。
カラードレスは、華やかさとアンティークさを意識して白とピンクのブリザードフラワーを着用しました。

ネイル

薄いピンクで指が綺麗に見えるよう、
上品さを意識しました。
ウエディングネイルのため、シルバーを入れて指にも注目していただくようにも意識しました。

メインで使った花や装花のテイスト

披露宴では、ピンクを入れることで華やかさ、
白とグリーンを加えナチュラル感を出しました。

装花のポイント

披露宴では、かすみ草をいれることで、
ナチュラルかつ可愛らしさをいれたかったので、
かすみ草は必ずいれてもらうようにしました。

お料理のこだわり

見た目から食べて頂くのを楽しんでもらうことは
もちろん、試食の際もみなさんに合うかどうかも考えながらオーダーしました。

ウェディングケーキ

披露宴では、
様々なフルーツを使って派手派手しくるのでなく、
あえてベリーだけを使ったシンプルなウエディングケーキにしました。
横の面のクリームをレース柄にすることにより、
さらに上品さを意識しました。

引出物

贈り分けはしておりません。
負担にならないよう引き直にし、
中身はギフトカタログ、バームクーヘン、お茶漬けセットにしました。

婚約指輪

ティファニー

結婚指輪

ティファニー

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

新郎がサプライズで、
フラッシュモブをしてくれたことです。
準備期間中は、新郎側の仕事が忙しい時期でしたが、それにもかかわらず内緒で打ち合わせや練習をしてくれたと思うと本当に感動しました。

二人らしさとは

結婚は一生一緒にいることを前提としているため、
無理をしないで素でいられることを大事にしてます。

嬉しかった参加者の反応

スピーチや余興をしてくれた友人たちを見て、
「2人の周りの人にはこんなに素敵な人たちが入れてくれたんだね」と声をかけてもらい、
自分の周りの方々、そしてその方々と一緒にいる自分を褒めてもらい大変嬉しかったです。
また今までで1番楽しく、
感動したという声も嬉しかっです。

私にとって結婚とは

嬉しいことも悲しいことも全ての瞬間に一緒にいれて、2人で歩んでいくことだと思いました。

後悔していること

披露宴の際、リハーサルメイクを早めの時期にしてしまい、当日の希望と少しずれてしまったことが後悔してます。

やりたかったけれど諦めたこと

前撮りをしたかったけれど諦めたことです。
沖縄での挙式、披露宴当日の撮影とあったため、
前撮りは必要ないと考えたため行いませんでしたが、白無垢を着てみたかったと今では考えております。

節約のための工夫

披露宴の際は、招待状や席次表といったペーパーアイテムはすべて手作りにして節約しました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

様々な場面で我慢や悩むことがあると思いますが、
結婚式当日はそんな思い忘れるぐらい楽しくて、
素敵な日を過ごすことができます。
なので、どんなことがあっても2人で当日まで楽しんでください!