卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

KURICO

KURICOさんのプロフィール写真
結婚式のテーマ「おもてなし&サプライズ」

ゲストが参加して良かった!楽しかった!と思っていただけるような、おもてなしとサプライズを取り入れました。

おもてなしでは、特に料理にこだわり、
サプライズでは、余興に夫婦漫才を取り入れました。

テーマどおりの式ができたのは、
私たちの思いに常に寄り添い、形にして下さったスタッフの皆様のおかげです。

プランナーさんの親身な対応はもちろん、衣装、メイク、映像、音楽と様々な打ち合わせで顔を合わせたスタッフの皆さんのポスピタリティが輝く式場でした!

LUCISを選んで心から良かったです!
東京都 / 上野駅・湯島駅・上野広小路駅
ルーキス(LUCIS)

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
LUCIS
100人以下

今までに見たことのない特別感に溢れたチャペルでした。

実際に見学に行き、上品で清潔感に溢れた雰囲気と、不忍池やスカイツリーが一望できる特別感に「ここでやりたい!」という思いが生まれました。

式の途中でカーテンが開く演出はとても素敵でした。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
THE LUCIS
150人以下

窓ガラスから不忍池やスカイツリーが一望でき、開放感のある会場です。

夕刻の披露宴だったため、途中からはライトアップされたスカイツリーも見え、会場のムードを一層高めてくれました。

清潔感があり、新しさを感じる会場の雰囲気もとてもオススメしたいポイントです。

今回使用した会場は、フロア全体が貸し切りで、受付まわりやトイレの中にもおもてなし要素を詰め込むことができました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

「おもてなし」では、料理とお酒にこだわりました。

料理もお酒も実際に試食し、自分達も食べて美味しい!と感じたものを各項目ごとに選びました。
また、お色直しで新郎新婦が退席した際も、ゲストに楽しんでいただけるよう「天津ビュッフェ」を取り入れました。


「サプライズ」では、夫婦漫才に力を入れました。

お色直しと見せかけて退席し、プロフィールムービー上映中に、漫才衣装に早着替え!
ムービー終了後に、サプライズ登場し、漫才を披露しました!

この仕掛けができたのも、プランナーさんをはじめ、会場のスタッフ皆さんのお陰です。成功した時は、スタッフさんともワンチーム になれたような達成感がありました!笑

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ウェディングドレスは会場でレンタルしました。
シンプルなデザインでしたが、上品な光沢感があり、さりげなく装飾されたレースが華やかさも引き立ててくれてました。
派手なものを選びがちな私でしたが、スタッフの方にこれが1番似合うと言われ即決しました。

ドレス 2着目

カラードレスも会場でレンタルしました。
グリーンが散りばめられた爽やかな印象のドレスに一目惚れでした。
このカラードレスに出会えたお陰で、式全体のカラーや髪飾りのイメージも広がり、その後も楽しく準備を進めることができました。

シューズ

会場のものをレンタルしました。
足幅が広い私でも、窮屈感なく快適に1日を過ごすことができました。

ヘアメイクのポイント

ウェディングドレス、カラードレスも髪飾りを目立たせるヘアスタイルにしてもらいました。
普段ショートカットだったため、アップスタイルにするのはぎりぎりの長さでしたが、スタイリストさんに上手に仕上げていただきました!

アクセサリー

ウェディングドレスのときは知人から借りたアクセサリーを、カラードレスのときは会場でレンタルしたアクセサリーを身に着けました。

ベール、ティアラ、ネックレスは知人のものを持ち込みましたが、会場側に持ち込み料をとられることもなく会場での試着時も快く対応してくださいました。

ヘッドアクセサリー

髪飾りにインパクトを出したかったので、知り合いの力を借りて一から手作りしました。

ブーケも一緒に手作りしたため、全体的に統一感のある仕上りになりました。

ヘアアクセサリー アルバムを見る >
ネイル

ネイルはドレスや髪飾り、ブーケの邪魔にならないようにシンプルなデザインにしました。
中指と薬指にだけポイントで押し花のシールを貼りました。

メインで使った花や装花のテイスト

「元気」と「笑顔」をキーワードに、ビタミンカラーでまとめました。

花の種類などは会場側にお任せしましたが、期待通りのビタミンカラーで、自然と笑顔が溢れるような会場に仕上がっていました。

手作りのブーケや髪飾りともぴったりの雰囲気になっていたと思います!

フローリスト

母親の友人に、ブーケ、髪飾りの制作を依頼しました。

「自分で手作りすると思い入れも変わるわよ」
と言われ、友人にアドバイスをもらいながら、一から手作りで作り上げました。

新郎の金ちゃん、新婦の栗ちゃんというニックネームにちなみ、金粉がかった栗を粘土でつくり、それをブーケや髪飾りの中に取り入れるなど、オリジナル感溢れるアイテムを作成することができました。

お料理のこだわり

中華料理「東天紅」が手掛ける式場ということもあり、料理については会場側の強いこだわりを感じました。そこが会場選びの大きな決め手となりました!

今までに参列してきた結婚式はフレンチ系が多かったため、中華料理は斬新でお箸で楽しめる点も好印象でした。

料理は前菜やメインなど項目ごとにセレクトできるため、それらを食べ比べできる試食会に参加した上で自分達で食べて美味しいと感じたものを選びました。

メイン料理は少し奮発してフカヒレの姿煮を選んだこと、お色直しの待ち時間に天津ビュッフェを入れたことが最大のポイントです。

また、ゲストの食物アレルギーに、とても細かく、丁寧に対応して頂きました。

美味しかった!という声をゲストから沢山頂けたことが何より嬉しかったです。

ウェディングケーキ

2人が出会った大学トライアスロン部時代を表現した、完全オリジナルデザインのウェディングケーキを用意していただきました。

練習でよく行った筑波山をバックに、ユニフォーム姿の人形を置き、周辺には2人の趣味や好きなものを並べました。

当初、ケーキにここまでこだわる予定はなかったのですが、プランナーさんから「LUCISはケーキに自信あり!基本的にどんなデザインでも対応できる!」とのお話しを聞き、それはやるしかない!と思いオリジナルデザインのケーキを依頼しました。

紙にざっくりとかいたイメージを見事に形にしていただき、当日目にした時には、思わず声をあげるほど、感動しました。

特に砂糖で作られた人形や自転車のクオリティがかなり高く、送った写真通り、細部まで丁寧に仕上げられていたことにはとても驚きました!

引出物

主賓と親族、職場上司、職場同期・後輩・友人で贈り分けをしました。
世代や性別を考慮し、もらって喜んでもらえそうなギフトを選択しました。
引き菓子と縁起物は統一しました。

プチギフト

オリジナルビスコを贈りました。
新郎と新婦の2パターン作成し、包装は自分達で行いました。

結婚指輪

ダイヤモンドシライシのものです。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

予想もしていなかった2つのサプライズです。

1つ目は新婦が元職場で担当していたランニングクラブの会員さん達からのサプライズです。

乾杯を終えた後、司会の方に「窓際へ移動してください」と言われ移動すると…
窓の外に「寿」とかかれた大きな横断幕と、見慣れた顔ぶれが!!!
生憎の雨にも関わらず、会場の外で、私たちが窓際に来るのを待ち受けてくれていたようです。
まさか、会場の外でこんなサプライズが待ち受けているとは思いもよらなかったので、本当に胸がいっぱいになりまりした!


2つ目は新郎からのサプライズです。
披露宴の後半、予定していたプログラムも無事に終わり、あとは〆に向かうだけといったタイミングで「ここでサプライズムービーが届いています」とのアナウンスがあり、1番予想していなかった新郎からのムービーのプレゼントがありました。
ムービー後には40本のバラもプレゼントされ、いつ準備していたのか検討もつかない展開に、本当にびっくりしました。

サプライズ アルバムを見る >
二人らしさとは

私たちらしさといえば「笑顔」だと思い、それが全面に溢れる式にしたいという想いが強くありました。

祝福してもらうという以上に、私達をこれまで支えてくれたゲストに向けて、何かしらの形で感謝を表現したい!と思いから、

新郎新婦自らが余興をやり、ゲストに心から笑ってもらい、楽しんでもらえるような、式の形を計画しました。

いちかばちかで臨んだ人生初の夫婦漫才は大成功!
会場は笑いの嵐で、笑顔がいっぱい溢れた最高に幸せな時間でした!!

嬉しかった参加者の反応

夫婦漫才については「はじめてのパターンだった!」「めちゃくちゃ良かった!」という反応を多くいただきました。

ウケなかったらどうしよう、シーンとしたムードだったらどうしよう、という心配はよそに、我々が登場するやいなや、ゲストの皆さんもテンションMAXで、ステージに駆け寄ってきてくれました。

後でその時のムービーを見ると、ゲストの笑い声が沢山聞こえてきて、本当に楽しんでくれたんだなぁと嬉しくなりました。


受付で用意したウコンの力やトイレに用意したカイロを喜んでくれたゲストも多かったです。


料理やお酒については、特にアレルギー持ちのゲストから細かな配慮が嬉しかったとの声をいただきました。

小さな子どもを連れのゲストには、トイカメラやお菓子ブーケをプレゼントし、子ども達にも楽しんでもらえるような工夫をしました。子どもも連れて来れて良かったと言われた時は、とても嬉しかったです!

私にとって結婚とは

両親への感謝がより一層深まりました。

節約のための工夫

髪飾りやブーケは全て手作りしました。
また、ウェルカムボードをはじめとした受付まわりの装飾も手作りしました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

やりたいことがあれば迷わずにプランナーさんに相談してみるといいと思います!

実際、私達は、お色直しの合間に夫婦漫才のサプライズを取り入れたいとゆう特殊な要望がありましたが、タイムスケジュール的に厳しい面もありました。

しかし、プランナーさんが、私たちの思いを何とか形にしようと、懸命に動いてくださいました。

スムーズにサプライズが実行できるよう、漫才用に早着替えするための臨時スペースを作ってくださったり、動線を一生懸命考えてくださったりと、その成功を1番に願ってくれました。

その他、当日まで新婦に内緒で進められていた、2つのサプライズ(会場の外からのサプライズ、新郎からのサプライズ)についても、プランナーさんが窓口となり、私にばれないように、何度も打ち合わせをしていたことを後で知りました。

蓋を開けてみるとサプライズづくしの結婚式になりましたが、それを全て実現の方向に導いてくださり、いつも明るい笑顔で対応してくれたプランナーさんに心から感謝しています。
最高のプランナーさんに出会えたと思っています!

遠慮せずプランナーさんとコミュニケーションをとっていくのが、自分達らしさを出す最大のポイントだと思います。

プランナーさんと過ごす時間をぜひ楽しんでくだい☆