卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
pizzeria da ENZO

私は挙式場での挙式や神父さんのいる挙式を最初から全く考えていなくて、beachで大好きな人たちに見守られて大好きな海を見ながらの式に憧れていたので、お気に入りのbeachでの人前式にしました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
4
pizzeria da ENZO
70人以下

高砂がテラスなので、バックに海が見えてゲスト席からの景色が最高です!

私は夏婚ですが、3月の晴れた日に見学に行った時も気候がよくて、テラスでワイワイしている様子が外から見れてすごく楽しそうな雰囲気でした。テラスからすぐbeachに降りれるのでおすすめです。

あと間違いなく伝えたいのは、普段がイタリアンカフェなので料理が本当においしい!ゲストからも美味しいの声が多かったです!

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

曲の選曲。持ち時間2時間半分をすべて大好きな(weddingに合う)洋楽を順番もこだわって新郎と決めました。

あとは時間を出来るだけ歓談タイムで使いたかったので、乾杯挨拶、スピーチ、プロフィールなどのムービーは省きました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

yuawedding

私はもともとドレスにこだわりもなかったのでお金もかけず、そこにある中から3着試着し、定番のAライン、トレーンの長いものにしました。

ドレス 2着目

yuawedding

ゲストと同じ空間に長く居たかったので、元々お色直しの予定はなかったのですが、メイク直しは必要だと思いギリギリになってお色直しタイムを追加しました。

そのため動きやすい、且つゴージャスではないカジュアルパーティーに合いそうなドレスを選びました。

シューズ

beach挙式なのでヒールではなく、歩きやすいウェッジソールのサンダルをお借りしました。

ヘアメイクのポイント

大人メイク、且つ普段とあまり変わらないナチュラルメイクにしました。

アクセサリー

シンプルにしたかったので、普段つけているダイヤのネックレス(付き合っている時に彼にプレゼントしてもらったもの)とピアスは私の姉にシェルと(ネックレスに合わせて)ダイヤで作ってもらいました。

ヘッドアクセサリー

生花。知り合いの装花担当の方に事前に相談し、色やお花のイメージを伝えてパーツを揃えてもらいました。

ネイル

シンプルにベージュとホワイトで。
ワンポイントに薬指にだけパールとストーンを付けてもらいました。

メインで使った花や装花のテイスト

お願いしたのは知り合いのフローリストさん。
とにかくボタニカルでいっぱいにしたいというお願いと、私の周りからのイメージが赤とオレンジなのでこのイメージを伝えてあとはお任せにしました。

装花のポイント

高砂のバックにグリーンがたくさんあるので サイドにもボリュームたっぷりグリーンをいっぱいに南国風にしたかったです。

フローリスト

足立恭子さん
Instagramで個人で活動しているフローリストさん。
普段から出張やワークショップをしている方で、今回は大阪から来てくださいました。

お料理のこだわり

ENZOさんにお任せでした。
選んだのはメインをお肉か魚にするかということ。
お肉がダントツ多いということでしたが、それが本当に美味しくてゲストも大喜びでした!

ウェディングケーキ

ガーデンウェディングをイメージして、シンプルにナチュラルにグリーンとフルーツを装飾もらいました。

引出物

会費制パーティーだったので準備しませんでした。

プチギフト

ピアリーで購入した包装が可愛いクッキー

結婚指輪

ブランドにこだわらず、質のいいもの、アフターケアがしっかりしているところを二人で選んで買いました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

新婦の手紙でも、もちろん感動して泣いたのですが、その後の新郎謝辞で新郎の親友がゲストテーブルの後ろの方に立って泣きながら聞いてくれていたことです。
この男泣きには本当に泣かされました。

二人らしさとは

自分の友達、お世話になっている方々、大切な方たちとの時間をそれぞれ過ごしました。

何でも自分たちを優先するのではなく、周りを大事にできるのは自分たちらしさかなと思いました。
ゲストももちろん立って動いてくれましたが、新郎新婦自ら歩いて話をしに行きました。

嬉しかった参加者の反応

今まで行った結婚式で一番良かった! アットホームで良かった! お洒落すぎる! すごく楽しかった! こんなパーティーに来てみたかった!

お見送りの時や後日言ってもらえた言葉が本当に嬉しかったです。改めてこのスタイルにして良かったなと思いました。

私にとって結婚とは

何でも一人で出来る、ではなく、最愛のパートナーと理解しあって、共有して共感して助け合って支え合っていくこと。相手がいなければ実感できなかった気持ちがたくさん芽生えています。

後悔していること

・ゲームの時間、景品を配る際に景品にアルファベットの書かれたふせんを貼っていたのですが、2枚ほど風で飛ばされて誰にあげていいのかわからなくなってしまいました。 ふせんではなく何か違う方法にすれば良かったと後悔しています。
あとお持ち帰り用の袋がなかった…

・誕生日のお祝いの際、デザートのお皿に特別に星型の飾りが付いている方に偶然を装って前に出てもらったのですが、ゲストが事前に自分達で席移動をしていて違うゲストが前に出てきてしまったこと。笑
アットホームウェディングなので席を代わるのはあり得ることなので、違う方法にすればよかった…結局前に出て来た方にはお祝いのコメントをもらい、誕生日のお祝いは出来ずでした。

やりたかったけれど諦めたこと

ENZOには憧れていた長テーブルがあったのでお洒落な装花にしたく、花瓶などを使わずに直接テーブルの真ん中にお花やツルを這わせる装飾をお願いしていたのですが、ギリギリまで大皿取り分けスタイルと気付かず、気付いたあとで変更。
装花担当の方が気を使って天井に装飾するスタイルを提案していただきそれでお願いしました。結局テーブル装花はテーブルナンバーとキャンドルと、寂しいお花のみになりました。長テーブル憧れていたので残念!

節約のための工夫

司会や音響など自分たちではできないことはENZOさんにお願いし、装花、プラン作り、装飾、カメラマン、ビデオなど知り合いにお願いしたり自分で出来ることはやりました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

私は1年以上前から沖縄の気候について独自調査し、雨天率の少ない時期、台風の少ない時期を把握して1年前に会場を決めていました!

挙式場から披露宴会場への車移動もしなくていいように近場でどちらもできること、景色のいい場所、料理の美味しい場所をリサーチし、尚且つ自由度の高い、カフェを貸し切りできる(といってもウェディングに力を入れている)場所にしました。事前のリサーチが大事です。